冬のランニングウェア選びの基本~厚着はNGな本当の理由とは・・・

ダイエットのためにはランニングが非常に有効ではありますが、ランニングを効率的に行うためにはシューズ選びが非常に重要になります。

今回は冬のランニングウェア選びの基本をお教えします。

冬のランニングウェア選びの基本

※それぞれランニング用にどんなものがあり、冬においてはどんなものを選ぶべきか解説。
冬のランニングにはランニングをするためのウェアを用意する必要があります。特に、ランニングをする場合はただの防寒着ではアウトとなるのでしっかりとどのようなものが理想なのかを理解しましょう。

シャツ

シャツ選びできほんとなる考え方は吸汗速乾性の有無です。季節に関係なくランニング用のシャツは必ず吸汗速乾性が高いものを用意してください。長い距離を走っているとたとえ冬であっても汗を必ずかきます。寒い状況で濡れたまま走ってしまうのは非常に危険なので、汗を吸収できる性能も重要なのですが、濡れた状態が長くならないように乾燥しやすいものを用意する必要があるのです。

ボトムス

冬のランニングにおけるボトムスの選び方はやはり同じく吸汗速乾性の有無となりますが、厚着しすぎるのはNGとなります。これはいろいろな意見がありますが、推奨されることが多いのはロングタイツ&ショートパンツといったあっさりなスタイルとなります。

ただし、テーピングのように関節や筋肉をサポートする機能は怪我の防止に繋がりますので、布で足を覆うことができるランニングタイツを使うのも忘れない方が良いでしょう。特に、筋肉があんまりついていない初心者にはサポート機能付きを選ぶことで怪我に繋がる確率が減るので意識してもらいたい項目になっております。

ランニングタイツを恥ずかしいと思う方もいるかもしれませんが、冬は怪我をしてしまう確率が高い季節なので、恥ずかしがるのならばランニングはしないほうが良いかもしれません。ハーフパンツを着用することでごまかすという手法もありますので、どちらかを選びましょう。

グローブ

冬のランニングに使う手袋は色々と種類がありますが、やはり走っているうちに厚くなってきてしまいますので、夏でも使える薄手のものが推奨されるのです。もちろん、放湿性や吸湿性が高ければ高いほど使い勝手は上がりますので、この部分は意識しましょう。

風が非常に強い時期になるといつも着用しているランニング用のグローブでは寒さに負けてしまいますので、防風性に優れているタイプを使う方が良いでしょう。ただし、タイムや時間を計るためにはスマホアプリを使うことが多いので、多少厚手のタイプのグローブでもタッチパネルに反応できるものを見つけてください。

冬のランニングウェアで揃えておきたいアイテム

冬のランニングウェアに関しては上記の通りですが、それ以外にも役立つアイテムは大量にありますので、こちらも合わせて用意しておいてください。

靴下用貼るカイロ

冬用のランニングウェアも厚着をするとどうしても走ることが困難になってしまいますので、薄着に近い状態になってしまいますが、汗が出ていないスタート時は寒さが辛くなってしまいますので靴下用貼るカイロがあればその辛さも半減させることができるようになります。

あわせて読みたい

ジョギングの服装やあると便利なグッズを徹底解説

続きを読む

ネックウォーマー

こちらも寒さ対策で非常に役に立つ一品ですし、コーデのアクセントにもなるので見た目的にもうれしいのですが、走っているときでも簡単に外すことができるというのが何よりもプラスとなるポイントとなります。気軽に寒さ対策に使うことができるけど、暑くなってきたら外すことが可能というのが冬のランニングにおいては重要になるので覚えておきましょう。

ランニング用腹巻き

※通常の腹巻きではなくランニング用のものがあるので調べてみてください。
腹巻きと聞くとちょっと受け付けられないというイメージがある方もいるかもしれませんが、ランニングウェアとして役立つ腹巻きは冷え防止・むくみ防止・代謝効率アップといった作用がありますので実はとっても有用な一品なのです。

実際に、ランニングをする方向けに開発された腹巻きというのは存在しており、楽天市場やAmazonで購入することも可能なので、気になるという方はチェックしてみることからスタートしましょう。種類の多さやメーカー事の違いを調査すると何気ない差に気がつけます。

