お茶で便秘を解消!おすすめのお茶とその効果って?

便秘を解消させたいと思ったときには、お茶が有効だと言われています。身体にとって便秘というのは当然ですが良いことはありません。特に女性にとっては深刻な悩みにもなることが多いです。では、そんな便秘を解消できるおすすめのお茶、その効果について紹介していきます。

便秘解消にお茶がおすすめの理由

便秘の解消に対しては、お茶が良いと言われているわけですが、その理由とは一体どこにあるのでしょう。色々な理由があるということですが、ひとつずつ見ていきましょう。

水分補給が出来る

もちろんですが、お茶は液体です。つまりは水分補給ができるということです。便秘というのは、便が固まっていて腸の中で詰まっている状況も十分にあり得るのです。

そこで、水分を補給することによって、便を軟化し、体外に排出させやすくするわけです。その効果をお茶によって得ることができるというわけです。お茶は食事中、食事後に関わらず、積極的に飲むようにしていくと良いでしょう。あまり飲み物を飲まないという人であっても、お茶ならば気軽に飲むことができるはずです。

腸の活性化が出来る

お茶には、カフェインが含まれています。これはお茶だけではなくて、コーヒーなどにも含まれている成分なのですが、このカフェインが便秘解消に対して大きな力を発揮してくれるというのです。便秘状態の腸というのは、正常な働きができなくなっており、便を押し出すことがまともに出来ない状態です。

そこでカフェインの出番なのです。腸の働きを活性化させてくれる効果が期待できますから、便の排出を促すように働きかけてくれるのです。そのため、便秘の解消に役立つという点があるわけです。ですが、カフェインの過剰摂取は逆効果になる可能性がありますから、十分に気を付けるようにしたいところです。

気軽に続けられる

単純にお茶を飲むということ、それが便秘の解消につながるということですから、気軽に続けることができるのです。何かしらの制限がかかるとしたら、何かしら続けることは難しいと思ってしまうのですが、ただ単にお茶を飲むだけでいいわけですから、気軽に長期間続けることができるのです。飲むときには、できる限り常温、あるいは温かいお茶を飲むことを意識したいところです。

副作用が少ない

当然ですが、お茶を飲むわけですから、副作用の心配をすることはほぼありません。考えられることと言ったら、カフェインが含まれているため、飲み過ぎると眠るのがちょっと大変になるといったところです。前述していますが、飲み過ぎに対しては逆効果になる可能性があるため、十分な注意が必要になります。普通に飲む程度であれば、何の問題もないと思って構わないでしょう。

また、便秘の解消といったら、下剤が有効ということですが、下剤は薬ですから副作用は当然あります。それとお茶を比べたときには、当然お茶の方が副作用は少ないです

お茶に含まれる便秘解消成分

便秘が解消できる成分はお茶にはたくさん含まれています。それでは、お茶にはどのような便秘解消成分が含まれているのでしょうか。

マグネシウム

市販の便秘薬にも多く含まれている成分であるマグネシウムは、副作用の少ない成分と言われています。マグネシウムはミネラルの一種であり、人間の生命維持にとって必要不可欠な成分です。適度に摂ることによって、便秘解消の効果を持っているのです。

水溶性食物繊維

水溶性食物繊維とは、寒天のようにネバっとした弾力性のある繊維となっています。この水溶性食物繊維とは、便が硬い人にとってはかなり有効な栄養素だと言われています。水溶性食物繊維は、保水性を持っており、腸内にあるがちがちになっている便を柔らかくしてくれる働きを持っているのです。

また、膨張性というものもあります。これは、水分を含むことにより、何倍にも膨れ上がって腸内を刺激するという働きのことです。これにより、お通じが良くなり、便秘の解消にも繋がるということです。また、腸内環境改善の効果も持っています。

カテキン

お茶には、カテキンが多く含まれています。このカテキンの作用は悪玉菌を減らすという殺菌作用、そして善玉菌を増やしてくれる効果を持っています。ですから、まずはこの悪玉菌の排除を考えなくてはなりません。

カテキンの殺菌作用は、悪玉菌にだけ作用するものということですから、腸内の悪玉菌をきちんと排除してくれることに加え、腸内環境を整える善玉菌をしっかりと増やしてくれます。また、蠕動運動を活性化させるという効果も持っており、便秘解消にはぴったりということなのです。

ビタミンC

ビタミンCには、ストレスの緩和をし、リラックスさせる効果があります。これによって、筋肉の緊張がほぐれて排便をスムーズに出来るというのです。また、固まった便を柔らかくして、排出しやすく出来るという効果もあるのです。元々健康に対して良い効果があるビタミンCですが、便秘に対して効果は抜群なのです。

便秘におすすめのお茶の種類とは

便秘に対しておすすめのお茶とは、どのようなものがあるのでしょうか。

杜仲茶・プーアル茶

杜仲茶はマグネシウムを豊富に含んでいます。ですから、便の水分量を増やして柔らかくして、腸の動きを良くするという効果を持っているのです。これにより、ダイエットによって起こる可能性のある便秘をすっきり解消させられる期待を持つことができるのです。また、プーアル茶にも便秘を解消させる効果が期待できます。

ごぼう茶・玄米茶

ごぼう茶、そして玄米茶には、不溶性食物繊維が多く含まれており、それによって腸の蠕動運動が活発化します。それによって腸内環境が整い、便秘の解消をされることが期待できるのです。腸内環境が悪いと、どうしても便が腸の中で詰まってしまいます。そして、その状態が続くと、宿便として体内に残ってしまうのです。それを押し出すためには蠕動運動を活発化させることが効果的だと言われており、その役に立ってくれるのがごぼう茶や玄米茶というわけです。

緑茶・ローズヒップティー

緑茶にはカテキンが多く含まれています。それによって、善玉菌を増やして、腸内環境をしっかりと整えてくれると言います。さらに、悪玉菌も排除してくれるということもあって、便秘の解消につながると言われているのです。また、ローズヒップティーにはビタミンCが多く含まれていることから、リラックス作用をもたらし、便秘の解消を促してくれるのです。

効果的な飲み方

便秘を解消させるためのお茶には色々な種類があるのですが、効果的な飲み方というものもあります。この飲み方というのは、どのようなものとなっているのでしょうか。

常温または温かいお茶をゆっくり飲む

お茶を飲むときには、なるべく常温、あるいは温かいお茶を飲むことが大事です。ホットで飲むことによって、身体が温まります。代謝のアップ、さらには肝機能や胃腸の働きを活発化する効果が期待できるのです。もしもホットがあまり好きでないのであれば、常温のお茶を飲むことによって体への負担が少なくなります。ゆっくり飲むというのも、身体への負担を少なくすることが目的となります。

こまめに飲む

一度に多くの水分を摂ると、それは便ではなくて尿として排出されてしまいます。便秘解消を目的とするのならば、水分は尿ではなくて便として排出されることが大事となります。お茶の種類によっては、一度に多く飲むことによって下痢や腹痛を起こしてしまうこともありますから、お茶を飲むのであれば時間をかけてこまめに飲むように心がけるようにしましょう。

まとめ

お茶は便秘の解消にとって効果が高いことが分かったと思います。便秘というのは、精神的にしんどいのはもちろん、肉体的にもしんどいところが多いと言われます。そんな苦しい状況を解消できるのがお茶ということです。日常的に飲むことの多い飲み物だと思われますし、高価なものというわけではありませんから、経済的にも負担は少ないと言えます。もしも便秘でお困りであれば、お茶を飲むことから始めてみるのはどうでしょうか。