メタボリックシンドロームとは?診断基準や怖い病気について

メタボリックシンドロームは、太っているという見た目やお腹まわりの数値だけの問題ではありません。内臓脂肪症候群とも呼ばれており、複数の病気や異常が重なっている状態となります。内臓脂肪の蓄積によって、高血圧や糖尿病や脂質異常症といった生活習慣病の重なりが起こることも示しています。

さらに、心筋梗塞や脳梗塞の原因となる動脈硬化を急速に進行させる理由に繋がります。予備軍や軽症の状態であっても、複数重なっている場合はすでに手を打たないといけない状態と捉えるべきです。

メタボリックシンドロームの診断基準について

メタボリックシンドロームの診断基準は明確に存在しています。ウエスト周囲径が男性85cm女性90cmを超えている場合が一つのポイントになります。そして、高血圧、高血糖、脂質代謝異常の3つのうち2つに該当すると、メタボリックシンドロームと診断されます。基準値は世界各国で異なるものです。日本では日本人のデータに基づき平成17年決められました。

腹部肥満

腹部肥満はメタボリックシンドロームを疑う大きな要素になります。内臓脂肪面積100cm2に相当するウエスト周囲径として、男性が85cmで女性90cmと決められています。内臓脂肪を正確に調べるためにはCTスキャンによる検査が必須です。

中性脂肪値

中性脂肪は体内にある脂肪の一種となります。エネルギーとして使われなかった糖質や脂肪は大部分皮下脂肪として蓄えられます。血中の中性脂肪濃度が高いのは、肥満症や脂肪肝になりやすくなる理由になります。

HDLコレステロール値

HDLコレステロール値は40mg/dl未満であるかどうかが一つの基準になります。HDLコレステロールが少ないと、動脈硬化の原因となるLDLコレステロールが増えることを意味します。

血圧

血圧は収縮期血圧が130mmHg以上、拡張期血圧が 85mmHg以上であるかどうかです。いずれかあるいは両方であるかどうかをチェックすべきです。高血圧や糖尿病の基準より少し低く設定されており、予備軍の段階の人をふくめるように設定されています。

血糖値

血糖値は空腹時血糖値が110mg/dl以上であるかどうかです。血圧と同じように、高血圧や糖尿病の基準より少し低くされています。

メタボリックシンドロームから繋がる病気

メタボリックシンドロームから繋がる病気は決して少なくありません。代表的な病気となるのは、糖尿病や心筋梗塞や高血圧症や脳血中です。これらの生活習慣病はかつて成人病と呼ばれていました。

日頃の生活習慣が深く関与して発症するため、現代においては子供や成年でも発症する可能性のある病気と考えられています。生活習慣病の厄介な点は無症状のままに進行する点です。そして、1度発症してしまうと治療をしても完治は難しくなってしまいます。だからこそ、発症前の身体の変化に注目すべきです。発症してからの治療ではなく、早い段階でメタボリックシンドロームを予防して改善するのが、生活習慣病発症のリスク軽減に繋がります。

糖尿病

糖尿病はインスリンの作用が十分でなく、ブドウ糖が有効に使われずに血糖値が高くなっている状態のことです。原因はいくつかあります。インスリンを作る膵臓の細胞が何らかの原因で壊され、インスリンが作れなくなって糖尿病になるのが一つです。インスリンの分泌が少なくなって、働きが悪くなるために起こる場合もあります。

運動不足、肥満、ストレスなどの生活習慣に加齢などの要因が加わって発症します。他には遺伝子の異常によるものや他の病気や薬剤に伴って起こるものもあります。妊娠中に胎盤が作るホルモンはインスリンの働きを抑える作用もあります。そして、十分なインスリンが作られない場合に血糖が上昇して糖尿病に繋がる場合もない訳ではありません。

代表的な症状となるのは、尿が多くなることです。糖は尿に出るときに水分も一緒に出すため、尿が多くなります。他には、喉が渇いて水分をたくさん飲むようになる、体重が減る、疲れやすくなるといった特徴があります。

心筋梗塞

心筋梗塞は虚血性心疾患のうちの一つです。心臓の筋肉細胞に酸素や栄養を供給している冠動脈血管に閉塞や狭窄などが起きると、血液の流量が下がります。そして、心筋が虚血状態になり壊死してしまった状態であるのが心筋梗塞です。

心筋梗塞を予防するためには、危険分子の除去に努めるのが肝心となります。バランスの良い食生活を送り、適度な運動も継続的に行っていくべきです。過度の疲労や緊張や暴飲暴食は心筋梗塞のきっかけになることも少なくありません。危険因子を持ち合わせ、引き金となる因子があるのなら、特に注意しないといけないものです。

