ランニングで知っておくべき走り方のポイントは?「垂直」がミソ?

健康のためにとランニングを始めようかと考えている方もおられるでしょうが、ランニングを行う上で知っておくべきこともいくつかあります。ここでは、これから健康や美容などのためにランニングを始めてみようと考えている方のために正しいランニングの知識、フォームなどについての情報をお伝えしたいと思います。

無駄な動きの多いランニングではすぐにエネルギーを消耗してしまいますし、途中で体力がなくなってしまう恐れもあります。できるだけ無駄なエネルギー消費を少なくしてランニングを行うことが大切なのですが、ここではそのためのポイントについていくつかお伝えします。

足の着地は地面に垂直にするのがポイント


足の着地をなるべく地面と垂直にするというのがエネルギー消費を防ぐ一つの方法です。無駄につま先や踵などから着地しようとするよりも、地面と垂直に足を下すという部分に着目してみると今まで以上にエネルギーを温存しながら走ることができるでしょう。

ランニングフォームをチェックするポイント

ランニングを行うときのフォームも大切です。ランニングを始めたばかりの方だとむちゃくちゃなフォームで走っているような方もいますが、これはあまりおススメできません。体力を無駄に失ってしまいますし、ケガをしてしまう恐れすらあります。体の軸がぶれていないか、無駄に疲れないかといったところを一つのポイントとして覚えておきましょう。

ストレッチや筋トレなど重要な事前準備


いきなり走り始めるのはおススメしません。人によっては寝起きにそのままランニングに出かけてしまうような方もいますが、これだと体を壊してしまう原因にもなります。

走り始める前にはきちんとストレッチをすることでケガを防ぐことができますし、走りもより軽快になるでしょう。また、ダイエット効果を狙ったランニングの場合だと事前に筋トレをしておくと脂肪が燃えやすくなり効果的な有酸素運動になります。

ランニングはつま先から着地する走り方が省エネ

ランニングにおける足の着地はとても重要です。足の着地方法が間違っていると無駄に疲れてしまいますし、途中でへばってしまうこともあります。では、いったいどのような足の着地が良いのかということですが、省エネになるのはつま先から着地する方法です。

重心より前方に着地させると重心の真下に着地させるより疲れる

体の重心よりも前方に足を着地させてしまうと重心の下に着地させるときよりも疲れてしまいます。これは実際に経験してみるとよく分かると思うのですが、このような走り方だとすぐにばててしまいます。重心と足の着地という部分をもう一度見直してみましょう。

つま先から着地すると踵から着地するよりも省エネ


つま先から着地する方法のほうがエネルギーを無駄に失わずに済みますからおススメです。特に普段あまり運動をしない方、体力のない方、ランニング初心者という場合にはつま先から着地したほうが楽に走れると思いますからぜひ覚えておきましょう。

従来では踵から着地する方法が推奨されてきましたが、省エネになるのはつま先から着地する方法です。

自分の身体にあった走り方を模索する事が重要なポイント

もっとも大切なのは自分の体にあった走り方をするということです。ランニングを続けているうちにどうすれば楽に走れるか、快適に走れるかということも分かってきますから、いろいろと自分で模索してみることも大切です。周りから聞いた情報だけを鵜呑みにしないようにしましょう。

初心者が知るべき正しいランニングフォームの改善ポイント


初心者だとランニングフォームがめちゃくちゃなことも多いですし、それが原因で早々に疲れてしまうようなこともあります。ここでは正しいランニングフォームの改善ポイントについてお伝えしましょう。

基本は背筋をしっかりと伸ばす

マラソンの選手などを見ても分かるように、みんな背筋をピンと伸ばしていますよね。ランニングにおいて背筋をしっかりと伸ばすのは基本中の基本ですから覚えておきましょう。背筋が曲がっているといたずらに疲れてしまいますしケガの原因にもなりかねません。

