ストレッチのダイエット効果や体を柔らかくする方法を徹底解説!

体が固過ぎてどうしようもなくなるときがあります。できるだけ自分に合ったダイエット効果や体を柔らかくする為、どんな運動やストレッチをすればいいのでしょうか。

寝る前ストレッチの効果とは

体の柔軟性を高めるためにストレッチが友好的な方法ですが、どのタイミングでストレッチを行えば効果が高く出るのか見ていくと寝る前にストレッチをすると寝ている間にストレッチによって疲れた体を休めてくれて肉体の回復もはやくなり、ストレッチの効果を高めてくれます。

寝る前にストレッチを行うことでどんな効果が期待できるのか詳しく検証していきます。寝る前のストレッチで得られる効果にはいくつかあり、その中でも期待値が高い効果を見ていきます。寝る前にストレッチをすることで精神的なリラックス効果や、体の柔軟性を高めてくれたり、睡眠の深さも深くなり健康的な睡眠を取ることも出来ます。寝る前のストレッチにはそれだけではなく、女性が一番気にするダイエット効果も期待できると言う優れたストレッチを行うベストなタイミングが寝る前となります。

リラックス効果

寝る前にストレッチをすると精神面でもリラックス効果が得られると言うことで評判となっています。寝る前に運動をすると疲れてしまって寝つきが悪くリラックスできないのではないかと思うかもしれませんが、激しい運動ではなく、体をほぐすだけの簡単な運動なので逆に寝るときにはリラックスできて睡眠への程よい疲れがリラックス効果を高めているようです。

寝る前のストレッチでは、「カルノシン」というホルモンが分泌されて交感神経を抑制してくれて副交感神経が優位な位置に出てきます。心も体もリフレッシュできて血流が改善されることで脳内への血液が運ばれるようになり、リラックス出来るようになります。

体の柔軟性を得られる

寝る前のストレッチをすることで柔軟性をより持たせることが出来ます。柔軟性を持てるということは、寝返りをするときに使う筋肉が硬直しないようにできるため寝た後の寝返りがスムーズに出来るのがストレッチの効果ではないでしょうか。寝ている間寝返りが出来なかったり左右への動作が減ってしまうとリンパへの血流が弱くなり、おきたときに体が硬く感じたり寝起き自体が悪かったりします。

寝る前にストレッチをすることで寝返りをする筋肉に柔軟性を持たせることが出来てスムーズな寝返り動作をすることが出来ます。寝返りをするということは腰へ血の流れが活性化されて、寝起きのときに肩がこっていたり腰痛で立ち上がれなかったりなどの症状が出にくくなります。

上質な睡眠効果

寝る前のストレッチには肉体的な改善はいうまでもないのですが、睡眠と言う観点から考えると熟睡できると言うメリットがあります。血流をよくして血の流れを活性化させることでよりいっそうの血流をよくしてくれて、リラックス下精神状態で睡眠を取ることができるため、よく出来た睡眠を取ることが出来ます。寝る前にストレッチを行うだけで寝起きのときの気分が全く変わってきます。これは寝る直前にストレッチをすることで筋肉の緊張をほぐしてくれて動きやすい体にしてくれています。

ダイエット・シェイプアップ効果

痩せたいと考えている女性にはオススメの寝る前ストレッチです。ストレッチをすることで血流が改善されてからだの内部でも活性化されていてストレスを感じることなく自由な運動をしてから寝ることで精神面と体力面だけではなく体のシェイプアップ効果も高くなります。寝る前のちょっとしたストレッチが脂肪分解ホルモンの分泌を促してくれて成長ホルモンが分泌されやすくなります。睡眠不足になると成長ホルモンの分泌が活発化されてよりやせやすいからだ作りが出来ます。それだけ有意義な寝る前ストレッチなのではないでしょうか。

寝る前ストレッチの方法

寝る前のストレッチをすると疲れなくて効果的な方法があります。ヨガにも似たストレッチなので激しい運動をするわけでもなく軽い運動をするだけで寝起きの体に大きく影響してきます。いろんな部位のストレッチ方法があり、それぞれには特長があります。鍛えたい部位に合ったストレッチをやらなければまったく意味のないストレッチになってしまいます。そうならないようにするためにも、部位ごとで効果的なストレッチ方法を見につけましょう。

