基礎代謝とカロリー計算をして効果的に痩せよう!

ダイエットを成功させるためにはある程度ポイントを抑えることが重要になります。これができていないと効率が良いといわれているダイエットでも成功する確率は低くなってしまうでしょう。今回はそのポイントとなる消費カロリーにかかわる基礎代謝やカロリー計算についてお教えします。

基礎代謝やカロリーを計算できるサイト

@run__ru__nがシェアした投稿


ダイエットにおいて重要なのは、自分の基礎代謝がどの程度なのかを把握して、しっかりとカロリーコントロールをすることです。まずは、それらの計算に役立つサイトをいくつか紹介します。

基礎代謝量と1日に必要なカロリーを計算できるサイト

基礎代謝量と1日に必要なカロリー | 計算 | ダイエットツール | ダイエットSlism
これは最も簡単に基礎代謝量を把握することができるサイトです。基礎代謝を計算するためにはその人の環境などを考慮してやや複雑に計算する方法もありますが、年齢や身長体重といった要素から簡潔に求めることもできます。とりあえずの目安として、自分の代謝量がどの程度のものなのかを知りたいという方はまずこのサイトからご利用ください。

適正体重計算ができるサイト

適正体重計算 – ダイエットピンキー
こちらはもっと単純で、自分の適性体重が一体どの程度なのかを簡易的に計算してくれるサイトです。入力項目は年齢と性別と身長だけですので、10秒もあれば問題なく実行できるでしょう。まずは自分の目標体重としてこの適性体重を知ることも大切になります。

BMIの基本~計算法や単位、おすすめのBMI計測ツールを紹介!

食品摂取カロリー計算ができるサイト

食品摂取カロリー計算 – ダイエットピンキー
こちらはよりダイエットに深く切り込んで、食品摂取カロリー計算ができるようになったサイトです。同じダイエットピンキーさんのサイトにありますので、リンクから飛ばなくても上記のページから飛ぶことも可能となっております。

一食ごとの食事のメニューが何だったのかを記録して、その個数も入力することになりますので、かなり本格的なカロリー計算となります。あやふやにすると効果も落ちますので、何を食べたのかをしっかりと記録する必要があります。

摂取カロリーよりも基礎代謝が低いのに痩せない理由

このように自分の理想とする体重や摂取カロリーや基礎代謝はネットで検索することで簡単に調べられるサイトに行きつくことができます。これらの情報はずっと昔には存在していませんので、昔よりも今のほうが情報レベルでは痩せやすい状況にあるのです。

しかし、これらの情報を駆使して摂取カロリーを出来る限り落とすようにし、基礎代謝も考慮して痩せられる状況を整えたのに、なかなか体重が落ちないという人たちもいます。いったいなぜダイエットに成功してくれないのでしょうか。

計算違いをしている

ある意味最も困るトラブルが計算間違いをしているというパターンです。摂取カロリーが実は少なく見積もっていたとか、基礎代謝を多く見積もっていた場合にはその数字に騙され続けることで痩せにくい状態がずっと続いてしまうでしょう。

今回紹介したサイト以外にも理想体重を教えてくれるサイトや、摂取カロリーがどうなっているのかを教えてくれるサイト、基礎代謝を教えてくれるサイトはいっぱいありますので、1ヶ所だけで計算しないで複数のサイトにまたがって計算をし、その平均値を正しい値にするといった工夫も必要になります。これならば計算間違いはほとんど起こりません。

間食を考えていない

榎本 絵夢さん(@5mu__tnk277)がシェアした投稿

また、カロリー計算のサイトには朝食と昼食と夕食に何を食べたのかを記載することで導くようになっておりましたが、このような計算方式の場合には間食が計算の中に入っていないので、その分だけカロリーオーバーしてしまうことがあります。

ケーキやお菓子類は控えているという人でも何気なく摂取していた飲み物が実は高カロリーだったというケースもありますので、本当に摂取カロリーを知りたいという方は何気なく普段食べているものや飲んでいるもののカロリーも把握する必要があります。

知らないうちに基礎代謝量が下がっている

計算もしっかり行って間食も制限しているのにまったく痩せないという人は、基礎代謝が著しく低下している可能性があります。この基礎代謝というのはどのような生活環境にあるのか、筋肉量はどうなっているのかでも大きく異なってきますので、計算が100%正しい数値として当てはまる人など存在しません。あれはあくまで目安です。

人体というのは不思議なもので、摂取カロリーを減らして必死に痩せようとすると、人体側で摂取カロリーが減っていることを飢餓の危機と判断して消費カロリーを減らす状態に勝手にシフトします。このようなシフト形態を組まれた人の身体は消費カロリーが必然的に低下するので、痩せられなくなるのです。

