3日間のプチ断食の正しいやり方でプチ断食をしてはいけない人

1日ならまだしも、3日の断食となるとかなりつらいのでは?と思う方もいるでしょう。しかし、3日間のプチ断食は飲まず食わずの生活をするということではないのです。簡単で高い力を期待できる断食方法ですので、チャレンジしてみる価値はあります。

3日間のプチ断食とは?

断食の中でもポピュラーといわれているのが3日間のプチ断食です。正しい方法を理解して行うことで、沢山の力を期待できます。やり方を理解する事、体調を考えてトライする時期を決めることなどポイントを理解しておきましょう。

プチ断食は基本の断食とやり方は同じ


通常の断食は準備期、断食期、回復期という期間があります。準備期にこれから行う断食に向けて体を慣れさせ断食に入り、断食が終了したら体に負担がないように、回復期間で食事を徐々に元に戻していくのです。このスケジュールをしっかり守ることで失敗する事もなくなります。

3日間でも断食する期間は体に負担がありますので、無理をしないことも重要なことです。体調がおかしいと思う時などはすぐに中止する事も考えましょう。

準備期間は2日間:胃に負担がかからない食事を取る

3日間のプチ断食の場合、準備期間として2日間設けるのが通常です。2日というのは胃腸に負担を少なくするために、断食に向けて体を調整する期間として設けます。少しずつ量を減らし、胃腸に負担の少ない野菜中止のメニューに移行していきます。

肉料理などは避けて量も少なくしていきます。最初からいきなり少なくすると、断食する気持ちがなくなってしまうので、3日間かけて徐々に行うといいでしょう。例えば準備期間1日目は、通常の食事で量を少なめにします。

準備期間2日目はご飯をお粥に、おかずは魚料理や野菜など、和食などがおすすめです。アルコールやお菓子などはここでストップします。ここで食べていると断食中つらくなるからです。2日目も腹八分目で、お腹いっぱいになるまで食べず、よく噛んで時間をかけて食べましょう。3日目のご飯はお粥、そしておかずの量もより少なくし、特に前日の夕食は味噌汁などのスープ類にしておくと、断食にすっと移行できます。

断食期間は3日間:水分だけで過ごすように


断食期間に入ったら、水分のみ摂取します。固形物はNGですが、水以外として酵素ドリンクは大丈夫です。水だけというと3日間はやはりきついので、自分にあった酵素ドリンクなど、断食によい飲み物を探してトライするといいでしょう。

飲んでいいものは、水以外にお茶やブラックコーヒー、酵素ドリンク、炭酸水、またつらい人は具が入っていないお味噌汁やコンソメスープなどを摂取します。基本的に、断食中はカロリーがないもの、低いものを摂取する事が必要です。

炭酸水はお腹が膨らむので断食中に利用する方も多いのですが、炭酸は空腹を増進させるという作用も持っており、食欲が出てしまうこともあります。もともとかなりの食事量だったという人は、炭酸水ではなく、水や酵素ドリンクなどの方がいいでしょう。

回復期間も2日:準備期間と同様に消化の良いものを

回復期間は、これまでの断食中に固形物を取っていないため、胃腸に負担をかけないように回復させる期間になります。今まで固形物を取っていない状態ですし、食べたいものもあると思いますが、いきなり重い物を食べると胃腸がびっくりして体調を崩す恐れもあります。

最初は水分の多いお粥から始めて、少しずつ固形分を増やしていくようにするといいでしょう。お粥のほかに、薄味のお味噌汁などもおすすめです。

回復食初日は、5分のお粥や漬物、お味噌汁くらいにしておきます。2日目に7分粥とお漬物、お味噌汁、魚で、その量は腹八分目です。3日目には通常のごはんと和食系のおかず、お味噌汁などを摂取し、4日目から通常食にします。

失敗してしまう人にありがちなミス

3日間の断食にトライしても失敗してしまう人もいます。プチ断食の方法をしっかり理解していないことのほかにも、ミスしてしまう理由があるのです。ミスの理由は成功するためのポイントにもなりますので、深く理解しておきましょう。

水をほとんど飲まない


3日間のプチ断食では固形物を取りません。その代わりに、水分や酵素ドリンクなどを利用するのです。しかしプチ断食を行う人の中には、水をほとんど飲まずにダイエットをしようと考えてしまう人もいるのです。しかし人は何も口にせず、指導する人もいない中で、そのような生活を継続できるほど強くありません。

また、断食中も水分は必須です。体内の老廃物を排出するためにも、水分は必要不可欠となります。水分を摂取しないことで失敗してしまうことが多いのです。

激しい運動をする

プチ断食の目的がダイエットという人も少なくありませんが、ダイエット力を高くしようするための断食中に、激しい運動をしてしまう人もいます。断食中の「エネルギー源は酵素ドリンクなどの栄養素と、今まで体内に蓄積してきた脂肪」が利用されますが、これは脳や心臓などの基礎代謝に利用されるものです。

激しい運動をするためのエネルギーを得ていない状態で動くのは、断食の力を下げてしまうことにもなります。貧血を起こしたりして、途中で断食できない状態になることもありますので、激しい運動は避けたほうがよいでしょう。

