セックスダイエットのススメ!意外なメリットに必見

セックスでダイエットと思うと意外と感じる人もいるかも知れませんが、意外と力があることで知られています。もしダイエットを検討している人であれば、パートナーと親密になることができる「セックス」ダイエットに挑戦してみてはいかがでしょうか。

セックスでダイエットが得られる秘密


セックスで「ダイエット」といわれると、何か恥ずかしい気持ちや、不安に感じる人もいるかも知れません。しかし、実際にはドーパミンやエストロゲンなど新陳代謝を活発にし、カロリーを消費する物質が発散されるため、ダイエットが期待できることが、近年、注目されるようになりました。特に20代から40代の人であれば、パートナーがいれば誰しも挑戦できる、継続して取り組むことができる、という点もダイエットとしておすすめのポイントです。
ダイエットを今まで挑戦したものの「継続することが難しかった」という人にとってもパートナーとより親密になり、気持ちのよい思いをすることができるセックスのダイエットであれば、継続することは十分に可能でしょう。セックスは、筋力消費も通常のエクササイズやランニングと比較しても、遜色のない程度のカロリー消費を期待することができます。長く継続して続けられる「セックス」でダイエットに意外と驚く人もいるかも知れませんが、ぜひチャレンジしてみてください。

ドーパミンが分泌する

楽しい、幸せと感じるときに分泌される「ドーパミン」は食欲を減退させ、幸せな気分を高めてくれます。逆にフラストレーションが溜まると「過食」に陥る可能性があります。セックスでは大量にドーパミンが分泌されるため、無理のないダイエットが期待できます。

エストロゲンが分泌する


女性ホルモンの一つである「エストロゲン」は美肌力などでも知られる物質です。新陳代謝を良くし、ダイエットのときに荒れやすいお肌や髪などのケアができる点も優れています。

オキシトシンが分泌する

オキシトシンはドーパミンと同様に幸せと感じる物質で、セックスのときに多く分泌されます。食欲を抑える働きもあるため、ダイエットのときには役立ちます。

そもそも筋肉消費がそこそこある

セックスは一回に100キロカロリー程度の運動量を消費される、とされています。これは30分前後のランニングと同じカロリー消費量で、体位や愛撫などを加えることで、さらにカロリー消費量を増やすことができるため、筋力消費によるダイエット力を期待できます。

セックスダイエットにおすすめの体位


セックスダイエットでは、実はカロリー消費量を多くするための「おすすめ体位」があります。腰や腹筋を使う騎乗位から、下半身の筋力を使う御所車、下半身の筋力を鍛えることができる立ちバックなど、もし今まで挑戦したことがない体位があるのでしたら、ダイエットと合わせてぜひ挑戦してみてはいかがでしょうか。パートナーも積極的なあなたの様子を喜んでくれるかも知れません。

腰や腹筋の筋肉を使う騎乗位

腰や腹筋の筋力を使う体位の騎乗位は、なれていない人はバランスの取り方や、腰や腹筋の動かし方でうまくいかないかも知れません。最初は、それほど大きな動きでなくても、まずは慣れることを意識して続けてみてください。バランス感覚を覚えれば、上下の腰の動きを加えて、やや大きなアクションをつければ、運動量も増えるためダイエット力がさらに高まります。

バランス感覚を鍛え下半身の筋肉を使う御所車

御所車は、少しマイナーな体位ですが、下半身を鍛えるには絶好の体位です。対処はすこし辛いと感じるかも知れませんが、補助などをしてもらいながら、バランス感覚を鍛え、カロリー消費を効率よく行いましょう。

腰とお尻のシェイプアップ力が期待できる乱れ牡丹


乱れ牡丹は、腰まわりのシェイプアップを行うには最適の方法です。体位が苦手な人は、無理のない範囲でチャレンジしてみることをおすすめします。短い時間で高いカロリー消費を期待できます。

下半身の筋肉を鍛えてシェイプアップできる立ちバック

立ちバックの姿勢は、最初は下半身に負担がかかるため、維持するのがなれていないと苦しいかも知れません。しかし、思い切ってセックスの中の体位に取り入れて下半身を鍛える方法としてチャレンジしてみてはいかがでしょうか。意外と、大きなアクションを取り入れることで、運動量をさらに増やすことでカロリーの消費を大きくすることができるでしょう。

骨盤底筋肉を鍛えてシェイプアップできる本駒駆け

本駒駆けは骨盤底の筋肉を鍛えられます。筋肉量が増えることから、美しいスタイルとカロリー消費を効率よく行うために最適の方法です。少し苦しい体位ですが、苦手意識を持たず、チャレンジしてみるとよいでしょう。

セックスダイエット以外の嬉しいメリット


セックスで「痩せられる」ことが喜びの人もいるかも知れませんが、他にもよい点は多くあります。生物が本来、健康や生活を維持するために欠かせないことだけに、ホルモン分泌による美肌力の促進や、セックスによって恋人や配偶者とより親密になれます。

また、脳内のホルモン分泌や身体を動かすことにより、ストレス解消や快眠も期待ができます。気分が沈みがちなうつ病や、メタボリックシンドロームなどの運動不足が原因の病気も予防できるため、ダイエットとあわせて、一石二鳥、一石三鳥を期待できます。

