BMI18に近づく健康的なダイエット方法!体型が気になっても無理は禁物!

あなたは痩せていますか?太っていますか?それを知るためには、自分の”BMI”を知ることが大切です。BMIというのは、ボディマス指数のことです。体重と身長から計算され、肥満度を表しています。

今回は、そのBMI値を学び、健康的にダイエットするためのポイントをお話ししたいと思います。ご自分の体型が気になるという方は、ぜひ参考までに。

BMIから分かること

BMIは、今や世界的に用いられており、自分が痩せているのか太っているのか、それとも標準的なのかを、その数値で知ることができます。まずは、このBMIについて、少し学んでいきましょう。

あわせて読みたい

BMIの基本~計算法や単位、おすすめのBMI計測ツールを紹介!

続きを読む

1835年に開発

ベルギーのアドルフ・ケトレーが、統計手法を導入、身長に対し適正体重と実際の体重を比較するボディマス指数(BMI)を提案したことから始まりました。

健康のための基準

低体重、標準体重、肥満に分類することにより、その人の健康状態を判断するための基準を設けました。標準体重は健康状態良好、低体重、もしくは肥満に分類されると、それぞれ健康状態に何らかの影響を及ぼすものとされています。

日本の肥満度判定基準

計算方法は世界共通ですが、肥満度の判定基準は国によって異なります。日本では、最も病気にかかりにくいBMI指数を22に設定しており、25以上を肥満、18.5未満を低体重としています。

知っておきたいBMI18.5未満のリスク

女性はすぐにダイエットをしたがりますが、正しい痩せ方をしなければ、健康に害を及ぼす可能性があることを、知っておく必要があります。下記に、低体重による4つのリスクを挙げてみました。

女性は早産の可能性もある

 

女性は男性に比べて、脂肪を体内に蓄積しやすい体質を持っています。それは出産時、胎児に栄養を届けるためです。ですが、低体重の女性は、脂肪の量が少ないため、本来必要な栄養が足りず、早産になるケースが多く見られます。

また、BMI数値が15を下回ると、妊娠すらままならないといいます。脂肪が少ないと、妊娠する準備が整っていないと身体が判断するため、月経がストップし、排卵すら行われなくなってしまうのです。

摂食障害の可能性

女性の場合、痩せたいという気持ちが強すぎて、心理的に食べ物を拒んでしまうことが多く見受けられます。他人から見れば十分、いや、痩せすぎなくらいなのに、本人は全く自分の体型に満足できず、倒れるまで栄養の摂取を拒んでしまうのです。

こうした摂食障害は、栄養の不足から心臓病や生活習慣病などを引き起こしやすく、体力も極限に落ちているために疲れやすくなってしまうのです。

あわせて読みたい

BMI16の芸能人は痩せすぎ?BMIの計算方法やダイエット法は?

続きを読む

骨が作られにくくなる

栄養不足に陥ると、骨もつくられにくくなります。通常、骨の周りに筋肉や脂肪がつくのですが、骨が細いとその周りにつく筋肉や脂肪も薄っすらとしかつかなくなってしまいます。そうすると、太りたくても太れない、そんな身体になってしまうのです。

基礎代謝が落ちることもある

低体重の人は、脂肪と同時に筋肉量も低下してしまいます。そうすることで、基礎代謝が落ち、病気にかかりやすくなったり、冷え性や肌荒れなど様々なデメリットが生まれるのです。

健康的に過ごすポイント

では、体脂肪を落としながら健康的に過ごすためには、どのようなことを気を付けるのが良いのでしょうか。何も難しいことはありません。基本的に、下記の3点を守っていれば、無理なく健康に体脂肪率を落とすことができるのです。

三食きちんと食べる

ダイエットをする人は、食事を抜いてしまいがちです。そうすれば、一時は痩せることができますが、体調を崩したり、リバウンドをしてしまいます。食事の中身に気を遣い、三食きっちり食べるように心がけてください。

あわせて読みたい

糖質制限ダイエットは食材の糖質量を知る事が成功のカギになる

続きを読む

バランスの良い食事を摂る

栄養バランスも大事な要素の1つです。どれか1つの栄養素ばかりを取り続けるのではなく、バランスの良い食事をとりましょう。

あわせて読みたい

炭水化物・タンパク質・脂質をバランスよく摂って健康ダイエット

続きを読む

軽い運動をする

体脂肪を減らす分、筋肉をつけなければ、体力は失われる一方です。特に、食事で良質なたんぱく質を摂取し、軽い運動をすることで、効率よく筋肉をつけることができますので、運動が苦手な方でも気軽に取り組めます。

モデル体型に近づける、おすすめダイエット方法

とってもスタイル抜群なのに、タフでエネルギッシュなモデルさん。そんなモデルのような体型に憧れる人は多いはずです。最後に、モデル体型に隠されたダイエットの秘密を知ることができる書籍をご紹介します。

モデルが秘密にしたがる体幹リセットダイエット

モデルが秘密にしたがる体幹リセットダイエット
一流モデルやミスユニバースが密かに鍛えている「モデル体幹筋」。この方法で3万人の女性が、美しい体型を手に入れたとか。頑張らないダイエットが、今のモデルさんたちの美の秘訣なのです。

世界一やせるスクワット

世界一やせるスクワット
トレーニングと聞けば、ツラいもの、時間が必要と思われがちですよね。でも、世界一やせるスクワットは、1種類の運動で全身の筋肉を鍛えることができるすごいものなのです。身体を動かすことが苦手な人にでも、気軽にできるトレーニング法です。

モデルが通う美容整体サロン Dr.Bodyの愛されボディメイクBOOK

モデルが通う美容整体サロン Dr.Bodyの愛されボディメイクBOOK【[10秒にぎるだけ!]脂肪燃焼ストレッチリング2個付き】 (バラエティ)
美容にこだわりのあるモデルや芸能人が通う美容整体サロン、Dr.Bodyの公式ダイエット本です。脂肪燃焼ストレッチリングつきで、このストレッチリングを使ったエクササイズや、とっておきのダイエット法が紹介されています。憧れのモデル体型に近づけるチャンスかもしれませんよ。

まとめ

今回は、BMIについてや、低体重による危険性、おすすめのダイエット本に至るまで、様々なダイエットにまつわるお話をしてきました。美しい体型は、女性に自信をもたらします。しかし、それが行き過ぎてしまうと、病気などのリスクに繋がることも忘れないでください。

ダイエットは、健康的に痩せることが重要です。脂肪を蓄えやすい、女性元来の体質を変えるわけですから、正しい方法でダイエットを行わなければ、大変危険なものなのです。この記事を読んでいただいた皆さんが、健康に美しいボディを手に入れていただけることを願っています。

たくさんの方々から、喜びの声が聞こえてくることを想像しながら…私もその一員になれるよう、ダイエットにチャレンジしてみたいと思います。