肥満ってどういう状態?肥満によるリスク・妊娠の影響について知ろう!

最近では色々な所で肥満予防という風習が見られるようになりました。食生活が欧米化していることなどが原因と言われておりますが、多くの方が人間ドッグなどの検診の結果によって、強制的にダイエットにチャレンジするなど肥満は国民病になりつつあります。

現在は肥満ではありませんが、将来的に肥満になってしまう可能性は少なくありません。そこでこちらのページでは、まずは肥満とはどのような状態なのかや肥満の判定方法、肥満の原因や危険性など肥満について知っておくべき基本的な情報をご紹介します。

肥満ってどんな状態?

肥満がどのような状態なのかというと、一般的な健康な方よりも内臓や身体についている脂肪が異常なほど多いという状態です。脂肪は徐々に蓄積されていく事もあり、現時点では肥満でなくても将来的に肥満になってしまう方もいらっしゃいます。

色々と太っている痩せているというのは視覚的に見て、一般的な人よりも太っているか痩せているかで判断する事も多いのですが、実は肥満にはしっかりとした基準があります。ここでは、どのような方が肥満にカテゴライズされるのかを確認していってもらいます。

BMIが25.0以上

肥満の基準として多く用いられているのがBMIという数値です。この数値が25.0以上ですと肥満にカテゴライされます。BMIはBody Mass Indexの頭文字をとった略語で、日本語に訳すと体格指数になります。

1835年にアドルフ・ケトレーというベルギー人の数学者であり天文学者であり統計学者の方に開発されて以来、世界中で用いられるようになりました。

ウエストサイズが男性85cm以上・女性90cm以上

ウェストは人間の皮下脂肪がたまりやすい部位ですので、このウエストのサイズを計る事によって肥満かどうかを判断する事ができます。一般的に肥満と判断されるのは、ウエストサイズが男性85cm以上・女性90cm以上になっておりますので、このサイズよりも大きいひとは肥満にカテゴライズされます。

体重からは分からない隠れ肥満

色々な肥満の基準がありますが、痩せている方でも肥満であるような場合もあります。これは隠れ肥満という症状で、見た目はやせて見えるけど、体脂肪の割合が非常に高いといった方になります。見た目で分かりにくいので判断が難しいのですが、筋肉が少ないので本当に少しずつ体型が崩れて行くといった特徴があります。体重だけでなく体型を注意しながら確認する必要があるのです。

肥満を判定する方法

自分が肥満であるかどうかは、しっかりとした肥満を判定する方法で確認するのが一番です。実は肥満を判定する方法は色々とあり、肥満を判定する方法によっては、肥満と判定されたり肥満ではないと判定されるようなあいまいな部分もあります。色々とある肥満の測定法の中でも特に多く使われている肥満の測定法を4つに厳選してご紹介します。

皮下脂肪厚を計測

肥満を判定する方法として皮下脂肪厚を計測する方法があります。この皮下脂肪厚を計測する方法の中でも最も多く用いられているのがキャリパー法です。このキャリパー法は、キャリパーという専用の皮下脂肪厚測定器を使って上腕背側部と肩甲骨下部を計測する事によって肥満かどうかを計測する事ができる方法です。

このキャリパーによる皮下脂肪の測定法は、測定機器のキャリパーがもちろん必要になりますが、その他にも皮下脂肪厚測定器を使った測定は、非常に高度な測定技術が必要になりますので、測定の専門家の存在が必須となっております。確実な数値を計測できるのですが、お手軽ではないのでBMIの方が使われている傾向があります。

標準体重から算出

標準体重から算出した数値によって肥満かどうかを判断する事もできます。標準体重の算出する式は、「標準体重=体重÷(身長×身長×身長)×(10の「7乗)」になります。この計算式で表されたものをローレル指数といい、このローレル指数が160以上になってしまうと肥満という判定になります。

また、もっと簡単な算出方法もありおます。日本国内でのみ簡易的に用いられている式ですが、「標準体重=身長-110」、「標準体重=(身長-100)×0.9」という二つの式も使われておりますので知っておくと便利です。

BMI(体格指数)

