アイテム・食材おすすめ低糖質食材糖質制限

チーズケーキは糖質制限におすすめ!我慢しないで糖質を減らす

2018/05/17 2018/05/17

今回は我慢しないで糖質制限ができるチーズケーキの秘密に迫ります。

ダイエット中にケーキを食べるならチーズケーキがおすすめって本当?

ダイエット中だけど甘いものが食べたい…そんな欲求と戦う人は少なくありません。

糖質制限中は特に甘いものをはじめとする糖質の高い食品がNGとなるため、スイーツなんてもってのほかと諦めてしまってはいませんか?ダイエットを成功させるためにはきちんと糖質をコントロールすることが必要ですが、逆に考えてみましょう。

1日にとるべき糖質量を守るのであればスイーツだって食べていいのではないか、と!

食事のバランスももちろん大切ですが、ストイックすぎる制限はストレスとなりのちのドカ食いの原因に。自分の食べるものの糖質量を把握することで、ストレスを感じることなくダイエットすることは不可能ではないのです。

ケーキの種類別糖質・カロリーまとめ

ここではまず、女性に人気の高いケーキを種類別にどれくらいの糖質・カロリーがあるのか調べてみました。

ケーキの種類 糖質量(1切あたり) カロリー(1切あたり)
ショートケーキ 44g 335kcal
チョコレートケーキ 52g 420kcal
チーズケーキ 24.2g 318kcal
フルーツタルト 48g 285kcal
モンブラン 54g 365kcal
ミルクレープ 30g 320kcal

※糖質、カロリー共におおまかな平均値になっています。お店やメーカーなどによって差があるので、詳しくはそれぞれのケーキをチェックするようにしましょう。

モンブランやチョコレートケーキがダントツで糖質が高いという結果に。フルーツタルトもカロリーだけ見ればOKそうに見えますが、フルーツやツヤ出しシロップで糖質は高めになっています。

そして、糖質が低かったケーキは…チーズケーキでした!

糖質制限にチーズケーキが向いている理由

糖質量が他のケーキより少ない

ケーキにはいろいろな種類があります。メジャーなのは、イチゴケーキやチョコレートケーキ、モンブラン、ミルクレープなどです。これらのケーキには多くの糖質が含まれているのも特徴で、特にチョコレートケーキは糖質量が抜きんで多くなっています。

一方、チーズケーキはケーキの中で、もっとも糖質が少ないケーキです。その量は、チョコレートケーキの3分の1を下回る計算になります。チーズケーキ三つを食べても、チョコレートケーキ一つの糖質分に達さないわけです。

少しの量でお腹がいっぱいになる

チーズケーキは、濃厚なチーズが腹もちをよくします。そのため、糖質が少ないケーキでありながら少しの量でも食べると満腹感を得ることができます。

必要以上に食べることがないので、糖質の摂取量も少なくなります。ただし使用されているチーズの種類や材料によって変わる部分もあるので注意が必要です。糖質がどれくらい使用されているのかを調べておく必要もあります。チーズケーキの中にも糖質が多く使用されているケースがあります。

手軽に作ることができる

糖質制限中は、できるだけ甘いものを見ないようにしたいものです。しかし我慢をすればするほど甘いものを食べたくなる気持ちは大きくなり、我慢できなくなってストレスが溜まることもあります。チーズケーキは糖質が少なく、手軽に作ることができるケーキとして人気です

チーズケーキは自宅で作ることができるので、料理を楽しみながら糖質制限のチーズケーキを作って楽しむことができます。また、使用するチーズを変えることによって味のバリエーションが豊富になるのもメリットです。

ダイエット中に食べるなら〇〇チーズケーキがおすすめ?

糖質制限ダイエットの最中には、チーズケーキがおすすめだということを専門家の方に伺いました。

でも、ちょっと待ってください。チーズケーキっていろんな種類がありますよね。チーズケーキの種類と、糖質制限に特におすすめなチーズケーキの種類についてチェックしてみましょう。

ベイクドチーズケーキ

ベイクドというのは「焼く」という意味で、その名の通りオーブンなどできつね色になるまで焼いたチーズケーキのことです。家庭でも簡単に作れ、どっしりとした食べ応えや保存がきく点が人気の高い理由になっています。

最近人気のバスクチーズケーキも、ベイクドチーズケーキの1種です。

レアチーズケーキ

クッキーやビスケットを砕いた土台に、生クリームとクリームチーズを混ぜたものを流し入れ冷やし固めた焼かないチーズケーキ。

ひんやりぷるぷるしたなめらかな食感が人気で、オーブンがない家庭でも簡単に作ることができます。

スフレチーズケーキ

実は日本生まれのスフレチーズケーキは、見た目のボリューム感と相反するふんわりとした軽い口当たりが人気のチーズケーキです。

家庭で作るにはやや難易度が高いため、カフェやパティスリーでの購入に人気が高いチーズケーキといえます。

もりもりさん
糖質制限中に食べるならレアチーズケーキがおすすめです。この3種類の中では、レアチーズケーキが最も糖質の含有量が少ないものになります。次にベイクドチーズケーキになります。

