サイエンス・ダイエットの評判は?ペットの健康を守る食事を紹介

ダイエットをするのは必ずしも人間だけではありません。犬や猫などを飼われている人にとっては、大切なペットたちの健康にも多くの気を使っていることだと思います。

最近はペットを飼っている人口も増えてきていますが、一軒家の庭に小屋を作り、お散歩に行けなくても庭を思いきり走り回っていた時代とは違い、マンションで小型犬を飼うという人が増えてきているようです。また、栄養たっぷりのドッグフードを与えたり、人間が食べるものを平気で犬に食べさせているという人も少なくないようです。

サイエンス・ダイエットとは

ヒルズ・グローバル・ペットニュートリションセンターという世界最大級の研究所には、犬が450頭以上、猫が450匹以上暮らしていて、そこでペットたちが健康で長生きできるために必要な栄養価を含んだペットフードを研究開発しています。その中から誕生したのが、サイエンス・ダイエットです。栄養学に基づいて作られた安全なペットフードは、幅広いタイプの犬や猫の健康を徹底的に考えて作られていますので、安心してペットに食べさせることができます。どのような研究がされているのか、豊富ともいえる商品一覧を確認してみたいと思います。

日本ヒルズ・コルゲート株式会社の販売

サイエンス・ダイエットを販売しているのは、アメリカに本社がある「ヒルズ ペット ニュートリション インク」です。その子会社である日本ヒルズ・コルゲート株式会社がサイエンス・ダイエットを販売している老舗メーカーになります。その昔は花王石鹸との合併でオーラルケア製品を販売していましたが、その契約も解消された1980年代後半には、現在の社名に変更してドッグフードとキャットフードの販売を開始しました。

また、日本の代理店としての社会貢献は、京都動物愛護センターで保護されたペットたちの里親探しをサポートする「シェルター(動物愛護)プログラム」にも積極的に取り組んでいます。

最新の臨床栄養学に基いて開発

ペットたちの年齢や体重に合わせた栄養を与えていなければ、健康で長生きすることは人間同様にとても難しいものです。高品質な原材料を用いて作られたものか、過剰に栄養分を摂取し過ぎていないかなどペットたちの健康を支配するのは栄養バランスなのです。

そこで、科学的根拠に基づいて栄養学の観点からも研究を重ねた結果、誕生したのがサイエンス・ダイエットです。ヒルズが行っている研究は、実験を行うためのグループと今まで通りのペットフードを食べて過ごすグループとに分けて、「無作為化給餌試験」を行っているのです。こうした実験の成果が新たな研究へと繋がり、常に世界中のペットの健康を考えるようになったのです。

アメリカの獣医師が選ぶNo.1

アメリカの獣医師から一番選ばれているのがヒルズのサイエンス・ダイエットだと言われています。それは、ペットフードの開発で欠かすことのできない臨床的実証が実在する獣医師による臨床スキルなどの経験があってはじめて臨床試験にパスすると知れば、犬猫に一番詳しい獣医師が研究に参加して誕生しているペットフードだからこそ、信頼の証として獣医師たちから認められているのです。

豊富なラインナップ

サイエンス・ダイエットには、年齢や大きさ、子どもか高齢化により幾つもの種類がありますのでペットに合わせて選ぶことが可能です。また、妊娠期や授乳期用などもありますし、猫用には腎臓や心臓を守る健康ガードというキャットフードもあり常に最新の栄養学を取り入れていますので安心してペットに与えることができます。

サイエンス・ダイエットのラインナップ

サイエンス・ダイエットは、高品質な原材料で作られています。最新と言われている栄養学に基づいた数十種類にも及ぶ栄養素をバランスよく配合して、合成着色料・保存料・香料などは一切シャットアウトしているのです。たとえば、抗酸化成分を配合することで免疫力を高めたり、オメガ3脂肪酸にオメガ6脂肪酸など人間でも摂取したいと思う栄養を使っているので健康的な被毛を保つことが可能です。コンドロイチンやカルシウムといった関節などの骨にいい成分を配合しています。

また基礎代謝をよくするために消化吸収に優れていることからAAFCP基準(米国飼料検査官協会)をクリアしたペットフードなのです。これが犬用と猫用に用意されているのは、サイエンス・ダイエットだけです。それでは、サイエンス・ダイエットの豊富なラインナップを紹介します。

小型犬用

まずは、小型犬用ですが小さなボディに適した栄養素と、小型犬が好きな香りや歯応えにも着目しています。ポリフェノールを含んでいるトマトなどの素材も入っているのも特徴です。小型犬でも健康的で長生きすることがコンセプトのドッグフードです。