BMI(体格指数)による肥満の測定は一般的です。最近では体重計などに最初から機能として入っている物も多く、非常に使われる事の多い脂肪を判定する方法になります。

BMI(体格指数)の計測方法は、「BMI(体格指数)=体重kg÷(身長m×身長m)」という計算式で算出する事ができます。しかし、
BMI(体格指数)の計測方法は、筋肉の量を考慮しておりませんので、体脂肪率が15パーセントくらいの方でも肥満に該当するBMIが表示されたりするケースは考えられますので、BMIで問題無かったからといって肥満ではないと断言する事はできません。あくまで参考程度に収めておくのがおすすめです。

肥満の原因

肥満になってしまう原因は一つではありません。その為、ひとつの原因だけに注意していても効果的な肥満の予防にはならないのです。色々と肥満の原因は考えられますが、今回は色々と考える事ができる肥満の原因から、最も可能性の高い4つの原因に絞ってご紹介します。

食事

肥満の原因で最も多いのが食事です。基本的に人間は一日に消費するカロリーの量があります。これは年齢や性別、筋肉の量、ライフスタイルなどによって上下するのですが、この消費量よりも多くのカロリーを摂取すると太ってしまい、少ないと痩せるようになっております。その為、カロリーの摂取量で消費カロリーの量を上回り続けていると太ってしまうのです。

遺伝

肥満の原因として意外に多いのが遺伝です。人間は両親から特徴的な部分を受け継いで子供が生まれてきます。肥満なども両親が肥満ですと肥満になりやすい子供がうまれてしまうのです。

特に肥満の原因として遺伝が関わってくるのが、体脂肪を溜めこめる上限であったり、満腹中枢の働き方、代謝の効率などは遺伝による物が多くなっておりますので、遺伝によって肥満になりやすいというのはある話です。

体質

人間は痩せやすい方と肥満になりやすい方というのがあります。これは、余ったエネルギーを体内に溜めやすいかどうかという部分に関わってくるのですが、人によって脂肪を溜めこむ事ができる量の上限というのは様々です。その為、脂肪を溜めこむ事ができる上限が大きい人は体質的に太りやすいと言えるのです。

また、加齢などによって基礎代謝が落ち込んでいるという方は、若い方よりも同じカロリーを摂取しても太りやすい体質ですので注意が必要になります。

運動不足

運動不足というのも太りやすい体質になっております。人間は運動をする事によって効果的にカロリーを消費します。力仕事の方や農業に携わっている方、営業などで徒歩による移動が多い方などは日常的に運動をしていますが、お仕事が主にデスクワークという方の場合には、運動不足になりやすくなっております。運動によるカロリーの消費がありませんので肥満になりやすくなっております。

また、運動をすることによって筋肉の量が増えると、代謝が良くなりカロリーの消費する割合が高くなりますので、日常的に運動をしている方の方が痩せやすく肥満になりにくいといえます。

肥満がもたらす危険とは

肥満が見た目だけで健康的に問題が無いのであればここまで話題になる事は無いかも知れませんは、肥満という物はわたし達の健康を害する恐れがありますので注意が必要になります。

そこでこちらでは、肥満になるとどのような危険があるのかをご紹介します。

生活習慣病

肥満で最も注意したいのが、脂質異常症や糖尿病、高血圧などの生活習慣病です。生活習慣病は名前こそ普通ですが直接的に死に関わる部分も多いので注意が必要になります。

メタボリックシンドローム・肥満症

また、肥満はメタボリック新ドリームのリスクも高くなります。よく太っている方をメタボと呼ぶケースもありますので、肥満=メタボと思っている方もいらっしゃいますが、メタボリックシンドロームは、動脈硬化が起きやすい非常に危険な状態です。

メタボリックシンドロームになると脳梗塞や狭心症、心筋梗塞になるリスクが跳ね上がりますので、いつ死んでもおかしくないような状況だと言えます。

メタボリックシンドロームは、血圧値や血中脂質値、血糖値などで異常がひとつでも見つかれば予備軍となり2つ以上でメタボリックシンドロームに確定します。

変形性膝関節症

変形性膝関節症は膝が痛くなる症状です。主に中高年に見られる症状なのですが、肥満になると膝にかかる負担が増しますのでどうしても変形性膝関節症になりやすいと言われております。

