自転車ダイエットの消費カロリーは?効果が爆上がりするコツは?

自転車ダイエットのメリット

体型維持や健康促進などの理由でダイエットを考える女性は、いつの時代も多数います。そして、ダイエット方法は数多く存在しており、それぞれの女性が独自の方法や何かしらのルールに沿ってダイエットに励んでいます。しかし、その方法次第で結果も変わるため、結果につながるダイエットをおこないたいものです。

そのような中、今は自転車を使用した自転車ダイエットに注目する女性が多いものです。これからダイエットをスタートさせる際には、この自転車ダイエットにも目を向けておきましょう。

ランニングやウォーキングより消費カロリーが高い

せっかく時間とやる気を費やしてダイエットをおこなうからには、効果的なダイエットに目を向けないと意味がありません。特に消費カロリーが高いダイエットは興味を持っておくべきです。

ランニングやウォーキングなどもカロリー消費が可能ですが、それ以上に消費カロリーが高いといわれるダイエット方法が自転車ダイエットです。自転車があれば気軽に始めることができる気軽なものですから、ぜひ自転車ダイエットを始めてみましょう。

通勤など移動手段として優秀

自転車ダイエットはダイエットとしての効果を求める意味でも重要ですが、そもそも自転車は移動手段として使用できます、つまり、「ついでにダイエットをおこなう」ことも可能です。

通勤のために使用している方も多いはずですが、そのような場合には会社などに行きながらついでにダイエットができるわけです。こうした意味で考えると様々なタイプのダイエット方法がある中で優秀なダイエット方法が自転車ダイエットであるといえるはずです。

やはり体を動かすためだけに時間を作れないという女性も多いはずです。そうなると、自転車で移動しながら、もしくは出勤しながらダイエット効果も目指していくという手法はありがたいものです。

交通費が浮いて経済的

ダイエットとして自転車に乗ることを考える際、そこには大きなメリットがあります。そのひとつといえるのが経済的なメリットです。自転車で様々な場所へ移動するようになり、それこそ会社にも行くようになれば交通費を節約することが可能です。

電車に乗れば電車賃がかかりますし、車で移動すればガソリン代がかかります。自転車の場合には自転車の費用以外に燃料費などがかかるわけではありません。

そのため、お金をかけずに移動することができ、ダイエットをしながら経済的なメリットも得ることができるのです。

だからこそ、これからダイエットを始めたいという中で自転車ダイエットに目をつけておくと、体が変化するというメリットだけではなく、お金の面でのメリットも得られる可能性が高いのです。

体への負荷が低い

女性が行うダイエットには様々な種類のものがあります。しかし、たくさんの候補がある中でも今の時代、自転車ダイエットを選んでいる女性は数多くいます。

理由のひとつが、自転車ダイエットには様々なメリットがあるからです。たとえば、ほかのダイエットに比べて肉体にかかる負荷がそこまで大きくない点もメリットのひとつです。

自転車ダイエットはあくまでもサドルに座ったままペダルを漕ぐという行為の繰り返しなので、ジョギングのように足腰に全体重がのしかかって、それが負担となってしまうというようなこともないといわれています。

そのため、気軽にできるダイエットとして知られています。

さらに、負荷が少ない割に消費できるエネルギーは大きいといわれており、効率よく理想的なプロポーションを手に入れるためにはありがたい方法といわれていますし、自転車を漕ぐことで足痩せなどを目指せるといわれているため、嬉しいダイエット方法になっているといわれています。

このように多種多様なメリットがあるからこそ、今の時代に多くの女性が自転車ダイエットに目をつけている状態があるのです。

自転車ダイエットでさらに効果を出す方法

女性がスタイル維持やスリム体型獲得のために自転車ダイエットをおこなう場合、当然ながら効果的な自転車ダイエットをおこなわないと意味がありません。

そこで、ここからは、自転車ダイエットをより効果的に進めていくための方法を伝授したいと思います。

闇雲に自転車を漕いでも結果につながるとは限りませんので、効果的な自転車の乗り方をして、結果につなげるようにしましょう。

そして、そのためにはいくつかの秘策があるのです。そのため、こうした方法を把握したうえで正しく自転車ダイエットをおこない、結果につなげるようにしましょう。

つま先でべダルを漕ぐ

より大きな効果を自転車ダイエットにおいて得たいと考えるのであれば、つま先でペダルを漕ぐ形で自転車に乗ることも考えてみましょう。

何も意識せずに自転車に乗る場合、足をペダルの真ん中に乗せる形で漕ぐと思いますが、つま先で漕ぐという意識を持ってみてください。

これによって体への負荷が大きくなるともいわれています。ただし、慣れないうちはつま先で漕ごうとするとどうしても足がうまくペダルに固定できずに足がぐらぐらしてしまうこともあります。