おもな商品は、パピー(子犬用・妊娠・授乳期)・パーフェクトウェイト(1歳以上) ・アダルト(成犬用)・ライト(肥満傾向の成犬用)・シニア(高齢犬用 7歳以上)・シニアライト(肥満傾向の高齢犬用7歳以上) ・シニアプラス(高齢犬用 10歳以上)•シニアアドバンスド(高齢犬用13歳以上)です。

レギュラー用

レギュラー用には、パピー(幼犬・母犬用/妊娠・授乳期)・アダルト(成犬用 小粒)・アダルト(成犬用)・アダルト ラム&ライス(成犬用 小粒)・アダルト ラム&ライス(成犬用)・ライト(肥満傾向の成犬用 小粒)・ライト(肥満傾向の成犬用)・シニア(高齢犬用 7歳以上 小粒)・シニア(高齢犬用 7歳以上)・シニアライト(肥満傾向の高齢犬用 7歳以上)・シニアプラス(高齢犬用 10歳以上)・シニアアドバンスド(高齢犬用 13歳以上)があります。抗酸化成分を盛り込んだ栄養バランスで空腹時の満足感や肥満にならないための工夫がされていますので安心して与えることが可能です。

大型犬種用

大型犬用として、パピー 子いぬ用・アダルト(成犬用)・ライト(肥満傾向の成犬用)・シニア(高齢犬用 6歳以上)があります。大型犬が高齢になっても元気に自分の足で歩けるような栄養バランスが考えられています。

猫用

小さな猫でも健康で長生きしてもらいたいから、栄養バランスのよいサイエンス・ダイエットをおすすめします。たんぱく質・炭水化物・ビタミン・ミネラル・ナトリウムなどが配合されているものがいいです。

ラインアップを確認してみます。キトン(子猫用)・アダルト(成猫用)・ライト(肥満傾向の成猫用)・シニア(高齢猫用7歳以上)・シニアライト(肥満傾向の高齢猫用7歳以上)・シニアプラス(高齢猫用 11歳以上)・シニアアドバンスド(高齢猫用14歳以上)・インドアキャット(成猫用)・インドアキャット(高齢猫用)・ヘアボールコントロールアダルト(成猫用)・ヘアボールコントロールライト(肥満傾向の成猫用)・ヘアボールコントロールシニア(高齢猫用)・避妊去勢猫用です。

子猫用や成猫用には高タンパクで栄養価が高くなっています。そして高齢になれば、低脂質で低カロリーなもので体重をコントロールできたり、繊維質が高いフードは、飲み込んだ毛玉をコントロールする役割を果たします。

サイエンス・ダイエットの栄養の特徴

良質な栄養分が含まれたサイエンス・ダイエットは、総合栄養食だと言われています。主原料である玄米やチキン・ラム肉などにトマトやホウレン草などの野菜と果物が配合されているのでグルメなペットにも好評です。天然由来成分の酸化防止剤であるクエン酸やローズマリー抽出物が使われているので発がん性物質と無縁です。

また、ライフステージに合わせるように避妊や去勢・体重コントロールなど寿命が延びたペットの健康を考えたペットフードです。どのような特徴があるのか確認してみたいと思います。

優れた栄養バランス

ペットの年齢に合わせた栄養成分が含まれているので、そのときに一番必要なペットフードを与えることができます。成長に欠かせない高品質な成分や、内臓などの健康に適したバランスのよい成分を使っているのでペットの健康をとことん追求したペットフードだと言えます。

高いレベルの抗酸化成分を使用

人間と同じようにペットたちも老化が進んだり、病気になるのは活性酸素が大きく関わっています。サイエンス・ダイエットには、抗酸化成分であるビタミンC・ビタミンE・ベータカロテンが含まれていますし、高品質な原材料が使用されているので、健康を保つために必要な免疫力が高まるようにできたペットフードだと言われています。

乾物量分析値を公表

厳しい基準をクリアしているサイエンス・ダイエットは、栄養組成である乾物量分析値を公表しているというのも大きな特徴です。タンパク質が何パーセント、オメガ3脂肪酸が何パーセントとか、事細かに表示されていますので大切なペットの健康をサポートし易いペットフードだと言えます。

AAFCOの基準をクリア

AAFCOはアメリカの検査機関で米国肥料検査官といいます。グローバルスタンダートの基準をクリアしているので世界でも認められたペットフードだと自信をもっておすすめできます。

消化吸収が高い

人間と同じようにペットたちもそれぞれに代謝エネルギーが違います。サイエンス・ダイエットの中には消化吸収性の高い代謝エネルギーが含まれていますのでペットの体を考えたフードだと言えます。

喜んで食べられるように工夫

ペットだって、毎日同じものを食べていれば飽きてきますし栄養面でも不安が残ります。サイエンス・ダイエットは良質な材料を使っていたり、ペットが大好きなニオイや味付けを研究しているのでグルメな小型犬でも満足できる味になっています。

