黄ニキビを早く治したい!潰れたらどうすればいいの?

ニキビには白ニキビや赤ニキビなど様々な段階がありますが、その中でも特に深刻な状態が黄ニキビです。黄ニキビは非常に目立ちますし、対応を間違うと跡が残ってしまうこともあります。黄ニキビができてしまったら、どのようにすれば早く治るのでしょうか。

黄ニキビの原因

ニキビは毛穴に皮脂や汚れが詰まることによってできますが、さらにアクネ菌などの菌によって炎症が起きると赤く腫れた赤ニキビになります。炎症を起こした赤ニキビの内部で、常在菌である黄色ブドウ球菌が増殖したり、炎症を抑えるために戦った白血球の死骸や組織液などが溜まり膿になります。この膿が皮膚から透けて見えるため、黄ニキビと呼ばれています。

皮脂や汚れが溜まる、毛穴が詰まる、炎症を起こす、膿が溜まるという4つのステップを踏んで黄ニキビができます。途中でどれかが解消されれば、白ニキビや赤ニキビの段階で止めることができるので、黄ニキビにまで発展しません。全ての条件が揃って初めて黄ニキビができるのです。

黄ニキビの治し方


一度できてしまった黄ニキビは、放置したり間違った対処をしてしまうとニキビ跡になりやすいので注意が必要です。白ニキビや黒ニキビと比べて頑固なので、根気よくしっかりと治しましょう。

清潔を保つ

ニキビの大敵は不潔です。肌が不潔な状態が続くとニキビの原因になりますし、できてしまったニキビもなかなか治りません。基本中の基本ですが、以外とこの清潔に保つというのがきちんとできていない人は多いです。清潔にするというのがどのようなことを指すのかが間違っていることもあります。

清潔にしなければいけないからと一日に何回も洗顔をする人がいますが、これは逆効果です。肌に必要な皮脂まで落とすことになってしまいますし、肌への刺激が強すぎます。同様にゴシゴシとこすって洗うのも良くありません。1日1回か2回、たっぷりの泡を使って優しく洗うようにしましょう。

ニキビの原因がアクネ菌だからと、顔全体を消毒してしまう人もいますがこれは絶対にやめましょう。人間の皮膚にはアクネ菌を始めとしてたくさんの種類の常在菌がいますが、普段は特に悪さはしません。常在菌を全て殺してしまうと、肌のバリア機能が低下してしまいかえって良くありません。ニキビの部分だけに殺菌作用のある薬を塗るのなら問題ありませんが、消毒してしまうのはやめましょう。

睡眠をしっかりとる

睡眠不足になると成長ホルモンがきちんと分泌されなくなります。成長ホルモンは肌のターンオーバーを促す働きを持っているので、睡眠不足で肌の調子が悪くなるのです。ターンオーバーの周期が遅れると本来剥がれ落ちるはずの角質がいつまでも肌の表面に留まり続けることになります。そうすると皮膚が硬くなり、毛穴が詰まりやすくなっています。

ニキビの原因になるだけでなく、ターンオーバーがきちんと行われないと、ニキビがなかなか治らなくなってしまいます。またニキビが治ってもニキビ跡が残りやすくなります。きちんとニキビを治すためには、睡眠不足にならないように質の良い睡眠をしっかりととることが大切です。

ビタミンを摂取する

肌のためにビタミンのサプリメントを飲んでいる人はよくいますが、これもニキビ予防になります。実はビタミンB2には脂質の代謝を活発にする効果があるため、皮脂の分泌量を適正に保つためには重要です。ビタミンCもコラーゲンの生成に必要な他、肌のためには色々な種類のビタミンを十分に摂取する必要があります。

ビタミンを摂るためには野菜や果物を中心としたバランスの良い食事が大切です。食事だけでまかないきれない分はサプリメントを活用すると良いでしょう。皮膚科を受診する際にも、必要だと判断されればビタミン剤が処方されることがあります。