そうなるとダイエットとしての目的はもちろん、自転車を円滑に操作するという意味でも問題なので、徐々に慣れていくようにしましょう。

また、どうしてもペダルをつま先で漕ぐのが難しい場合には、自分が漕ぎやすい形に戻しましょう。ぐらつきながら漕ぐよりも、固定して漕いだほうが効果は大きいので、この点は自分で考えておきましょう。

つま先で漕ぐのが上手にできるようであれば、その状態で固定してペダルを漕ぎ、より高い効果を得るようにしてください。

30分~1時間程度を目安に行う

自転車ダイエットをおこなう上で、自転車に乗っている時間、つまりは自転車を漕いでいる時間も重要になります。あまり短い時間だけおこなっても意味のないものになってしまいます。

そのため、目安としては30分から1時間程度の自転車ダイエットをおこなうようにしましょう。

どのような運動でもそうですが、最初はある意味、準備運動のようなものです。そのため、ある程度体を動かして徐々に体に負荷がかかってきてから初めて体に意味のある動きが始まるといわれています。

自転車ダイエットでも同様で、ある程度の時間漕いで、その後に初めてダイエットのための動きが始まるといわれていますので、短い時間で終わるのではなく、30分以上は漕いでみましょう。

用事のためや通勤のために自転車を漕ぐ際、短い時間だけで終わってしまうのであれば、たとえばもうひとつの用事を追加してみたり、少し遠回りをしてでも長い時間自転車を漕ぐことを考えてみてください。普段は通らない場所を自転車で走ると新たな発見などもあって、楽しみながらダイエットを目指せるはずです。

サドルを5センチ程度上げる

効果的な自転車ダイエットの方法として、普段よりもサドルの位置を高くして乗ることもポイントのひとつとなります。サドルは通常、自分の身長にベストな高さに合わせているはずですが、これを5センチほど高くしてみるのです。

もちろん、無理な高さにして走行上問題があるようであれば避けるべきですが、可能な範囲で上げられるのであれば、通常時よりも高くしてみましょう。そうすることでペダルを漕ぐ際には通常よりも大きな負荷が体にかかります。

そのため、結果として通常の自転車ダイエットよりも効果を得られやすいともいわれています。ただし、やはり安全上の問題があるので無理に高くするのはやめましょう。無暗に高くすれば効果も大きくなるというわけではないので、5センチ以上も高くして漕ぎにくい状態などにもっていくのはやめておきましょう。

時速20キロ程度で漕ぐ

自転車ダイエットを効果的におこなうためにはその速度も重要になります。普段、普通に自転車に乗っているだけの場合、速く走ろうという意識はあまりないかもしれません。しかし、自転車によるダイエットをおこなうのであれば、その速度も重要になります。

ひとつの目安としては時速20キロ程度で走ってみましょう。速いと感じるかもしれませんが、少し気合を入れればすぐに出る速度でもあります。そのため、まずはこの速度で走ることを意識して自転車を漕いでみてください。

もちろん、場所や周辺環境などを見極めながら速度は出しましょう。人がたくさんいるような場所では、周囲の安全に気を付けながら速度を出してください。あくまでも自分や周囲の人々の安全を確保した上で、ダイエットに効果的といわれるこうした時速で走ってみてください。

自転車ダイエットで効果が表れない最大の理由

せっかく新たなダイエット方法として自転車ダイエットに目を向け、実際に自転車で走ってみたものの、当初思っていたほどの効果が得られないということもあるかもしれません。もしも今、そのような壁にぶつかっているのであれば、どうして効果が出ないのか、一度立ち止まって考えてみる必要があります。

効果が出ていないということは、何かしらの理由があります。そのため、自転車ダイエットで効果が出ない場合にありがちな理由をご紹介しますので、自分が当てはまらないかどうか考えてみましょう。