また、変形性膝関節症は筋肉が弱ってくるとなりやすくなっておりますので、運動不足による肥満の方などは症状が発生しやすいと言えます。

睡眠時無呼吸症候群

睡眠時無呼吸症候群は、寝ている時に呼吸が乱れ息苦しいと思ったり、いびきが止まり、そのまま呼吸が止まるのですが、少し経つと大きな呼吸が始まりまたびいびきをかくような症状です。正しく呼吸ができておりませんので、寝ても疲れが取れにくいといった自覚症状がありおます。代表的な自覚症状に、強い眠気や倦怠感、集中力が散漫になってしまうなどの症状があります。

妊娠中の肥満が及ぼす影響

一昔前までは、子供の分までしっかりと食べないと身体を壊すといった事が定説だった妊娠も、今では体重をしっかりとコントロールしなければリスクが高まる事がわかってきております。

その為、妊娠中は肥満になるのをストップしなければいけないのですが、妊娠中は思うように動けなかったり、食事制限などができませんので肥満を避けるのは難しいと言われております。

しかし、妊娠中は肥満になってしまうと色々と悪い影響がありますので、まずは妊婦さんが受ける肥満の悪影響についてご紹介します。

妊娠高血圧のリスクが高くなる

妊娠中に肥満になってしまうと妊娠高血圧症候群になるリスクが高まります。この妊娠高血圧症候群がどのような症状なのかというと、高血圧になったり蛋白尿が出るような症状です。

妊娠高血圧症候群が「危険なのは、命にかかわるような合併症のリスクが高まってしまう所です。赤ちゃんが痙攣を起こす子癇発作のを始め、赤ちゃんの重要な脳、肺、肝臓、腎臓などの臓器に機能障害が起こるリスクがあります。

妊娠糖尿病になりやすい

妊娠中の肥満は妊娠糖尿病になるリスクが高まります。妊娠糖尿病になると色々と危険な合併症がおこるリスクがあります。また妊娠糖尿病から本当の糖尿病になってしまうリスクもありますので注意が必要です。

腰痛

肥満になると身体にかかる負担が増えます。ただでさえ赤ちゃんがお腹の中にいて体が重いのに脂肪によってより身体が重くなってしまいます。その為、腰痛になりやすくなってしまうのです。最悪の場合には椎間板ヘルニアの症状が発生しますので肥満には十分に注意する必要があります。

肥満について学べる書籍

肥満にならないようにするためには、肥満について詳しく説明されている本や肥満の解消法などが紹介されている本を読んで勉強するのが一番です。こちらでは、肥満について学べる書籍を3冊ご紹介していきます。

内臓脂肪を減らす本

内臓脂肪を減らす本
工藤一彦さんの書かれた「内臓脂肪を減らす本」は、多くの方が悩まされている内臓脂肪を効果的に減らす方法や内臓脂肪を増やさないための意識の持ち方や予防法などが書かれた書籍です。メタボリックシンドロームのリスクなどについても書かれておりますので肥満について知りたい方におすすめです。

体脂肪コントロールトレーニング―毎月1kg減でリバウンドなしの体へ

体脂肪コントロールトレーニング―毎月1kg減でリバウンドなしの体へ
佐々木豊さんの著書である「体脂肪コントロールトレーニング―毎月1kg減でリバウンドなしの体へ」は、無理なダイエットをしなくても徐々に確実に体重を落としていく方法が紹介されている本です。脂肪の考え方やダイエットをする際のアプローチの仕方など努力や根性ではなく、科学的に書かれておりますので、これまでダイエットに失敗してきた方にもおすすめの良書です。

ダイエット検定1級テキスト

ダイエット検定1級テキスト
古谷暢基が監修した「ダイエット検定1級テキスト」は、日本ダイエット健康協会の1級試験用のテキストです。試験用のテキストなのですが、内容は肥満について深く知る事ができるようになっておりますので、ダイエットの前などに読むのもおすすめです。

まとめ

肥満になると様々なリスクが生じてしまいます。その為、しっかりと肥満について向き合わないとどうしても将来的に肥満に悩まされる事になります。

肥満はリスクを知る事でダイエットのモチベーションのアップにも繋がります。単に見た目がよろしくないというだけでなく、命にかかわる症状であることをしっかりと理解する必要があるのです。