1日断食の正しいやり方と1日断食で得られるメリット

本格的に断食をやるのはちょっと・・・という方にも、1日断食なら挑戦しようかな?という気にもなるでしょう。1日断食のやり方、注意点などを紹介します。

週末だけやる「週末断食」についてはこちらをチェック

週末断食で体の中からスッキリ!食の専門家が教えるおすすめなやり方や注意点とは?

あわせて読みたい

週末断食で体の中からスッキリ!食の専門家が教えるおすすめなやり方や注意点とは?

続きを読む

1日断食の正しいやり方

週末や休日などに1日だけ断食をする、1日断食が人気です。1週間などの断食は到底できないけれど、1日断食ならチャレンジしようかなと思う方も少なくないでしょう。1日断食はどのように行うのか、その方法をまとめてみました。

前日と前々日は胃に負担のない物を少量だけ

数日行う断食は3日から1週間程度、普段の食事から徐々に食事量を減らし、内容を変えていくという準備期間を設けてから断食に入るのですが、1日断食も同じです。いきなり食べないという状態にしても、食べたいという欲求が強くなりますし、胃腸も準備が整っていません。水分を多めに取り、野菜中心の食事にしていき、量を減らしていく期間が必要です。

断食当日は水以外口にしない

今回は1日断食なのに、水以外を口にしない方法で行います。そのために準備期間を要するわけです。お水は一気に飲まず、少しずつ飲むようにします。お腹がすいたら水を少し飲む、トイレに行ったら水を少し飲む・・というように水をこまめに飲むようにするだけでいいのです。水だけというと、きつい感じがしますが、1日我慢するだけですから頑張りましょう。

断食翌日はお腹に優しいお粥などを食べる

1日断食が終わったら、翌日はお腹にやさしいお粥などから食事を開始します。お粥もなるべく柔らかく、水分が多い状態から始めて下さい。体に水以外補給していない状態ですので、いきなり普段の食事にすると体調を崩すこともあります。消化のいいもの、胃腸に負担がかからないお粥が一番です。

月に1度のペースで行う

1日断食は自分の体調のリセットと考えて、1ヶ月に1回のペースで行います。ダイエット目的で断食する方も多いのですが、やはり1日水しか口にしないという生活が多くなれば、精神的なストレスもたまりやすくなるのです。胃腸を休ませる、体をいい状態にするためにも、1ヶ月に1度の頻度が丁度いいでしょう。

hrhs629
断食は、1日行うだけでも体に大きな変化をもたらす行為です。その準備や体の中で起きる仕組みを理解していないと、せっかく頑張った行為も半減してしまいます。まず念頭に置いて頂きたいのは、断食を行う前後の期間を含めて、体内のリズムに大きな変化を与えすぎないことです。

1日断食中の注意点

1日といっても固形物を取らず、カロリーの摂取が通常と全く違う24時間となります。準備期間を置いて断食を行い、終了後には少しずつ体をもとに戻していくことが必要です。注意点やポイントなどもよく理解し行うことで、健康と美容に活かすことができます。

激しい運動はしない

水以外口にしないということは、摂取カロリーがゼロということです。この状態で激しい運動を行えば、体に大きな負担をかけることになります。体に貯めてあった脂肪をエネルギーとして消費するわけですが、これは生きていくために利用されるエネルギーです。心臓や脳など必要な部分に利用されるため、体を激しく動かすという部分に回すエネルギーはありません。

激しい運動などを避け、食事以外、通常通り過ごすように心がけます。本を読んだりDVDを見たり、家の片付けをするなど、軽い作業にとどめて下さい。

断食中は体温が下がるため体を温めるように

断食中はエネルギーとなるものが体に入ってきませんので、体温がどうしても下がります。水のみを補給していますので、熱量となるものがないのです。体温が下がり寒いと感じることもありまので、体が冷えないように体温調節もしっかり行います。靴下を履く際はいつもより1枚多く、またアウターを羽織るなどして体を温めるようにしましょう。

