便秘解消ストレッチって何?効果的な方法とは

便秘はつらいもので毎日便秘で悩まされていると仕事にも影響が出てしまいます。そんな便秘になりやすい生活習慣があります。

まだ便秘になっていない人でも、こちらで便秘になりにくい生活習慣を身につけるようにしましょう。

便秘になりやすい生活習慣とは

便秘になる要因にはいろんなことが影響しています。便秘の要因を知っておかないと便秘の改善策も行えません。そこで、便秘の原因と考えられることをピックアップしてみました。便秘解消のためにもその原因を詳しく見ていきます。便秘の原因によっては簡単に解消することができます。

朝食を食べない

最近は朝食を食べない人が増えていて、それが原因で便秘になっている人もたくさんいます。便秘の原因として朝食を抜くのはよくあることで、なぜ朝食を抜くと便秘になるのかを見てみます。朝食を抜くと何が悪いのか、それは空腹が長く続くことになります。そうすると体内でインスリンが大量に分泌されてしまいます。インスリンが分泌されると食べる量が増えてしまい太りやすくなります。

運動をしない

便秘の原因として運動不足が考えられます。運動をしないと筋力が低下してしまいます。筋力の低下によって排便のときに使う腹筋が弱くなり便秘に繫がります。運動不足が続いてしまうとどうしても排便するときの筋力が落ちてしまって便秘になってからうまく便を排出できなくなります。

ストレスがたまっている

ストレスと便秘は深い関係があります。一見ストレスと便秘は関係がなそうに見えますが、ストレスによる便秘は結構あります。ストレスをためすぎると腸の働きが悪くなって腸のあちこちで便がたまってしまいます。それが続いてしまうと最終的には便秘になります。

腸に負担のかかる食事をしている

便秘の原因には腸に負担がかかる食事を食べることでも起こります。好きな食べ物ばかり食べているとその食材が便秘になりやすかった場合、腸に負担をかけてしまって便秘を発症してしまいます。食べすぎは腸の負担になって便秘になりやすい食材とは肉類です。肉に含まれているたんぱく質は悪玉菌を増やす働きをして、腸内環境を悪くする可能性があります。

便秘を防ぐコツ

まだ便秘ではないので安心しているとそのうち便秘になってしまうことになります。便秘にならないために日頃から予防することが大切です。便秘予防のために日常的に気を付けておいたほうが良いことを紹介します。

朝起きたらすぐに水を飲む

便秘を解消するには水分補給が一番です。朝起きたときに水を1杯飲むと便秘になりにくい身体になります。これは理に適っていて、夜寝ている間でも水分は失われています。それが寒い冬でも失われます。そのため朝起きたときに水を飲むというのは便秘予防には必要なことです。

起床後か就寝前に軽く運動をする

便秘予防に欠かせないのが運動です。運動も夜就寝前に行ったり朝起きてすぐに運動したりすることは便秘予防に繫がります。就寝前に運動することで腸の活動を正常化して寝ている間に腸をしっかりと活動させることができます。朝起きて運動することで弱くなっている腸の働きを活性化させることもできます。朝起きての運動は便秘予防には欠かせません。

食物繊維を多めに摂る

腸の働きをうながしてくれて快便に繫がるのが食物繊維です。食物繊維の摂取量が少なければ便秘になってしまいます。肉類ばかり食べてから野菜類を一切食べないと便秘になってしまい、悪化すれば腸閉塞という病気を発症することになりかねません。そうならないようにするためにも、食物繊維を意識して摂るようにしましょう。

腸を冷やさないようにする

体温低下は腸の働きを悪くします。できるだけ腸を冷やさないようにするのは便秘予防にも繫がります。腸の働きが悪くなれば、便秘になってしまって排便が悪くなり身体全体に異変を感じてしまう可能性があります。できるだけ温かい飲み物や料理を摂るようにして腸を冷やさないようにしましょう。

便秘解消ストレッチ

便秘予防には軽い運動をすることで腸の働きを正常化させることができます。腸の動きが正常でないと便秘の原因にもなります。そこで便秘解消のストレッチがあるので毎日やっていると便秘とは無縁になります。

膝倒し

便秘解消できる簡単な運動には膝倒しというストレッチがあります。横になって膝を立てます。その膝を左右交互に倒していけば便秘解消になります。簡単な膝倒しというストレッチなので年齢関係なく誰でもできるストレッチです。

バタ足

便秘解消には簡単でおすすめなバタ足というストレッチがあります。名前の通りうつ伏せになってから身体を伸ばします。伸ばした足で水泳のバタ足の動作をするだけの簡単な運動です。このバタ足をするだけで便秘を改善してくれて正常な腸の働きで便を排出することができます。

ウエストひねり

ストレッチの中でも腰をひねる動作をするだけで便秘の解消に繋がります。便秘の人は特に大切な運動で、気軽にできて便秘解消には欠かせないストレッチです。

腸もみ

普段しないかもしれませんが、年齢とともに腸の働きも衰えてきます。衰えてきた腸の働きを活性化するには腸もみという変わった運動があります。腸を手でもむだけで整腸作用がある簡単な運動です。

あわせて読みたい

腸マッサージで下腹ポッコリを解消しよう!腸マッサージのやり方

続きを読む

さらに効果を上げる方法

便秘の予防対策で簡単なストレッチをすることが出来れば便秘になることもなく快適な生活を送ることができます。便秘対策としてストレッチ法やつぼ押しなどを行うと便秘解消や便秘の改善などができます。

「の」の字マッサージ

腸内を活性させてから便秘解消するには、「の」の字を書きながらお腹の上で手を使っていきます。そうすることで便秘を解消することができます。毎日、時計回りに「の」の字を書くことで完全な便秘予防になります。

ツボ押し

便秘予防には運動をするのが一番ですが、時間との兼ね合いで整腸作用が薄れてきてしまいます。そのためにつぼ押しによって便秘を改善することができます。つぼ押しをするだけで便秘が解消されます。普段の軽い運動だけでも便秘改善になりますが、より効果的な便秘改善をしたのであれば、つぼ押しをすると効果が上がります。

ストレッチのタイミング

便秘改善をするには軽い運動やストレッチが有効です。ただし、ストレッチをするタイミングは重要です。ストレッチをするタイミングによって便秘改善の効果が大きく変わります。便秘改善の効果を上げるストレッチのタイミングは朝か夜寝る前が一番です。

水分補給をしっかりと

便秘の原因は水分不足が考えられます。水分不足によって便秘になっているケースが多いので、できるだけ水分を取るようにすると便秘が改善されます。できれば水を飲んで水分補給をするのが一番です。

まとめ

便秘は誰もが一度は経験したことがあるのではないでしょうか。便秘の原因を把握して便秘を改善するためにはストレッチが有効です。便秘改善のストレッチにはいろんな種類があります。そのやり方をいくつか紹介しています。さらに便秘改善の効果を上げるにはストレッチだけではなくちょっとしたことでより効果が上がります。そのやり方も紹介しています。