How to糖質制限運動

糖質制限と筋トレを組み合わせてダイエットをしよう!

2018/04/03 2018/04/03

糖質制限ダイエットというものがあります。これは良く知られているものだと言われているのですが、実際のところ詳しく知っているという人は意外と少ないのかもしれません。そこで、糖質制限ダイエットについて知っておきたいことをいくつか紹介していきます。

糖質制限ダイエットを知ろう

糖質制限ダイエットというのは、そもそも糖尿病の人の治療に対して用いられる食事からヒントを得て、それをダイエットに応用したものだと言われています。

それでは、その効果などに関してはどのようになっているのでしょう。

効果と有効性

糖質制限ダイエットの効果と言えば、やはり体重を減らすことができるという点に他なりません。実際、ダイエットにはいろんな種類があるのですが、一番苦労が少なく痩せることができると考えたら、やはりこの糖質制限ダイエットがナンバーワンではないかと思われるわけです。

有効だと言われているのは、やはり食べることに対して制限をかける必要がないということです。つまりは、カロリー制限をかける必要がありません。制限をかけるのはあくまでも糖質であり、大体1日の摂取量を20グラムから50グラム程度に抑えるというものなのです。

それによって、脂質とたんぱく質を消費する割合を増やし、結果的にダイエットにつなげることができるというものなのです。あえて我慢をする必要があるというと、食べるものを糖質で選ぶ必要があるということくらいで、それを乗り切ることができれば、後は特に問題はないのです。

糖質について知ろう

糖質というのは一体何なのかということですが、主な役割としては人間の活動のためのエネルギー源となります。いろんなエネルギー源があるのですが、真っ先に使われるのがこの糖質なのです。だからこそ、糖質制限を行うことが大事であり、脂質やたんぱく質を減らすことに繋げられるわけです。

糖類は体内で消化されて、単糖類の状態になり、小腸で吸収されます。その後、肝臓に入り、グリコーゲンとして蓄えられ、肝臓を通過したら血液中に放出されます。そして、筋肉や脳に対してのエネルギー源になるのです。それでもさらに余った場合にはそのブドウ糖は中性脂肪に変わり、体内に蓄積されることになります。

今の時代は中性脂肪を蓄えたとしても、なかなか消費することがありませんから、結果として余分なエネルギーとして延々と蓄えられることになるのです。ただ、身体の機能を守る役割としてはとても大事なものとなるのです。ただし、必ず必要なものであるというわけではありません。

何をするの?

糖質制限ダイエットとは何をするのか?ということです。これは単純ですが、日々の食事の中に含まれている糖質の摂取を控えるというものです。全くの0にしてしまうわけではなくて、あくまでも1日に摂取すべき糖質の量を減らすというものです。

そもそも、いきなり全くの0にしてしまうと、身体にとって悪影響が出ないとも限りません。ですから、最初は糖質制限でも控えめにして、徐々に制限する量を増やしていくのが良いでしょう。理想は1日20グラムから50グラム程度です。それを超えると意味がありません。

早い人であれば、効果的には大体1週間もあれば出てくると言われています。地味に1か月も続ければ、かなりの効果が認められるとも言われています。健康にとっても良いですし、十分にやるだけの価値はあると言っても良いです。

筋トレと糖質制限

筋トレ、そして糖質制限には大きな関係があると言われています。では、この関係について少し紹介します。

筋肉が落ちる?

糖質制限を行うと、筋肉が落ちると言われています。これは、明らかにマイナスのイメージではないかと思われますですが、実際にどうかと言われると、落ちるのは筋肉だけではなくて、糖質制限を行うことによって、脂肪の量も減ります。結果的にそれによって体重も落ちてダイエットにつながるわけです。

痩せることができれば、その後から改めて鍛え直せばよいですから、特に問題はないでしょう。ちなみに、筋肉が落ちてしまう理由としては、糖質を摂取しないために体内の糖質が足りなくなり、筋肉を分解して糖質の代わりに利用するためだと言われているのです。

ですから、糖質制限の際には、きちんとたんぱく質と脂質も同時に摂取しておかなければなりません。結局片方だけ偏ってしまうと、体の不調にも繋がる可能性があることを理解しておきたいところです。

女性でも効果が出る

女性は一般的にはダイエットと言えば食べないことを考えると言われています。ですが、なんでもかんでも食べないのではなくて、あくまでも糖質が多いものを制限することが大事です。これは男女関係はありません。

ちなみに、女性でも効果を出すことを考えたときには筋トレは大事です。というのは、女性は男性よりも筋肉量がどうしても少ないため、代謝の面で劣るところがあるからです。

糖質は全くとらないのではなくて、筋トレの前に軽く摂るくらいのことを考えると良いでしょう。実際、女性でもきちんとやり方を守れば簡単に痩せてしまうくらいに効果が高いのが糖質制限ダイエットなのです。

糖質制限と食事のメニュー

では、食事制限ダイエットを行うための食事はどのようなものが良いのかということについて紹介します。

また、糖質制限の際におすすめのレシピについては、こちらの記事をチェックしてみましょう。

>>糖質制限ダイエットに大活躍の簡単おすすめメニュー10選

 

あわせて読みたい

糖質制限ダイエットに大活躍の簡単おすすめメニュー10選

続きを読む

豆乳のフレンチトースト

豆乳だけで作るフレンチトーストです。これはとてもシンプルなもので、豆乳を使ってパンに浸して焼くだけのものです。フライパンにひっついてしまうこともありますが、そうならないように注意して焼くことが大事です。トーストですから当然パンを使うわけですが、糖質を考えて量を決めると良いでしょう。

パンについては、糖質が低いパンがもしもあれば、それを選ぶという手もあります。豆乳そものもの栄養価も十分ですから、運動の前に食べるとエネルギー消化も高炉つが良いかと思われます。

生姜スープ

生姜スープは、もやしと卵、そして生姜を使います。

①もやしはできればひげ根を取ってしまいます。

②鍋に火を沸かして、生姜やもやしを入れて、沸騰したら溶き卵を入れて軽く混ぜ合わせて出来上がりです。

もしも必要であれば、ブラックペッパーを入れることによって味にアクセントが出ます。食材には糖質もなしに近いこともあって、糖質制限には持ってこいのメニューだと言えます。

サイコロステーキ

サイコロステーキを買ってきて、フライパンで焼くだけです。サイコロステーキは脂質も少なく、たんぱく質をふんだんに摂ることができるため、糖質制限には向いています。これならば、食べる量を気にせずに済むわけですが、肉を食べたらご飯も食べたくなるかもしれませんが、そこは我慢しましょう。

また、焼き肉にはタレをかけたくなるかもしれませんが、タレには糖質が多く含まれていることもありますから、できればそのままで食べる、あるいは塩を少量振って食べるようにすると良いでしょう。

まとめ

糖質制限ダイエットについては、少しは理解できたのではないでしょうか。実際のところ、普通に何も食べないダイエットと比較しても、食事にさえ気を付けていれば普通におなか一杯食べることができますから、成功率もかなり高いです。

もちろん、ごはんやパンなんかが好きな人にとってはかなりきついところがあるかもしれませんが、その辺りはしっかりと我慢することを意識したいところです。

Read more あわせて読みたい