ヨガのファッションを選ぶポイントとおさえるべき基本アイテム

肩こりや腰痛の予防、改善に多くの方がヨガにチャレンジしています。特におしゃれな女性は、かっこよくエクササイズができるヨガのファッションも楽しんでいるようです。動きやすく快適で、しかもオシャレでモチベーションがアップする、ヨガウエアを選ぶポイントや人気のヨガブランド商品などを紹介します。

ヨガのファッションを選ぶポイント

運動だからジャージでいいでしょ?という人もいますが、ヨガはかなり大きく足を開いたり、腕を伸ばしたりする等、ポーズによっては動きが大きくなります。そのため、体に程よくフィットするヨガ専用のウエアを準備すべきです。

体を締め付けるようなファッションは選ばない

多種多様なポーズがあるヨガでは、大きく足を開いたり背中を伸ばしたりする等、普段は伸ばさない部分を伸ばすことが多くなります。筋肉の緊張をほぐす目的を持っているヨガは呼吸も大きなポイントとなりますので、体を締め付けるようなタイトなウエアはNGです。

汗をかくので通気性や速乾性も重要なポイント

ゆったりした動きに深い呼吸の運動となりますので、汗はそれほどでないと思っている人もいます。でもヨガを経験したことがある方ならお分かりと思いますが、かなり汗をかくエクササイズです。

そのためウエアに関しても通気性があり、速乾性のあるものを選ぶことがポイントとなります。汗を吸収して重くならない速乾性のあるウエアは、今かなり多くなっていますが、その中でもヨガ用のものを選択しましょう。

胸元やお腹が見えますのでゆる過ぎるサイズもNG

タイトすぎるウエアはNGですが、逆にぶかぶかすぎるウエアもヨガに不向きです。様々なポーズをとるヨガでは、ポーズによって胸が見えそうになったりウエスト部分がめくれたりしてお腹が丸見え・・となることもあります。

ある程度緩さがあるけれど、体に程よくフィットするのがヨガウエアです。他の物でも代用できるかもしれませんが、ヨガに特化したウエアを購入するほうが安心でしょう。

パンツは7分丈よりも短い物を選ぶ

パンツの丈ですが、全身を使い、足を大きく開いたり曲げたり、時にはねじるポーズなどもありますので、慣れていない方はフルレングスのパンツは避け、7分丈のパンツにする方がいいと思います。ルレングスのパンツは裾が絡みやすくなり、初心者の方はけがをしやすくなるのです。

ヨガのファッションの基本アイテム

ヨガをするときに邪魔にならず、快適な状態でポーズがとれる、そんなヨガの基本ファッションアイテムを紹介します。動きやすくおしゃれに着用できるタイプが人気です。

トップスはキャミとタンクトップが定番

トップスも体に程よくフィットしているものが理想的で、最近はキャミとタンクトップが定番の人気製品となっています。初めて購入される方は、きつすぎないか、緩すぎないかなど、試着して確認するほうがいいでしょう。

肩や二の腕を動かしやすく、また動きを確認しやすいキャミソールやタンクトップの着用が、ここ数年のトレンドの様です。ブラジャーを着けてヨガをしたくないという人も多く、そんな方のために、ブラカップ内蔵タイプも出てきています。脇を見せたくない、二の腕がコンプレックスなので露出したくない、という方は袖ありタイプがありますが、窮屈にならないよう、体形に合ったものを選ぶようにしましょう。

パンツはショートパンツとレギンスを選ぶ人が多い

パンツはショートパンツとレギンスという組み合わせが人気で、ロングパンツが主流です。ショートパンツをいくつか持っていると、レギンスと合わせて色々楽しむことができます。レギンスで足の形を出してしまうと、かえってスリムに見えることもあり、こうしたタイプが人気となっているようです。

サルエルパンツのような少しルーズなヨガパンツも人気

上級者になるとヨガファッションも色々工夫しており、例えばサルエルやガウチョタイプのヨガパンツを利用している方もいます。ただ動きが見えにくいので、初心者の方がヨガ教室に行く際は、そのようなタイプじゃないほうがいいかもしれません。

最初はヨガの講師が筋肉や関節の動きが正しいかどうか見るためにも、ショートパンツとレギンスという組み合わせの方が無難です。

ブラはスポブラかブラカップの付いたインナー


ヨガは大きく胸を開くポーズも結構多いので、ブラを付けていると邪魔になる、ずれるという人もいます。そんな時にはずれにくく、ワイヤーなども入っていないスポーツブラがおすすめです。それもつけている意識があって集中できないという人は、ブラカップ内蔵のウエアを購入するといいでしょう。

ヨガにぴったりのトップス

今はヨガのトップスも様々なものがあり、また、ヨガブランドもかなり多くなっています。素敵な商品がとても多いです。ここで一部、人気のトップスを紹介します。

ヴァナフ バイ ウィッテム YOGA camiset

キャミソールとタンクトップ、色合いがいいセット「ヴァナフ バイ ウィッテム YOGA camiset」です。サーモンピンクとブラウンというカラーですので、幅広い年齢層に合います。ウエストをすっぽり隠せる長さがあるキャミで、思い切りよくヨガできそうです。