急激な体重の減少は見込めない

1日断食は体のリセットです。1ヶ月に1回、日頃の体内の疲れを取る、胃腸を休ませるということが目的となります。もちろんダイエット目的に行う方もいると思いますが、1日の断食で体重はそれほど変わることがないでしょう。だからといって断食を続けたり、1ヶ月のうちに何度も行ったりすると体に大きな負担をかけてしまいます。

生理前後や生理中は行わない

生理中はホルモンバランスがかなり崩れていますし、生理前や生理後もホルモンが元に戻っていない状態です。生理前になるとイライラしたり、頭痛がしたりするという人もいますし、体調も崩れています。そのため、生理前後や生理中の1日断食は避け、生理後、体が落ち着いたタイミングで行うほうが安心です。

hrhs629
食事を摂らないということは、エネルギーを摂取していないということです。摂取していない間も、体は日頃と同じエネルギー量を必要としますので、1日の断食だけでも体温や体調の変化はどうしても起こります。この1日の体の変化をどうやって補っていくのか、ということを考えながら過ごすと、この1日断食をストレスなく行っていけると思います。

1日断食を続ける事で得られるメリット

1日断食が体重減少につながらないなら何を目的に行うの?なんて言う声が聞こえてきそうですが、1日断食を1ヶ月に1回行うことのメリットはたくさんあります。体内ではその1日の断食でよいメリットが出ているのです。

継続することでダイエットが期待できる

カレンダー

1ヶ月に1度の1日断食を継続的に行うことで、デトックスや便秘へのアプローチ、さらには美肌への力も期待できます。体に溜まっている老廃物を排出できるようになり、消化に使っていたエネルギーを基礎代謝に回すことができるのです。老廃物の排出ができるようになり、代謝が向上することでダイエットも期待できます。

むくみの解消に繋がる

血液やリンパ液の流れが悪いとむくみやすくなりますが、むくみ改善も断食のメリットです。普段の食事や生活習慣の乱れによってリンパの流れが悪くなると、老廃物の排出しにくくなります。老廃物が体内に蓄積すれば、余分な水分の排出もしにくくなり、むくみが出るのです。断食によって老廃物の排出の時間が得られることで、むくみにくくなることも断食で得られるといえます。

便秘の緩和

食事することによってエネルギー源を補給していますが、食事の量が多かったり消化に時間がかかったりする、肉類や脂質の多い食事をしていると、胃腸は消化のために必死になります。水分や野菜が足りない食事、しかも肉類の消化に時間がかかるとストレスなども影響し、便秘に悩むことになるのです。断食中は排せつの働きが、普段よりもずっと活発になるといわれています。

胃腸の働きが通常通りになれば腸の蠕動運動も活発化し、便秘改善も期待できます。老廃物の排出から血液の流れがよくなり、腸に必要な血液がしっかり流れるようになると、腸の運動も活発化して便を排出する事もできるようになるわけです。

ストレスの軽減にも

ホルモンは人が健康的に生きていくために必要不可欠なものですが、ストレスなどによってホルモンバランスが大きく崩れている人が多いといわれています。ストレスを受けると自律神経に作用し、自律神経とホルモンは密接な関係があるため、ホルモンバランスが乱れてしまうのです。

断食を行うとホルモンの感受性が高まるといわれています。それによってホルモンバランスが安定し、自律神経のバランスも整いますので、リラックス力が生まれてストレスを改善・・ということになるのです。現代はストレスを受けずに生活する事は不可能といわれています。1日断食で心もリセットし、ストレスに負けない体を作りましょう。

美肌力

断食を行うことで腸内の老廃物や毒素がデトックスされ、腸がすっきりきれいになります。腸内の運動が活発化すると血液の流れがよくなり、血流が整うのです。血行が良くなると肌に必要な栄養素や水分、酸素などがしっかり送り込まれるようになり、お肌のターンオーバーが正常化します。断食によって胃腸を休ませることができますので、免疫力の向上につながり、ニキビや肌荒れなどの改善も期待できるのです。

