女子の大敵《赤ニキビ》を薬で倒そう!正しいニキビの対処法とは?

赤ニキビという症状は、ニキビの患部が赤く腫れあがっていることを言います。この状態になると、実はニキビとしての症状はかなり進行しているのです。赤ニキビというのは、すでに炎症を起こしてしまっている状態でもあります。この赤ニキビの治療について知っていきましょう。

市販のニキビ薬について

@mmkmmk_uがシェアした投稿

ニキビの治療に対しては、市販のニキビ薬を使うという人が多いかと思います。この市販のニキビ薬でも、おススメのものはどのようなものなのか、デメリットにはどのようなものがあるのか、また正しい使い方とはどのようなものなのでしょうか。

おススメの市販薬とは

もしも赤ニキビの段階であれば、炎症を抑えること、症状の進行を食い止めることがとても大事となってきます。それを目的として、抗炎症作用を持っていること、高濃度のビタミンCを補給できる効果がある、ビーグレンの「大人ニキビセット」を利用するのが良いでしょう。

ニキビが出る原因というのは、いろんなものがありますが、炎症が起こった状態になってしまったら、ケアの種類は誰でも同じようなものになります。大事なことは、症状が悪化しないようにすることです。

ニキビの市販薬におけるデメリット

ニキビの市販薬におけるデメリットについてです。これは、やはり副作用ではないでしょうか。例えば薬局でもらうことができる薬の場合、それぞれも症状に対して薬の成分を医者が選んで調合しています。それに対して、市販の薬はそれがありませんから、成分はどれも一律です。ですから、使い過ぎによる副作用に対しては気を付けなければなりません。

正しく使おう

市販薬というのは、どのように使えば良いかというマニュアルが添付されていますから、それを参考にして治療をしていきましょう。正しい用法を守らなければ、ニキビを治療するどころか反対に症状が悪化してしまう可能性があります。下手な使い方をして、症状を悪化させないように、正しい使用法を守るようにしましょう。

ニキビの種類について

ニキビにはいくつかの種類があります。これについて知っておくことは大事なことです。どのような種類があるのかについて紹介します。

年齢によるニキビの種類とは

年齢によるニキビというのは、大別すると子供ニキビと大人ニキビに分けられます。子供ニキビというのは、文字通り子供の時にできるニキビのことです。この年代のニキビは、まだ体の発達が活発であるために、皮脂の過剰分泌が起こることが原因となっています。ですから、年齢と共に消えていくことになります。大体中学生くらいの思春期の時期に多くみられます。

これに対して、大人ニキビは大人になってからできるニキビです。健康状態やその時のコンディション、ストレスなどによって発生するもので、子供ニキビのように勝手に消えるものではありません。きちんとお肌のケアをしてあげなければなりません。放置していると、どんどん状態が悪くなりますから、早い段階での措置が必要になります。

進行具合によるニキビの種類とは

ニキビは、進行状態によってその種類が分かれてきます。吹き出物はひっくるめてニキビと呼ばれるのですが、進行状態によって白ニキビ、黒ニキビ、赤ニキビ、黄ニキビと区別できるのです。ニキビ一つでも、症状が違いますし、肌質も人それぞれで異なりますから、治療法やスキンケアの方法も人によって適したものを選ぶことになります。

白ニキビは、角栓により毛が切れて、毛穴の出入り口も完全に広がり、中に溜まった皮脂が塊になった状態のことです。黒ニキビは、中に溜まった皮脂の塊であるコメドが酸化して黒ずんだ状態です。これが外から見たらニキビが黒くなっているように見えるため、黒ニキビと呼ばれるわけです。さらにここから症状が進み、毛穴の中でアクネ菌が繁殖して、ニキビが炎症を起こします。この時に赤く腫れるのですが、これが赤ニキビと呼ばれています。そこからさらに炎症が進むと、ニキビが膿を持って黄色く見えるようになると、黄ニキビと呼ばれる状態になります。

