めだって困る黒ニキビの芯、その原因と対処法

ニキビの中でも特に目立ちやすいのが、毛穴が広がって黒くなってしまう黒ニキビです。そのまま放っておくと見た目が悪いだけでなく、赤ニキビになってしまうこともあります。気になるからといって潰してしまうと悪化してしまうこともありますが、どのように対処すればいいのでしょうか。

黒ニキビはどんなニキビ?

ニキビは毛穴に皮脂や汚れが詰まることによってできます。この初期段階のニキビが白ニキビです。毛穴の詰まりが解消されずに白ニキビが進行していくと、皮脂や汚れが収まりきらなくなって毛穴が開き、肌の表面に出てきます。皮脂が空気に触れて酸化してしまい、毛穴にかさぶたができたように黒くなってしまった状態が黒ニキビです。

白ニキビや黒ニキビの段階では、皮脂が詰まっているだけで炎症は起こしていません。しかしそのまま放置しておくとアクネ菌が繁殖し、赤ニキビや黄ニキビに発展することも多いです。黒ニキビの段階で早めに対処することで、ニキビがひどくなったり跡が残ってしまうリスクを減らすことができます。

黒ニキビの原因と対処法

黒ニキビができる原因はいくつかあります。自分の黒ニキビがどのような原因でできているのかによって対処法が変わってくるので、きちんと見極めることが大切です。

皮膚の機能低下

黒ニキビは毛穴が詰まることによっておきますが、健康な肌であればこのようなことは起きません。皮脂や老廃物は当然誰にでもあるものですが、普通は毛穴から排出されていきます。そもそも皮脂自体は肌を乾燥させないようにしたり、ホコリなどの汚れから肌を守ってくれる必要なものです。皮膚のターンオーバーや皮脂の役割など、皮膚自体が持つ機能がうまく働いていればニキビはできません。

皮膚の機能が低下することによってニキビができている場合、機能低下の原因は加齢や間違ったスキンケアです。加齢によって皮膚が硬くなると古い角質が剥がれ落ちにくくなったり、毛穴の出口が詰まりやすくなったります。また鼻などの毛穴に詰まった角栓を取り除くことで刺激を与えたり、毛穴を広げたりしてしまうことで十分な機能を発揮できないこともあります。洗顔のしすぎや皮膚の消毒も、皮膚本来の機能を損なってしまう原因になります。

肌質

同じスキンケアを行っていれば誰でも同じ肌になれるということはありません。それぞれ肌質が違うので、それに合わせたスキンケアが必要です。肌質を改善することが難しくても、ニキビができにくいように予防することは可能です。

黒ニキビができやすいのは、皮脂の分泌が多かったり角質が固い肌質の人です。皮脂の分泌が多い人は脂っこい食事を避けてビタミンを多めに摂ったり、しっかりと保湿をすると皮脂の量を減らすことにつながります。角質が固い人は毛穴が開きやすくなるように蒸しタオルなどで温めたり、ピーリングで古い角質を剥がしたりすると毛穴が詰まりにくくなります。

あわせて読みたい

肌質チェックをしよう!セルフでできるカンタン肌質チェック法

続きを読む

ホルモンバランスの乱れ

ストレスや睡眠不足、生理前や生理中などはホルモンバランスが乱れやすくなります。ホルモンバランスが乱れると肌荒れを起こしやすくなったり、皮脂の分泌が過剰になったりするので普段よりもニキビができやすくなります。なるべくストレスを溜めない、夜はしっかりと睡眠をとるなど、心身の調子を整えることを心がけましょう。

あわせて読みたい

どうしようもないイライラやニキビの原因はホルモンバランスの乱れかも!ホルモンバランスを絶対に改善する10の方法

続きを読む

黒ニキビの芯の取り方

黒ニキビは毛穴の中に皮脂や汚れが詰まっている状態なので、芯を取ってしまえば黒いぶつぶつはなくなりますし、早く治ることもあります。ただし芯を取ろうとした時に菌が入ってしまうと悪化して赤ニキビになることもありますし、毛穴が大きく開いている状態なのでクレーターのようになってしまうこともあるので積極的に取ることはおすすめできません。どうしても取りたい場合は、肌に負担をかけないように気をつけましょう。