運動になっていない

頑張って自転車ダイエットをおこなっているというのに思ったように効果が出てくれないこともあります。そうなるとやる気を失ってしまうこともありますが、効果が出ていないということは何かしらの理由があることが考えられます。そのため、まずは理由を突き詰めて考えましょう。

効果が出ていない自転車ダイエットは、そもそも乗り方に問題がある場合も多いものです。たとえば、自転車を漕げばそれでいいと考えている女性などは、ゆっくり漕いでいるだけの人もいます。

通常のサイクリングなどであればそれでもいいのでしょうが、やはりダイエットという結果を求めるのであれば、ゆっくり漕ぎすぎるのは避けておきたいものです。ある程度の速度を出して、スタイルを変えるための自転車ダイエットをおこなってください。

また、自転車に乗っている時間が短すぎて、そもそも運動になっていないというケースもよくあります。短時間乗るだけでは運動にならないので、最低でも30分ほどは乗っておきましょう。買い物などに行く場合にも遠回りをしたり、少し遠い場所にあるお店などに向かうことも考えてみましょう。

そのほかにも電動自転車を使用してしまっているような場合にも、自転車ダイエットの効果が得られないために、通常の自転車を用いてスタイルの改善やスタイルの維持を目指していくようにしましょう。

消費よりも摂取の方が多い

自転車ダイエットにおいて効果が出ないと話す女性の中には、たしかに自転車にたくさん乗って頑張っている人もいます。しかし、それでも効果が出ないのは、そもそも摂取しているカロリーのボリュームが運動で消費するエネルギーよりも大きいケースがあります。

運動して消費しても、それを超えるだけの食べ物などを摂取しているために、結果として運動が帳消しになってしまっているのです。そのため、食べるボリュームを減らす、もしくは運動のボリュームを増やして、消費するボリュームを増やすことを考えましょう。

新陳代謝を上げて効果的なダイエットをする方法

効果的なダイエットをするのであれば、新陳代謝を上げることが大切なポイントです。ダイエットに基礎代謝が必要なことはわかっていても…

消費カロリーと摂取カロリーの計画ができていない

自転車ダイエットだけに限らず、ダイエットでは摂取カロリー量と消費カロリー量をしっかり把握することが大切です。しかし、自転車ダイエットがうまくいかない女性の中には、この計算ができていなかったり、把握していない女性もいるのです。

そのため、最も大切なのは自分が摂取しているカロリーの量をしっかりと自分で把握することです。ここからスタートして、その分消費するように考えるか、過剰に摂取していると感じれば摂取する量を減らしたうえで消費をしていきましょう。

自転車ダイエットの消費カロリー

自転車ダイエットをおこなう上で、やはりどの程度のカロリーを消費できたのかはとても重要な要素になります。いくら自分で頑張ったと思っていても、実際にはほとんど消費できていないということもあります。

たとえば、間違った乗り方をしていた場合には時間だけいくら長くても意味のないものになってしまい、結果としてダイエットの効果が得られないこともあるのです。そのため、自転車ダイエットをおこなうのであれば、ぜひとも自分がどの程度のカロリーを消費しているのかその都度把握するように努めましょう。

運動・基礎代謝・食事の3つのカロリーをしっかり把握する意味

自転車ダイエットをより効果的に、なおかつ意味のある行為としておこなうためには、自分自身を取り巻くカロリーについてしっかりと把握しておくことが何よりも大切です。運動をすれば自然とカロリーが消費していくわけではなく、やはりどのように運動をしたのかが非常に重要となります。

これは自転車ダイエットにおいても同じことが言えます。どのようなルートをどの程度の時間走ったのかによって消費できるカロリーは変わってくるからです。そのため、運動でどの程度のカロリーを消費し、食事でどの程度のカロリーを摂取しているのか、さらには基礎代謝に関しても把握して、自分の運動しなければならないボリュームを自分自身で把握しましょう。

自転車ダイエットのカロリー消費が分かるサイト

自転車ダイエットに励む人々をサポートするサイトも存在しています。そのひとつが自転車ダイエットによってどの程度のカロリーを消費しているのかが一目でわかるサイトです。

自分の体重を入力し、その上で自転車を漕いだ時間を入れればどの程度のカロリーを消費しているのかがわかるものです。さらに、自転車ダイエットに特化しているだけあって、どのような道を何分走ったのかをそれぞれ入力すれば、より具体的なカロリー消費のボリュームがわかるようになっているのです。