腹筋の寝る前ストレッチ法

女性が一番気になるのがお腹周りの贅肉や脂肪です。お腹周りに付いた脂肪や贅肉は中々取れないといわれていて、解消するにはハードな有酸素運動が必要になると考えられています。お腹の贅肉や脂肪とさようならしたい場合は寝る前ストレッチが有効でその体型にあったストレッチ方法を見ていきます。

腹筋を鍛えることが出来れば、お腹周りの脂肪を燃焼させてからくびれのあるウエストを作り上げることが出来ます。それもたったの1分程度のストレッチをするだけで済むのでお腹周りが気になる人には腹筋ストレッチがオススメです。仰向けに寝てから膝を立てます。その膝を床の外側に開いていき床に着けば最高ですができるだけ広く床に近づけるようにしてくれます。

脇腹とお尻の寝る前ストレッチ法

多くの女性が中々脂肪が取れないと悩んでいるのがわき腹とお尻の脂肪ではないでしょうか。そんな悩みの種を解消してくれる寝る前に行うストレッチがあります。誰でも簡単に出来るストレッチによる脇腹の脂肪解消をする方法として、いくつか考えられます。

まずは、腰をひねるだけで腰まわりの脂肪を落とすことが出来ます。まずは床に膝を着いてから状態を伸ばします。両手を頭の後ろに回してから左右に状態を反ります、反った跡に腰を回転させて左右にひねります。次に床に右手を着いて左手を腰に添えてから上下に腰を振ります。左右手を変えて反対側も行います。この動作を毎日寝る前に行うだけで徐々に越しまわりの脂肪が減少していきます。

お尻周りの脂肪を取ってからスリムなお尻にするストレッチを紹介します。そもそもお尻がたれる要因として脂肪がお尻に付きすぎて脂肪がたれてしまってお尻がたれてしまうのがよくあります。この場合は脂肪を減らすことでお尻の垂れを解消して形の良かった若いころに戻れます。

お尻の脂肪を解消するのに道具は必要ありません。体ひとつあればどこでも出来るストレッチです。寝る前に床に仰向けになってから寝ます。手を下にさげてから腰をゆっくりと持ち上げます。これを15秒間行います。次に、仰向けのまま膝を立ててから腰幅に足を開きます。その状態で腰を持ち上げていき両手の後ろ側で指を組んでから姿勢を保ちます。その体制で30秒間待ちます。この2つを繰り返し数セット行うだけでお尻の脂肪が取れてキュッとしまった形の良いお尻を作り上げることが出来ます。

股関節の寝る前ストレッチ法

健康な体を維持するにはリンパ節の流れをよくすることは重要です。そこでリンパ節の流れを改善するには股関節をストレッチしてリンパの流れをよくすることです。リンパ節に溜まっている老廃物を流すことで体内環境を正常にすることが出来ます。

股関節の簡単なストレッチは、仰向けになってから両膝を立てます。右腕は右横に、左腕は左上に置いていきます。その後、足の裏同士を合わせてから膝を立てていきます。同時に股関節がピーンと伸びていきます。股関節を伸ばすために最適なストレッチです。

肩甲骨はがしストレッチとは

誰もが一度は感じたことがある肩こりがあります。デスクワークなどを行っていると特に肩こりが毎日のように続いてしまって仕事にも影響しかねません。この肩こりを解消するためのストレッチがあります、簡単なストレッチをするだけで肩こりがすっきりと解消されるので一度試してみてはどうでしょうか。その名も肩甲骨はがしといわれるストレッチで名前が結構ハードなことをしなければいけないような名前になっていますが、やることは至ってシンプルなストレッチとなります。

肩甲骨はがしストレッチの基本

肩甲骨はがしとは具体的にどういうストレッチなのでしょうか。肩甲骨とは背中側に出ている左右対称の大きな骨の部分のことです。この辺の周りの筋肉が硬直してしまうと手の稼動域も狭くなり血流も悪くなって、肩こりの原因にもなります。この肩甲骨の周りの筋肉を柔軟にすることで動きをよくして血流もよく出来れば肩こり自体がなくなります。毎日肩甲骨はがしのストレッチをするだけで肩こりを解消できるわけです。