ヨギーサンクチュアリ ヨガウェア オーガニックバックフレアチュニック トップ

キャミソールとタンクトップだとちょっと嫌だなという人には、こちらのヨギーサンクチュアリ ヨガウェア オーガニックバックフレアチュニック トップがいいでしょう。ヨガ用にお腹部分が長く、ずり上がらないように作られていますし、ヨガ用にも普段着としても利用できそうです。ロングスリーブでも涼しげな雰囲気のヨガウエアとなっています。

DANSKIN フィットネス Non Stress Tシャツ DA76100

汗を素早く吸ってくれる快適素材の「DANSKIN フィットネス Non Stress Tシャツ DA76100」は、ヨガのダイナミックな動きにもしっかりついてきてくれます。ストレッチ性豊かな素材であり、軽くて動きやすいTシャツタイプになっています。脇の下などは無縫製で作られていますので、縫い目が気になることもありません。

ヨガにぴったりのパンツ

ヨガの動きを邪魔しないパンツは、やはりヨガ専用のパンツがベストです。色々な種類がありまので、おしゃれに楽しめます。元気が出そうなカラーのパンツや普段着には利用しない柄物も、ヨガなら楽しむことができるのです。

ヴァナフ ニューヴン カプリパンツ 852VN6TJ7555

ヴァナフ ニューヴン カプリパンツ 852VN6TJ7555は、シンプルで動きやすく、ロング丈ではないので、初心者の方にも安心です。ドライ、ストレッチ、デオドラント、さらにUV加工と高機能なパンツは、もちろん上級者にも人気があります。ヨガの他に、ジムトレーニングで利用されている方もいるようです。

ヴァナフ バイ ウィッテム YOGA bottomset

可愛いパンツとレギンスのセットですが、カラーがブルーでもアイス系のクールなブルー仕様ですので、大人の女性にもピッタリです。パンツが少しフレアのようになっているため、ヨガの動きを邪魔する事もありません。レギンスも伸縮性が高くどんな動きにもマッチします。

ZEQUU 吸汗速乾 抗菌防臭 ヨガウエア レディース スポーツレギンス 9分丈

ZEQUU 吸汗速乾 抗菌防臭 ヨガウエア レディース スポーツレギンス 9分丈は、高級感のある宇宙型デザイン、縫製にも深くこだわっている履き心地最高のレギンスです。伸縮性に富み、通気性も高く速乾性もあるという高機能なレギンスは、ヨガの他にも、ランニングやダンスなどに利用されている方が多い人気の商品になります。UVカット加工されていますので、日中の屋外でも大丈夫です。タイトすぎず緩すぎない綿密な設計を感じるレギンスです。

Lapasa ヨガレギンス ヨガパンツ ロングレギンス 7分丈

ヨガにおすすめのインナー

ヨガを楽しむ時にはインナーもこだわりたい・・・そう思う方に素敵なインナーをいくつか紹介します。もちろんヨガをするのですから、動きを邪魔しない優れた仕様になっています。

[プーマ]トレーニングウェア A.C.E. 4キープ スポーツブラトップ M 517658

プーマのインナー「[プーマ]トレーニングウェア A.C.E. 4キープ スポーツブラトップ M 517658」は、動きにしっかりついてきてくれるインナーとして人気があります。クールなブラックで、プーマのマークがポイントです。肩から上腕にかけて可動域を妨げない作りで、ヨガの大きな動きにもしっかり対応してり、アンダーストレッチホールドでバストをしっかり支ええてくれます。背面はメッシュ素材となっていますので、汗をかいても蒸れません。

adidas トレーニングウェア ワークアウト テックフィット ミディアムサポート スポーツブラ BHU33

adidas トレーニングウェア ワークアウト テックフィット ミディアムサポート スポーツブラ BHU33は、吸汗性、吸湿性、速乾性ともに優れたブラトップであり、常にドライな状態を保ってくれます。ヨガの他に、サイクリングやジムトレーニングに活用する女性が多いようです。背中はメッシュ素材、蒸れることなく快適、取り外し可能なブラパッド付なのも嬉しい配慮ですね。

S4R(エスフォーアール) スポーツブラ

ヨガをする時にはブラをしたくないという方も多いのですが、そんな女性にピッタリなのが、このS4R(エスフォーアール) スポーツブラです。ブラを付けているという感覚が少ないです。肩紐が幅広になっていますので食い込みが痛くなく、バストの立体的なデザインはそのままに、窮屈な感じもありません。水陸両用ですので、アウトドアスポーツにも利用できます。

まとめ

何事も恰好から入る・・・という人も多いですが、見た目から入るのもおすすめです。素敵なデザインが多いヨガファッションを楽しみながら、健康や美容に役立つヨガであれば、モチベーションもぐっとアップします。色々なメーカーがヨガなどのスポーツに特化したウエアを出していますので、自分にあったものを選び、もっとヨガを楽しんでほしいです。