食べたメニューの消費カロリーが分かるサイト

ダイエットをおこなう上で最も大切な要素といえるのが摂取カロリー量の計算です。ダイエットをおこなうと決め、なおかつ自転車ダイエットで頑張ると決めたのであれば、自分が毎日の食生活においてどの程度のカロリーを摂っているのかはしっかり把握しておきましょう。

そのためのサイトも存在しており、食べたメニューに応じて消費しなければならないカロリー量がわかるようにもなっています。

基本的な代謝カロリーが分かるサイト

ダイエットをおこなう上で基礎代謝に関して把握していない方もいますが、基礎代謝は人間が自然消費するエネルギー量です。言ってみれば人間が生きていくために最低限必要なカロリーです。

基礎代謝の量は年齢や性別、身長や体重などによって変わってきます。そのため、サイトで自分自身の基礎代謝量を把握しておくことが大切です。これを把握しておくことで、自分にはどの程度のカロリー摂取が必要で、どの程度の運動が相応しいのかがわかりますので、これから自転車ダイエットをスタートさせる人は、まずはこの数字を把握しましょう。

おすすめ商品

自転車ダイエットには様々な道具も必要になります。当然ながら自転車は絶対に必要になってきます。また、そのほかにもウェアなど必要なアイテムがありますので、これから始めるのであれば揃えておきたいものです。

ALINCO(アルインコ) フィットネスバイク

 

ALINCO(アルインコ) フィットネスバイク・自転車用 クッション サドルカバー AFB001
自転車ダイエットの多くは自転車を走らせることとなりますので、当然ながら屋外でおこなうこととなります。それによって通勤時間などもダイエットに回すことができるなどのメリットがあるわけですが、アイテムの買い方によっては室内でおこなうことも可能です。

そのひとつと言えるのが「ALINCO(アルインコ) フィットネスバイク」です。こちらは室内に設置して漕げる自転車です。つまり、運動をするための専用のフィットネスバイクとなりますので、お手軽に自転車ダイエットを始めるためにありがたいアイテムともいわれています。

さらに屋外でおこなう自転車ダイエットの場合には天候の影響を受けます。雨や風がひどい日には自転車で移動するのも大変ですが、このようなアイテムが自宅にあれば問題ありません。そのため、基本的には屋外で自転車に乗ってダイエットに励みつつも、自宅でバックアップ用にこうしたアイテムをそろえている女性もいます。

スポーツシャツ メンズ DISBEST

スポーツシャツ メンズ DISBEST インナー シャツ 半袖 ラウンドネック 吸汗速乾 パワーストレッチ
自転車ダイエットはたくさんのカロリーを消費するわけですが、その際には汗もかきます。そのため、自転車ダイエットをおこなう際には専用のウェアを用意している女性も多いものです。

その際には汗をよく吸ってくれて、その上で即座に乾くアイテムに目をつけておきましょう。スポーツウェアは様々なタイプのものがありますが、こうした機能はとても重要です。その点で考えますと、こちらで紹介しているスポーツウェアは汗もよく吸ってくれますし、即座に乾いてくれます。

ランニング&サイクリング用ポーチ ペットボトルホルダー付き 超軽量

ランニング&サイクリング用ポーチ ペットボトルホルダー付き 超軽量 防水 防汗 超大収納 調節可能 スポーツ用ウエストポーチ ジョギングポーチ ウエストバッグ ベルトポーチ Cosfash
自転車ダイエットでは水分補給も重要になります。また、様々な小物などはどこかに入れておかないといけません。そのようなことを考える上で「ランニング&サイクリング用ポーチ」は非常に活用しがいがあります。

ペットボトルホルダーもついているので、水分補給も気軽におこなうことができます。

まとめ

自転車ダイエットを多くの人々が実践しているということは、それだけ成果もあるからだといわれています。自転車という身近なアイテムを使用しておこなうことができるダイエットとなっていますので、これからでも遅くはないために頑張ってみましょう。

また、通勤や移動の時間、買い物などの交通手段を自転車に変えるだけでもダイエットに向けて頑張ることができますので、そのような形で日常を少し変化させてダイエットに励むことも考えてみましょう。