ストレッチのダイエット効果!そもそも私の体型にストレッチは効く?

ストレッチをして痩せる前に自分の体型を知ることが最優先です。現在の自分の体型がどのようになっているのかを知ることができて、その体型にあった痩せる方法が詳しく紹介されています。

BMI20以下のダイエット法

ダイエットは女性が一番望んでいることですが、すでにある程度痩せている人がダイエットをするのには苦労があります。ある程度の原料が終わってBMI値が20以下ともなるとそう簡単には痩せることは出来ません。痩せたくても落とせる脂肪や贅肉が少なくなってきています。BMI20以下ともなるとそれから痩せるのには苦労します。そこでBMI20以下になってからいかに痩せるかについて紹介します。できるだけ健康に注意しながら痩せる方法を紹介します。

野菜をたくさん摂る

BMIが20以下の場合でも脂肪率が高い人はたくさんいます。まだまだ痩せられる要素を持っています。そこでBMI20以下の場合でも脂肪率が高い人は食事を変えることで痩せられます。食事を野菜中心にすることで脂肪率を下げることができます。たんぱく質を多く食べている人の場合は特に改善できます、まずは食事の中に野菜を必ず食べるようにします。野菜を1品入れてから野菜から食べるようにします。野菜から食べることが重要で、野菜を始めに食べることで痩せやすくなります。

極端に体重を減らさない

BMI20以下の場合は普通体型が痩せ気味の体型の人になります。この場合、極度の運動や食事制限をしてから一気に痩せようとしないことです。極端な体重の減少は体に異変を起こしてしまう可能性があります。そうならないためにも食事を野菜中心のメニューに変えて、運動も普段よりも少し増やすようにしてゆっくりと痩せることを意識してからダイエットに向き合うことが大切です。そうすることで徐々に痩せていき理想の体型を手に入れることができます。

代謝を上げる

新陳代謝を上げることでBMI20以下の人でも痩せられます。新陳代謝を上げると脂肪を燃焼させてくれてスマートな体型に変えることができます。筋肉量を減らさずに脂肪を燃焼させることを考えてからダイエットをするようにします。新陳代謝を上げるには体温を上げることです。体温が1度上がることで代謝量は13%も向上します。体温を1度上げるようにするには、食べ物や飲み物を冷たいものを避けるようにします。お風呂にはしっかりと入るようにします。シャワーではなく湯船にゆっくりと浸かることが大事です。

BMIの計算方法を知っておこう

自分は太っているからダイエットしなければいけないと、勝手に考えている人も多々います。太っているか太っていないかの基準を知らないとダイエットをするべきかどうかが分かりません。そこで太っている判断をする為にはBMIというもので判断するのが一般的です。BMIの計算方法を知って、計算した後に肥満なのか標準なのかを判断しましょう。

BMIの計算式

肥満の判断基準はBMIを計算するだけで簡単に分かります。それではBMIとはどうやって計算すればいいのでしょうか。BMIの計算方法を見ていきます。BMIとは身長と体重で簡単に計算できます。BMI=体重/(身長)二乗というのが正式なBMIの計算方法です。自分でも簡単に計算できるので今の体重と身長で計算してみると標準体重なのか太り気味なのかが分かります。

肥満度の基準

BMIを計算してから出た数値によって標準体重なのか痩せ気味なのか太り気味なのかが分かります。BMI数値がどの数値がやせぎみでどの数字が標準体重でどの数字が肥満なのかを見てみます。BMI数値が18.5未満の人は痩せ気味と判断できます。この数値が小さくなればなるほど痩せているということになります。では標準体重を見ていくとBMI値が18.5から25未満の人は標準体重となります。この範囲の人はダイエットなどを意識する必要はありません。肥満体重を見ていくとBMI値が25以上ということにあります。BMI値が25以上となり数値が大きくなればなるほど肥満の度合いが高いということになります。

体型別ダイエット方法

一言に肥満といっても見た目から太っている人や見た目では分からないけど、脂肪が多い人などいろんなタイプの肥満があります。肥満の種類によってもダイエットをするときの方法が変わってきます。肥満の種類別にどんな方法でダイエットをしたらいいのかを紹介します。

隠れ肥満型

隠れ肥満といわれている人ですが、そもそも隠れ肥満とはどんな人のことを言うのか見てみます。見た目では太っているように見えないでBMI値も標準なのに体脂肪率が高い人のことを隠れ肥満といいます。まずは食事の改善としては、1日160kcal分を食事の量を減らすようにします。コンビ二のおにぎり1個分となります。後は食物繊維・豚肉・青魚・コーヒーを摂取することで肥満解消になります。