皮膚科を受診する

黄ニキビはニキビの中でも重症度が高いので、たくさんできてしまったときなどは皮膚科を受診した方が良いです。黄ニキビを治すためには炎症を抑える必要があるため、皮膚科では抗生物質を処方してもらえます。市販薬よりもずっと効き目があるので早く治すことが可能です。

どうしても気になってしまうので潰したいという時も、自分でやるよりはきれいに確実に潰すことができるので受診するのがおすすめです。お医者さんによっては潰すのは良くないという人もいるので、事前に確認しておくと希望通りの治療が受けられます。

黄ニキビに適したスキンケア

ニキビができないようにするためにも、できてしまったニキビを早く治すためにもスキンケアは大切です。スキンケアと一言で言っても、黄ニキビに適したものと適さないものがあるので気をつけましょう。

洗顔料は肌に優しいマイルドタイプのもの

白ニキビや黒ニキビの段階であればスクラブの入った洗顔料などを使うのも良いですが、黄ニキビになってしまったらこのようなタイプの洗顔料を使うのはやめましょう。炎症を起こしている黄ニキビを刺激しないためにもなるべく肌に優しいタイプの洗顔料がおすすめです。泡立ちが良いものを選ぶと、優しく洗えるのでさらに肌への負担が少なくなります。

保湿はオイルフリーのものを使う

ニキビの予防にも早く治すためにも保湿は重要ですが、黄ニキビができてしまっている時には油分が含まれていないオイルフリーの乳液やクリームを使いましょう。オイルは保湿効果が高いのですが、同時にニキビの原因になってしまうこともあります。オイルの変わりにワセリンが入ったものを使うと、保湿効果が高いのでおすすめです。ワセリンは皮膚科でも処方されるほど効果が高いので、ワセリンをそのまま使っても大丈夫です。

黄ニキビを早く治すための注意点

黄ニキビはかなり悪化してしまっている状態なので、そのままでは治るのに時間がかかってしまいます。治らないままにしておくと色素が沈着したり、真皮にまでダメージを与えてしまいニキビ跡が残ってしまうこともあるので、なるべく早く治すようにするのがおすすめです。

絶対に潰さない

膨れ上がった黄ニキビは潰して膿を出してしまいたくなりますが、なるべく我慢しましょう。膿を出した方が早く治ることもありますが、逆に炎症がひどくなったり傷が付いてしまって悪化することも多いです。また膿をきちんと取り除かないと、同じ場所に繰り返しニキビができたり、周りの毛穴にまでニキビが広がってしまうこともあります。

どうしても潰したい時には、手で潰すのではなくコメドプッシャーなどの道具を使いましょう。できれば自分では潰さず、皮膚科などで潰してもらうほうが後々のことを考えるといいでしょう。

触らない

ついつい気になって触ってしまうかもしれませんが、ニキビを触るのは良くありません。ニキビが潰れてしまったり手についた汚れや菌がニキビに入ってしまい悪化することもあるからです。スキンケアなどでどうしても触らなければいけない時には、必ず手を清潔にしておきましょう。

炎症を抑える

黄ニキビは炎症を抑えないと治らないので、傷薬などを塗って炎症を抑えましょう。できれば皮膚科で処方してもらった抗生物質を使った方が良いです。またこれ以上炎症がひどくならないように、清潔に保つことも大切です。

刺激しない

ニキビを手で触ったり押したりして刺激を与えてしまうと、治るどころか悪化してしまいます。刺激は手で触ることだけでなく、髪の毛やマスク、マフラーなどが触れることでも起きます。スキンケアやメイクも刺激になってしまうので、なるべく肌に優しいやり方を考えるようにするといいです。

黄ニキビが潰れてしまったら

黄ニキビをどうしても潰したくなってしまったり、服などと擦れて不可抗力で潰れてしまうということもあると思います。潰れてしまったらそのままにはせず、きちんと対処しないといけません。

手を清潔にする

潰れてしまったニキビに触る前に、まずは手をきれいにしましょう。潰れた部分は傷になっているので、汚れた手で触ってしまうと菌が入って化膿してしまいます。手はきれいに見えてもたくさんの菌や汚れがついているので、必ず触る前に洗いましょう。

