太らないおやつを選ぶコツ!我慢しないで痩せるために!

ダイエットをしている場合や、糖質制限をしている場合は、糖質や脂質、炭水化物が多く含まれており、一日の食事スケジュールでは不要となるお菓子を避けることも多くあります。お菓子ばかり食べていると太ってしまうのは、高いカロリーや食べやすさから必要以上に食べることが原因です。

おやつを食べるときは、太らないおやつ選びもポイントになります。おやつには、さまざまな種類があり、中には糖質や脂質がカットされているものもあります。食べ過ぎはよくありませんが、適度に食べる分にはストレス発散にもなるので大丈夫です。今回は我慢しないで痩せるために、太らないおやつを選ぶコツについて紹介していきます。

太りにくいおやつのポイント

カロリーが低いこと

太りにくいおやつのポイントの一つに、低カロリーがあります。カロリーは糖質1gあたり4kcal、脂質1gあたり9kcalで計算が可能です。糖質と脂質の含有が少ないほど、カロリーも低くなります。ほとんどのお菓子は、カロリー表記がされているので、お菓子を買う前にカロリーのチェックができます。

お菓子を食べるときは、どれくらいのカロリーを摂取しているのか計算しながら食べるのも大事です。カロリーの計算をすることで、必要以上にカロリーの摂取をすることも少なくなります。甘くても、甘味料が使用されているものはカロリーが低くなります。糖質や脂質オフのお菓子もあるのでおすすめです。

腹もちがよいこと

お菓子を食べる場合、間食として食べることが多くあります。食べてもすぐにお腹が減ってしまっては意味がないので、できるだけ腹もちがよいお菓子を選んで食べるようにしましょう。また、腹もちがいいお菓子を選ぶときの注意点は重さに対してカロリーが低くなっていることです。

お菓子はご飯の代わりにはなりませんが、適度な間食をすることで主食を減らすこともできます。主食もカロリーが高い食べ物になるので、ダイエットをしているときや、糖質制限をしているときは主食を減らすのもポイントです。腹もちの良さは、実際に食べてみないと分からない部分もあるので、食べ比べてみるのもよいでしょう。

甘過ぎないこと

太らないおやつ選びをする場合は、甘過ぎないこともポイントの一つになってきます。甘いということは糖分が多く含有していることを示します。糖質の過剰摂取は脂肪の生成を促すことや糖尿病などのリスクを高めることにもなるのです。甘さを砂糖の代わりに甘味料で使用していることもありますが、甘すぎると食欲を促進して食べ過ぎてしまうこともあるので注意が必要です。お菓子を食べるときは、適度な甘さのものを選ぶようにしましょう。

太りにくいおやつに最適な食材

ナッツ類

太りにくいおやつとしておすすめなのが、ナッツ類です。ナッツ類は、良質な脂質を摂取することができるため、砂糖が多く使用されているお菓子に比べると太りにくい特徴があります。ナッツにはビタミンも豊富に含まれているので、お菓子を食べながら美容効果が期待できるのも魅力です。

ナッツ類のお菓子を買うときのポイントは、小分けされているものを選んで買うことです。大きな袋に入っているものを買って食べると、一回あたりに食べる量にばらつきができることや、ついつい食べ過ぎてしまうことがあります。小分けされていると、一回あたりに食べる量をコントロールできます。

ヨーグルト、チーズ類

太らないおやつにおすすめなのが、ヨーグルトやチーズ系のお菓子です。乳製品ということもあり、豊富なタンパク質やカルシウムが含まれています。ビタミンやミネラル分も豊富に含まれており、食べ過ぎに気を付けることで手軽におやつとして食べることができるのも魅力です。

ヨーグルトやチーズのお菓子を食べる場合は、食べ過ぎないように注意しましょう。体質によっては腸の働きが活発になることで、お腹を下すこともあります。カロリーは相対的に低めですが、砂糖が多く使用されている場合もあるので注意が必要です。事前にカロリーチェックを行いましょう。

ビターチョコレート

糖質制限やダイエットしているときの大敵と言えば、チョコレートをイメージする人も多いと思います。チョコレートには多くの糖質と脂質が含有されているため、カロリーが高いお菓子の代表の一つです。しかしすべてのチョコレートでカロリーが高いわけではありません。ビターチョコレートなら低カロリーで食べることができます。

チョコレートにはポリフェノールも多く含まれているので、食べることでリラックス効果を得られるのも特徴です。ただし、ミルクチョコレートやホワイトチョコレートになるとカロリーは一気に上がってくるので気をつけましょう。甘さが抑えられているチョコレート選びが必要です。

果物

果物には多くの糖分が含まれています。そのため、ダイエットや糖質制限には向いてないと思われがちです。果物に含有されている糖質は果糖と呼ばれるもので、砂糖に比べると血糖値を上げにくい特徴があります。適度におやつとして食べる分には、問題ありません。

