ヨガの太陽礼拝とはどんなポーズ?太陽礼拝の効果と12のポーズ

ヨガは歴史が長く、昔から神や宇宙との繋がりがあるものだと解釈されてきました。そのため、ヨガのポーズの中には神や宇宙を礼拝するものも多いです。それらの動きをマスターすることで、よりヨガマスターへの道に繋がっていくでしょうね。

ここでは、

  • ヨガの太陽礼拝について
  • ヨガの太陽礼拝の効果
  • ヨガの太陽礼拝の12のポーズ

についてご紹介します。

ヨガの太陽礼拝とは?

ヨガでは古くから太陽を神として考えることが多かったと言われています。そのため、太陽を礼拝することは昔から神聖なこととして行われてきたのです。インダス文明の源流を継ぐヨガだからこそ、そのような太陽礼拝が重要とされています。ここからは、これらについて紹介します。

連続した12のポーズをするヨガのポーズ

太陽礼拝はもともと太陽を礼拝する時に使います。しかし、現代ではそれを活用したヨガのポーズが使われており、現代人もその太陽礼拝のポーズでヨガを行っています。連続する12のポーズからなる太陽礼拝はヨガでもとても重要なものと位置づけられているのです。

太陽が12ヵ月かけて黄道十二宮を1周することに由来している

太陽が12か月かけて黄道十二宮を1周することに由来しているのが、この太陽礼拝の特徴となっています。ヨガのポーズでもそういう太陽礼拝のポーズが活用されており、現代では深い意味は考えず、ただヨガとしてやっている人も多いです。

すべてのヨガの基本となるポーズ

太陽礼拝のポーズは、すべてのヨガの基本となるポーズとなります。そのため、ヨガの基礎とも言えるのではないでしょうか。現代は深い意味はなく使っているヨガのポーズも、古来からとても神聖なものとして使われてきました。だからこそヨガの原型は太陽礼拝にあると言っても過言ではありません。

ヨガの太陽礼拝の効果

ヨガの太陽礼拝には、色々な効果があります。事実、現代でも起きてからすぐに太陽礼拝のポーズをする人もいるのです。ここからは、その太陽礼拝の効果について紹介します。難しくはないので、まずは読み進めてみてはいかがでしょうか。

脳を目覚めさせる

太陽礼拝は脳を目覚めさせる効果があると言われています。これは科学的根拠もあって、呼吸法を使うヨガでは体内に酸素量も多く取り込むため、脳が活性化されると考えられているのです。気分がスッキリしない時も、ヨガでリラックスできるのはそのためです。

全身のストレッチ

太陽礼拝のポーズは色々と細かく決まっていて、12のポーズを行うことが必要です。逆に言えば、全身のストレッチになります。ポーズの中には筋肉を伸ばせるものも多く、体操感覚でやっている人も少なくありません。全身の凝り固まった肉という肉が落ち着いてくるので、身体を起こしたい時にも効果的ですね。

体中に活力を与える

ヨガのポーズの中でも太陽礼拝は、心と身体と魂の循環を良くしてくれます。そのため、体中に活力を与えることができます。これも一見すると根拠のないものだと思うかもしれませんが、筋肉量が増えて代謝がアップすることで体力もアップするからこそ、活力が生まれると考えることもできるでしょうね。

ダイエット効果

ヨガのポーズはどれもかなり汗をかくもので、意外と筋肉を使うことも多いです。中にはインナーマッスルを鍛え、体幹が良くなるという人もいるくらいです。そのため、基礎代謝も増加し、ダイエットにも効果が期待できます。やり方で大きく変わってきますが、ダイエットにも向いているのが太陽礼拝です。

ストレス解消

太陽礼拝のポーズは、身体だけではなく魂や心を落ち着かせることもできます。このストレスの多い現代において、ストレスを浄化させることができるというのもヨガの大きな効果だと言えるでしょう。太陽礼拝はヨガのベースにもなるので、ぜひストレス解消のためにも取り入れてみてくださいね。

体質の改善

ヨガは体質改善にも繋がってきます。太陽礼拝のポーズは色々な筋肉を使うので、体質も改善されるかもしれません。事実、体質が改善しただけではなく、考え方がポジティブになったという人もいるくらいです。肉体と精神を改善したい時にも役立つでしょうね。