膿や血をガーゼなどで優しくふき取る

黄ニキビから出た膿や血には、菌もたくさん含まれています。そのため周りに悪影響を与えないように、きちんと拭き取ってきれいにする必要があります。血が出ていると圧迫したくなるかもしれませんが、毛穴は小さいのでそのままでもすぐに血は止まります。傷口を刺激しないように、優しく拭き取るようにしましょう。

水で洗う

潰れたニキビから出た膿や血液だけでなく、周りの皮膚に付いた菌や汚れが傷口や毛穴に入ってしまう可能性もあるので、きれいに水で洗いましょう。お湯は毛穴を開かせてしまったり肌を乾燥させてしまいますが、冷水は毛穴を引き締めてくれるので余計なものが入ってしまわないようにする効果もあります。

キズパワーパッドを貼る

傷を早く治すためには、傷口を乾かさないようにしつつ菌が入らないようにカバーしてしまう湿潤療法が有効です。潰れた黄ニキビの場合も、膿などをよく落とした状態でキズパワーパッドを貼ることで早く治すことが可能です。キズパワーパッドを使う前には消毒液や傷薬などを塗ってはいけないので気をつけましょう。

潰れる前の状態でキズパワーパッドを貼ってしまうと、膿や菌の出口がなくなり内部でさらに繁殖してしまうので、逆に悪化させてしまいます。潰れる前には貼らない、広範囲には貼らないのが大切です。

黄ニキビがつぶれたときに跡が残らないようにするには?

本来黄ニキビを潰すのはあまり良くないので、潰れてしまった場合にはきちんと対処しないと跡が残ってしまう可能性が高いです。適切な対処ができるように、ポイントを抑えておきましょう。

紫外線対策をしっかりする

潰れたニキビに限らず傷になっている皮膚は、本来の皮膚よりもバリアが少ない状態です。そのため普段よりも紫外線に弱く、メラミン色素が増え色素沈着しやすくなります。跡を残さないためには、帽子などのアイテムを使ってきちんと紫外線対策をしましょう。日焼け止めやUVカット効果のある化粧品などは傷に塗るのは良くないので避けましょう。

オロナインなどの抗炎症薬を塗らない

傷になっているからとつい傷薬を塗りたくなりますが、黄ニキビにはあまり効果がありません。オロナインが効果を発揮するのは赤ニキビの段階なので、黄ニキビになってしまう前に使いましょう。

ステロイドはNG

オロナイン同様効果のありそうなステロイドですが、こちらも黄ニキビには役に立ちません。逆に悪化してしまうこともあるので、ステロイドは使わないようにしましょう。ステロイドは強い薬なので、むやみに使わない方が良いです。

皮膚科で薬を処方してもらう

素人判断で薬を使うよりも、きちんと皮膚科を受診して今の状態に合った薬を処方してもらうほうが確実です。皮膚科では塗り薬だけでなく飲み薬も処方してもらうことができます。肌質を見てもらって、どのようにニキビを予防すれば良いかアドバイスをもらうこともできます。

メイクはダメ

潰れたニキビがきちんと治るまでは、メイクをしないようにしましょう。傷をきれいに保つことができませんし、メイクを落とす時にクレンジングでゴシゴシとこするのも良くありません。どうしてもメイクする必要があるのであればナチュラルメイクにしたり、ニキビの部分を避けたりした方が良いです。肌に優しい化粧品があれば、そちらを使った方が良いでしょう。

氷で冷やさない

痛みがあったり腫れていたりすると氷で冷やしたくなりますが、潰れてしまったニキビは冷やさない方が良いです。氷で冷やすと血行が悪くなるので、傷の治りが悪くなってしまいます。特に温めたりする必要もないので、無駄にいじらないようにしましょう。

まとめ

黄ニキビができてしまうとなかなか治らない上に、メイクもしにくくなって大変です。ついつい潰して無理やりメイクで隠してしまいたくなりますが、ニキビにとっては最悪なので、我慢してしっかり治しましょう。