ニキビを治すためには冷やす方が良いの?効果的な冷やし方とは

ニキビへの対処法の一つに「冷やす」というやり方があります。しかし、この冷やすというやり方は実は賛否両論であると言われており、一部で流行らない方がいいという声もあるのです。

そこで、今回はニキビ対策の一つである「冷やす」という行動について詳しく解説いたします。

冷やした方が良いニキビ

ニキビを冷やした方が効果があるという声は正解でもありますが、実は間違いでもあります。というのも、ニキビにも状態に応じた対応が必要なので、その状態を見極めて対策を講じることが大切なのです。そこで、まずは冷やした方が良いニキビについて解説いたします。

腫れているニキビ

効果があるニキビは腫れが発生してしまっているニキビとなります。こちらは炎症による腫れなので、その炎症を鎮めるために冷やすことは効果的なやり方となるのです。これは怪我をしたときに炎症してしまった部位を冷やすのと同じ行為になります。冷やすことで腫れがひいて痛みが少なくなり、血管が収縮するようになって炎症も治まっていくでしょう。しばらく冷やし続けることで赤く大きくなったニキビが幾分か小さくなってくれます。

この腫れてしまうニキビや炎症が発生してしまうニキビというのは、ニキビができはじめたときの白ニキビではなく、白ニキビが悪化して炎症してしまった赤ニキビや、そこからさらに拡大して膿がはっきりとで始めた黄ニキビで有効ということです。

あわせて読みたい

ニキビが腫れて痛みがある・・・!腫れを抑える方法

続きを読む

痒みがひどいニキビ

痛みや炎症が生じて腫れているニキビ以外に活用してもらいたいのが痒みがひどいニキビとなります。肌の乾燥がひどい人やアレルギー体質の人はヒスタミンの過剰分泌によってニキビの痒みに繋がる可能性がありますし、雑菌によって痒みが発生していることもあるでしょう。この痒みを抑える方法として有効となるのが、患部を冷やすというやり方です。血管が拡張して温まってしまった状態の方が痒みはひどくなりますので、かゆいところを冷やすようにすれば痒みを抑え込むことができます。

あわせて読みたい

おでこにできるニキビ。かゆい原因や対策法はある?

続きを読む

ニキビを冷やすデメリット

このように痒みがひどいニキビや痛みがひどいニキビの症状を押さえ込むためには冷やすという方法は実に効果的なのですが、これにはデメリットも存在しているのです。いいことばかりではありません。

乾燥する

肌を冷やすと乾燥が進みますので、これはかなり致命的なデメリットとなります。痒みや痛み止めのために冷やすという行為を実行しますが、肌を冷やし続けると乾燥するようになって逆に痒みを誘発する肌となってしまいます。

患部を冷やしすぎると血行の流れが悪くなるので痛みを発生させる物質は通りにくくなりますし、水分の流入も抑えられますが、抑えすぎるのも危険だと覚えておきましょう。

血行が悪くなる

肌を冷やしすぎると血行不良になります。血行不良になると新陳代謝の低下に繋がってしまいますので、最終的には治りが遅くなってしまうのです。治りが遅くなってしまうとそれだけ痒みや痛みに悩まされますので、あまりにも痛みや腫れがひどいときのみ使うようにしましょう。

また、氷マッサージのような冷やして温めるというやり方は血行促進に良いというお話もありましたが、肌を冷やすことで血行が悪くなるのは事実なので、温めることで血行が良くなっているというよりも元の状態に戻っているほうが正しい意見でしょう。なので、冷やしすぎてしまったニキビは血行不良によって治りが遅くなるということだけ覚えておけばいいでしょう。

ニキビの効果的な冷やし方

それでは具体的にニキビの効果的な冷やし方について紹介します。適当なやり方では悪化する可能性がありますので、正しいやり方を学んでください。

ハッカ油

清涼感が非常に高く人気があるのがこのハッカ油です。健栄製薬より「ハッカ油」という名前で売られています。使い方は簡単で、コットンを水で十分に濡らした後にハッカ油を1滴だけ垂らして炎症しているニキビに優しくぽんぽんという効果音が出る感覚で叩くだけです。1滴では少ないと思うかもしれませんが、1滴でも発火脂はかなりの清涼感を覚えますので十分すぎる効果を発揮してくれます。逆に、つけすぎ注意なのでつけすぎた場合は使わないでください。

冷やした化粧水パック

ハッカ油はこの商品を用意しないと使えないので、今すぐに試したい人向けではありませんが、こちらは自宅に化粧水パックがあれば誰でも可能なのでお手軽と言えるでしょう。やり方もシンプルで、化粧水パックを冷やして使うだけです。洗顔の後に使用すればある程度毛穴が開いているタイミングで使うことになりますので、パックの成分がかなり浸透するようになります、

温めると良いニキビ

このようにニキビ対策として冷やすことは効果的ではありますが、状況次第であると言うこともわかりました。それでは逆に温めると良いニキビについて紹介します。

慢性期のニキビ

ニキビが延焼する時期には大きく分けて急性期と慢性期の2種類が存在しています。この急性期というのは急激に腫れが大きくなって痛みもひどく気になって仕方が無い時期です。慢性期というのは痛みがほとんど無く存在が気になるだけで害は少ない時期です。先ほどまで冷やした方がいいと説明していたのは、この急性期に該当する赤ニキビや黄ニキビとなります。

赤ニキビとなって炎症が発生するとまずは急性期になりますがある程度炎症が治まると慢性期になりますので、急激な痛みや腫れが収まった後には温めた方が良くなるのです。慢性期に入った箇所というのはダメージがある部分を修復する作業に入っております。

このタイミングになると修復に必要な栄養素が直ちに必要な状況ですので、できる限り患部を温めた方がいいのです。温めると血行促進に繋がりますので、カイロなどを利用してください。同じ赤ニキビや黄ニキビでも温めたり冷やしたりと対処法が異なってきますので、状況判断を正しくできるようになりましょう。

白ニキビ・黒ニキビ

白ニキビのようなニキビの初期段階では体が血行不良故に対応ができていないケースもありますので、温めた方が効果は高いというお話もあります。冬の乾燥するシーズンは乾燥による肌ダメージがニキビの主要因と言われておりましたが、冷たすぎるが故に血行不良になった人体の問題でもあったのです。

黒ニキビは非常にケアが難しいと言われております。というのも、黒ニキビになっているということは毛穴の出口からうまく皮脂が出られていないということなので、抗炎症薬といった薬では効果が薄いからです。ここで役に立つのが温めるという行為になります。たとえば、ホットタオルを使って黒ニキビの部分を温めるとか、スチーマーを使って毛穴を開かせるようにするとか、お風呂でしっかりとあたたまるという方法が有効となるでしょう。

あわせて読みたい

ニキビにできる黒と白の芯!それぞれの原因や治療法など!

続きを読む

まとめ

赤ニキビや黄ニキビのように炎症してしまうものを冷やすという発想は間違いではないのですが、その赤ニキビや黄ニキビでも慢性期に入っているのなら温めた方がいいというなかなかに状況判断が難しいことがわかったのではないでしょうか。

このように赤ニキビや黄ニキビは対処が難しいので、まずはニキビを作らない用に肌の環境を整え、できてしまっても白ニキビの段階でストップできるようになりましょう。選択が難しいのなら選択をしない状況を作れば良いのです。