花粉症などのアレルギー症状の軽減

胃腸がしっかり休憩し、胃腸の働きが活発化すると、血液が全身にきれいに流れるようになり代謝が上がります。代謝が向上すると体内の温度が上がり、冷え性なども改善されますが、免疫力もぐっと向上してアレルギーなどの症状が緩和する、これも断食のメリットです。

腸内環境を整える

腸内の環境がよくない状態では、便秘になったり下痢を繰り返したりなど、消化に大きく影響します。断食中はやはりお腹がすく時間がありますが、この時間帯こそ、腸内の環境がよくなっている時間なのです。

空腹を感じた時、腸内ではモチリンという酵素が腸内に発生します。モチリンは腸の蠕動運動を促す酵素であり、これによって腸が活発に動くようになり、腸内環境を整えることにもつながります。

hrhs629
この1日断食の良いところは、内臓を休ませることや、自律神経の調整を行えることです。これを行うと、日頃体に与えている負担を取り除くことができ、負担の無い状態を体に作っているからこそ、現在弱っている場所の修復にかかろうと体は働きます。そのリセット作業を行うことができれば、日頃から気になっている体の事への改善に繋がっていけるはずです。

水の代わりに酵素ドリンクなどで置き換えする方法も

1日断食は期間が短いため、水のみを飲むという方法で行いますが、水の代わりに酵素ドリンクなどを摂取して行うという方法もあるのです。水だけという断食が不安な方は、この酵素ドリンクを利用した置き換えの断食を行うといいでしょう。

水だけよりも身体への負担が少ない

1日だけですが、水だけを摂取するとなると、やはり精神的なストレスが出てきます。お腹がすいたと思う時にもストレスを感じますし、もちろん体内では通常入ってくるエネルギー源がないのですから、一時的に飢餓状態となるなど、負担が大きくなりやすいです。

そのため、1日だけの断食であっても、体調が悪い人や慢性疾患をお持ちの方、さらに妊娠中や授乳中の方、生理中の方は避けた方がいいといわれています。酵素ドリンクを用いた断食の場合、酵素ドリンクに含まれる野菜や穀類、海藻類などの沢山の栄養素を体内に補給できます。

日頃摂取しにくい良質なビタミンやミネラルなどを体内に取り込むことで、血液や内臓にもいい力がありますし、血液の流れの促進や腸内に善玉菌を増やすなどの力も期待できます。水だけという断食は無理・・と思う人は、酵素ドリンクを利用した断食をするといいでしょう。

空腹感が少なく続けやすい

酵素ドリンクを利用した断食は、水だけの断食よりも空腹感が少なくなります。酵素ドリンクには野菜などの沢山の栄養素が含まれており、飲んでみるとわかりますが非常に腹持ちがいいです。空腹感を大きく感じることがありませんので、継続しやすいということもメリットとなります。

美容に嬉しい成分が入っている

近頃の酵素ドリンクは酵素の原材料となる野菜以外に、美容に嬉しい成分が配合されている商品も多くなっています。例えばコラーゲンやヒアルロン酸、その他にも様々な美容成分が配合されている商品があるのです。

断食は健康目的に行うということのほかに、肌荒れの改善として行う方も多いので、この場合、水だけの断食よりも酵素ドリンクを利用した断食の方が期待できるでしょう。

hrhs629
水だけを摂れればいいですが、この断食そのものが負担になってしまえば元も子もありません。この断食での一番の目的は体のリセットであるので、そのリセット中に栄養素を補うことは良いことだと思います。栄養素は摂れば良いのではなく、吸収されないと効果は無いので、酵素はその際に重要な役割を果たしています。それを補いながら水分をこまめに摂っていくと、体に負担なく健康にこの1日断食を行っていけると思います。

おすすめの酵素ドリンク

まとめ

日頃の食生活が乱れていると思う方、ストレスを強く感じている方、肌荒れに悩む方など、現代人は様々な体の悩みを持っている人が多いです。施設を利用した本格的な断食は無理、でも1日、自宅でできる断食ならできるという人も多いと思います。体をより健康に、美しくしたいということなら、1日断食はおすすめです。様々な力が期待できますし、失敗の少ない方法といわれています。