毛穴の目立ちに悩む方必見!正しい毛穴スキンケアとは?

毛穴に対しての悩みを持っている方は多いでしょう。やはりここでのポイントになってくるのは毛穴のスキンケアです。これがしっかりとできていなければいつまで経っても症状は改善されません。では、正しい毛穴スキンケアについて紹介していきます。

毛穴が目立つ原因


何をしても毛穴が目立ってしまうという人は実は多いと思います。どうにかしたいと思っていても原因が分からない人もいるのではないでしょうか。まずは毛穴が目立ってしまう原因について知っていきましょう。

メラニンと皮脂で黒くなる

毛穴が目立つことの理由の一つに、メラニンと皮脂があります。メラニンは日焼けをしたときに肌が黒くなりますが、その色素の元になっているものです。メラニンは、肌が刺激を受けたときの防衛機能として生成されるものですから、必ず体にとっては必要なものとなります。シミの原因となりますが、日焼けをはじめとした肌のダメージを抑える他ありません。また、皮脂が汚れてしまうことによっても黒くなってしまいますから、日々清潔にすることが大事です。

角栓がつまる

顔にできる角栓が詰まってしまうことも、毛穴が目立つことの原因です。角栓は、参加した皮脂、古い角質が混ざったものです。毛穴の角質は、古くなって剥がれ落ちると、皮脂により放出されます。ですが、皮膚のターンオーバーが遅れると、角質がはがれずにそのまま残ってしまい、角栓になってしまいます。

この角栓をそのまま放置していると、徐々に酸化し、黒ずんでしまいます。また、毛穴周辺の皮膚の老化につながるうえに、シミのように黒ずみができてしまいます。結果的に見た目が気になるほどの症状となってしまうわけです。

ニキビの角栓とは?正しくケアして予防する

ニキビの炎症


ニキビは、子供ニキビと大人ニキビとがあります。子供ニキビであれば、年齢と共に消えていきます。ですが、大人ニキビであればそうはいきません。最初は白ニキビと呼ばれる状態からスタートします。それが、症状が重たくなるごとに、赤、黒と色を変えていきます。炎症し、ジュクジュクにもなりますし、下手に潰してしまうと跡が残ります。

治りにくい赤ニキビの原因は?どうすれば治るの?

悩み別毛穴の種類

毛穴の種類についても色々なものがあります。悩み別毛穴の種類というものも知っておくと良いでしょう。

開き毛穴

開き毛穴は、生まれつき皮脂腺の発育が良いタイプとなります。タイプ的には遺伝的な影響の大きなタイプと言えるものです。皮脂の多い人、赤ら顔の人に多いのが特徴的となっています。皮脂腺の大きさがあって、毛穴も丸く大きくなってしまうのです。開き毛穴というのは、遺伝的な要因もあって、ある程度の受け入れは必要となります。ポイントは、きちんとしたケアができるかどうかという点になってきます。

毛穴の開きはなぜ起こる?原因・改善・予防方法を解説

つまり毛穴

つまり毛穴とは、古い角質と皮脂が混ざり合い、角栓になって、毛穴につまり目立つというものです。これは、Tゾーンに多いことが特徴となっています。皮脂が比較的多いとされる20代くらいの人に多く見られるのもあり、触るとざらざらしているのも特徴の一つとなっています。

毛穴の詰まりは何故起こる?毛穴詰まりを予防するケアとは?

たるみ毛穴

たるみ毛穴とは、加齢によって、毛穴が縦長のしずく形に広がるタイプです。毛穴と毛穴がつながっているかのように見えることもあるものです。真皮のコラーゲン、エラスチンと呼ばれる物質が老化により減少し、肌がたるんでしまうのです。それによって、毛穴を支えることができなくなり、しずく形になってしまうのです。

これってたるみ毛穴!?たるみ毛穴の予防と対策

毛穴を目立たなくするスキンケア

毛穴を目立たなくするためには、スキンケアはとても重要になってきます。このスキンケアの方法についてしっかりと理解しておくことが大事です。

洗顔料を泡立てる


毛穴のケアのためには、洗顔料の泡立ては効果的です。手の平に洗顔料を載せて、泡立てネットを使ってしっかりと泡立てます。これによって泡のクッションができるのですが、お肌への摩擦が軽減されることに加えて、洗顔料のパワーを十分に引き出すことができるようになり、汚れをしっかりと取り除いてくれるのです。

それから、泡洗顔をするのですが、皮脂が出やすいゾーンから洗うようにすると良いです。それから、皮脂が出にくいUゾーンを洗うのですが、ここは優しく撫でるようにしてあげると良いです。それから、デリケートゾーンを洗います。皮膚が薄いこともあり、刺激にも弱いため、泡を載せるだけにしておきましょう。こすったら確かに汚れは落ちるのですが、実際そこまで落ちるというわけではありませんし、そこまでしてお肌を傷つけてしまうよりも、毎日きちんとしたケアを行えば問題はないことを知っておきましょう。

ふわもこ泡がクセになる!世界中から厳選した6種類の超微粒子クレイが毛穴汚れを除去します!feelyイチオシ洗顔料はコレ!