果物にはビタミンや食物繊維も多く含有されています。美容や健康に効果がある栄養分があるため、適度に果物を食べることは体にとってメリットです。食後のデザートにもおすすめで、食事で足りない栄養分も果物がカバーしてくれます。ただしショ糖も多く含むため、食べ過ぎないように気をつけましょう。

太りにくいおやつを食べる時に注意すること

飲み物でカロリーを過剰摂取しない

糖質制限やダイエットをしている人でも、安心して食べることができるように糖質カットされているお菓子も多く販売されています。このお菓子なら、総カロリーが低くなるので、安心して食べることができます。太りにくいおやつを食べるときは、その量にも注意する必要があります。

ここで気を付けないといけないのは、飲み物でカロリーを過剰摂取しないことです。お菓子と一緒に甘いコーヒーや紅茶、飲料水を飲むこともありますが、お菓子以上に高いカロリーになっている場合があります。せっかく糖質が少ないお菓子を食べても、飲み物でカロリー過多になることがあります。

時間と量を守って食べる

太らないおやつを食べるときの注意点は、時間と量を守って食べることです。お腹が減ったときに、食べるというスタンスだと食べ過ぎてカロリーの摂取過多になることがあります。基本的におやつを食べるのは、朝食と昼食の間か、昼食と夕食の間です。夜間に食べるのは脂肪に変換されやすいので避けた方がよいでしょう。

時間と量を守って食べることは、摂取しているカロリーの把握にもつながります。毎日どれくらいのカロリーを摂取しているのかどうかを知ることで、バランスを調整することができます。太らないためにはカロリー制限が必要で、そのためにカロリー計算を欠かさないことです。

おやつを食事の代わりにしない

最近は、置き換えダイエットが流行しています。朝食、昼食、夕食のいずれか、もしくはすべての食事をカロリーが低く、栄養価の高い食事に置き換える方法です。スムージーや健康食品が置き換えの対象になることが多く、カロリーを制限しつつ食事をしっかりとるのがメリットになります。

中には、お菓子を置き換えダイエットの代わりに使っている人もいます。お菓子はカロリーがあるため、エネルギー源にはなります。しかし含まれている栄養分が少ないため、お菓子を置き換えダイエットに使用していると、栄養不足になってしまうので注意が必要です。お菓子は間食で食べるものとして捉えておきましょう。

まったく太らないわけではない

糖質や脂質が大幅にカットされている太らないお菓子は多く販売されています。ダイエットや糖質制限をしている人には強い味方です。カロリーが大幅に抑えられているお菓子であっても、まったく太らないわけではありません。食べ過ぎると太る原因にもなるので、摂取量に注意する必要があります。

太らないおやつは、いくら食べても太らないと勘違いしている人もいます。ダイエットをしていると気持ちの面で弱くなってしまうため、自分に食べても太らないと暗示をかけることもあるのです。きちんとカロリーの表示をチェックして、一日に必要なカロリー量を超えないようにしましょう。

太りにくいおやつのおすすめ商品

リセットボディ 黒糖きなこビスケット 22g 4袋

リセットボディ 黒糖きなこビスケット 22g 4袋

 

ダイエットをしている人のサポートおやつとして販売されています。1枚あたりのカロリーは5kcalとかなり低いのが特徴です。そのまま食べておやつにするもよし、自分でアレンジして楽しむのもよいでしょう。糖質も少ないため、糖質制限をしている人にもおすすめのビスケットです。栄養価の高い黒糖きな粉が配合されているため、栄養を摂取するのにも向いています。香りやコクがしっかり効いて、美味しく食べることができます。クセが少ないため、食べやすいおやつです。

リセットボディ 豆乳と野菜のハードクラッカー 22g 4袋

リセットボディ 豆乳と野菜のハードクラッカー 22g 4袋

 

豆乳と野菜が含有されているクラッカーです。カロリーが大幅にカットされていて、ダイエットや食事制限をしている人も安心して食べることができます。栄養価が高いのが特徴で、ヘルシーダイエットにもおすすめです。赤穂産の塩が使用されるなど、素材にもこだわりを持っているおやつになります。間食用として食べるのもよし、アレンジして食後のデザートにすることもできます。おやつ単体としてだけでなく、さまざまな用途に使えるのも魅力です。

まとめ

いかがでしたか?太らないおやつを選ぶコツは、糖質や脂質がカットされてカロリーオフになっているものです。また腹もちがいいものを選んで食べると、すぐにお腹が減るのを避けることができます。ダイエットをするときは、食欲との戦いになります。しかし食欲を我慢してストレスを溜めるのは体によくありません。我慢しないで痩せるためにも、適度におやつを食べて食に対するストレスを溜めないようにしましょう。