自宅で加圧トレーニングを行うメリットと注意点

最近のトレンドにもなりつつある加圧トレーニングですが、現在では実に数多くの加圧トレーニングジムが乱立しています。高いトレーニング効果を得られることからアスリートも加圧トレーニングに励んでいるといわれていますし、興味を持っている方も多いのではないでしょうか。そんな加圧トレーニングを自宅でやってみたいという方もおられるでしょうが、ここでは加圧トレーニングを自宅で行うメリットや注意点についてお話しましょう。

加圧トレーニングのメカニズム

まずは加圧トレーニングのメカニズムについてお話しましょう。加圧トレーニングは血流を制限した状態でトレーニングを行うことが特徴で、ここが一般的な筋トレなどとは大きく異なる部分です。手足の付け根などに専用のバンドを使用し、血流を止めた状態でトレーニングをします。

血流を止めることによって軽い負荷でもどんどん代謝物が溜まり、脳が急いで成長ホルモンを分泌させようとします。つまり、短時間で効率的にトレーニングを行うことが可能で、一般的な筋トレよりも軽い負荷で効果的にトレーニングを行うことができるのです。

あわせて読みたい

加圧トレーニングが効果的な理由と注意点

続きを読む

血流を制限するトレーニング

先ほどすでにお話したように、加圧トレーニングは血流を制限した状態で行うトレーニングのことを指し、これによって短時間に最大限のトレーニング効果を得ることが可能になります。

あわせて読みたい

加圧トレーニングのデメリットを知ろう!やり方を間違えると・・

続きを読む

速筋と遅筋を同時にトレーニングできる

筋肉は大きく分けて速筋と遅筋の二つに分けられるのですが、この二つの筋肉はそれぞれ異なるアプローチで鍛えるのが一般的です。しかし、加圧トレーニングの場合だとこの二つの筋肉を同時に鍛えることができ、これも大きなメリットと言えます。

短期間で効率良く鍛えることができまる

しっかりと筋肉を付けるためには長期間のトレーニングが必要となりますし、ハードなトレーニングをしばらく続けなくてはなりません。しかし、加圧トレーニングだと少ない負荷で最大限の効果を得ることができますし、短期間でも一定の効果を得ることができるのです。短期間で効率よく鍛えられるのも大きなメリットです。

あわせて読みたい

1週間で痩せられる!成功する短期間ダイエットの方法って?

続きを読む

インストラクターの指導が必要

加圧トレーニングでは血流を制限しますが、しっかりと血流が制限できているかどうかを判断するのは素人には困難です。そのため、基本的に加圧トレーニングを行うときにはインストラクターの指導が必要不可欠ですし、素人が見よう見まねでできるほど簡単なものではありません。

加圧トレーニングの本当の効果

短期間で驚くほどの効果を得られるといわれる加圧トレーニングですが、ここではトレーニングを行うことで得られるさまざまな効果についてご紹介しましょう。

冷え性の改善

冷え性を改善できるという嬉しい効果が期待できます。冷え性の原因はさまざまですが、手足の末端までしっかりと血液が循環していないことが一つに挙げられます。加圧トレーニングでは血流改善の効果も期待できますし、トレーニングを行うことで全身にしっかりと血液を循環させられるようになります。これによって手足の末端にも血液が流れ込みやすくなりますし、冷え性の改善に繋がるということです。

アンチエイジング効果


加圧トレーニングでは大量の成長ホルモンが分泌されるといわれています。成長ホルモンは若返りホルモンとも言われていますから、そのホルモンが大量に分泌されることによってアンチエイジング効果も得られるということです。いつまでも若々しくいたい方にとってこれはとても喜ばしいメリットではないでしょうか。

あわせて読みたい

アンチエイジング化粧品選びのポイントとおすすめ化粧品

続きを読む

ダイエット効果

ダイエット効果を得たい方にとっても加圧トレーニングはおススメです。加圧トレーニングでは筋肉を効果的に鍛えることができますし、筋肉量も増やすことができます。筋肉量が増えれば基礎代謝もアップしますし、特に何もしていなくても脂肪をしっかりと燃焼させてくれます。

腰痛や肩こりの改善

腰痛や肩こりに悩まされている方にとっても加圧トレーニングはピッタリです。肩こりや腰痛は筋量不足も原因の一つと言われていますから、加圧トレーニングでしっかりと筋肉を鍛えることによってこれらの症状を改善することも可能になるでしょう。

あわせて読みたい

骨盤矯正グッズの種類にはどんなものがある?効果的に使うコツとは?

