立ち仕事の中でできるダイエット方法。ポイントや効果を紹介

足痩せ効果の高い立ち仕事のダイエット効果とは

1日中座りっぱなしの人と1日中立ちっぱなしの人では、同じ内容の食事をしていても消費カロリーは大きく変わってきます。立ち仕事をする人や、1日中家事で家の中を動き回っている人も立っているだけでもエネルギーを使うのでそれだけでもダイエット効果が期待できます。ただし立っている時間が長くなるということは、その分足の筋肉も使うので筋肉質でがっちりとした足になってしまう可能性も高くなります。

足が太くなるのが嫌でも座ってばかりというわけにも行かない時、足が太くなるのをただ黙ってみているわけにはいきません。どうしたら立ち仕事を続けつつ足痩せができるのか?その方法やコツをしょうかいします。

立ち仕事の消費カロリーは意外と多くダイエットに最適

立ち仕事と言っても内容は実に様々です。立ち仕事と座っていられる仕事では、どのくらい消費カロリーなのか、立ち仕事でも内容によってどのくらいの違いがあるのかを比較してみましょう。

まずデスクワークの場合は、1時間あたりで約80kcalです。椅子に座っていても姿勢を維持したり、手を動かしたりするので多少のエネルギーを消費しています。これがスーパーやコンビニのレジになると、1時間あたり約158kcal消費できます。1日8時間労働として考えると単純計算でも、デスクワークが1日649kcal消費するのに対し、レジは1,264kcal消費していることになります。

移動が多くなる工場などの仕事は、軽作業でも荷物の持ち運びなど運動量が増えるので、1時間あたり約236kcal、1日8時間では1,888kcal消費していることになります。あくまでも目安ですが、立ち仕事は立っているだけでも相当のエネルギーを消費していることがわかります。

立ち仕事は姿勢も正せて痩せやすい体質に

立ち仕事では消費カロリーは増えますが、実は姿勢が大切です。立っていても姿勢が悪いとダイエットを妨げることがあるからです。背筋をピンと伸ばし、胸を張り顎を引き、体に1本の棒が通っているのをイメージすると理想の姿勢を維持しやすくなります。正しい姿勢を維持できると、血流やリンパの流れが良くなり、代謝もスムーズになり、痩せやすい体質に導くことが出来るのです。

逆に脚がむくみやすい弊害も

立ち仕事は立っている時間が長いので、その間血液やリンパ液が重力の影響で下に下がりやすくなります。朝は平気だったのに夕方になると足がむくむのはそのせいです。仕事中は仕方ありませんが、家に帰ってから足のマッサージをすればむくみを解消できます。

立ち仕事ダイエットは本当に痩せるのか

立ち仕事は立っているだけでもカロリーを消費するので、ダイエット効果は期待できます。ただし立ち仕事でも1日の摂取カロリーが極端に多い人は、カロリー消費に限界があるのでダイエットどころではなくむしろ太ってしまうでしょう。立ち仕事をしていれば暴飲暴食してもいいということではありません。

日常の姿勢や習慣なので無理なく痩せられる

立ち仕事をしている人はそれが毎日の習慣になっているので、ダイエットをするにも無理なく始められるのがメリットです。姿勢が悪いと十分な効果を得られないので、正しい姿勢で立ちましょう。仕事内容によっても消費カロリーは変わりますので、取り入れられるところには工夫も取り入れるとより効果的です。

俗に言う「ながらダイエット」は無理なく続けられる

立ち仕事を利用してダイエットをするのは、ながらダイエットになります。仕事はほぼ毎日するものですから、それを利用すれば自然に無理なく続けられます。ダイエットをするというと、気負いがあったり無理をしたりしがちです。こういう場合気づかないところでストレスが増えるので、ダイエットの妨げになりますしなんとか目標を達成しても、無理がたたってリバウンドしやすくなります。その点では立ち仕事を利用するながらダイエットは、続けやすいのがメリットです。

立ち仕事をしながら痩せる具体的な方法

立ち仕事を利用するダイエットは高い効果が期待できますが、ただ立っていればいいというわけではありません。成功させるコツをしょうかいします。

意識的にゆっくり呼吸

立ち仕事をしながらプラスアルファを取り入れるのにオススメなのが、呼吸法です。呼吸なら仕事の妨げにもなりませんし、空いた時間で自由にできます。コツはゆっくり深呼吸をするようなイメージで大きく息をすることです。大きい呼吸は体をリラックスさせ、血行をよくして代謝を上げる効果が期待できます。

つま先立ち

立ち仕事の合間につま先立ちをするのもおすすめです。不安定になるのでバランスを取ろうとして、全身の筋肉を使うので、消費カロリーを増やすことができます。暇を見つけて出来るのがいいところです。

腰ひねりストレッチ

腰をひねるのも立ち仕事ダイエットにおすすめです。腰をひねるだけなので、立ち仕事の合間にできますし、ウエストのくびれを作るのにも役立ちます。可能な限り大きくひねるのがポイントです。

まとめ

ダイエットしたいけど仕事が忙しくてなかなかできない、というなら仕事をしながらダイエットすればいいのです。立ち仕事ならそれが可能です。ちょっとしたコツさえつかめば、今日からでも実践できます。無理なく続けられるよう、自分に合った方法を見つけてください。