ニキビ薬の種類を知ろう

ニキビ薬にはいくつかの種類があります。外用薬は抗生物質などの殺菌系、抗炎症系、硫黄系の3つの成分を組み合わせたものがほとんどになります。これにプラスをして、皮脂の吸収、角質を柔らかくして保湿するといったような特徴を持たせているのです。自分の肌にあったものを選ぶことが大事です。

短期間でニキビを治すには

ニキビを短期間で治したいと思ったとき、どのようなことを意識すれば良いのでしょう。

赤ニキビになる原因とは

赤ニキビになる原因は、ストレス、脂っぽいものの摂り過ぎといったことから起こる、皮脂の過剰分泌が考えられます。添加物がたくさん含まれているものが原因ともなります。急に赤ニキビができるというわけではなくて、白ニキビや黒ニキビの段階を経て、炎症を起こすことで赤ニキビになります。また、お肌のターンオーバーが乱れることも赤ニキビの原因となるのです。

赤ニキビに有効な洗顔の仕方について

赤ニキビに対してゆこうな洗顔方法ですが、洗顔料をそのまま肌につけるのではなくて、一度泡立ててから毛穴の皮脂や汚れを吸着させて落とします。お肌にも負担がかかりませんし、毛穴の引き締め効果も期待できます。皮脂の分泌量を抑えてくれます。

赤ニキビの治療法

ニキビの初期段階ではディフェリンゲルが使われるのですが、これは効果がありません。炎症がひどい場合には、抗生物質が用いられます。激しい炎症が起こっているのであれば、ステロイド剤が処方されることがあります。ただし、これはあくまでも一時しのぎともいわれるものであり、最終的には肌バリア機能を正常にさせること、そうすることでニキビができにくい肌質まで持っていくことが大事となります。男性ホルモンの量を低下させて、女性ホルモン優位の体質を維持することも根本的治療となります。

ニキビの正しい治療法

ニキビは正しい治療を行えば治るものです。では、治療法についてしっかりと知っていくことにしましょう。

ニキビを治してQOLを上げよう

ニキビは、人間にとっては必要のないものです。見た目を著しく低下させてしまいますし、場合によってはネガティブ思考も招いてしまいます。そのニキビを治すことができればQOLを上げることができるのです。

ニキビはどのようにしてできるのか

ニキビができるのは、毛穴の入り口が何らかの理由によって角質の増殖が起こり、皮脂が排出しきれずに詰まってしまうことが原因です。詰まった皮脂が酸化して、アクネ菌が増殖を起こすことによって炎症の悪化が起こるのです。

状況によっては専門医を受診しよう

症状が軽ければ、市販薬を使って治すことも可能です。ですが、症状が重たくなってくると、自力で治そうとしてもうまく治らない、跡が残ってしまう可能性もありますから、場合によっては専門医を受診することをお勧めしたいです。

ニキビの特徴とは

ニキビの特徴について知っておくことで、予防にも繋がります。ぜひとも知っておきたいところですね。

ニキビの種類による主な症状とは

一般的にはニキビは大人ニキビや子供ニキビと大別されるわけですが、大人ニキビは吹き出物とも呼ばれている肌の異常です。白ニキビの段階で治療をしておくことが大事であり、放置しているとどんどん悪化していき、最終的には紫ニキビと呼ばれる血と炎症が一緒になった状態になってしまいます。痛みも出ますし、痕も当然残ります。

ニキビができる原因を知り予防に努める

ニキビができるのは、ストレスであるという説が有力とされています。ですから、ストレスを多少なりとも改善させることによって治療へつながる可能性があるわけです。ストレスになるのは生活習慣などが関係してきますが、それを改善させることが大事です。

日常生活を改善する

日常生活を改善させることも大事です。それによってストレスも軽減されます。今の生活が例えば残業ばかりで休みが取れないようであれば、それも考えた方が良いかもしれません。給料がたくさんあっても時間がなければ心のゆとりも生まれません。

まとめ

ニキビというのは、体の不調を訴えているところもあります。症状はできる限り軽いうちに治すことが大事です。同時に自分の生活を見つめなおすチャンスだとも言えます。