ホルモン分泌が促され美肌力が得られる

セックスによる活発に分泌されるホルモン分泌は、お肌の新陳代謝を活発にし美肌力が得られます。「いつまでも若々しいお肌」といわれる人は、実はセックスも少なからず影響していることがあります。パートナーとお互いに気持ちよくなって、ぜひ美肌力も取り入れてみてください。

恋人や配偶者と親密になれる

セックスを通じて「恋人」や「配偶者」と親しくなれることは、ダイエットと並んでとても大切なことです。大切なパートナーと愛し合い、お互いを高めあう行為は絆を強くすることは間違いありません。お互いの気持ちを大切にして、より親密な関係を築いてみてはいかがでしょうか。

ストレスが解消される


現代社会はストレスが多く、仕事でのフラストレーション、人間関係の問題、日々の悩みなどで気分が優れないことも少なくないでしょう。セックスは脳内ホルモンの分泌を活発にし、終わった後はすがすがしい気分にしてくれます。また、適度な運動は、心地よい疲労感を与えてくれるため、快眠につながります。ストレスを解消するという点についても、定期的にパートナーと愛し合うのはダイエットと合わせて最適の方法です。

病気予防

現代はうつ病やメタボリックシンドロームなどの病気がメディアに取り上げられることも少なくありません。気分が沈みがちがうつ状態もセックスによって気分が高揚し、パートナーと特別な信頼関係を築くことで、メリットがあると期待されています。また、全身を使うセックスはカロリー消費量も多いため、脂肪の代謝や活発にするためメタボリックシンドロームなどの成人病の予防を期待できます。

セックスダイエットを高めるコツ

セックスダイエットで「より高い」力を期待したいのでしたら、パートナーと一工夫をしてみてはいかがでしょうか。愛撫に時間をかけて、カロリー消費量を多くする、動きを多くして、全身の筋力を使うなど、些細な工夫でも意外と力は大きいものです。

また、カラオケダイエットでも知られるように「声を出す」ことは身体を動かすときには、カロリー消費をより高めることが知られています。セックスのとき、恥ずかしい気持ちがあるかも知れませんが、思い切って欲求のままに「声」を出してみてはいかがでしょうか。

愛撫に時間をかける


セックスダイエットでは、すぐにセックスを終えてしまうよりも、お互いに高揚感を高め、脳内のドーパミンを分泌する時間を長くし、ゆっくりと身体を動かす時間が長いほうが、その力はより期待することができます。方法の一つとして「愛撫」に時間をかけて取り組んでみてはいかがでしょうか。お互いの高揚感を高めると同時に、運動量も増えるため、カロリー消費量を高めることができます。

自分から動くことを心がける

セックスでは、ワンパターンや受け身になりがちな人がいます。最初は羞恥心やとまどいがあるでしょうが思い切って、自分から身体を動かしてみてください。

無理のない範囲でパートナーとお互いが気持ちよくなれる方法からスタートしてみてください。あまりにハードな体勢や運動はお互いに負担になってしまうかも知れません。無理のない範囲で継続できる方法を採用しましょう。

声を出す

セックスで「声」を出すことは、自分だけではなく、パートナーを刺激してお互いの高揚感を高めることに役立ちます。まだ、積極的に声を出したことがない人も、無理のない範囲で、チャレンジしてみてはいかがでしょうか。

お互いに声を出す、喜びを表現する聴覚に直接喜びを伝える方法は、普段より積極的かつ意欲的にセックスにのぞみ、カロリー消費量を増やすことができます。

セックスダイエットで気を付けること


万能の方法で、気持ちよくなり、夢の方法だと思いがちの人もいるかもしれませんが、以外な「落とし穴」があります。それは、パートナーとの喜びであるセックスが、ダイエットばかりが目標になってしまうと、ダイエットの目標が達成したときのセックスレスやパートナーに無理な要望が気にさわり、避けられる理由になってしまいます。ダイエットの目標は「ほどほど」にパートナーのことを第一に考えて取り組みましょう。

目標を達成するとセックスレスになりやすい

セックスでダイエットを目標に達成してしまうと、体重やスタイルのことばかりに意識が向いてしまい、肝心のセックスがおろそかになってしまうことがあります。お互いに一つの「共通目標」がダイエットになってしまうと、達成されてしまったときに、急にセックスに対する情熱が冷めてしまう、ということになりかねません。

セックスレスになってしまい、パートナーと気まずくなってしまった、再び運動不足に陥り、リバウンドしてしまった、という負のスパイラルは避けましょう。

ダイエットばかりを意識すると相手に冷められる


セックスでダイエットが最大の目標となり、意識が向きすぎてしまうと、パートナーに失望されることになりかねません。お互いに気持ちよくなり、さらに絆が強くなれるよう、好みや都合を尊重しましょう。無理のない範囲で、定期的に新しい楽しみを取り入れながら継続できるようにするとよいでしょう。

まとめ

セックスダイエットは「意外な方法」として驚く人もいるかも知れませんが、実はよいスタイルを維持し、減量を目標にするためにとても優れた方法です。取り組み方はパートナーの都合や好みを考慮しつつ、お互いに気持ちよくなりながら、長く続けられる方法をうまく取り入れるとよいでしょう。
今までとは少し違う、運動量を多くする方法や、恥ずかしくて出来なかったことも、この機会にチャレンジしてみてはいかがでしょうか。パートナーも積極的なあなたのことを喜んでくれるかもしれません。無理のない方法でお互いに楽しみながら続けられるよう、心がけてください。