ダイエットは食事がポイント!食事をして成功するためのコツを紹介

ダイエットに挑戦しても、「なかなか痩せない」と苦労する人は少なくありません。リバウンドに悩み、食事制限、糖質制限、運動など、様々な工夫をしても十分に成功することができない、という例は珍しくないでしょう。ですが「諦めない」でください。実は、食事、運動で糖質、炭水化物で工夫することで、誰しも成功することは十分に可能です。さあ、今日から無理のない「ダイエット」をはじめましょう。

食事で太る3つの基本原因を知っておこう


食事から「太る」と考えられる主な原因は炭水化物、脂質、糖質です。生活習慣の中で意識しないうちに、悪い習慣が積み重なり、それが体重増加につながっていることがあります。年齢とともに、人は新陳代謝は落ちますが食事を改めるのは難しいものです。

特に、太る基本となるこれらの生活習慣を続けてしまうと、体重増加の原因となります。糖分が多く含まれた飲料、ご飯類やパン、麺類を大盛りで食べる、脂質の多い食事を好む、などは太る原因になりますので一度、食生活を改めましょう。

食事から炭水化物を摂取して脂肪が増える

無理のないダイエットは、健康にもよいですし、メタボリックシンドロームなどの成人病の予防にもつながります。炭水化物は必須の栄養素である反面、取りすぎてしまい、現代はどうしても「運動不足」になりやすい習慣を抱えている人が多いです。実は「自発的に運動すること」「日々の習慣をかけること」でかなり、メタボリックシンドロームは予防できますし、ダイエットを実現することも十分に可能です。

食事から脂質を摂取して脂肪が増える

日々の食事の中で、「脂質」が多い商品は意外と多いものです。たとえばコンビニ弁当や店屋物の定番である「カツ丼」は、ブタの脂身と衣を揚げるための油が多く含まれています。あまり運動量の少ないデスクワークの人が好んで食べると肥満の原因になってしまいます。

食事から糖質を摂取して脂肪が増える


糖質はダイエットのときに見逃されやすい原因です。ですが既成で販売されている飲料物には糖分が多く含まれている飲料物が多くあります。あまり意識していないかも知れませんが、自動販売機やコンビニエンスストアで毎日、好きなドリンクを2本、3本と摂取していないでしょうか。

100ミリリットルのカロリーが記載されていますが500ミリを2本摂取すると糖質も多く、約1食分の食事と同じカロリー摂取量になってしまうことがあります。

タンパク質がダイエットに良い理由

ダイエットの王道の一つともいえるのが「タンパク質」ダイエットです。タンパク質もカロリーに計算されるため、食事制限をするとき、一緒に制限してしまう人も少なくありません。

しかし、タンパク質は脂肪を燃焼させるために役立つ筋肉を強化するための材料であり、無理な減量が体重だけではなく、筋力まで減らしてしまう結果になってしまいます。体脂肪を効率よく燃やすためタンパク質を効率よく取り入れ、脂肪や糖質を上手に制限してみてはいかがでしょうか。

筋肉を増やして脂肪の燃焼効率を上げる


体重を減らすだけではなく、美しく健康的なスタイルを作るためには必要な「筋力」を落とさないようにすることは美しい体系を維持し、健康的出継続的なダイエットをするために欠かすことができない方法です。

定期的な筋力トレーニングや運動、健康的なダイエットを意識的に行う、など実は改善できることは多くありますので、ぜひチャレンジしてみてください。筋力を増やし、脂肪の燃焼を増やして美しいスタイルでダイエットができます。

内臓の働きを活発にして痩せやすい体質を作る

内臓脂肪などがメタボリックシンドロームなど成人病の原因になることは知られていますが、無理のない範囲で成功するためにも、まず内臓脂肪を減らすよう、心がけることをおすすめします。そのためには、便秘となりやすい運動不足や脂肪分や油分の多い食事を避ける、ストレスが多い生活を改める、寝不足や不眠は出来る限り避ける、など改められるポイントは意外と多いものです。内臓の動きを活発にして、痩せやすい体質を目指しましょう。

脂肪や糖質の摂取量を減らせる


無理のないダイエットや、一工夫加えた食事制限は減量はもちろん、体重の減少にもつながり、とても大きなプラスの働きを期待できます。健康にもよい結果になります。

まずは、毎日のメニューから見直してみることをおすすめします。野菜を多く取り入れる、豆腐、納豆、ヨーグルトなど発酵食品を生活の中に入れる、サラダのドレッシングに油分が多くならないよう、注意するなど意外とできることは少なくないのです。日々の生活でバランスの取れた食事を意識して心がけるようにしましょう。和食中心にする生活もおすすめです。

食事ダイエットで心がける5つのこと

実は食事のダイエットは「5つの心がけ」を原則としていると、よい結果が出ることが知られています。まず22時以降に食事をしない、よく噛んで食事をする、などは皆さんもご存知のことかと思います。

そのほかにも「朝食を抜かない」「無理な我慢をしない」「自分の体重を知る」などは実はよい結果に結びつきます。無理なく健康的に美しい体型を維持するためにも、この5原則を意識してダイエットに取り組んでみてはいかがでしょうか。

