糖質制限は危険!糖質を取るダイエットのすすめ!

近年は、糖類の摂取を減らして行うダイエットをする人が増えています。このように糖質を減らすことを糖質制限と言い、糖類や糖分になる炭水化物を一切取らない方法や同じ食事でも、糖類ができるだけ少ないものを選んで食べるなど、その方法は人によってさまざまです。

糖質は脂肪に関係する成分なので、摂取が増えると脂肪も増加します。糖質を抜くことは理にかなっているように見えますが、糖質制限は危険という声もあります。今回は糖質制限の危険性、糖質を取りながらできるダイエットについても紹介していきます。

糖質の基礎知識

糖質の種類

糖質は、炭水化物から食物繊維を減らしたもので、糖質だけでも単糖類や甘味料、二糖類、多糖類、糖アルコールなど、さまざまな糖があるのも特徴です。糖質の種類によって体内への吸収効率が変わるため、糖質だからと言って太るわけではありません。糖質制限をするときは、何の糖を制限するのかによっても変わってきます。

ちなみに糖類の分類は、単糖が結び付いた数によって表されるのも特徴になります。単糖類は一つの糖ですが、少糖類は単糖が3~10個、多糖類はそれを超える糖の結びつきになります。腸に優しい糖として人気のオリゴ糖は、少糖類に分類されるもので、腸内まで届きやすい特徴があります。

糖質はエネルギー源

人が生命活動をする以上、エネルギーの消費は必須です。このエネルギー源の元になるのが糖質になります。ちなみに、脂質やタンパク質もエネルギーとして使用される栄養分です。しかし最初に使用されるのは糖質になるため、エネルギー源の代表とも言える成分なのです。

ちなみに、何もしてない状態でも常にエネルギーは消費されています。体は動いてなくても、内臓が動いているためです。糖質をまったく取らないと、エネルギーの効率的な供給ができなくなってしまいます。糖は太るイメージや糖尿病のイメージが強いですが、体には必要な成分です。

糖質が多い食品

糖質は食事の中に多く含まれています。人工的に砂糖を足して糖質が増えている場合もあれば、自然のままで糖分を含んでいる食材もたくさんあります。糖質が多い食べものとして、砂糖を多く含むお菓子をイメージする人も少なくありません。しかし私たちの主食であるご飯やパン、麺類にも多く含まれています。

また甘味がある野菜にも糖類は意外と多く含まれており、普段の食事の中で意識してない食材から糖質も多く摂取しています。冷凍食品、缶詰、調味料にも多く含まれています。肉類や魚類は少量ですが、含まれています。糖質は身近な栄養分で、完全に絶つことは難しいのです。

糖質制限が危険と言われる理由

集中力が低下する

夜中に勉強をしていて、ふと甘い物が食べたくなるという経験をしたことがないでしょうか。勉強をするときは集中力を高めるため、普段よりも多くのエネルギーを消費しているのです。必死に勉強をしているときは、少々夜中に甘いものを食べても太らないのはエネルギーとしてきちんと使われていることが理由になります。

では、糖質制限をするとどうなるでしょうか?集中力の低下に繋がってしまう恐れがあります。仕事の大きな失敗、車の事故など、集中力が低下することによって起こるリスクはたくさんあります。集中力が低下するリスクについてしっかり考えておく必要があります。

運動機能が低下する

運動をするとき、多くのエネルギーを消費します。糖質、脂質などのエネルギー源を摂取しておくことは運動をする前準備で必要です。糖質制限をして糖分の摂取が少なくなると、運動機能が低下する可能性があります。運動機能の低下は、エネルギー消費の機会を奪うことになるのでダイエットの面から見ても非効率的です。

糖質制限をする目的の多くは、ダイエットです。エネルギーの元になる糖分をそもそも取らないというのが糖質制限の考えですが、糖質が体の中でどのように使用されているのかを考えると重要な役割があります。運動機能の低下は体にとってマイナスです。

疲労感が抜けない

糖質はエネルギー源になるため、不足すると疲労感が抜けにくくなります。体の疲れが取れないのはエネルギーが不足しているためで、体は糖分を欲します。このときに、無理な糖質制限をしていると糖質不足になってしまうので注意が必要です。疲労感を抱えていると、ストレスも溜まって体にマイナスばかりです。

ちなみに、運動しているときや勉強しているとき、仕事で疲れているときに甘いものを食べると疲労感が緩和されるのを感じることがあります。疲労感に対して糖分は効果があるので、疲れがたまりやすくなっているときの無理な糖質制限には気を付ける必要があります。疲労が蓄積すると代謝機能も低下するため、痩せにくくなります。

病気になる

糖質制限をすることで病気のリスクを高める恐れがあります。糖質が少ないことが原因ではなく、糖質の代わりにタンパク質や脂質を多く取ることが理由です。これらの栄養分も糖質と同様に過剰な摂取をすると病気のリスクを高めます。糖質がクローズアップされているものの、適切な摂取量を守った方がいい成分は他にも多くあります。

