太らない食べ方とは!太りやすさは食べ方一つで大きく変わる

ダイエットと言えば、食事制限が主流です。太るのは、食事から糖質や脂質などのエネルギー源を摂取することが理由になります。エネルギーの元になるものを減らすことによって、体重を増やさないようにできるわけです。しかし食事制限は、体に対してかかる負担が大きい部分もあります。

ダイエットの方法には食事制限だけでなく、太らない食べ方もあります。食べ方を変えるだけで脂肪のつきやすさを変えることができるのです。食事制限をするのはストレスの原因にもなりますが、食べる量を変えずに食べる方法を変えることでダイエットができるのは魅力です。今回は、太らない食べ方について紹介していきます。ぜひ、ダイエットの参考にしてください。

太らない食べ方の順番

①お汁、酢の物

食事をするときは、胃が空っぽになっていることも多くなっています。その状態でメインとなる肉や魚、主食を食べてしまうと胃がビックリしてしまいます。慌てて消化と吸収を始めるため、体の中に余分な糖質や脂質も蓄積しやすくなります。順番的には、お汁や酢の物を先に食べる方がよいでしょう。

お酢には糖の吸収を遅らせ、緩やかにする効果があります。先にお汁や酢の物を食べておくと、後から糖質を摂取したときに体内に吸収されるのを抑制することができます。食事をする場合は汁物を先に食べるようにしましょう。

②サラダ、海藻類

レストランでコースを注文すると、ほとんどところで前菜が出てきます。野菜や海藻、キノコ類には多くの食物繊維が含まれているのが特徴です。食物繊維は体の中で糖の吸収を抑える働きがあります。糖質が脂肪に変換されにくくなることによって太りにくい状態を作ることができます。

また、食物繊維は腹持ちがいい栄養分です。先にカロリーが低い野菜を食べておくことで、お腹も膨れるため、炭水化物や脂質の多い主食を減らすことができます。生野菜だと、食べ応えがあるので、咀嚼するまでに時間がかかります。ゆっくり食べるリズムをつける意味でも先に野菜を食べるのはおすすめです。

③肉、魚類

食事のメインは、肉や魚類になります。メインになるため、最初に食べたいと思う人も多いと思います。空腹の状態からメインを食べてしまうと胃が準備できてないことで、脂質や糖質の吸収が促されます。そのため、先に野菜や汁物を食べて準備をしておくわけです。いきなり食べると脂肪に変換されやすいので気をつけましょう。

また、メイン料理は他の料理以上に時間をかけて食べるようにしましょう。せっかく野菜や汁物でメインを食べる準備を整えても、早食いになると胃腸に負担がかかり、脂肪に変換されやすくなります。特に肉類は消化までに時間がかかるので、よく噛んで消化しやすい状態を作ることは大事です。

④ご飯、パン、麺

主食であるご飯やパン、麺類には、炭水化物が多く含まれています。糖質の摂取をすることで血糖値が上がってしまいます。血糖値の上昇にともない、脂肪を蓄える作用が高まるため、太りやすくなるのです。炭水化物も糖質の一種になるので、食べ過ぎると太る原因になります。

食事をするとき、最初にご飯やパン、麺類から食べる人は少なくありません。しかし、ダイエットの観点から見ると、炭水化物を先にとってしまうのは太る原因につながってしまいます。主食を食べる場合は、後回しにするのがポイントです。メインを食べて後でも問題ありません。

⑤デザート

デザートも主食と同じように、糖質が多く含まれています。太りやすい食べ物になるため、順番としてはできるだけ最後にするのが基本です。デザートは食後に出ることも多いので、先に取ることは少ないでしょう。ただし、ビュッフェスタイルのお店だと美味しそうな見た目から最初にデザートを食べることもあります。

また食事が終わってから時間を空けてデザートを食べるのも控えましょう。消化して胃腸の働きが落ち着いたところにデザートが入ってくると、胃腸の休息する時間がありません。特に夜は太りやすい時間帯になるため、食事のデザートの取り方には気をつけましょう。

太らない食べ方の工夫

いつも以上に噛んで食べる

「食事は、よく噛んで食べる」、子供の頃からよく言われることです。その理由が分からないまま、よく噛んで食べる人も多く、大人になって周囲から言われなくなったら、噛む回数が減ってくることもあります。噛むという行為は、ダイエットをする上で重要なポイントです。

よく噛むことによって唾液の分泌が促されます。食べたものを糖に分解し、その働きが満腹中枢を刺激するのです。満腹感を得ることができれば、もっと食べたいという欲求が減ってきます。食べる量を減らすことにもつながるため、結果的にダイエットにつながっていくわけです。

いつも以上に時間をかけて食べる

太らない食べ方のコツとして、いつも以上に時間をかけて食べることです。大人になると時間に余裕がないシーンも多く、ついつい早食いしてしまう人もいます。早食いすることが癖になってしまうと、時間をかけて食べることもなくなります。食事に時間をかけることはダイエットにもつながります。

食事の時間に時間をかけることで、胃腸にかかる負担も小さくなります。また、少ない時間で満腹感を得ることができるため、太りにくい状態を作ることができます。いつも以上に時間をかけて食べるためには、時間を計ることも大切です。○○分以上は時間をかけて食べると目標を立てるのもよいでしょう。