①22時以降に食事はしない


つい、仕事で遅くなってしまい、食事をしていない、晩酌の習慣が止められない、間食で夜、何か食べてしまう、などの生活は実は太りやすい原因の一つでもあります。22時以降、食事をしないのは、食べたものがほとんど全てカロリーとして吸収されてしまい、結果として肥満につながってしまうからです。

この状態が続いてしまうと、朝や昼の食事でカロリー制限をしたとしても、結果的に夜に食べ過ぎてしまい、肥満の原因になってしまい、本末転倒の状況に陥る結果になります。時間を意識して、食べ過ぎないよう、十分に注意を払いましょう。

②よく噛んで食べる

満腹中枢を刺激し、少ない食事量でも十分に食べた気持ちにするためにも「よく噛んで食べる」習慣は欠かさず、続けたい習慣の一つでもあります。実は大食いの人によく起こりがちな傾向として、あまり噛まずに一気に食べてしまう習慣があります。

これは大変危険な状況で太りやすくなってしまいます。良く噛んで食べる習慣で、大食いの習慣を改めましょう。

③朝食は抜かない

仕事で忙しい、ダイエットをしているから朝食を取らない、という習慣をしている人も少なくないかも知れません。しかし、これは大変危険な習慣でもあります。

実は、朝補給したカロリーは燃焼され、脂肪として蓄積されませんが、夜に補給した食事はそのまま脂肪分として蓄積してしまうリスクがあるからです。この悪循環は決してよいことではありません。朝、しっかりと軽食を取り、昼や夜にあまり食べ過ぎないようにしましょう。

④我慢をしない


食事に関するダイエットに挑戦した人は多いでしょうが「自分には無理」と最初から諦めてしまっている場合も少なくありません。また「絶食」や「一食を置き換える」など、ストレスがかかる方法であるため、長く続けることが現実的に難しい、と感じる人もいるでしょう。

ですが、実際には一工夫してみると「意外と長く続く」という人も珍しくないのです。

⑤常に自分の体重を意識する

ダイエットを長く、継続して続けるためには「自分の体重」が今、どの程度なのかを知ることが、うまく減量するためのよい方法です。そのためには「毎日」もしくは決まった曜日、週末、などを決めて、目標体重に向けて努力をしてみるとよいでしょう。

5キロ減量を2ヶ月で達成する、などの目標があれば無理のない範囲で体重を減らすことも十分に可能です。健康的に成功するためにも、常に自分の体重を意識して、減量に取り組んでみてください。

食事ダイエットと合わせて行うべきこと


健康で美しいスタイルを維持するためにも、まず「自分で出来ることからはじめてみる」のはいかがでそうか。ダイエットで失敗してしまいがちなケースとして、実は過度な食事制限があります。

これは、ストレスの大きな理由にもなりますし、自分でも嫌気が差してしまうため、どこかでフラストレーションが爆発してしまい、結果的にリバウンドの悪循環に陥ってしまうことになります。そうならないためにも、まず「健康的に運動」を続けるにはどうすればいいか、意識して継続してみてはいかがでしょうか。

適度に運動をして脂肪を燃やす

ダイエットの王道はなんといっても「運動」を継続することにあります。これは「言うややすし」という格言どおり、実際に続けるとなると大変なものです。無理に難しい目標を立ててしまうと、結果として挫折してしまうことは珍しいことではありません。

現実的に可能なダイエットの目標体重に向けて、有酸素運動を心がけましょう。軽いランニング、体操、入浴で汗をかく、サウナなど、実際に運動を継続するために出来ることは意外と多いものです。無理のない範囲で有意義でダイエットを出来るように挑戦してみてください。

早寝早起きで夜食を減らして朝食を取る


規則正しい生活は肥満やメタボリックシンドロームの防止にもつながります。また、不規則な生活からくるイライラは、ストレスの原因になり、それが過食や過度の飲酒など肥満の原因につながっていることがあります。

早寝早起きは意外と難しいと考えている人もいるかも知れませんが、継続すればそれほど難しいことでもありません。生活のリズムを整えるためにも、ぜひ規則正しい時間に就寝し、しっかりと起きて身体を動かすようにしましょう。

ながら食いは止める

実は間食が原因で肥満になる人は少なくないものです。通称「ながら食い」と呼ばれる食べ方で、この習慣がついてしまうと、簡単には痩せられず苦労することになります。一度、無理をしないできっちりと成功するための食事習慣を身につけるようにしましょう。

まとめ

苦しい、と感じるダイエットは実際に長く続けるのは難しいものです。精神的にもストレスが多くなり、仕事が集中できない、イライラが募る、食べ物を見たらつい、間食をしてしまう、など弊害が発生してしまうことがあります。

これはよくない悪循環です。食生活は、毎日の積み重ねですが、意識をすれば皆さん、しっかりとダイエットが出来ます。無理のない範囲で目標を立てて、しっかりと痩せられるように挑戦してください。諦めないで「継続」することがダイエット成功の鍵です。