肌を柔らかくする

肌が固い状態だと毛穴が詰まりやすくなり、ニキビの芯も出てきにくくなります。長期間放置していた黒ニキビは中の芯も固くなっているので、うまく取り出すためには肌を柔らかくしておく必要があります。肌を柔らかくする方法はいくつかありますが、蒸しタオルをしばらく当てて皮膚を温めるのが簡単で効果的です。

手や道具をきれいにする

黒ニキビはまだ炎症を起こしていない状態なので、芯を取り出す際に菌が入って悪化してしまうようなことは避けたいです。そのためには、潰す時に使う道具や手などはきれいにしておきましょう。道具は加熱や消毒薬などで消毒し、手や顔はきちんと洗っておきましょう。

専用の道具で押し出す

指や爪を使って押し出すこともできますが、うまく芯を取り出しきれなかったり傷が付いてしまうことが多いです。肌への刺激を最小限にして炎症を起こさないようにするためには、コメドプッシャーという専用の道具を使うのがおすすめです。針を使ってニキビの中心に小さく穴を開けておくと、コメドプッシャーだけで押し出すよりもスムーズに取り出すことができます。

洗って消毒する

芯を取り出し終わったら、肌をきちんと洗って清潔に保ちましょう。傷になってしまったところは炎症を起こして赤ニキビになってしまう可能性もあるので、傷薬などを塗って消毒しましょう。消毒薬は皮膚の常在菌まで殺してしまうので、使わない方が良いです。

黒ニキビの芯を取り出すときの注意点

黒ニキビの芯を取り出す時には、必ず芯を残らず全て取り出すようにしましょう。芯が残っていると開いた毛穴からアクネ菌が入り込み、赤ニキビになってしまうからです。芯をきれいに取り出せた時にも毛穴が開ききった状態になってしまうことが多いので、引き締め効果のある化粧水や冷水などでしっかりと引き締めるようにしましょう。

黒ニキビの適切なスキンケア

黒ニキビは治すことができますが、一番良いのは黒ニキビができないように予防することです。黒ニキビができやすい人は、普段のスキンケアを見直してみてはいかがでしょうか。

もちもち泡が作れる洗顔フォーム

黒ニキビを予防するためには、しっかりと余分な皮脂を落とすことが必要です。しかし皮脂を落とそうとゴシゴシこすってしまうと、肌にダメージを与えてしまったり皮脂が落ちすぎて乾燥してしまいます。肌に必要な皮脂まで落としてしまうと乾燥によって肌が固くなるだけでなく、皮脂を補おうと過剰に分泌されるため黒ニキビができやすい肌になってしまいます。もちもちの泡で優しく洗うことで、肌にダメージは与えずに皮脂や汚れはしっかりと落とすことができます。

あわせて読みたい

泡洗顔は正しい方法で行うのが大切!便利なアイテムもご紹介

続きを読む

清潔でふわふわなタオルを使う

せっかく泡で優しく洗っても、タオルでゴシゴシとこすってしまっては意味がありません。柔らかいタオルを使って水滴を吸い取るように優しく拭きましょう。タオルは雑菌が繁殖しやすいので、常に清潔なものを用意する必要があります。

保湿をしっかりする

黒ニキビができないようにするためには、肌を柔らかく保つことが大切です。そのためには保湿をしっかり行う必要があります。保湿をすることで皮脂の過剰な分泌を防ぐことにもつながるので、脂性の人も保湿はきちんとしましょう。

あわせて読みたい

ニキビ肌に保湿は有効?正しいスキンケアを身につける

続きを読む

まとめ

できてしまうと非常に目立ってストレスになってしまう黒ニキビですが、普段からスキンケアに気を使っていれば予防することも十分に可能です。黒ニキビができてしまったときも、悪化して赤ニキビになってしまわないようにすぐに対処しましょう。