痩せ型

痩せ型と思われる人がダイエットをするのにはどんなことをすればいいのでしょうか。痩せ型の人がダイエットする必要はないのではと思われがちですが、部分的に脂肪が付いていたりして全体のバランスが悪いという人もいます。痩せ型がダイエットするには、基礎代謝を上げることです。痩せている人でも普段の生活習慣が乱れている人は多く、その習慣を変えるだけで痩せられます。無理な運動や食事制限は逆効果になるので生活習慣を変えるようにしましょう。早寝・早起きや決まった時間に食事を取るなど生活をしていくうえでリズムのある生活を送るように心がけます。

標準型

標準体型から痩せたいと思っている人はたくさんいます。特に女性に多く標準体型でも太っていると思って無理なダイエットをしてしまうケースが多々あります。標準体型でも痩せるための方法として、毎日食事で摂取しているカロリーを見てから少しだけカロリーを減らすような食事に変えます。ご飯を1杯食べている場合はご飯を「3分の2杯程度に抑えるようにします。あとは夜9時以降に食べ物を食べないようにします。この2つでダイエット効果はあります。

肥満予備軍型

太ってもいないがポッチャリ体型で肥満の一歩手前という体型の日本人は一番多くなっています。そんな人が痩せるには、食事制限だけではなく適度な運動が必要です。きついジョギングやウォーキングだと長続きしない人にはストレッチをすることをおすすめします。柔軟性を高めることができれば新陳代謝もよくなって痩せやすい体になります。まずはストレッチをして筋肉を柔らかくするようにします。そうすることが痩せるための早道でもあります。

肥満型

肥満体型の人がダイエットする場合は食事・運動生活習慣を全て見直さなければいけません。食事でどのくらいのカロリーを摂取しているかを計算して、野菜中心の食事に切り替えます。運動も必要になります。最初はウォーキングでもいいので毎日欠かさずやるようにしましょう。最後が睡眠です。睡眠時間は毎日6時間以上は取るようにします。生活習慣を規則正しくすることも重要です。全ての生活に関して見つめ直してから変えることで相当なダイエット効果があります。

自宅でできる!おすすめトレーニングDVD付き書籍

ダイエットをする為の早道と言えば運動が重要です。ウォーキングやランニングができれば何も問題はありませんが、そんなことができるようであればいいのだができないので痩せられないという人にはおすすめのダイエット器具があります。

DVD付き 短時間で思い通りのカラダをつくる 筋トレボディメイク・メソッド

DVD付き 短時間で思い通りのカラダをつくる 筋トレボディメイク・メソッド
「DVD付き 短時間で思い通りのカラダをつくる 筋トレボディメイク・メソッド」はまさに気になる部位を痩せることができる写真とDVDが揃っています。腹・背中・胸・肩・腕・尻など各部位ごとに痩せる方法が書かれていてダイエット法が写真やDVDで解説されています。

DVD付き-カラダをリセット-体幹力UPのコアトレーニング

DVD付き カラダをリセット+体幹力UPのコアトレーニング

「DVD付き-カラダをリセット-体幹力UPのコアトレーニング」は、初級から上級まで4段階でわかりやすく痩せる方法がDVDで説明されています。他にも写真による解説もあり始めてダイエットを始めようとする人には最適なダイエットDVDです。ダイエットの基本は体幹を鍛えてから痩せるという痩せやすい方法です。DVDですが対面でレッスンを受けているかのようにダイエットできます。

DVDつき へやトレ ― ジム以上の効果を約束する1日5分~の自宅筋トレ 単行本

DVDつき へやトレ ― ジム以上の効果を約束する1日5分~の自宅筋トレ
「DVDつき へやトレ ― ジム以上の効果を約束する1日5分~の自宅筋トレ 単行本」には期間別のダイエット法が紹介されていて、2週間・4週間・13週間・26週間の中から好きなメニューを選べます。選んだメニュー別に分かりやすくダイエット法が紹介されています。肩、腕、背中、腹、脚と全身のダイエット法について説明されていて、実体験の紹介もあり分かりやすく説明されています。

まとめ

ダイエットしたいと考える人にはいろんなタイプの人がいます。太っていない人でも痩せたいと思っている人もいて、現在の体型別にダイエットをするにはどうしたらいいのかが紹介されています。今からダイエットをしたいと思っている人は参考にできる内容が書かれているのでまずは肥満について知ることから始めましょう。