準備期間や回復期間にたくさん食べてしまう


断食中、何とか水やジュースなどでやり過ごしたけれど、回復期に一気に食事してしまったという人、また、準備期間を置かずいきなり断食に入ってしまった人もいます。準備期間を置かずに断食に入ると、通常通りの食事から何も食べない状態になることから、ストレスが大きくかかって途中断念ということにもなりかねません。

回復期に回復食ではなく通常の食事をたくさん摂取してしまえば、胃腸に大きな負担がかかり体調を大きく崩すことになります。体を健康な状態にするための断食が、体を不調にさせることになってしまうのです。そのため必ず準備期を作り断食に入り、回復期間を経て通常の食事に戻るということを守りましょう。

3日間のプチ断食で得られるメリット

たった3日間のプチ断食でも体には大きな変化です。この期間の体内では、通常の生活ではリセットできなかった部分がきれいにリセットされ、健康や美容に大きなメリットが出ています。断食後にすぐに気が付くことがなくても、その力はしっかり得られているのです。

ダイエット力


プチ断食を行うと摂取カロリーは格段に少なくなります。そのため足りていないエネルギーを得ないと、脳や心臓、また日常の動作ができませんので、脂肪を分解してエネルギーに利用し始めるのです。

美肌力

生活の乱れや暴飲暴食によりお肌に必要な栄養素や水分が血液から取り込めないと、肌荒れやニキビなどのトラブルが起こります。断食によって血液の流れが促進されることで、水分や酵素ドリンクの栄養素などが肌の細胞に行き届くようになるのです。お肌のトラブルが多いという人は、断食の美肌力を強く感じることでしょう。

胃腸を休ませる力

肉食や脂肪分の多い食事ばかりとっていると、胃腸は消化に忙しく、特に肉類などは消化に時間がかかりますので、胃腸は常に疲労している状態になります。プチ断食で3日間固形物を取らないことで、消化に時間をかけることなく腸が活性化します。断食することで、胃腸を休ませることができるのです。

デトックス

断食でエネルギー源として脂肪が利用されると、その分解の過程で脂肪に付着していた毒素などの有害物質が遊離します。遊離された有害物質は、肝臓や腎臓を通り体外に排出されるのです。つまり断食は、デトックスも持っているということになります。老廃物が体外に排出されれば血液で流れていくことはないなど、デトックスは美肌にも貢献しているのです。

便秘の改善


食事をとらないこと、水分をしっかりとることで腸の運動が活発になり、それまで消化に利用してきた分を便の排出に利用できるようになります。また、血液の循環がよくなることで、腸にも必要な血液が流れ、腸の蠕動運動が正常になることもメリットといえます。腸が活性化されれば腸内細菌も通常通りの仕事ができますし、酵素ドリンクの栄養素は腸の善玉菌のエサとなる成分が多いので、より腸の動きがよくなります。

これによって、溜まっていた便の排出、宿便を出すこともできるようになるのです。便秘に悩む方は、断食によってその力をきっと実感できるはずです。

断食を控えた方がいい人

断食は体の調子を整えることや、ダイエットやデトックス力の高い方法として注目されています。健康な人はもちろんこの方法にチャレンジできますが、胃腸に疾患を持っている人などがトライする時には、医師への相談が必要です。そのほかにも、控えた方がいい人もいますので、よく理解しておく必要があります。

妊娠中の方

妊娠中の方の断食NGです。お腹の中の赤ちゃんに必要な栄養が入らなくなるのは、非常に危険だからです。妊娠中に体形が大きく変わりますので、少しでもスタイルをよくしておきたいと思う気持ちはよくわかります。しかし、お腹の中に命を宿しているのですから、一人の体ではないということを理解すべきです。

授乳中の方


授乳期の方も断食はNGとなります。授乳期は赤ちゃんが飲む母乳を作るために、質の高い栄養素が必要です。沢山食べても授乳期は太らないともいわれますが、妊娠中に蓄積した脂肪を何とかしたい・・と考えて断食に注目している方もいます。でも赤ちゃんに必要な栄養たっぷりの母乳が出なくなるおそれもありますので、授乳期の断食は絶対にしないでください。

生理中の方

生理中の方にも断食はおすすめできません。生理中はホルモンバランスが乱れている状態で、体が通常の状態ではないのです。通常の状態ではない時に断食すれば、体調を大きく崩す可能性もあります。

また、生理期間中は体に栄養素や水分を蓄えようとしてしますので、ダイエット目的で3日のプチ断食を行ったのに、体重が逆に多くなってしまったということもあるようです。さらに生理期間中はホルモンバランスが乱れている事もあり、精神的に不安定になってストレスをため込みやすく、暴飲暴食に走ってしまうなどリバウンドの危険性もあります。

生理期間が不安定で、断食している期間に生理になってしまうこともあるかと思いますが、この場合、ここで断食をストップするのが正しい判断です。生理になったら断食の力はない、と考えて断食をストップし、体調管理に努めるほうがいいでしょう。

まとめ

断食は体内をいい状態にしてくれ、健康にも美容にも良い方法ですが、注意点を守って行わないと、失敗したり体調を崩したりする要因となります。そのため断食を行う前に3日間のプチ断食をする際は、そのやり方や注意点、ポイントを理解する事が必要です。準備期間や断食期間、回復期間を守り、3日間のプチ断食を成功させましょう。