体脂肪計の測定できる項目、主力のメーカー、購入時のポイントとは

体脂肪計で測定できる項目

 

今や健康維持の必需品として、欠かすことのできない体脂肪計ですが、現在の体脂肪計はさらなる進化を遂げ、肥満度を測るためだけのアイテムではなく、日ごろの生活習慣を図るための指標ともなっているのです。現代人の病気の原因のほとんどは、生活習慣からもたらされることも、これらをひっくるめて厚生省では生活習慣病と位置付けています。

生活習慣病となる原因は様々ですが、これらの体脂肪計をうまく使いこなすことによって、健康維持に大いに寄与することとなるでしょう。

メーカーによって測定項目はかなり違う

現在体重計は、様々なメーカーからつくりだされ、値段も手ごろな価格帯となり、多くの家庭で利用されるようになってきました。当初体脂肪計は、肥満度を測るための体重計の一部にしたが、次第にその機能は高性能になり、様々な機能が取り付けられることとなりました。

しかし、こうした体脂肪計は、製造メーカーによってその機能は異なっており、体脂肪計の測定項目も各社製造メーカーによって様々な製品が販売されることになりました。では、なぜ測定項目に各社違いがあるのでしょう。実はメーカーによって、それぞれ得意分野があり、それらを設計に利用し他社メーカーとの差別化を図っているのです。

体脂肪率や筋肉量などの基本測定項目

従来までの体重計は、単に体重だけを測るもので、それ以外の機能は付けられていませんでした。もちろん、体重計を利用して身体の体脂肪率を計算することはできますが、その都度計算しなければならず、非常に厄介なものだったのです。しかし、現在よく見られる体脂肪計は、体脂肪率だけではなく、筋肉量などの基本項目なども簡単に測定できるようになり、厄介な計算なども必要としなくなりました。

体脂肪率や筋肉量などは、男女によって異なるもので、年齢によってもその適正値は違ってきます。しかし、機能の良くなった体脂肪計は、あらかじめ本人の情報をメモリーに記憶させておくだけで、個別に数値を把握することができます。

体組成計では骨量や皮下脂肪量、内臓脂肪量を測定できる

体重計は、年々機能性も高まり、様々なメーカーから機能の付加された体重計が販売されるようになってきました。体組成計もその一つで、体組成計とは体脂肪計をさらに進化させた体重計であり、簡単に言えば筋肉量や体脂肪のほか、骨量などヒトの身体の組成を計測するための機器と言えるでしょう。

製造メーカーによっては、大まかな体脂肪だけではなく、気になる脂肪肝などの内臓脂肪量を測定できるものもあり、肥満を気にする方の抑制や改善に役立っています。年輪を重ねて行くごとに、新陳代謝は低下していき、おなかの脂肪は増えていくものですが、こうした体組成計を利用することで肥満予防に役立つことでしょう。

体脂肪計を販売しているメーカー

体重計を基礎とした、体脂肪計や体組成計は様々なメーカーから販売されていますが、家電量販店や電器店などでみられるこれらの体重計は、私たちが思う以上に多くのメーカーでつくられています。現在、日本国内のこうした体重計製造メーカーは、次々に新しい機種を作り出し、その数は300種類以上にも上るといわれているのです。

実際に、すべての商品を把握することは難しく、電器店によってはあまり品数が置いていないこともあって、その比較対象はなかなか難しいものです。そんな中で、日本を代表する体重計メーカーであるタニタ、オムロン、テルモなどは、医療器具メーカーとしてもよく知られています。

タニタ

タニタは、90年代以降、業務用あるいは家庭用の体組成計および、体脂肪計の分野では世界でも シェアトップを誇るほどの人気製造メーカーで、現在計量器専門のメーカーとしては、世界でも有数のメーカーと言えるでしょう。創業は1923年のことですが、初めてヘルスメーター製造の開始を行ったのは1959年のことで、世界に先駆けて体内脂肪計を発売したのも、このタニタが最初です。

世界を代表する家庭用の体重計メーカーであるタニタの特徴は、新しい技術ふんだんに搭載した女性に特化した新ブランドがあり、最新機種には世界初の筋肉の質を評価する新指標「筋質点数」を導入したデュアルタイプの体組成計を見ることができます。