どうして冬のランニングで厚着をしてはいけないのか

それでは、なぜランニングウェアは厚着になってはいけないのかをわかりやすく解説します。なんとなく今までのお話で見えてきていたでしょうが、改めて言葉にしていきましょう。

運動性が著しく落ちる

はっきり言って思いっきり厚着をしてしまうと、体が動かしにくくなるので、運動性が一気に低下します。運動をするために靴や手袋を用意してもそれらが機能的に動けなくなってしまっては何の意味もありません。

ランニングは全身運動なのですが、どこか一箇所でも発議をするとその部分がうまく稼働できなくなるので、体全体の負荷が高まります。これが全身厚着の状態になるとより窮屈感が悪化してしまって運動効率が飛躍的に低下するのです。

体温調整ができない

寒さを防止するための服というのはできるだけ体温を逃がさないようにするため、体の熱を外に逃がさない構造になっています。しかし、ランニングをしていると暑くなってきてしまうので、このとき生じた熱も逃がせなくなってしまうのです。

こうなると体から発せられる熱が逃がせなくなってしまい、体温調整がほとんどできない状態になってしまうので、ダイエット効果も一気に低下してしまうでしょう。この状態が続くと熱がこもってこもり熱の状態になり、血圧の変動などが生じてしまうので非常に危険です。お勧めできません。

ダイエット効果が減少する

しっかりと体を動かせなくなってしまい、熱も逃げない状態になってしまうとそれだけ効率がどんどん落ちていきます。つまり、どれだけ必死にランニングをしてもその効果が効率的に出てこないと言うことです。こうなると消費カロリーもなかなか増えませんので、ダイエット効果も減少してしまいます。

それに、ランニングウェアも効果的に動けなくなってしまい不快感が倍増してしまいますので、気持ち的にも続けにくくなってしまうでしょう。やる気の低下によってダイエット効果も激減すると考えましょう。

あわせて読みたい

【ダイエット入門】脂肪の種類、減る順番、減らし方

続きを読む

おすすめ商品

最後に、冬のランニングウェアにはどのような商品が良いのかを誤用か言い足します。参考にしてください。

コンプレッションウェア セット メンズ

Niksa コンプレッションウェア メンズ スポーツ ウェア 長袖/半袖 吸汗 速乾 加圧 保護 高弾力 防臭 姿勢矯正 ラウンドネック 3点セット/4点 セット (L, 1612-4件セット 半袖 グレー)
今回の記事で紹介した吸汗速乾を追求して作られたコンプレッションウェアセットです。どのような商品を選んだら良いのかわからないという人は、まずこちらを頼むのが正解と言わんばかりの一品ですので、購入しないという方でも参考にしていただきたい商品となっています。汗をためることなく素早く吸収し乾燥することがいかに重要なのかもよくわかります。

あわせて読みたい

ランニングシャツ選び間違ってませんか?おすすめシャツまとめ

続きを読む

プルオーバー パーカー ジップアップ

ハイハイワールド(H-H-W) スポーツ プルオーバー パーカー ジップアップ スウェット フード 付き ハーフジップ フリース (02.ブラック×ブルー, 00.S)
こちらはフリース素材で温かい仕上がりでありながら非常に軽量なので、冬の時期のアスリートに推奨されるパーカーとなっております。見た目も非常にカジュアルに仕上がっておりますので、機能よりも見た目を重視する方にも受け入れられるでしょう。

こちらはレディースのスポ-ツシャツです。非常に安い仕上がりでありながら、色も豊富に揃っておりますので、お試しで購入することもできるでしょう。「コンプレッションウェアというよりは普通の下着」という評価にあるように、着心地も抜群なのでAmazonでも高評価なウェアとなっています。

冬のランニングウェア選びには知識が必要

このように冬のランニングウェア選びにはある程度の知識がないと失敗してしまう確率が高いのです。誤った知識で実行してしまうと効率が低下してしまうだけではなく「こもり熱」による弊害によって倒れ込んでしまう恐れもあります。

この「こもり熱」は体調が急激に悪化して冷や汗が出始めてしまう恐れもありますので、無知でスタートするのは実は恐ろしい部分が多いということを覚えておきましょう。今役に立たない知識でも、確実に役立つ知識にはなりますので、記憶の片隅に入れておいてください。