肩の力を抜き肘を曲げ腕を後ろにしっかりと引こう

これも大切なことですから覚えておきましょう。初心者のうちはフォームを正しくしようと肩に力が入りすぎてしまうことも多々ありますし、それが原因で疲れてしまうこともあります。肩の力は抜き、肘を曲げて腕を後ろに引きながら走ることが大切です。

ストライドとピッチを意識する

ストライドとピッチを意識するのも大切なことですが、これは初心者のうちにはあまり必要ないでしょう。ストライド走法とピッチ走法は体形にもよりますし、もう少し上級者になってから覚えても問題ありません。

着地は踵からよりも足全体の方が人気です

先ほどもお話したように、足の着地は非常に重要なポイントです。初心者のうちは足全体で着地したほうが楽かもしれませんから、足の裏全体で着地したほうが良いでしょう。慣れてきたら踵、つま先からなどいろいろな足の運びを練習してみると良いかもしれません。

ダイエットに効果的なランニングフォーム


ランニングを始めたいと考えている方の中にはダイエット目的という方もいるはずです。ランニングは有酸素運動の代表的な種目でもありますし、脂肪を燃焼させるためにランニングを始めるという方は少なくないでしょう。ここではダイエットに効果的なランニングフォームについていくつかお伝えしたいと思います。

間違ったランニングフォームだとダイエットできない

ランニングさえすればとりあえずダイエットできる、と考えている方も多いでしょうが、ランニングフォームが間違っているとダイエット効果は少なくなってしまいます。ダイエットに成功するためにはランニングフォームについてもきちんと考えなくてはなりませんから、たかがフォームと侮らないようにしましょう。

ダイエットに効果的な踵からの着地するフォーム

ダイエット目的でのランニングだと踵からの着地が良いかもしれません。このほうがふくらはぎ周辺の筋肉もしっかりと使いますし、足全体のダイエット効果も高まるのではないでしょうか。足全体、つま先よりも踵から着地してしっかりと地面を蹴って走ることを意識してみましょう。

朝ランニングは脂肪燃焼効果が高い

朝はエネルギーがからっぽの状態ですから脂肪燃焼効果が高いといわれています。早朝に何も食べずにランニングすることで効果的に脂肪を燃やすことができますから、ダイエット目的でランニングをするのなら覚えておきましょう。もちろん、昼や夜でもダイエットはできますが朝だとさらに効果が高くなると考えられます。

怪我をしやすいランニングの走り方

ケガをしやすいランニングの仕方もありますから覚えておきましょう。間違った方法、走り方をしてしまうとあっさり体を壊してしまいますし、ランニングどころではありません。正しい走り方で健康になりましょう。

腰が落ちた走り方が怪我を誘発する

腰を落とした走り方をしている方もたまに見かけますが、このような走り方だとケガを誘発してしまう恐れがあります。腰を落としているとそれだけで腰回りに負担を与えてしまいますし、腰痛などの原因になってしまう恐れもあるでしょう。また、足もしっかりと上がらなくなりますから転倒などの原因になる可能性もあります。

猫背の姿勢でランニングすると怪我をしやすい

これもよく見かけますが、猫背でランニングするのもケガの元です。すでにお話したようにランニングのときにはきちんと背筋を伸ばすことが大切ですから、しっかりと背筋を伸ばして走ることを心がけてください。

アップ不足は怪我の原因に


十分にアップせずに走り始めてしまうとケガの原因となってしまいます。アップして体を温めておけば体もほぐれてケガをしにくくなりますから、走り始める前にはしっかりとアップをすることを心がけましょう。

まとめ

健康や美容目的のためにランニングを始めるという方が大半でしょうが、間違った走り方をしてしまうと健康になるどころかケガをしてしまいます。健康のために始めたランニングでケガをしてしまっては意味がありませんよね。

ここでは正しいランニングの方法、走り方などについてご紹介しましたから、今現在ランニングに取り組んでいる方はもちろんこれから始めようとしている方もぜひ参考にしてください。