お茶や水をしっかり飲みながら食べる

食事をする場合、お茶や水はしっかり飲むことが大事です。お茶や水にはカロリーがほとんど含まれていません。お茶や水を飲むことで腹持ちが良くなるので、食事を抑えることができます。また水分を取ることで、消化を促すこともできます。食事をするときは水分摂取も意識しましょう。

飲み物の注意点としては、カロリーが高い飲料は避けることです。カロリーが高いと、食事でカロリー制限しても総カロリーが増えてしまうので意味がありません。アルコール類も同じです。また、水やお茶は冷たすぎるとお腹を冷やして代謝を下げてしまうので気をつけましょう。

太らない食べ方の注意点

夜は冷たいものを摂取しない

夜に食事をする場合は、食べ物の温度にも気を付ける必要があります。冷たい食事を食べていると、下痢や便秘を繰り返します。下痢になるのは、胃腸の血管が冷えることが原因、便秘になるのは血管が収縮して腸の働きが低下することが理由です。胃腸に負担がかかってしまうので気を付ける必要があります。

また、冷たいものを食べると代謝の機能が低下して、脂肪の燃焼効率が低下します。脂肪が使用されなくなってしまうため、太りやすい体質になってしまいます。夜は冷たいものをできるだけ摂取しないことが、ダイエットをする上でのポイントです。一方、温かい食べ物は代謝を向上させるので効果的になります。

食事の回数はキープする

太らない食べ方のコツは、食事の回数を変えてしまわないことです。ダイエットの基本になるのは、カロリー制限になります。カロリー摂取を控えるために、食事を抜くのは効果的に思われがちです。しかし、食事の回数を減らすと胃が極限の空腹状態になるため、食べものが入ってきたら、急いで脂肪を生成します。

食事の見直しでダイエットをするなら、食事の回数はキープすることです。一回あたりの食事のカロリーを減らすのもよいでしょう。ちなみに食事回数を増やすダイエット法もあります。一回あたりの食事量を減らし、胃が空腹感を得るのを防いでいるのです。

食事の時間は合わせる

ダイエットには食生活のリズムも大切です。ダイエットをしているときも、一日三食以上は基本ですが、食事をする時間にも気を付ける必要があります。ちなみに、22時から3時の時間帯は、他の時間帯に比べると太りやすい時間帯です。この時間帯は食事を避けるようにしましょう。

毎日同じ時間に食事を取る方が、体にかかる負担も小さくなります。胃も同じ時間に食事が入ってくるため、必要以上に脂肪を蓄える働きを抑制します。食生活が整うと、睡眠にもいい影響をもたらします。ダイエットの基本は生活習慣を整えることでもあります。

太らないおすすめの商品

カロリーオフ!カカオ70%以上!食べても太らない!?チアチョコリッチ

カロリーオフ!カカオ70%以上!食べても太らない!?チアチョコリッチ

 

カカオが70%以上使用されており、食べても太らないチョコレートとして人気があります。脂質や糖質がカットされて太らないのはもちろん、お腹の中で膨らむことで少量でも満腹感を得やすいのがメリットです。お腹が減ったときのおやつ代わりとしても最適なチョコレートになります。ビタミンやミネラル、食物繊維などの成分も多く含有されているため、ダイエットだけでなく、健康や美容の面でもメリットがあります。コスパにも優れているので続けやすいのも魅力です。

健康応援ナッツとドライフルーツどっさり1kg

健康応援ナッツ&ドライフルーツ どっさり1kg

 

かぼちゃ、ひまわり、すいかの種、アーモンド、カシューナッツ、バナナチップス、レーズン、クコの実がミックスされているナッツフルーツです。腹持ちがよく、1kgの大容量になっているので、小分けにして少しずつ食べていくのでもよいでしょう。栄養分が多く配合されているので、健康や美容にも効果的です。素材の甘味を凝縮し、食べやすいように加工されています。実際に食べている人からも高い評価を得ている商品になります。

三育グラノーラ (1箱400g) (1箱400g×4箱)

三育グラノーラ (1箱400g) (1箱400g×4箱)

 

ダイエットにおすすめのグラノーラです。豊富な栄養分が含まれており、朝ご飯の置き換えメニューにも使用することができます。そのまま食べるだけでなく、牛乳をかけて食べたり、豆乳をかけて食べたりと、バリエーションも豊富にあります。バナナやドライフルーツを加えることで、甘味をさらにアップすることができます。食物繊維もたっぷり含んでいるので、腹持ちがよいのも特徴です。ダイエット食品には打って付けのグラノーラ商品になります。

まとめ

いかがでしたか?ダイエットをする上で、食は切り離すことができない問題です。ダイエットの方法にはいろいろありますが、食生活を見直すことも必要になります。同じ食事の量、食事内容でも食べ方が変わると太りやすさは変わります。極端な食事制限をしなくても食べ方に工夫を加えることで、痩せることはできるのです。食事は私達が生きるために必要なものです。食事と上手に付き合っていくことが、健康にも美容にもつながります。