嫌な女にならないために・・・ドラマや行動から見抜く、嫌われる行動

女性目線で見る場合と男性目線で見る場合では女性の見方が全く変わってきます。その中で嫌な女を見つけてから、デートに誘うことができれば幸せです。女性の中には、嫌な女は職場に約1名いるのではないでしょうか。

映画「嫌な女」とは


映画「嫌な女」とは、女優の黒木瞳が始めて女優ではなく監督として製作した映画で、ベストセラーを映画化した人気になりそうな人間ドラマです。立場や境遇が全く違う2人の女性の人生を映画化しています。人生楽しくない女性と思い通りに生きている女性の人生を表現しています。

キャスト

映画に出演しているのは人気女優の吉田羊が人生がうまくいっていない女性の石田徹子役で主演していて、名脇役として人気がある木村佳乃さんが人生をなめているような女性小谷夏子役で出演しています。他には中村蒼、古川雄大、佐々木希、袴田吉彦さんなど名俳優が多数出演しています。

原作との違い


原作とは時間軸が大分違うので忠実に再現するのではなく、映画の時間と言えば限られていて、その時間の中で起承転結を分けてから映画を製作しなければいけません。原作と映画ではあらすじが大分変えられていて短時間でうまくまとめられるように製作されています。その点、原作では人間関係をしっかりと表現していて、原作と同じようにするには相当な苦労があります。

映画の評価

主人公が馬鹿キャラだけど思っている以上に周りから愛されていて明るいキャラになっていて楽しく見ることができる映画ではないでしょうか。女性が見てこんな人生は嫌だとかこんな人生を送ってみたいなどといった見ていて自分と重ねながら楽しめる映画になっています。

ドラマ「嫌な女」


ドラマ「嫌な女」は弁護士と詐欺師がタッグを組んでいろいろなドラマを展開していくというストーリーになっています。主人公の夏子と徹子は親戚で20年来の付き合いをしている中で、奇想天外な夏子の尻拭いを徹子が毎回やっていて苦労が絶えないところがあります。桂望実のベストセラーをドラマ化したコメディタッチのドラマです。

ドラマ版のキャスト

主演の石田徹子役に黒木瞳、奇想天外な詐欺師小谷夏子役に鈴木保奈美がダブル主演で出演しています。他には、坂口博之役で勝村政信、磯崎賢訳で塚本高史、荻原道哉役で古谷一行が演じています。

映画版との違い

映画とドラマでは放映時間が全く違うので、ドラマと映画では最後のシーンが大分変わってきます。映画では105分という短い時間にふさわしいラストシーンがまっています。ドラマと映画で一番の違いは最後の結末がどうなるかが見所となっています。

作品の裏話

実は黒木瞳がドラマの嫌な女に主演してから映画監督としてこの映画を撮ることを決めてから、この小説の映画化権を取りに行ったのは黒木瞳自らで、いかにこの映画にかける気持ちが強いのかが伺えません。映画の中でも重たいシーンを後半から始めの方に持って行き、女優の体力があるうちに重たいシーンの撮影をしたと言うのは、女優黒木瞳だからこその気遣いがあります。

嫌な女上司の特徴


会社の中には必ず嫌な上司というのはいるものです。男性の上司ではなく、女性の上司の中に嫌な上司がいた場合、どんな女上司がいるのでしょうか。男性上司ではめったにないような部下の失敗を冷めた目線で見てしまうところがあります。女性が上司のときは嫌な上司の可能性が高くなります。出世のことしか考えていないような女性で、ツナに上に上がることを考えていて部下に対する気遣いなども全くない嫌な女上司もいます。

感情で叱る

同じ上司でも男性と女性では接し方が大分変わってきます。女性の上司の場合は、いままで男性の中でがんばってきて役職まで付くようになってから、自分の人生の中で仕事が一番と感じている上司に多い態度に、叱るときに感情で叱る女上司は結構見かけます。男性とはちょっと違う女上司です。

ミスは1回でも許さない

女性の管理職になるには自分に厳しく他人にも厳しく接していたからこそなれたということもあり、他人のミスは絶対に許さないという厳しい上司の典型が女上司です。自分に厳しい上に他人にも厳しく、1回の失敗も許さない女上司は必ずいます。

プライドが高い

女で管理職まで上り詰めるのは大変なことです。そんな女性の性格として、誰も信用しないで1人でここまで上り詰めてきたので、プライドは男性の上司とは比べ物にならないくらい高く敵味方をはっきりと分ける女性が目立ちます。