では肩甲骨はがしの基本を見ていきます。

腕や肩をストレッチ

最初に腕の付け根をほぐすストレッチで、床にあぐらを掻いてから座ります。両腕を内側から外側に回して指を床につけます。そのまま手の平を床につけてからうでを10秒間伸ばしていきます。これで腕の付け根のストレッチは完了です。次に肩の部分のストレッチに入ります。あぐらをかいた状態で右手を前へ伸ばします。左手を伸ばした右手の下側から伸ばして肘を折り曲げて手の平を前の前にもっていきます。手のひらは片手で合掌をするように横にして伸ばします。

次に左肘を折り曲げて右手の手のひらと左の手の手のひらを合わせます。その体制を10秒間キープします。その形のまま両腕を上のほうから伸ばしていきます。これで肩のストレッチは完了です。

肩甲骨まわりのストレッチ

肩甲骨周りのストレッチというものは両手を背中で組む格好をすることで柔らかくしていきます。まず、左手を腰の辺りから背中に持っていき、右手を肩の上から背中に落としていきます。右手と左手で組んだら完成となります。両手が届かないような場合は紐を使って右手と左手で紐を掴めば完成となります。

ここで背中に両手をまわしてから組むときにどうしても組めなくて動きが悪い手の方は別途柔らかくする方法があります。あまり曲がらない腕の方から背中に回していき、もう片方の手で支えるようにして伸ばします。出来るだけ伸ばした状態で10秒程度止めておくことで曲がりが悪い手の柔軟性を上げることが出来ます。

肩甲骨はがしストレッチの驚きの効果

肩甲骨はがしを行ったときの降下はどんなものがあってどの程度感じられるのでしょうか。肩甲骨はがしを行うことで肩甲骨の柔軟性を促しながら体へ与える影響を見ていきます。肩甲骨はがしを行うことで、肩こりに最高のストレッチです。普段肩こりで悩んでいる人は肩甲骨はがしを行ってから劇的に肩こりを解消できます。

2つ目の効果はバストアップです。肩甲骨はがしをするだけでバストアップができるという女性には目から鱗のストレッチではないでしょうか。肩甲骨はがしを行うことで血流をよくするだけではなく乳腺の発達も促してくれて筋肉に対しても効果的なストレッチとなります。猫背で悩んでいる人にはオススメで、猫背が直るとまで言われています。それだけではありません。女性は必見のダイエット効果も抜群でいろんな効果が期待できるのが肩甲骨はがしです。

体を柔らかくするためのストレッチ

体の柔軟性は年齢とともになくなってきます、年を取ると柔軟性がなくなり体が硬くなってしまいます。そのまま何もしなければどんどん硬くなってしまってちょっと下運動で大怪我をしてしまったりします。

体が柔らかいとメリットずくめ!

体が硬いといけないのでしょうか、年齢とともに徐々に体が硬くなっていくのは仕方がないことです。そう考えて何もしなければどんどん年を取っていき体が硬くなってしまいます。体が柔らかいということはいろんな意味で健康的な体を維持できるということになります。

まずは、怪我をしにくいという言うのが一番で、体の柔らかさは日々の努力の結果でもアリ、基礎代謝が、血行がよくなります。体内が活性化されるということは脂肪の燃焼もいつもとは違って燃焼してくれて脂肪を除去してくれます。
脂肪を除去するということは、やせるということになります。痩せるとはダイエット効果があるということになります。そんなメリットがあり柔らかい体を保ち続けることが出来れば、全てにおいてメリットがありデメリットはほとんどありません。

柔軟性があるかどうかのチェック法

体が硬いかどうかというのはどうして分かるのでしょうか。ストレッチをすることでどれだけの柔軟性があるかということでチェックする方法はないのでしょうか。前屈をしてからどこまで手が届くかで股関節の柔軟性を測ることが出来ます。イスに座ってから足を伸ばして指先が足のどこまで届くかでどの程度の年齢の柔軟性があるかも分かります。

このようにして図ってから柔軟性がない場合、柔軟性をあげるために出来るストレッチとして立体前屈や開脚前屈が出来るようになるためのストレッチ法を身につけることで徐々に柔軟性が出てくるようになります。

