ストレッチポールの基本的な使い方や身体にうれしい効果とは!?

肩こりや腰痛など悩みを持っていて、改善するためにストレッチを行うときにより効果を発揮させてくれるのがストレッチポールですが、具体的な使い方や効果について詳しく紹介しています。

ストレッチポールって何?

ダイエットやむくみで悩んでいる人が自宅で簡単に出来る運動やストレッチなどたくさんありますが、ストレッチポールと言うものも流行っていて、ストレッチポールを使うだけできれいに痩せられると言う優れものです。実際に使ってみると分かりますが、ストレッチボールを使うといろんな意味で痩せる補助をしてくれます。

円柱の形の健康器具

いろんなストレッチがありますがその中でも道具を使ってストレッチをすればもっとダイエット効果があがります。ストレッチポールとはポールダンサーのポールとは違います。健康を維持するための運動補助道具となります。円柱の細長いポール上になっている健康器具で長さにはいくつか種類があり、使うストレッチにして使い分けるとより効果的に使うことが出来ます。

不安定なポールの上に乗ってバランス能力を鍛える

ストレッチポールは筒状のものでポールの上に乗ってからエクササイズをするだけで体幹を鍛えることが出来て、バランス感覚を養うことも出来ます。単に鍛えてから痩せるのではなく、バランスの取れた筋肉をつけることが重要です。そんなバランス感覚を持ったエクササイズ商品としてストレッチポールがオススメです。

ストレッチポールは円柱状の細長い枕のような形状なので、上に乗ると非常に不安定になってしまうのでしっかりと身体全体でバランスを取れなければ体制を保つことが出来ません。どんなストレッチをするにしてもバランス感覚をみにつけなければ乗りこなせないのがストレッチポールです。

体幹が鍛えられる

ストレッチポールは非常に不安定になります。不安定になったポールを使ってエクササイズを行うことでより効果的なストレッチポールを使ったエクササイズをオススメします。思っている以上に重圧をもらっていて、力みなく体感を鍛えるにはストレッチポールがオススメです。ストレッチポールを使ってエクササイズを行うとバランスを保つのに、苦労するので体感を鍛えるには最適なアイテムではないでしょうか。

ストレッチポールを使う効果

ストレッチポールを使うとどんな効果があるのでしょうか。何を鍛えたいのかでストレッチポールを使ったほうがいいのか他のアイテムを使ったほうがいいのかが分かれてきます。ストレッチポールを使った場合の効果には、体感を鍛える・骨盤の歪を矯正できる・姿勢がよくなる。柔軟性がアップすると言うようにいろんな効果が期待できます。実際にストレッチポールを使うと腰痛・体幹・骨盤の歪み・体の柔軟性などといった考えられる症状を全て改善することが出来ます。

体幹が鍛えられる

ストレッチポールは丸くなっているのでその上に乗ったり座ったりすると不安定になります。その上でエクササイズを行うと安定させようとして体感を鍛えることになります。ストレッチポールだけで安定したバランス感覚を養うことが出来て体感を鍛えることになります。

骨盤の歪みを矯正できる

年を取ってくると体の軸がずれてきます。そのときに考えられるのが骨盤のずれではないでしょうか。そんな悩みを持っている人にストレッチポールはおすすめです。普通の生活だけでも体のバランスがずれているような人は間違いなく骨盤に歪が出来ています。ストレッチポールを使って、骨盤周りの筋肉を緩めてから骨盤の位置を調整することが出来ます。

身体の柔軟性をアップする

ストレッチポールに乗るだけで随分筋肉にゆるみが出てその後矯正を施すことが出来ます。筋肉の緊張をほぐして本来あるべき筋肉の活動と骨盤の歪を矯正できます。骨盤歪の矯正はストレッチポールを使わなくても出来ますが、ストレッチポールを使ったほうが簡単に歪の矯正ができます。

姿勢が良くなる

ストレッチポールを使ってエクササイズを行うと体感を鍛えることになります。体幹を鍛えることが出来れば自然と体の中心点からまっすぐに伸びていくので、姿勢自体がよくなります。年齢に関係なく改善できるのでオススメのストレッチポールではないでしょうか。

腰痛を改善できる

中高年になるとどうしても腰の痛みを感じてしまって腰痛を治すことが出来ないか悩んでしまいます。そんな中ストレッチポールを使うだけで骨盤矯正が出来て姿勢を正すことが出来るのがストレッチポールです。

