散歩ダイエットで最も効果の高い距離や時間って知ってる?

散歩ダイエットで最も効果の高い距離や時間

食べると太る!というイメージがあるので、食べる量を減らせば痩せると勘違いしやすいですが、ダイエットをするには食事制限だけでなく運動が必要です。運動をきちんとしていれば、少しくらい食べ過ぎることがあっても極端に太ることはありません。要は、食べた分を運動できちんと消費しておけば太らずに済むのです。

太るということは圧倒的に消費する量よりも、食べる量が多いからです。でも運動って苦手なんだよね…という人もいるでしょう。そんな人におすすめなのが、散歩ダイエットです。散歩なら歩くだけだから、運動が苦手な人も気軽に取り組めます。散歩ダイエットにもコツはありますが、それさえ覚えておけば気軽に実践できます。

距離をたくさん歩けばいいわけじゃない

散歩ダイエットのコツは距離よりも、毎日続けることです。だいえっとをするぞ!と一段決心して気負いすぎてしまうと長続きしません。1日10km歩くなど具体的な目標を決めてしまうと、それが苦痛になり次第に嫌々歩くようになってしまいます。ある程度の距離を歩かないとダイエット効果は望めませんが、散歩ダイエットは距離よりも時間を目安にする方が続けやすいです。

大切なのは時間を決めてゆっくりしっかり歩くこと

散歩ダイエットの目安は1日30分です。散歩は有酸素運動の一種であり、有酸素運動で脂肪が燃え始めるのは20分経過した頃だと言われています。つまり歩けばすぐに脂肪が燃えるわけではなく、20分間運動を継続して初めて脂肪が燃え始めるのです。

しかし20分の散歩では、せっかく脂肪が燃え始めたところで終了となってしまうのであまり意味がありません。そこから10分間運動を継続することで、脂肪を燃やすことができるのです。

3日坊主はダメ

散歩ダイエットは3日坊主では意味がありません。毎日続けてこそ意味があります。散歩をしない日は食事をしないというならいいと考えがちですが、食事は健康維持にも欠かせないものなので無理をして食べないのはよくありません。栄養バランスや腹八分目にしておくなどポイントはありますが、毎日食べて毎日散歩をするのが理想です。

散歩ダイエットの注意点

散歩をするだけでも脂肪は燃えます。時間や距離にも注意点はありますが、普段運動をしない人や運動が苦手な人でも、歩くならそれほどむずかしいことではないので気軽に始められます。歩く時は少し早足で、歩幅を大きくするのがポイントです。毎日続けるのが基本ですが、悪天候の時や体調不良の時は無理をせずお休みしても大丈夫です。

張り切りすぎると怪我の元

散歩ならできそうな気がする人も多いのではないでしょうか?まずはあまり深く考えず、家の周りを歩く程度から始めてみてください。今まで全く運動をしていなかった人が、いきなり30分お散歩をするのはちょっと無理があります。散歩ならそれほど激しい運動ではありませんが、散歩に出かける前はストレッチをしておきましょう。

いきなり歩くと筋や関節を痛める可能性があるからです。慣れるまでは30分以下でも構いません。少しずつ体を慣らしていって、最終的に30分間継続できるように目標を設定しましょう。

運動後に爆食い

たかが散歩と思われがちですが、真剣に歩くと「いい運動をした!」という気分になれます。30分以上歩くと脂肪も燃えるので、エネルギーを消耗します。当然お腹がすきますが、散歩で脂肪が燃えているからとドカ食いしてしまっては本末転倒です。散歩の後すぐに食事をすると食べ過ぎるので注意しましょう。どうしてもお腹がすいて我慢できない時は、ナッツやチョコレートを一口なら食べてもOKです。

食事制限の基本と注意点~ダイエットからのリバウンドには要注意!