続きを読む

美しい髪の毛を手に入れる育毛効果

成長ホルモンがたくさん分泌されることによって美しい髪の毛を手に入れることも可能になります。血流改善によって育毛に必要な栄養素をしっかりと頭皮まで運ぶこともできますし、薄毛に悩んでいる方もいつの間にか育毛ができるかもしれません。

自宅で加圧トレーニングを行う際の注意点

自宅で加圧トレーニングをしたいと考えている方は決して少なくないでしょう。わざわざジムなどに通わずに自宅で加圧トレーニングにトライしたいという気持ちは理解できますが、ここでは自宅で加圧トレーニングにチャレンジする際の注意点についてお話します。

加圧トレーニングは有資格者の指導が必要

加圧トレーニングは基本的に有資格者の指導が必要となりますし、素人がそう簡単にできることではありません。簡単そうに見えて実はさまざまなノウハウや技術も必要となりますし、正しい知識を持つ人に指導してもらわないと正しい効果を得ることはできないでしょう。

巻く場所や巻き方にも要注意

血流を制限するために専用のバンドを巻きますが、巻く場所や巻き方などにも知識が必要となります。適当に巻いているわけではありませんし、正しい方法で巻かないとトレーニングの効果も半減してしまうでしょう。

加圧ベルトは10分程度が目安です

加圧ベルトを使用して血流を制限することになりますが、ベルトを巻いている時間は10分程度が目安となります。いつまでも巻いていてもいけませんし、かといってすぐに外してしまっても意味がありません。このあたりはノウハウが必要となります。

信頼できるメーカーの器具を購入しよう

ベストなのは加圧トレーニングの専門ジムでトレーナーに指導してもらいながらトレーニングを行うことですが、どうしても自宅でトレーニングしたいというのなら信頼できるメーカーの器具を購入してください。現在では加圧トレーニング用の器具がたくさん販売されていますから、その中から信頼できる製品をチョイスする必要があります。

加圧トレーニングのおすすめの加圧ベルト

ここでは、加圧トレーニングを自宅で行うのにおススメの加圧ベルトをいくつかご紹介します。実際に市販されているものばかりですから、加圧ベルトを購入しようと考えている方はぜひ参考にしてください。

必ず専用の加圧ベルトを使う

すでにお話したように、加圧トレーニングを行うときには必ずベルト、バンドを使う必要があります。しかし、どのようなバンドやベルトでもいいわけではありませんし、専用の加圧ベルトを使うということが大前提となります。

VIVALA(ビバラ)シェイプアップベルト


「二の腕」部分に特化した発汗ベルト。発汗シェイプベルト「VIVALA」から登場!痩せにくい二の腕をピンポイントに集中発汗し効率的なシェイプアップに貢献します。

あわせて読みたい

太ももの脂肪を減らす方法を把握して効率よく脂肪を落とす!関連グッズも合わせて紹介

続きを読む

Bracoo シェイプアップベルト 太ももサポーター 二の腕サポーター セット 太もも用 二の腕用 トレーニング用 発汗 ダイエット 引き締め ベルト 減量用 サポーター スポーツ メンズ レディース 女性 4枚入

Bracoo シェイプアップベルト 太ももサポーター 二の腕サポーター セット 太もも用 二の腕用 トレーニング用 発汗 ダイエット 引き締め ベルト 減量用 サポーター スポーツ メンズ レディース 女性 4枚入

こちらも比較的リーズナブルな価格を実現している加圧ベルトです。マジックテープで簡単にサイズ調整できますから使いやすいですし、滑り止めが付いているためトレーニングもしやすいという利点があります。

自宅で加圧トレーニングに近い効果が期待できるスロートレーニング

加圧トレーニングは正しい知識と経験を持つトレーナーの指導が必須となりますから、素人が自宅で行うのはおススメしません。そこで代替えとなるトレーニングとしておススメしたいのがスロートレーニングです。

加圧トレーニングが出来ない時に

スロートレーニングとは加圧トレーニングができない方などにお勧めできるトレーニング方法で、動きをゆったりとしてトレーニングを行うことが特徴です。一般的なトレーニングをスローで行うだけですが、かなりの負荷が期待できます。

あわせて読みたい

加圧トレーニングが効果的な理由と注意点

続きを読む

スロートレーニングは筋トレ初心者や女性におすすめ

筋トレの初心者はもちろん、女性にもスロートレーニングはおススメです。きっちりと負荷をかけられますし、ハードな動きを必要としませんから安全かつ最大限の効果を得ることができるでしょう。

まとめ

自宅で加圧トレーニングを行うメリットや注意点についてお伝えしてきましたが、どんなに優れたトレーニングでも正しく行わないと意味がありません。自宅で加圧トレーニングを正しく行うのは難しいですから、できればスロートレーニングをチョイスしたほうがおススメでしょう。