出世、命

女性の管理職になる人は結婚もしないで仕事一筋でがんばってきた女性が多く、男よりは出世が命で恋愛より仕事を取るような冷たい女性に出世する女上司が多く見受けられます。何よりも地位を最優先して生きている女性で仕事が生きがいになってしまっています。

職場で見かける嫌な女


職場にはたまに見かける嫌な女ですが、男性から見る目と女性から見る目では違った見方があるようです。女性目線で見てみると嫌な女と思える女性について詳しく紹介します。仕事をしない女、他人を羨む女、男の視線ばかりを気にする女など様々なタイプの嫌な女がいます。

自己評価が高い

嫌な女の中で多いのが自己評価が非常に高い女です。自己評価が高い女程扱いにくい女性はいません。周りから見て仕事をあまりしていないように見えても、自分では他人に比べて仕事が出来ると思っていて、いつも他人の評価を気にする女性は扱いにくくて嫌な女です。

仕事は他人任せ

仕事はついでという感じで職場で仕事をしていて出来るだけ自分では仕事をしないで他人任せな女、こんな女性は同性からも嫌われる嫌な女です。会社に行くだけの女で他人に仕事を任せて自分はただ会社に居るだけの存在になろうとする嫌な女性はよく見かけます。

同期の出世には嫉妬する

仕事をしない割には、同期が出世をすると陰口ばかりを叩いて嫉妬するような嫌な女、嫌な女とは見た目ではわかりにくいのですが、影で嫉妬しまくりでどうにかして同期の足を引っ張って蹴落とそうとしている女性です。

男性社員の目線ばかり気にする

会社をいい男を捜す場所としてしか思っていない嫌な女も職場の中には約1名います。男性の目線ばかりを気にして、仕事は全くしない女性で、どうしたら男性から注目されるのかなどを常に考えている女性です。男性はこういう女性に引っかかりやすく、男をその気にさせる能力に長けていて、男性からは本当の彼女の姿が見えていない場合があります。

デートでしちゃだめ!嫌な女の行動

男性がデートをしてはいけない嫌な女を詳しく見ていきます。女性の中には悪女といわれるような男性からすると絶対に捕まえてはいけない女性です。そんな女性には特長があり、嫌な女の典型的な行動や仕草について紹介します。

行動を決めるのは男性任せ

デートをするときに、男性がどこに行きたいと聞いてきたときに、任せるとかどこでもいいから決めてなどといった全てが相手任せの言葉を発する女性は男性を困らせる典型的な悪い女ではないでしょうか。行きたい場所があればはっきりと言ってくれないと男性としてもその後の行動を決めかねてしまいます。どこでもいいと言いながら、行き先を言うとあまり嬉しそうにしない女性は別にいきたいところがあるようで、何でそこなのと言われているようで付き合っていくと本当に疲れます。

その割にはあれこれ嫌がる

デート場所を言わないでお任せと言っておきながら、男性が行き先を言ってから行こうとすると、あれこれ嫌がったり、何でそこなのとか嫌なことばかりを男性に言ってしまう女性は男性からすると本当に嫌な女に見えます。行き先にOKしておきながらそこは面白いのとか、何があるのなどと聞いてくるような女性は、男性からすると扱いにくい女性で、どう扱ったらいいのか悩んでしまいます。

デートに行く場所もそうですが、行く日にまで文句を言い出してしまう女性がたまにいます。そんな女性は誘うときにはいつでも大丈夫と言っておきながらデート当日になってから嫌なことばかり言ってきます。そんな女性とは長続きしないので早めに別れてから別の女性に切り替えましょう。

態度がそっけない

デートに誘ってからデート当日になって、何か話しかけても素っ気無い返事ばかりをしてきて、心ここにあらずのいやそうな返事ばかりしてくる女性とは二度とデートをしないようにしましょう。家での家族とのトラブルか何かわかりませんが、デート当日に素っ気無い態度ばかりしてきて、一緒にいて全く楽しくない場合は、いやな女と思って間違いありません。普段の態度も素っ気無い感じがするはずなので、同姓からどう見られているのかを観察してからデートに誘うようにしましょう。

まとめ


女性にはいろんなタイプの女性が居て、相手に対して依存するような人や、自分しか信用しないような上司など様々な人間関係があります。そんな女性の間でも嫌な女は普段の言動でどんな女性なのかをはっきりと切り分けることが出来ます。間違っても同性に嫌われる女性をデートには誘わないようにしましょう。