効果的な食事制限の基本

ダイエットをするにあたり食事制限が必要になります。ダイエットをしようと思う理由は人それぞれで…

こまめな水分補給

30分間の散歩でも季節によっては汗をかくので、途中で水分補給をしましょう。汗をかかなくても喉が渇いたら、体が水分を欲しているサインなので汗我慢せず水分補給をしてください。ただし喉が渇いたからとがぶ飲みはだめです。水でもスポーツドリンクでも構いませんが、一口か二口で喉を潤す程度にしておきましょう。

散歩ダイエットを長続きさせるコツ

散歩ダイエットを長続きさせるコツは、楽しむことです。「あ~今日も歩かないといけないのか…めんどくさいな」などと思いながらやるよりも、「よし!今日も楽しく歩こう!」ちという気持ちで取り組む方が効果も期待できます。散歩中に周りの景色を楽しむとか、好きな音楽を聴きながら歩くのもおすすめです。

通勤で必ず散歩する距離を決める

仕事が忙しいと毎日30分の時間を作るのも難しくなってしまいます。家に帰ってからと思っても、仕事をして疲れていると家に入った途端リラックスモードになると、そこから着替えて散歩というのも難しくなります。

こういう時は通勤や通学の時間を利用してみるのもいいかもしれません。電車やバスなら1つ手前の駅で降りてそっから歩けば、ちょうどいいくらいの時間になるのではないでしょうか?駅から近いなら2つ手前にするなど調整できます。そうすれば毎日無理なく続けられますし、距離も決められるので続けやすいです。

犬の散歩や買物などの習慣を使って

犬と一緒に暮らしている人は、犬の散歩を利用するのもおすすめです。買い物に行く時も近くなら車や自転車は使わずに歩いていくようにしましょう。

まずは形から入ってみる

形から入るとモチベーションが上がるというなら、ウエアやウォーキングシューズ、万歩計などを揃えておくのもいいかもしれません。買ってしまった以上やるしかないと思ったとしても、それがいいきっかけになれば結果オーライです。

おすすめ商品

散歩ダイエットは、だらだら歩くより歩幅を大きめにしてスイスイとリズム良く歩くのがポイントです。歩きやすい靴を履くのも続けるポイントですが、サンダルのような不安定なものよりもウォーキングシューズをおすすめします。他にも快適に楽しく散歩ダイエットが続けられるグッズを紹介します。

[ミズノ] ウォーキングシューズ [ウィメンズ]

[ミズノ] ウォーキングシューズ LD40 III (旧モデル) 5KF350 09ブラック 24.0 3E
ウォーキングやジョギング用のシューズなら、クッション性がありし運びがスムーズになります。毎日続けるには靴の耐久性も必要です。欲しい性能を兼ね備えたシューズがあれば、毎日楽しく続けられます。

[ミズノ] ランニングシューズ [メンズ]

[ミズノ] ランニングシューズ ミズノシンクロ SL2 [メンズ] (現行モデル) 09ホワイト×ブラック×ブルー 26.5
ランニングシューズですが、ウォーキングにも使えます。楽しく続けるには足元もおしゃれに決めましょう。カラーバリエーションが豊富だから、自分好みの色を選べます。

ランニングシューズが安い理由は機能の差がポイント?細かく分析!

ランニングを始める際にはランニングシューズが必要となります。購入しようと思うと意外とリーズナブルなものも多いので、価格で選ぶと…

ランニング&サイクリング用ポーチ ペットボトルホルダー付き

ランニング&サイクリング用ポーチ ペットボトルホルダー付き 超軽量 防水 防汗 超大収納 調節可能 スポーツ用ウエストポーチ ジョギングポーチ ウエストバッグ ベルトポーチ Cosfash
散歩ダイエットでは30分は歩くので、途中で喉が渇いたら水分補給が必要です。散歩中に誰かから連絡が来るかも知れないので、手ぶらよりも多少荷物を持っておきたい人には、ベルトポーチがおすすめです。

まとめ

散歩ダイエットは気軽に始められるのがメリットです。コツさえつかめばそれほど難しいことはないので、誰でもトライしやすいダイエット法です。