ヨガの太陽礼拝の12のポーズ

ヨガの太陽礼拝のポーズは、知っていないとまったくできません。12のポーズを流れるようにやっていくことが必要となるので、ぜひともやり方は習得しておくことが必要となるでしょう。そこで、ここからは細かく12のポーズについて解説します。

1.背筋を伸ばしまっすぐに立つ

1つ目のポーズが、背筋を伸ばして立つポーズです。この時顎は引き、背筋がしっかりと伸びていることを意識してください。現代人だと猫背の人も多いので、意識的に背骨を直線にするように意識するとやりやすいかもしれませんね。

2.天井に向かって両手を伸ばす

2つ目のポーズが、天井に向かって両手を伸ばすポーズです。太陽に感謝するかのように両手を伸ばすのが特徴となっています。この時、胸から肩、そして腕にかけて筋肉が躍動することを意識すると、より筋肉も鍛えやすくなりますね。

3.上半身を前に倒す

3つ目のポーズは、上半身を前に倒すポーズです。まるでお辞儀をするように、腰をしっかりと追って頭を傾けましょう。この時、頭だけが傾いてしまうという人もいます。しかし、重要なのはしっかりと上半身を前に倒すということです。

4.右足を後ろに伸ばす

4つ目のポーズは、右足を後ろに伸ばすポーズです。右足を後ろに伸ばすことで、ふくらはぎや太ももの筋肉を鍛えていくことができます。それでいて、体幹もしっかりと鍛えていくことができるので、しばしこのポーズで耐えるのも効果的ですね。

5.左足も後ろに伸ばし両足を揃える

5つ目のポーズが、左足を後ろに伸ばすポーズです。この時、右足と揃うように伸ばすことによって、両足を揃えるのが特徴となっています。両足をしっかりと揃えることによって、綺麗な姿勢を意識していきましょう。綺麗な姿勢を意識すればするほど、ヨガの効果も大きくなります。

6.地面に身体を一直線になるように近づける

6つ目のポーズが、地面に身体を一直線になるように近づけるポーズです。初心者の人はここが難関となるかもしれませんね。姿勢を保つのは簡単ですが、無理をせずにできる範囲でやってください。できる人はより地面と一直線になるように身体をキープしてみましょう。

7.足を後ろに伸ばし上半身を起こす

7つ目のポーズが、足を後ろに伸ばして上半身を起こすポーズです。いわゆる猫や犬がやるようなポーズの逆をイメージしてください。上半身を起こすことによって、足腰がピンッと張るのが特徴となっています。結構大変ですが、その姿勢のままキープしましょう。

8.お尻を高く上げる

8つ目のポーズが、お尻を高く上げるポーズです。お尻をキュッと上げるので、イメージとしては猫や犬のポーズに近いですね。この時、腰痛がある人などは辛いかもしれません。身体への負荷を考えながら、上手にやっていくようにしましょう。

9.右足に体重をかけ左足を後ろに伸ばす

9つ目のポーズが、右足に体重をかけ左足を後ろに伸ばすポーズです。しっかりと身体の体幹を意識し、身体のバランスが崩れてしまわないようにキープしましょう。この姿勢は結構初心者にとって大変ですが、慣れれば簡単にできるようになりますよ。

10.後ろに引いた左足を前に戻し両足をそろえる

10つ目のポーズが、後ろ引いた左足を前に戻して両足を揃えるポーズです。この時、足がしっかりと揃うようにしないとバランスが崩れてしまいます。両足を使うので体幹が必要ですが、上手にできるようになれば効果も大きいです。

11.天井に向かって両手を伸ばす

11つ目のポーズが、天井に向かって両手を伸ばすポーズです。これは最初にやったポーズと同様ですが、一連の流れということで取り入れておくことが必要となります。ここまで来たらもう辛くはないですが、最後まで気を抜かずにポーズをキープしてください。

12.両手を体の横でそろえまっすぐに立つ

最後、12つ目のポーズが、両手を身体の横で揃えて立つポーズです。ここまでが一連の流れとなり、ここが太陽礼拝の最後となります。一連の流れを覚えると、毎日時間のある時にやっておくだけで、しっかりと効果も実感できるでしょう。

まとめ

ヨガのポーズの中でも、基本中の基本となるのが太陽礼拝です。一見すると難しいように見えますが、慣れれば簡単にできるものなので、ぜひ取り入れてみてください。ヨガの教室やスクールで習うこともできるので、わからないところは専門家に聞いてみても良いかもしれませんね。