ダイエットのために糖質制限を始めたのに、それが原因で病気になってしまっては意味がありません。病気のリスクを下げるためには、糖質制限のことだけでなく、他に摂取する成分のことも合わせて考える必要があります。糖質を一切取らないのではなく、バランスよく制限していくことがポイントの一つになってきます。

適度な糖質制限は危険ではない

適度な糖質制限は健康的な体を作る

健康はお金で買うことができないと言われているように、自分で努力して手に入れるしかありません。私たちの体を作っているのは、日々取り入れている食事です。食事を食べて、その栄養分を吸収して体内に巡っているのです。つまり、食事によって健康のパロメーターは大きく変わってくることになります。

食事に含まれている成分の糖質も、健康に大きく関わる栄養分です。過度な摂取は健康を害するリスクがありますが、適度な摂取であれば健康を増進する効果もあります。薬も飲み過ぎれば毒になると言われているのと同じです。今は普段の食事をしていても糖質過多になりやすいため、意識的に糖質制限することは健康な体を作る上で効果があります。

適度な糖質制限は病気を予防する

過度な糖質制限はリスクを伴いますが、適度な糖質制限なら健康的な体を作ることができます。今の時代、24時間開いているスーパーやコンビニも増えて、いつでも好きなときに食事がとれる環境です。美味しい物は、味付けが濃いものや糖質が多く含まれているものが多いため、必要以上に糖質を取っている現状があります。

体内に入ってきた糖質は体が分解するわけであり、必要以上に糖質が入ってくると分解する機能も疲弊してきます。当然、内臓に負担がかかって病気のリスクは上がります。適度な糖質制限をすることは、内臓の負担を減らすことにつながってきます。結果的に病気のリスクを下げることにもつながるのです。

適度な糖質制限は本来の体の状態に近づく

糖質制限が広く言われるようになったのは、糖質過多な現状も理由の一つです。昔から一日三食という回数は定番ですが、大きく変わっているのは食事の内容です。日本食からさまざまな国の文化の料理が国内に入り、今では豊富なバリエーションの料理を楽しむことができます。こうした食文化の広がりが糖質過多な状態を作っているのです。

糖質制限することは、一昔前の食生活に戻ることにもなります。つまり、本来の体の状態に近づくことができるのです。同じ糖質制限でも、過度な糖質制限と適度な糖質制限では意味合いが大きく異なってきます。過度な糖質制限は栄養不足の原因になり、体にとって悪い影響を与えるので注意が必要です。必要な分だけの糖質を摂取するのが、糖質制限のあるべき姿です。

糖質制限におすすめの商品

スベルティ Svelty ぱっくん分解酵母 120粒

炭水化物が好きな酵母菌が配合されているサプリです。タイムカプセル療法が用いられているため、そのまま酵母菌が体内に届くのがこの商品の素晴らしいポイントの一つになります。糖質制限にこの商品が向いているのは、糖質や炭水化物を酵母菌が食べて減らしてくれるためです。ちなみに糖は炭酸ガスと水に分解されるだけなので毒もありません。

ダイエットで食事制限をしていると必要な栄養分も不足しやすい傾向にあります。この商品には美容成分である白いんげん豆エキス、サラシアエキス、ギムネマシルベスタ、キャンドルブッシュ、ガルシニアカンボジア、ウーロン茶エキスなども配合されています。ダイエットしながら美容成分もしっかり摂取できるのもメリットです。

低糖工房 糖質90%オフスイートチョコ使用大豆クランチチョコ 300g

低糖工房が製造して販売しているクランクチョコです。糖質制限をしていると、体が糖を欲して我慢できなくなることもあります。頑張って欲求に耐えても、ストレスは溜まってしまうものです。ストレスはダイエットの大敵で、痩せることができても病気になってしまうこともあります。

この商品は糖質90%オフのチョコレートです。糖質制限中でも適量なら食べても問題ない糖分量になります。糖質制限とチョコレートはまったく違う世界にあるように感じますが、糖質制限しながらでもチョコレートを食べることができるのです。疲れたとき、我慢できなくなったときにおすすめします。

[糖質制限・ダイエット中にピッタリな砂糖不使用でグルテンフリー] ソイピュアバー (チーズ)

大豆専科が販売しているピュアバーです。1本33gのお菓子で、糖質だけでなく脂質も少なく、タンパク質が多くなっています。この商品も糖質制限をしているとき、お菓子を食べたくなったときにおすすめの商品です。糖分が少ないだけでなく、お菓子としての味も最高です。また少量でありながら満腹感を得ることができるのも嬉しいところです。ダイエットを進めて行く中で、空腹にともなうストレスは大敵になります。

まとめ

いかがでしたか?糖質制限が流行していますが、糖質を過剰摂取することが健康に悪いのと同じように、糖質を極端に摂取しないのも健康に悪いので注意が必要です。ほどほどで普通がいいと言う言葉があるように、糖質制限を行うときは適度に行うのがベストになります。糖質制限はストレスも溜まるので、糖質が少ないお菓子を食べてゆっくり息抜きする時間も必要です。焦らず、少しずつ進めていくようにしましょう。