オムロン

オムロンは、日本を代表する大手電気機器メーカーで、自動改札装置による無人駅システムや現金自動支払機などを開発したメーカーとあって、国内でも知らない人がいないほどの先端技術専門メーカーと言えるでしょう。医療分野にも特化しており、ガン細胞自動診断機などの開発で大いに注目されており、体重計の分野でも日本で指折りの製造メーカーです。

オムロンは、この分野専門のオムロン ヘルスケア株式会社を持っており、健康機器の開発及び製造を手掛けています。オムロンの特徴は、カラダスキャンなどの体重体組成計専門のブランドを持つことで、パソコンやスマートホンと連動した健康管理が行えることにあります。

テルモ

テルモは、医療機器・医薬品の製造販売メーカーで、日本でも有名な医学博士、北里柴三郎博士を始めとする医学者が発起人となり、1921年に創業されました。日本初の各種使い切り医療機器を始め、世界初のホローファイバー型人工肺を開発したのもこのテルモで、医療を通じて社会に貢献するという経営理念を持っています。

テルモ社では、インターネット上に自分の電子カルテを作ることのできるWelbyマイカルテを利用して、テルモ社も開発する体組成計「テルモ体組成B100」と連動させることによって、体重、体脂肪率、基礎代謝量、BMI、筋肉量、水分量などのデータを自動的に記憶させることが可能となっています。

体重計を買うならスマートフォンと連動がおすすめ!withings・タニタ・オムロン比較?

体脂肪計選びのポイント

体脂肪率の測定法には、いくつかの方法があり、アルキメデスの原理を生かした水中体重秤量法と空気置換法というものがありますが、どちらも密閉された空間のもとで体重を量り、通常の部屋での体重との身体密度の差から、体脂肪率を測定するという方法です。

現在の体脂肪計は、インピーダンス法を応用したもので、体に微弱な電流を流したうえで、電気抵抗率の大小によって筋肉量を推定し、身長と体重から脂肪の量を割り出すという方法が主流となっています。体脂肪計選びのポイントとなるものは、メーカーごとに違う機能の選別で、使う方が利用しやすい機能の選択をすることで選びやすくなることでしょう。

スマートフォン連動機能

現在、各社メーカー、売り出されている体組成計や体脂肪計は、機能の充実によって年々性能が上がってきています。また、日々の健康に生かすため、ノートなどに記録として測定値をかき出している方も多いと思いますが、一方で毎日書くのは面倒だとか、手間がかかるといった声も聞かれてきます。

そんな方にお勧めなのが、このスマートフォン連動機能の付けられた体脂肪体組成計で、インターネット上の電子カルテサイトや自宅のパーソナルコンピューターなどとリンクすることによって、日々の測定値を簡単に記録でき、毎日の推移がひと目でわかりますので、楽しみになり続けていきやすいのです。

家族で管理できる機能

現在、たくさんの種類が売られるようになった体組成計や体脂肪計は、機能の充実と共に多機能へと変化しつつあります。初期の体組成計や体脂肪計は、ひとりだけしか計測できなかったり、複数計測できても 3人までだとか、その機能に制限があったことが悩みの一つでした。

特に大家族では、二世代や三世代にわたって同居している場合も多く、すべての測定値を記録していくには、一台では管理しきれなかったのです。しかし現在では、10人までの家族を管理できる機能が取り付けられた機種も販売され、複数台同じものを買う必要もなく、一台だけで管理することが可能となってきました。

50g単位測定

現在、多くの健康基本メーカーで販売されるようになった体組成計や体脂肪計ですが、最新の機種に至っては体重や体脂肪率だけでなく、筋肉量・骨量・基礎代謝などが計れるというのはごく当たり前のこととなってきました。体重測定に限って見てみると、その精度はかなり向上してきており、比較的安い機種であっても50g単位測定が可能となって来たことは、驚くべき事実といっても過言ではないでしょう。

以前は、こうした高性能の機能を持つ体重計は非常に高価でしたが、現在はこうした高性能のスペックを持つ機種であっても、数1000円台で購入することができるようになってきました。

おすすめ商品

体重計を購入する場合、現在ではたいていの人が健康管理に気を配っており、体脂肪計の機能を持つ機種や体組成計の機能を持つものを選ぶのが、ごく当たり前となってきました。特に、生活習慣病や肥満などに不安を持つ方にとって、こうした多機能を持つ体重計は心の支えになってくれるだけではなく、実際に病気や肥満などの症状を緩和してくれる役割を持っています。