レアチーズケーキは家庭で作りやすいケーキで、材料のアレンジも比較的簡単。

もともと糖質は低いチーズケーキですが、ゼラチンを寒天に変えたり、クリームチーズを豆腐で代用したりするなどの工夫で糖質をはじめカロリーまでも下げることが可能なのです。

ベイクドチースケーキも同様に材料のアレンジにより、糖質やカロリーを減らすことが可能です。

糖質制限のためのチーズケーキを自分で作るときのコツ

小麦粉の代わりにおから粉を使う

少しでも糖質を減らすなら、チーズケーキに使用する小麦粉の代わりにおから粉を使うのもおすすめになります

おから粉は小麦粉に比べて糖質が少なく、糖質制限をしている人の強い味方の材料です。ちなみにチーズケーキのカロリーの多くを占めているのは、小麦粉になります。他のケーキより糖質が少ないのは、チーズを多く使用するため、相対的に小麦粉の量が減るためです。

砂糖以外の甘味料を使用する

近年は、糖質0%の飲料水も増えています。糖質制限している人にとって強い味方の糖質0%ですが、実際に飲んでみると甘いのが特徴です。

糖質が含まれてないのに、甘いのは甘味料が使用されていることが理由になります。糖質制限をする上で、甘味料は欠かせないアイテムの一つです。

チーズケーキを作るときも、甘味料を使用することで糖質を大幅に減らすことができます。甘味料はチーズケーキだけでなく、他のケーキにも使用することができます。

カッテージチーズを使用する

カッテージチーズは、100gあたり糖質1.9gしか含まれてない糖質制限にはおすすめのチーズです。チーズの種類によって含有されている糖質量は異なるため、糖質制限を意識したチーズケーキを作る場合は、カッテージチーズのように糖質が少ないチーズがおすすめです。

また脂質の含有量も少ないため、カロリーも抑えられるのが特徴です。糖質制限をしている人だけでなく、ダイエットをしている人にもおすすめのチーズになります。

お菓子作り初心者にもおすすめ!簡単低糖質チーズケーキ

もりもりさん
初心者でも簡単にチーズケーキを作れる調理方法として、炊飯器がおすすめです。炊飯器は材料をすべて混ぜ合わせた後、炊飯ボタンを押すだけです。材料については、通常の分量に小麦粉を使用するところを、おからパウダーに代替えすることで糖質を抑えることができます。

より低糖質なチーズケーキを求めるなら手作りがおすすめ。

レシピを見ていると簡単そうだけど、本当に簡単なの?お菓子作りに高いハードルを感じている人も少なくありません。

特に1人暮らしをしている女性だと、オーブンを持っていないという人もちらほら。ケーキ作りに必要不可欠に思えるオーブンですが、なんと炊飯器を利用することでオーブンなしでもおいしいチーズケーキを作ることができるんだそう!

材料を混ぜてボタンを押すだけで完成するなんて…簡単すぎるのに低糖質だなんて夢のようです。

ズボラ女子必見!お菓子作りが苦手な筆者が実際に作ってみた

専門家の意見を元に、実際に本記事のライターであるMが実際に炊飯器でのチーズケーキ作りにチャレンジしてみました!

ライターM
「お菓子作りに関しては致命的に下手くそだという自負があります。材料を正確に計らないズボラさで、クッキーすらまともに焼けません…泣。オーブン?余熱って何?というレベルなので、いきなりチーズケーキというハイレベルなお菓子が無事できるのか不安…。」

不安ばかり口にしていても仕方ありません。早速行動に移します!

用意したのはこんな材料!

クックパッドから炊飯器で作れるチーズケーキのレシピ(https://cookpad.com/recipe/5397286)を参考に、手作りの低糖質チーズケーキにチャレンジ!

【材料】

  • クリームチーズ 200g
  • 砂糖        70g (今回使用したパルシュガーの場合約40g)
  • 卵         3個
  • 生クリーム  200ml
  • おからパウダー  45g
  • レモン汁   大さじ2
  • 溶かしバター   25g

近所のスーパーマーケットや輸入食品店などで材料を揃えるところからスタート!

参考にしたレシピの材料を元に、今回はより低糖質を目指すために砂糖を糖類ゼロのものへ。生クリームも低脂肪のものを見つけたので変更してみました。

さあ、それでは早速作ってみましょう!

①クリームチーズを常温で戻し、滑らかになるまで混ぜます。

時間がない場合は電子レンジで30秒ほど温めてもOK。

②クリームチーズに砂糖を加え、しっかり混ぜ合わせます。

つぶつぶ感があまり感じられなくなるまで混ぜます。

③溶き卵を3回に分けて、クリームチーズに混ぜていきます。

いっぺんに入れちゃいけないのか…そんなことを思ってしまうのがお菓子作りができない理由なんでしょう。ちゃんと3回に分けて混ぜ入れます。

④生クリームを入れます。

200mlパックなので、軽量の必要なし!

⑤おからパウダーを入れます。

うっかりふるいにかけずに入れてしまいました…失敗!

ダマにならないようしっかり混ぜます。みなさんも気をつけてください泣!