ペットの食事の選び方

ペットフードはどんな味のものでも構わないと思っている飼い主さんを見かけることがありますが、ウェットなタイプもあれば、半生やドライタイプまで様々な触感で出来ています。ペットフードに含まれる水分量の違いですが、何よりも総合栄養食として安心してペットに与えるものか、これを食べていると健康面でどのような効果が出るのかなど考えなければならない問題点が多くあります。自分のペットの大きさや年齢などでも必要な栄養分が違いますのでしっかりと選ぶことが大切だと言えます。どのようなペットフードを選ぶべきなのか確認してみたいと思います。

総合栄養食を選ぶ

サイエンス・ダイエットのペットフードであれば、全てのラインアップで総合栄養食として認められています。総合栄養食というのは、高品質で必要な栄養分がすべて入っているペットフードと水分を飲むだけで食事として成り立つものを指します。これさえ与えていれば、ほかにご飯を与えなくても健康維持が可能だと考えられています。

年齢にあわせて選ぶ

たとえばサイエンス・ダイエットでは子犬用、成犬用、高齢犬用と豊富なラインナップが特徴です。また、小型犬なのか大型犬なのかによっても寿命に違いがあることから、高齢者用でも7歳~、10歳~、13歳~と判別できるのでペットの年齢に合わせて与えることが可能です。

健康状態に合わせる

ペットは病気もせず健康に生活しているかまずは確認してみてください。腎臓病で結石ができていることがあれば、ミネラルバランスを考えたペットフードがおすすめですし、少し太ってしまい運動もしないようであれば糖尿病になるリスクもありますので予防するようなペットフードがいいです。このように健康面で必要な栄養分だったり、改善するためのミネラル分などを摂取できるペットフードを与えてみてください。

品質のよい原材料を選ぶ

最近のペットフードは主原料にもこだわっていて、人が食べるものと同じ食材が使用されています。それは、人が食べるものだから安心できる材料だという認識が広まったことで、安全性が確保された新鮮な原材料のみが使用されているのです。

ペットの好みに合わせる

犬や猫にも味覚がありますが、人間のおよそ5分の1程度と言われていて、あまり感じないようですが、それでも甘い味が好みのようでお菓子とかパンとかを食べさせている飼い主さんもいますが、欲しがるから与えてしまうのは間違いですので注意してください。それでも嗅覚が優れている犬は、微妙な匂いの違いを感じて好みの味を見分けています。また、顎が強い大型犬は固いものでも平気で食べますが、小型犬にとっては噛むことが辛いはずです。色々と試してみれば何が好きで嫌いなのかわかりますので判断材料として考えてみてください。

評判が高いサイエンス・ダイエット

獣医も認めるペットフードとして有名なアメリカのサイエンス・ダイエットは、人口添加物や着色料を使わずに、保存料は天然由来成分が使われているので安心してペットに与えられると評価がとても高いです。また豊富なラインナップでペットの大きさに合わせて選ぶことができて、総合栄養食としての地位を確立しています。その中でも代表的なペットフードを紹介します。

サイエンス・ダイエット ライト 小型犬用 肥満傾向の成犬用 3kg

サイエンスダイエット ライト 小型犬用 肥満傾向の成犬用 3kg [ドッグフード]
小型犬用で1歳~6歳用であまり運動をしないのでちょっと太ってきたなと感じたら食べさせてください。抗酸化成分であるビタミンEがたっぷりと入っていて、品質の高い米やチキンが使用されているので食物繊維もしっかりと摂れます。カロリーや脂肪分も抑えてあるので安心して与えることが可能です。

サイエンス・ダイエット シニアライト 小型犬用 肥満傾向の高齢犬用 7歳以上 3kg

サイエンスダイエット シニアライト 小型犬用 肥満傾向の高齢犬用 7歳以上 3kg [ドッグフード]
小型犬でも7歳以上のおもに肥満タイプの高齢犬に向けたドッグフードです。抗酸化成分のビタミンDとEを配合していることと、骨を丈夫にするカルシウムやコンドロイチンも含まれています。また、心臓や腎臓といった高齢犬ならではの気になる病気に対応すべくナトリウムやリンを調整することに着目しています。

サイエンス・ダイエット シニア 高齢犬用 チキン 370g × 12ケ入り

サイエンスダイエット シニア 高齢犬用 チキン 370g × 12ケ入り
中型犬で7歳以上の高齢犬用として、チキンの缶詰めをおすすめします。代謝エネルギーが含まれていますので健康を維持したい高齢犬に最適です。

まとめ

臨床試験を何度も繰り返し、成分も吟味されて作られたサイエンス・ダイエットは、世界のペットフード業界からも認められ、獣医も選ぶと言われていることから安心・安全に着目していると言われています。体が小さくて痛みも訴えることができない犬や猫のために総合栄養食として与えてあげてください。