ストレッチポールを使ったエクササイズ

ストレッチポールと言う筒状の丸長いものを使ったエクササイズがあります。これは安定性がないのでストレッチポールを使うと、より体感を鍛えたり脂肪燃焼を活性化させたりです。ストレッチポールと別のエクササイズをあわせて行うものでいろんな合わせ技があります。

横持ちエクササイズ

ストレッチポールを両手で横に持ってから行うエクササイズは、お腹の筋肉を鍛えるのに最適なストレッチです。まずは両手でストレッチポールを持ち仰向けになります。その状態で両足を高く上げていけば腹筋に力を入れないと姿勢を保てなくなるので腹筋を鍛えることができます。このエスササイズは赤ちゃんがお腹の中で5ヶ月のときにとる体勢と同じです。

ストレッチポール・ダイアゴナル

ダイアゴナルというのはダイアゴナルをストレッチポールを使って行うエクササイズです。ダイアゴナル自体が体幹を鍛える上で効果的なストレッチというとことは知っている人もいるのではないでしょうか。そんなストレッチをストレッチポールを使って行うというもっとも難しい体幹を鍛えるエクササイズです。ストレッチポールを足元に置いてから両足をストレッチポールン上に乗せてダイアゴナルの姿勢を作ります。

縦に乗ってチューブトレーニング

縦にしたストレッチポールの上に仰向けになって寝ます。寝た状態でチューブを使ったエクササイズを行います。ストレッチポールに乗ることで安定性が格段に悪くなるのでバランスをうまく取りながらチューブのエクササイズをしなければいけません。単にチューブでエクササイズをするよりも大変なエクササイズとなります。

肩甲骨はがしストレッチ

肩甲骨はがしストレッチは肩こりを軽減するのに適したストレッチですが、それだけではなくストレッチポールの上に寝てから行うことで、より難易度が増してバランスを取るのが難しくなります。ストレッチポールを床へ縦に置いてその上に横になります。膝を肩幅より若干広く開いて膝を立てます。その状態で両手を左右に広げて円を描くように回します。最後は両手を上方向に伸ばしていきます。これでストレッチポールを使った肩甲骨はがしストレッチの完成です。

愛好者が多いストレッチポール

ストレッチポールを使ったエクササイズをするとストレッチの難易度が上がり難しいエクササイズをすることになります。そこで必要なことは体幹をより鍛えたり脂肪燃焼をさせたりと、よりいっそうのストレッチの効果を上げるためには必要不可欠なグッズがストレッチポールです。最近はこのストレッチポールが大人気でこれを使ったエクササイズをたくさんの人が行っています。

LPN ストレッチポール(R)EX

LPN ストレッチポール(R)EX ネイビー 0001
LPN ストレッチポール(R)EXは長さが約1mあり、縦に使っても十分なストレッチを行うことが出来ます。いろんな悩みの改善をする為に利用できる万能型のストレッチポールがLPN ストレッチポール(R)EXです。体幹を鍛えたり肩こりを治すために使ったり通常のストレッチをより難易度の高いストレッチが出来るようにしています。

LPN ストレッチポール(R)ハーフカット

LPN ストレッチポール(R)ハーフカット ネイビー 0011
LPN ストレッチポール(R)ハーフカットはEXの約半分オ長さとなっていて、コンパクトな長さで利便性が高くなります。EXではちょっと長すぎてやりにくいと言う人にはこちらのストレッチポールがオススメです。思っている以上に便利でストレッチを行うときの補助として利用できます。

GronG(グロング) ストレッチ用ポール エクササイズポール ヨガポール 90cm ハード

GronG(グロング) ストレッチ用ポール エクササイズポール ヨガポールもストレッチポールとして使うのに90cmの長さがあり、利便性が高くなっています。腰痛・肩こりなどささまざまな悩みを解決するためのストレッチの補助的な役割をしてくれます。出来るだけいろんなストレッチをするときに道具としてGronG(グロング) ストレッチ用ポール エクササイズポール ヨガポールを利用すると便利です。

まとめ

ストレッチポールはストレッチをするときにあると便利な補助器具として利用価値があります。ストレッチポールにはいろんな使い方が出来てストレッチ効果をより高いものにしてくれて、腰痛や肩こりで悩んでいる人におすすめのストレッチポールです。
ストレッチポールを使うときは、不安定な場所を作ってくれて体幹を鍛えるときには効果的です。そんなストレッチポールをどのようにして使うかを知るのに便利に使えるので一度使ってみましょう。