小顔見せならショート!小顔見えする前髪や、アレンジをご紹介

顔にコンプレックスを持っている人がショートヘアにして小顔に出来るのかと思うかもしれません。でもショートヘアでも十分に小顔に見せることが出来ます。ショートヘアを生かした小顔に見える方法を紹介しています。

小顔見せするショートヘアのポイント

顔の大きさが気になって髪型をどうすれば小顔に見えるのか悩んでいる人にオススメの髪型はショートヘアです。ショートヘアは顔全体が見えるので小顔には不向きと思っている人も多いと思いますが、小顔にはショートヘアが一番です。ショートヘアでも出来る小顔にするための髪の使い方を紹介します。

シルエットはストレートスリムよりもふんわりアレンジで

ショートヘアのストレートにするのではなくちょっとふんわりとするだけで変わってきます。ストレートだとそのまま真下に毛がおりてきてサイドにボリューム感が出ません。そうなると縦長の顔になってしまって小顔シルエットには出来ません。サイドのおろす髪はウェーブをつけるだけでいいのでちょっとふんわりするだけで顔の印象が随分変わってきて顔をぼかすことが出来て小顔に出来ます。

小顔見せは前髪で大きく印象が変わる

ショートヘアの場合でも前髪を長めにしてから縦に流すような髪型にすることで縦のラインを強調して顔をすっきり見せることが出来ます。フェイスラインに髪がかかることで顔の大きさをぼかすことも出来ます。前髪の長さも重要で、前髪の長さは眉にかかるくらいの長さにしてからたらすようにするともっと小顔効果が出てきます。

たまご型orひし形シルエットで小顔になれる

どんな顔型でもたまご型やひし形シルエットで小顔に見えるようになります。理想的な顔型といわれてるたまご型とひし形です。小顔シルエットにするには一番がたまご型やひし形シルエットなのです。たまご型やひし形へ髪型を変えることで顔型を変身させます。ショートヘアでも簡単に出来るたまご型やひし形シルエットです。

顔の輪郭タイプ別、小顔に見えるショートの前髪

出来るだけ小顔にするためには、顔の輪郭によってもやり方が変わってきます。輪郭には丸顔、面長、四角型、逆三角形といった輪郭があります。それぞれの輪郭に合った小顔シルエットの作り方があり、その方法を実践すると今よりは小顔に見えるシルエットを再現できます。では実際に顔型による小顔効果を出すための輪郭ごとの髪の使い方を紹介します。

丸顔さんは少し長めの前髪で頬の輪郭を隠す

丸顔でショートヘアにするとどうしても顔が目立ってしまって小顔にすることは出来ないのではと思う人が多いのではないでしょうか。丸顔でも小顔シルエットに出来る紙の使い方があります。丸顔の人は頬の輪郭を隠すだけで小顔に変身できます。丸顔でショートヘアの人は前髪を少し長くしてから頬の輪郭を隠すようにおろすだけでいいのです。出来るだけ顔型をひし形に変えることが出来れば小顔に見えます。出来るだけサイドをひし形に出来るように髪を使うことが重要です。たったそれだけで丸顔の顔が大きな人でも小顔に変身できます。

面長さんは前髪ありの眉上で縦長感をカバー

面長顔型の人の場合はショートヘアにした場合でも小顔に変身することは簡単です。前髪をおろして眉の上までおろしていけば額の部分が隠れてしまって面長の顔が少し小さくなります。前髪の縦のラインは重要で、隙間を作って強調するだけでかわいらしく見えて小顔にもなります。前髪にパーマをかけることで髪に隙間が出来るのでストレートよりはかわいらしい小顔になります。

四角型さんは前髪なしで、サイドにわけて輪郭を隠す

四角形の人の場合は、前髪を前にたらしてはいけません。余計に輪郭がくっきりとして大きな顔に見えます。そこで、前髪を前ではなくサイドに流してから左右の輪郭を隠すようにたらせば小顔に見えます。エラよりも下側にワンカールすることで内側に丸みを持たせて完全に輪郭を隠すことが出来ます。たらした前髪は出来るだけ頬にたれるくらいの長さにしておくとより効果的です。思っている以上に小顔になるのでやってみればその効果がすぐにわかります。

逆三角形さんは前髪をサイドにわけておでこを小さく見せる

逆三角形型の人には、ショートヘアで横幅を目立たせないようにして前髪をサイドにわけることで小顔効果があります。そうすることで、シルエットが逆三角形とは逆になるので小顔効果が出ます。逆三角形の顔型の人が小顔に見せるには、顔の上部をいかに隠すかで変わってきます。そのためにも前髪をうまく利用して顔の上部の見える面積を減らすことで有効となります。

どうしたらいい?顔が大きく見えるショートの救済術

ショートヘアにしてからどうしても顔が大きく見えるような場合、どのようにしたらショートヘアでも小顔に見えるのでしょうか。顔を大きく見せたり小さく見せたりするのは正面から見たシルエットで変わってきます。髪型を変えるだけで顔がシュッと引き締まった顔に見えたりなんとなくたるんだ顔に見えたりします。これは全て髪型による錯覚がもたらしています。

ショートヘアで変化をつけるとしたら前髪の長さやどこまで垂らすかなどあとはサイドはどうしたらいいのかなどが髪形の変化をつけることが出来ます。顔が大きく見えるショートヘアの人の顔を出来るだけ小さく見せる方法を見ていきます。

パーマで毛先を遊ばせて視線を散らす

ショートヘアで髪をセットするときはストレートヘアではなく毛先にパーマをかけてから他方向に毛先が向くようにして髪の毛を垂らしていくと小顔には効果的です。出来れば真ん中当たりをボリューム感があるふんわりとしたパーマをかけると黄金バランスのひし形の輪郭を再現することが出来ます。

前髪は黒目の外側真上で分けて横に流す

小顔効果を最大限に発揮するには、ショートヘアの前髪を右か左のどちらかの真上で分けてからサイドに流すことでできます。分け目をつける場所は黒目の外側で分けるようにすることが大切です。そのときにボリューム感を出すために少しふんわりと前髪を盛ってから流すようにすると小顔効果があります。

こめかみを前髪やサイドの髪で隠す

ショートヘアでこめかみを隠すには前髪をたらしてサイドに髪の毛を流すことで実現できます。サイドに髪を流すと顔のサイドを髪の毛で隠すことが出来てより顔を小さく見せる事ができます。前髪の横の髪は斜めにカットしてから隠すようにすることで小顔に見せることができます。ショートヘアでもサイドを隠して小顔に見せることが出来るのです。

ショートボブは襟足を重くせずひし形シルエットに

小顔に見せる為の最高のショートヘアと言うのは黄金バランスと言われていて、顔の輪郭をひし形に見せることで実現できます。ひし形シルエットは小顔に見せるための理想的な髪型で、ショートヘアの場合、サイドの加味にボリュームを持たせて襟の部分はボリューム感を少し少なくすることでひし形のシルエットを作ることが出来ます。ショートヘアだから出来る黄金バランスではないでしょうか。

まとめ

顔コンプレックスでどうしてもショートヘアに出来ないで悩んでいる人にオススメの髪の毛の使い方を紹介しています。ここで書かれている内容は顔コンプレックスの人でもショートヘアで小顔に見せることができます。