⑥レモン汁、溶かしバターを順に入れます。

まずはレモン汁を大さじ2入れてまぜまぜ。

次に電子レンジで30秒ほど温め溶かしたバターを入れ、全てがしっかり混ざるよう丁寧に混ぜます。

⑦炊飯器の内側に分量外のサラダ油を塗り、生地を入れて炊飯スイッチをON

キッチンペーパーに油を染み込ませて塗ると簡単です。

あとは炊飯器におまかせ。コーヒーでも飲んで待つとしましょう。

⑧炊けたら蓋を開け少し冷まします。

焼けているか竹串を刺してチェック。

焼けていなかったら蓋を閉め再び炊飯、もしくは保温で生地の表面が乾いた感じになるまで様子を見ます。

⑨お皿にひっくり返すように乗せ、粗熱を取ります。

すごい!本当に炊飯器でチーズケーキができました!

⑩冷蔵庫で一晩冷やしたら完成です!

断面も本当にチーズケーキっぽいです!感動です!

実際に食べてみました

ライターM
「基本的に材料を混ぜてスイッチを入れるだけ、という簡単さなのにおいしくできてびっくりしています。ちょこちょこ失敗もしましたが、これならまた作ってみたくなります。強いていうなら、できてから冷めるまでの待ち時間が辛いです…笑」

自分自身はもちろん、家族にもふるまったところ誰も糖質制限用のチーズケーキとは気付かず評価は上々。

プロの作るものには正直かないませんが、チーズケーキならではのどっしり感があって十分においしい!糖質制限中でも安心して美味しく食べられるスイーツがあると知っているのといないのとでは、ダイエットへのモチベーションに大きな差が生まれそうです。

おからパウダーで作っていることや糖質制限にもおすすめなことを伝えると、驚きと喜びの意見をたくさん聞くことができました。なにより、自分で作ったものをおいしく食べてもらったことは非常に嬉しい経験でした。

糖質制限でチーズケーキを食べるときの注意点

カロリーが低いわけではない

糖質制限にチーズケーキが良いという情報は多くあります。実際にケーキの中でもカロリーが低いことやおから、甘味料を使って糖質をカットすることが可能です。

ただし、チーズケーキで糖質制限ができるわけではありません。あくまで、糖質制限中に息抜き程度に食べることができるケーキという意味です。

糖質が少なくても、脂質が多く含まれているため、チーズケーキばかり食べていると太ってしまいます。食べ過ぎには気をつけましょう。

一緒に甘いコーヒーや紅茶を飲まない

チーズケーキを食べるとき、一緒にコーヒーや紅茶を飲む人も多くいます。ケーキとコーヒー、紅茶の組み合わせはよく合いますが、せっかく糖質制限しているときに、砂糖がたっぷり入ったコーヒーや紅茶を飲むと、糖質過多になってしまうので注意が必要です。

チーズケーキもまったくカロリーがないわけではないため、できればブラックコーヒーやストレートの紅茶を飲むようにしましょう。

間食で食べる場合は他の食事とのバランスを考える

チーズケーキは、主に間食で食べるものです。食事の中でみると、おまけの位置に該当するのが間食になります。間食で食べる場合は、他の食事とのバランスを考えることも大切です。

チーズケーキを食べ過ぎて、夜ご飯が食べられなくなるという状況になるのはよくありません。また、糖質制限をするときは、一日の糖質摂取量を計算して管理することをおすすめします。

間食も含めて、一日の糖質摂取量を可視化させることは制限する上でのモチベーションにもつながるのです。

糖質制限のチーズケーキをネットで買う場合のおすすめ商品

芦屋スイーツ 低糖質レアチーズケーキ12cm

芦屋スイーツが販売している低糖質のレアチーズケーキです。クリームチーズとカマンベール、フロマージュブランのバランスが絶妙で、砂糖や小麦粉も使用してないため、上品な甘味があるのも特徴になります。

甘すぎず、レモンの酸味が効くため、さっぱりした食味もおすすめです。12号サイズで八等分にした場合、一つあたりの糖質料は1.5gでかなりの低質になります。高級感あふれるケーキなので、自分へのご褒美としてもおすすめです。

糖質85%カット 低糖質 レアチーズケーキ

エニシダが販売して発送している低糖質のレアチーズケーキです。糖質制限で、砂糖を一切使用しておらず、スイーツ糖や天然甘味料が使用されているのも特徴になります。

小麦粉や卵が一切使用されてないのが特徴で、糖質だけでなくカロリーもかなり抑えられています。クリームチーズや生クリーム、ステビアスイート、レモン汁などが原材料として使用されていて、上品なチーズケーキを楽しむことができる一品です。

まとめ

糖質制限中は甘いものを我慢しているので、ついついお菓子が食べたくなってしまいます。そんな甘いものを欲している人のために、さまざまな糖質カット商品が販売されています。

その中でもチーズケーキは、糖質が少なく、おやつ代わりに食べることができるのが魅力です。簡単に作ることができるので、オリジナル糖質制限チーズケーキを作ることもできます。

Read more あわせて読みたい