そこで、重要となってくるものは、そうした体脂肪計や体組成計が、自分と相性がいいのかという点に尽きるのではないでしょうか。現在メーカーでは、様々な付加機能を持つ体重計を送り出すとともに、様々なタイプの体重計が販売されています。

NuSense体重計 計量精度

NuSense体重計 USB充電式デジタルヘルスメーター電子式はかりボディースケール高精度スマートデザイン電池不要エコ200kg計量精度50g (ダークブルー)
NuSense体重計の売りは、なんといっても計量精度が±50gという高品質を誇っているというところにあります。しかもこの、NuSense体重計は非常に低い価格帯で販売されており、デジタル表示の数値は非常に見やすく、独り住まいのお年寄りでも気軽に利用できるでしょう。

NuSense体重計の特徴は、充電式の体重計というところにあります。充電時間は、たったの30分でよく、一回の充電で普通に使用されていれば、3カ月から半年も持つという優れたECO機能が特徴です。また、体重計に上り下りするだけで簡単にオンとオフから切り替えられ、安全性の高い強化ガラスが使用されているのです。

multifun体組成計

multifun体組成計 スマホ アプリ体脂肪計簡単測定14種類データ測定可能
multifun体組成計は、低価格帯でありながら、14種類のデータ測定可能という多機能な体組成計で、四つの高精度センサーを用い、より正確な計測を行います。さらにこうしたデータは、スマートホンに転送可能で、アプリケーションを使って自宅のパソコンなどに送り、それらのデータを管理していることが可能です。

こうした計測データは、人数に制限がなく、いくらでもデータとして保存することができます。 体組成モニター機能としては、体重や体脂肪率をはじめ、皮下脂肪率や筋肉の状態、さらには体組成年齢などのデータを確認できます。さらには、これらを過去のデータと照らし合わせて比較することも可能です。

ACEVIVI 体脂肪計·体組成計

ACEVIVI 高精度 体脂肪計·体組成計·体重計【13種類体内測定可能】体脂肪率 筋肉量 骨量 体水分 内臓脂肪 皮下脂肪 BMI スマホ Bluetooth対応 ヘルスメーター カラダスキャン iOS / Androidアプリで健康管理 スマートスケール【12ヶ月保証】【日本語説明書】
メーカーによって、さまざまな機種が販売されている体組成計や体脂肪計ですが、そこでよく聞かれるのが、メーカーによって測定値が異なっているということです。実際に、多くのメーカーで発売される機種を比較してみると、微妙に測定値のずれが見られ、体脂肪率は本当に合ってるのか?という疑問にとらわれます。

その点、ACEVIVI 体脂肪計·体組成計は非常に高精度なだけではなく、13種類の体内測定が可能という優れた多機能性を持つ、まさにマシンといえる体脂肪計·体組成計です。さらに、専用のAndroidアプリを用いることによって、健康管理もスムーズに行えることでしょう。

まとめ

海外・国内を問わず、最近では優れた多機能を持つ体脂肪計·体組成計販売されるようになりました。その中で、やはり気になってくるのは、こうした機器を使ってを健康維持に役立てていくことで、スマートホンのアプリなどを使った健康管理方法はモチベーションを保てることでしょう。

*本文中で「アンチエイジング」について言及する場合、「年齢に応じた潤いのお手入れ」を意味します。若返り効果を意味するものではありません。
*本文中で「美白」について言及する場合「メラニンの生成を抑え、シミ・そばかすを防ぐこと」「メーキャップ効果により肌を白くみせること」もしくは「日やけによるしみ・そばかすを防ぐこと」を意味します。
*本文中で「シミ」や「小じわ」「毛穴」のケアに言及する場合、文言はいずれも「シミやシワ、毛穴を目立たなくすること」を意味します。シミやシワの改善や治療効果を標ぼうするものではありません。
*記事内で特定商品の効果を紹介する場合、該当の記載は「すべての人に対して同じ効果があること」を保証するものではありません。
*記事内で特定商品がパッチテスト済みであることを紹介している場合、該当のテスト結果は「すべての人に対して同じ効果があること」を保証するものではありません。