パルクレールクリーミュー

feely編集部イチオシ、気になる大人ニキビの予防やニキビ跡のケア、乾燥肌にも使える薬用洗顔です。6種類の天然クレイを世界中から厳選、微細で美肌効果の高い粘土を選び抜いて配合。クレイが毛穴の奥に詰まった汚れをしっかりキャッチしてくれます!また、クレイ特有の粒感やザラつきもなく、クレイ洗顔特有のつっぱり感も一切なし。シアバターも配合しているので、お肌に必要な潤いはしっかりと残してくれます! 泡立ちも非常によく、ふんわりモコモコの泡で肌触りも◎。

ケアや対策がメインですが、それでも毎日の洗顔が楽しくなってしまうこと間違いなしの一品です!

 

美肌の基礎は泡洗顔にあり!?泡立て方やお助けアイテムを紹介

しっかりすすぐ

洗い終わったときには、しっかりとすすぐことが大事です。両手いっぱいに水をすくい、泡が残らないようにすすぎます。回数としては20回以上が良いでしょう。どうしてこんなにすすぐのかということですが、洗顔料は汚れを落としてくれるのですが、結局体にとっては異物になってしまいます。ですから、きれいに落ちずに残ってしまうとそれもそのうち汚れになってしまいます。汚れは角栓につながり、結局毛穴開きにつながってしまうのです。結局ケアとは正反対のものになりますから、気を付けておきたいところです。

逆効果になる毛穴ケア

毛穴ケアをしているといっても、やり方によっては逆効果になる可能性があります。この逆効果になる毛穴ケアとはどのようなものなのでしょうか。

乾燥させる

乾燥させる行為はNGです。そもそも毛穴の開きや黒ずみの原因は乾燥です。お肌は乾燥するとツッパリ感を感じるわけですが、毛穴が開きやすい状態になっています。これを放置すると、肌内部では大量の皮脂が分泌されます。そして、この皮脂は古い角質などと混ざり合って角栓となります。この皮脂や角栓は空気に触れて酸化し、毛穴が黒ずんで見えてしまいます。つまり、乾燥させるということは、お肌はもちろん毛穴にとっては良くはありません。乾燥させるという行為ではなくて、しっかりと保湿をして、乾燥を防ぐことが大事となるのです。

浸透力が他とは違う!?乾燥知らずの保湿肌へと導く、feelyイチオシの保湿4ステップ!

ビーグレン 保湿トライアルキット

乾燥しているお肌はセラミド不足であることがほとんど。そのセラミドをしっかりと閉じ込め、潤いを保ってくれる「保湿型ビタミンC誘導体」をたっぷり配合したローションと、高濃度のピュアビタミンC を配合した美容液で、水分たっぷりモチモチ肌に導いてくれます!それだけではなく、独自の浸透技術である「QuSome」で肌トラブルの元までしっかり浸透させ、悩みにアプローチ。

各雑誌はもちろん、医学誌にまで掲載された実績を持つ保湿ケア。feely編集部イチオシの商品です!

 

洗顔しすぎる


毛穴の汚れ、それから黒ずみを落とすことを目的として、洗顔時に強く洗うという人も中にはいます。実はこれも逆効果になってしまいます。強く洗うという行為は、肌に対して負担をかけてしまうことになります。しかも、強くこすったところで角栓や黒ずみが落ちやすくなるというわけではありません。洗顔はこするのではなくて、洗顔の成分、泡の吸着力を利用して落とすものであることを理解しましょう。ですから、洗顔をするときには、しっかりと泡立てることが必要になるのです。それで軽く洗顔をすれば問題がないことを知っておきましょう。

美しい肌の基本!正しい洗顔と、やってはいけないNG洗顔とは?

角栓を抜く

角栓を抜くという方法が一つあります。これは、最もやってしまいがちなことですが毛穴ケアとして逆効果です。鼻で指をつまんで角栓を出してしまうという方法ですが、これは絶対にNGとなります。見た目として取れているというイメージがあるわけですが、これは肌細胞を傷つけることに繋がります。さらに、色素沈着にもなる可能性がありますし、角栓の詰まりも高めてしまうという大きな原因にもなります。肌に対しては、刺激を与えないようにするのは基本です。

まとめ


毛穴のケアのためには、いろいろと気を使うことが大事です。スキンケアということで、強く洗っている、過剰に洗顔をしすぎるという人もいるわけですが、これらはすべて逆効果であることがわかるはずです。優しく包み込むように洗ってあげることこそがスキンケアの基本となるわけです。これまであまりスキンケアに興味がなかったという人もいると思いますが、これからお肌のコンディションを良くしていきたいと思うならば、意識してみると良いでしょう。