高血圧症

高血圧症は塩分の摂り過ぎが原因です。そして、肥満が原因の高血圧症も増えてきています。血管の中を流れる血液の圧力が強くなり続けている状態が高血圧症となります。進行してしまうと、動脈硬化が促進されます。予防をする上で重要になるのが塩分摂取量の制限です。

1日の塩分摂取量は7~10g程度が目安になります。血管を丈夫にするために、たんぱく質やカルシウムを積極的に摂るのも大切です。中年の男性だけではなく、若年層の男性も肥満、特に内臓肥満を伴う高血圧が増えてきているのが現状となります。高血圧症は自覚症状がほとんどなく、自分では気付かないのも厄介な点です。

脳卒中

脳卒中の症状は様々であるものの、共通しているのは突然生じることです。代表的な症状としては、片麻痺です。感覚が鈍くなってしびれが生じることもあります。意識状態が悪くなることもない訳ではありません。血管が詰まったり敗れてしまったりすることで脳梗塞や脳出血にも繋がっていきます。がんと心臓病に次いで日本における死因の第3位となっているのも意識しないといけない点です。

メタボリックシンドロームなかたに薦めたい書物

ご自身がメタボリックシンドロームであるという自覚をしているのなら、当然ながらどういった対応をしないといけないかを考えないといけません。その都度情報を集めて対応策を考えるのは一つの手であるものの、書籍を購入するのも一つの手となります。

ただ問題となるのは、どういった書籍を選択すれば良いかです。メタボリックシンドロームの方におすすめできる書籍は少なくありません。その中から厳選しておすすめの書籍を紹介していきます。

高血圧の人のおいしいレシピブック (やさしい食事療法)

高血圧の人のおいしいレシピブック (やさしい食事療法)
「高血圧の人のおいしいレシピブック (やさしい食事療法)」は高血圧の方にピッタリの食事のレシピが幅広く紹介されています。高血圧の方は塩分を減らす食事を心がけないといけません。ただ、減塩だけを意識した食事は長続きしにくいのが事実です。

だからこそ、食材本来の味を活かした上での減塩レシピを参考にするのが重要になります。高血圧の改善にピッタリにレシピもあれば、定番メニューの減塩アイデアも満載です。うす味が気になることなく、エネルギーもカットできる毎日使えるレシピはレパートリーに入れるだけの価値があります。

作りやすいメニューばかりで、無理なく減塩レシピにチャレンジができるはずです。栄養学の基本的な知識を得るにしても大きなプラスになります。テーマ別でレシピが説明されており、理にかなった調理法であるのも分かるでしょう。

100歳まで長生きできるコレステロール革命

100歳まで長生きできるコレステロール革命
「100歳まで長生きできるコレステロール革命」は最新研究に基づいたコレステロールや中性脂肪との正しい付き合い方が分かる一冊となります。コレステロールは健康を守るために欠かせない物質です。そして、検査値が高いのが危ないという訳ではありません。

古い健康常識の誤解を解いていくのが、コレステロールと向き合うための条件になります。コレステロールが悪である認識に対しての間違いや、脂肪の多い食事を摂っても太らない理由、さらには炭水化物にはどういった注意をすべきか健診結果の正しい見方についても開設されています。

統計を用いて説得力のある解説をしている一冊であり、重要な点についての引用文献が載っています。今までのコレステロール値や血圧などの数値に対する認識を正しい方向にできるものです。

糖尿病診断アクセス革命

糖尿病診断アクセス革命
「糖尿病診断アクセス革命」はどういった状態であるのかを把握し、そして気付いて糖尿病を防ぐことを重要であることを事細かに説明されています。まだ糖尿病ではないものの、実は危険な状態である方もいるものです。

また、既に糖尿病を発症してしまった方も、早期に治療を開始することが非常に重要になります。未発見の糖尿病や予備群を簡便な検査により早期に発見するのは可能です。医薬連携の新たな形を提案しており、今までの常識が大きく変わるきっかけになる可能性を秘めています。健康に見えても糖尿病の予備群である人は多く、検査する意識を高める必要があります。全くの素人の方にも分かりやすく書いてあるため、食生活の見直しに役立つはずです。

まとめ

メタボリックシンドロームの診断基準や怖い病気であるかは理解ができるはずです。何も症状がないからといって、油断してはいけません。知らず知らずのうちに症状が進行してしまっている可能性も秘めています。適切な対応をしていくにあたって、書籍を参考にするのも一つの方法になります。日々の生活の中で改善しないといけないことがあるのなら、特に注目した方が良いでしょう。メタボリックシンドロームである自覚があるのならなおのことです。