勉強しながらダイエットができる!成功させるための心得とは?

世の中にはいろんなダイエット法があり、その中には時間を要するものもあります。例えばジョギングでは屋外やジムで走るための時間を確保しなければなりません。社会人や学生の方で受験や資格取得のために勉強をしなければならない方はダイエットのための時間を確保できないものです。そんな方にピッタリなのが勉強ダイエットです。勉強しながらダイエット効果もある方法ですが、具体的にはどういったやり方をするものなのでしょうか。

今回は

  • 勉強で痩せるメカニズムについて
  • 勉強しながらダイエットで気をつけること
  • ダイエット効果を高める6つの勉強方法
  • 勉強で痩せるための3つのコツ

についてご紹介します。勉強をしながらダイエットをしたい方はぜひ参考にしてみてください。

勉強で痩せる?そのメカニズムは?


資格取得や受験のためには勉強をしなければなりませんが、勉強をしている間にダイエット効果を実感できる方法があります。勉強をしながら痩せられれば一石二鳥で効率的だと感じる方も多いのではないでしょうか。ここで勉強をしながら痩せる方法について説明したいと思います。

考える=カロリーを使って脂肪を燃焼

脳を働かせていると意外にも非常に多くのカロリーを消費してしまうものです。勉強をしているとお腹がすいてしまう経験をした方も多いのではないでしょうか。例えば50kgの女性が1時間勉強をすると70kcal程度消費しています。結構なカロリーを消費することになるのです。そのため、勉強をすること自体がダイエットになっているのです。

集中=満腹中枢が鈍って食事量が減る

勉強をしている時には集中して取り組む必要があります。集中して物事に取り組むことで満腹中枢の働きが鈍り、食欲を抑制することができるのです。誰もが食欲を抑えることに対して困難さを感じていますが、それを抑えられればダイエットをスムーズに成功させていくことができます。そのため、勉強をすることで容易にダイエットを成功させていくことが可能だといえます。

勉強しながらダイエット!気を付けることは?

満腹中枢の働きを抑制し、上手にダイエットを成功させていくことができる勉強ダイエットですが、より上手に実行していくためにはいくつか気を付けておきたいことがあります。それについてあらかじめ知っておけば、もっとダイエット効果を実感できることでしょう。そこで勉強ダイエットで知っておきたい点について説明したいと思います。

イライラして間食しない

勉強をしていて理解できない個所があったりするとイライラしてしまうものです。イライラするとストレスで間食をしたくなってしまうことがあります。特に砂糖を使った甘い間食が欲しくなり、食べるとさらにどんどん食べてしまいます。そのため、勉強ダイエットではあまりイライラしてストレスを感じないことが大切です。ちょっとイライラしそうなときは気分転換に体操やストレッチをしてみるといいでしょう。

徹夜の勉強は逆効果

睡眠中に体作りが多く行われますが、徹夜をすると肌が荒れてしまうなど、美容や健康に対して悪影響を与えてしまいます。ダイエット効果も半減してしまうため、徹夜で勉強をすることは避けてください。徹夜をするよりも、早めに寝てしまい、朝早く起きて勉強を始める方がダイエットや健康ために役立ちます。

甘い物が欲しくなってもなるべく我慢する

勉強
勉強をしているとつい甘いものを食べてカロリー摂取をしたくなりますが、あまり夜遅くに食事は胃腸のためにも避けたほうがいいといえます。健康的に勉強をしながらダイエットも実行することが何よりも大切です。夜遅くに食べたくなるのを防ぐために、夕食を少し遅らせるといった工夫をすると、甘いものが食べたくなる欲求を抑制することができるものです。

即効性を期待しない


勉強をしながらダイエットを実行することで、食欲の抑制と過剰なカロリーの摂取を抑えることができるため、痩せる効果を実感できます。しかし即効性を期待するとハードなダイエットをしてしまい、体調を崩してしまうことがあります。自分なりのペースで継続的にダイエットを実行することが大切です。

ダイエット効果を高める6つの勉強方法

勉強によるダイエットをしたいという方は、より効果的に実行するためのコツを知っておくといいでしょう。そうすればもっとダイエット効果を実感することができます。効率的な実行のためのコツについて、ここで説明したいと思います。

立ちスタイルで勉強する

勉強の環境を変えることで能率をアップさせることができることがあります。ダイエット効果を実感するために、机についてずっと勉強するよりも時には立って勉強をしてみることもお勧めします。足を引き締める効果が期待できますし、また気分をリフレッシュしながら勉強をする利点も得られます。

バランスボールに乗って勉強する


バランスボールはバランスを取るために禁漁を要するため、体の引き締め効果を実感することができます。また違った環境で勉強するためにバランスボールを使用すれば、記憶力のアップなどが期待できます。ダイエットと勉強の能率アップの両方のメリットを得ることができます。

ガムを食べながら勉強する

勉強中には何か食べたくなる時もあるでしょう。空腹感が出た時にピッタリなのがガムです。低カロリーなため太る心配がありませんし、噛むことで脳を刺激することができるので、勉強の能率をアップさせることができます。自分の好きなフレーバーのガムを選択してください。

ブラックコーヒーを飲む

コーヒー 飲み物 食
勉強中に眠気に襲われる方もいることでしょう。そんな時には交感神経を刺激する効果が期待できるブラックコーヒーを飲んでみましょう。ブラックコーヒーはノーカロリーでダイエットには効果的ですし、代謝アップで痩身効果があります。またリフレッシュ効果で勉強にも役立たせることができます。

疲れたらするめを噛む

空腹感が出た時にガムばかり噛むのは飽きてしまうという方もいることでしょう。そんな時にはするめも活用してみましょう。するめは沢山食べることができないため、摂取カロリーを抑えることができます。また噛むことで脳への刺激となり、記憶力を維持できたりと、勉強にもいい影響を与えてくれます。

勉強で痩せるための3つのコツは?

勉強ダイエットでは健康的に実行できるため、誰でも気軽に始めることができます。ただ勉強で痩せようと思った方は、まず3つのコツを知っておくことが大切です。じっくりと取り組んでいくために、この3つのコツは非常に重要です。ここでそのコツを説明したいと思います。特に目標の設定は重要です。

具体的な体重目標を立てる

漠然と勉強によってダイエットを行おうと思っても効率的に痩せることが難しいものです。まず始めに自分がどの程度痩せたいのかを明らかにすることが大切です。その目標に向かって実行をしていけば、取り組みやすいものです。そのため、ダイエットを開始する前に必ず目標体重を設定してください。

勉強の休憩日を作る


ダイエットを毎日継続しているとストレスを感じてしまい、体調の点で悪影響を与えてしまうこともあります。そのため、休息日を作るようにしてください。自分が健康的に実行していくことができるような休息日の設定を行ってください。週に1回程度の休息日は一般的ですが、体力がない方は3日に1回などから徐々に週に1回の休息日にしていくなど、自分の体調と相談しながら決めていくようにしてください。

細かく体重をチェックする


ダイエット中には細かく体重のチェックを行ってください。それによって確実にダイエットを実行できているのか、また無理なダイエットで急激に痩せていないかなどを確認することができます。健康的にダイエットを実行する上で頻繁に体重のチェックをすることは大切です。

まとめ

資格取得や受験などでは勉強が必要ですが、同時にダイエットもできれば時間を効率的に使っていくことができるものです。しかし健康を損ねるようなやり方をすると、勉強にも悪影響を与えてしまいます。勉強ダイエットは体に無理のない誰でもできる方法なので、じっくりと行い、ダイエット効果を実感してほしいと思います。