立位前屈ができるようになるストレッチ法

柔軟性をチェックしてからあまりにも柔軟性がないと分かったときに柔軟性を高めるためのストレッチとして立位前屈が出来るようになるためのストレッチをすることで柔軟性を高めていけます。立位前屈が出来るようなストレッチには最初にしゃがみます。そのときに骨盤を起こしてお腹と膝をピッタリとあわせていきます。

そのとき、足の裏は床にしっかりとつけます。その状態から足と手をつけたまま上体を起こしていきます。そのときは足とお腹は無理に引き離さないでつけたままの状態で持ち上げて生きます。持ち上がったら足とお腹を少し筒はなしていくと前屈を行った時の体制になります。不思議ですが前屈を行った状態で床に手が付いている上体になります。これで大分股関節が柔らかくなりました。

開脚前屈ができるようになるストレッチ法

股関節が硬くて開脚前屈が出来なくてもすぐに出来るようになるストレッチがあります。開脚前屈が出来る人という運はそんなにいないと思いますが、誰でも開脚前屈が出来るようになるストレッチです。開脚前屈が出来る人と出来ない人の違いは骨盤の角度の違いだけなのです。骨盤の角度を開脚前屈が出来る角度までいければ誰でもできるようになります。

開脚さえ出来れば骨盤の角度を開脚前屈が出来るまでの角度に持っていくことが出来ます。重要なのは骨盤の角度以外でもあり、お腹とお尻の筋肉の柔軟性です。お腹と背中に柔軟性があれば言いだけなのです。開脚をしたときの広がりをどの程度できるかは股関節の柔軟性を上げられれば可能ですし、背中をどれだけ伸ばすことが出来るかは背中の筋肉の柔軟性を持たせることが出来れば、最終的には開脚前屈ができるようになります。

おすすめ商品

股関節や肩甲骨など体全体の柔軟性を持たせるためにはいろいろなストレッチを行ってから部位毎に柔軟性を持たせるようにすればどんな体勢でもある程度はできるようになります。今まで全く前屈などがd着なかった人でも、目的に合ったストレッチをするだけで簡単に柔らかくすることができます。そんなストレッチをするときに使うアイテムをいくつか紹介します。

IEOKE ヨガマット TPEエコ素材

IEOKE ヨガマット TPEエコ素材 6mm 183X61cm ゴム特有の匂いがしない ケース付き (グリーン)
IEOKE ヨガマット TPEエコ素材は2000円強で販売されている湯がマットの代表的なマットがあります「。ヨガマットの中でも特におすすめなのが長さや熱さもy充分となっています

Fengbao マッサージローラー マッサージスティック フォームローラー

Fengbao マッサージローラー マッサージスティック フォームローラー 痙攣と緊張 運動前/後の逆回復 活性化 関節可動域 (青/緑/赤/黒)
体全体の柔軟性を持たせながら筋肉をつけていくのに最適なのがローラーを使ったストレッチです。Fengbao マッサージローラー マッサージスティック フォームローラーを使ってストレッチを行っていると自然に体全体の柔軟性が高まっていき前屈などは簡単に出来るようになります。

Kivorich Fit トレーニングチューブ フィットネスチューブ

Kivorich Fit トレーニングチューブ フィットネスチューブ 5~14kg負荷 エクササイズ/筋トレ/ダイエット/ストレッチ用 5本セット 強度別負荷可能 (収納袋付)
トレーニングチューブを使ってストレッチを行うだけで筋肉が付いて柔軟性もアップします。そこで、柔軟性を上げるだけではなく筋力アップも同時に出来るのがKivorich Fit トレーニングチューブ フィットネスチューブです。筋力は人によって大分違ってくるので、いくつかのチューブが用意されていて今の自分にあったチューブで筋力アップと柔軟性を上げていくことが出来ます。

まとめ

体全体の柔軟性を行うのにどのタイミングで何を行えばどこの柔軟性を上げることが出来るのかを見つけることが出来ます。実際にストレッチをすることで柔軟性をアップできてあまり柔軟性がない人には筋肉をおぐしながら鍛えていく方法もあります。