また、筋肉はあればあるほど基礎代謝が向上する傾向にありますが、筋肉量が非常に少ない体の人はそれだけ基礎代謝量が少なくなりますので、どうしても痩せにくい状態になります。このように基礎代謝量はその人の環境によっても大きく異なりますし、状況次第では知らないうちに低下していることもありますので、体重が減らない状況に陥ってしまった人は基礎代謝量が低下していると考えましょう。

基礎代謝とカロリーを踏まえた効果的な痩せ方

それでは、いったいどうやって基礎代謝量が低下しないようにして、カロリー計算をしていけばいいのでしょうか。それらの考え方を整理して効果的な痩せ方を記載します。

食事のバランスを工夫する

ダイエットはつらいものですので、出来る限り短期間で終わらせたいという発想が出るのはわかります。そのためにも、無理な食事制限を行って栄養不足になりながらも痩せるという考え方も出てしまうのです。

このやり方は一時的には効果てきめんですが、筋肉量が低下することが非常に多く体のほうも危機感を覚えやすいので、基礎代謝が低下しやすい状況になってしまうことも多くはっきり言ってお勧めできません。必ず食事のバランスは工夫してください。

生活スタイルを見直す

また、ダイエットに重要なことは摂取カロリーを削ることよりも消費カロリーを増やすことです。摂取カロリーを減らしすぎると体への負担も大きくなり、基礎代謝が低下する確率も急激に上昇してしまいますが、消費カロリーを増やす場合にはメリットのほうがはるかに多いので、生活スタイルそのものを見直すことも重要になります。

基礎代謝を底上げする運動を

基礎代謝の底上げのためにはある程度の筋力は不可欠ですし、摂取カロリーを上回るような運動を取り入れた規則正しい生活も重要になります。運動を毎日続けるのは運動嫌いの方からするとつらいことでしょうが、健康的かつ効率的に痩せるためにはもはや必須のものとなっているので受け入れるしかありません。

おすすめ商品

最後に、ダイエットに役立てることができる商品をいくつか紹介しますので、参考にしてください。ただし、これらの商品のみに頼り切っては痩せませんので、あくまでサポート用のアイテムとして用いましょう。

DHC フォースコリー (20日分) 80粒

DHC フォースコリー (20日分) 80粒
これは飲めば痩せるという代物ではありませんが、基礎代謝の低下を防いで健康的に痩せることを目的として作られているサプリメントなので、サポートアイテムの一つとして用いるのが有用でしょう。商品紹介でもスポーツとの併用がおすすめとはっきりと記載していますので、運動は併せて行ってください。

タンパクオトメ ぜいたくベリー 260g 美容専門プロテイン

タンパクオトメ ぜいたくベリー 260g 美容専門プロテイン
こちらはダイエットをしているときに高確率で不足してしまうタンパク質を補給できる一品となっております。タンパク質が不足すると体重の減少に合わせて筋肉もしぼんでいってしまうのですが、それを抑えるためには最適なアイテムとなるでしょう。それ以外にも1日に必要なビタミンやミネラルがほぼ摂れるのもポイントとなっております。

 

まずは計算からスタートしましょう

인아 ?さん(@piabear)がシェアした投稿


ダイエットを実行する上で大切なことは、自分の体の状態および食生活を改めて確認することです。自分自身の摂取カロリーや消費カロリーをしっかりと把握できるのなら、そこから状況をしっかりと把握して痩せるためのプロセスもある程度見つけられます。

いろいろなダイエットグッズやサプリメントが世の中にはあふれていますが、消費カロリーと摂取カロリーを把握してコントロールできれば痩せることは簡単になりますので、すぐに何科に頼るのではなくまずは自分の状況確認からスタートしてください。

*本文中で「アンチエイジング」について言及する場合、「年齢に応じた潤いのお手入れ」を意味します。若返り効果を意味するものではありません。
*本文中で「美白」について言及する場合「メラニンの生成を抑え、シミ・そばかすを防ぐこと」「メーキャップ効果により肌を白くみせること」もしくは「日やけによるしみ・そばかすを防ぐこと」を意味します。
*本文中で「シミ」や「小じわ」「毛穴」のケアに言及する場合、文言はいずれも「シミやシワ、毛穴を目立たなくすること」を意味します。シミやシワの改善や治療効果を標ぼうするものではありません。
*記事内で特定商品の効果を紹介する場合、該当の記載は「すべての人に対して同じ効果があること」を保証するものではありません。
*記事内で特定商品がパッチテスト済みであることを紹介している場合、該当のテスト結果は「すべての人に対して同じ効果があること」を保証するものではありません。