ニキビがかゆい!原因や対処方法を分析!ニキビのかゆみを解消!

ニキビができてしまうと早めにケアをしておくことが大切ですが、たかがニキビと侮ってそのまま放置してしまう人も多くなっています。そうなってしまうと、ニキビはどんどん悪化して赤く腫れてしまったり、白く膿んでしまうなどひどくなってしまうと中々完治までに時間が必要となってくるので、ニキビはできてしまった早い段階からケアをしていく事が必要です。

また、ニキビができると化膿して痛い、膿ができて痛いというパターンがありますが実はニキビができる事でかゆみを伴う人もいます。この場合、どのような事が肌に起こっているのでしょうか。

ニキビがかゆい理由

ニキビができると赤く化膿して痛いという話は良く耳にしますが、かゆいというのはどういう状態になっているのでしょうか。

ニキビができた事でかゆみを感じる人は、肌が皮脂が多く出過ぎているというよりも乾燥してしまっている可能性が高くなります。

肌が乾燥してしまう事でバリア機能が低下して肌を守ろうとして皮脂を出した結果ニキビができてしまったという原因も考えられます。そうなると、ニキビができてしまったあとも、かゆみを伴ってしまうため、眠っている時に無意識に掻きむしってしまい余計にニキビ悪化させてしまうという結果になってしまう事もよくある話です。

肌が乾燥して肌バリアの機能が低下してかゆい

肌が乾燥しているとかゆみを伴うニキビが出やすくなります。これは、肌が乾燥する事で角質層のバリア機能が低下する事でおこる現象で、肌の乾燥によって角質層の水分が減っているためその乾いた状態の角質が肌の表面に出てきてしまいます。

乾いた状態の角質は肌にかゆみを発生させてしまうためかゆくなって掻きむしった事でさらに肌を傷つけてしまい、さらにニキビを発生させてしまうという負のスパイラルへと展開してしまうのです。

アレルギー反応によりかゆくなる

アレルギー体質の人ほどかゆみを伴うニキビができやすくなっています。どんなにアレルゲンを除去しても手についた最近の糞などがアレルギー反応を起こすなど、自分の持っているアレルギー意外にもアレルギー体質の人は反応を示してしまう事があります。そのため、アレルギー反応を起こしてしまう原因であるヒスタミンがニキビに付着する事によってかゆみを引きおこしてしまう事になります。

実は、アレルゲンが原因でかゆみを伴っているニキビを放置してしまうと、色素沈着やクレーターニキビの原因となってしまうので、かゆみの伴うニキビは放置せずにしっかりと早い段階でケアして行く事が大切です。

スキンケア用品で肌が刺激を受けてかゆくなる

ニキビができるとスキンケアをいつも以上に念入りに行う事が大切なため、実行した結果スキンケア用品の刺激によってかゆみが出てくるということもあります。これは肌の質が弱い人ほど反応を起こしやすくなるため、スキンケア用品を選ぶ時も刺激の少ないタイプのスキンケア用品を選んで使用する事が大切です。

特に香料や防腐剤などが入っているものを使うと肌への刺激が強くなってしまうので、刺激に弱いタイプの肌とわかっている場合は、スキンケアグッズを選ぶ時にも注意しながら選ぶ事が大切です。

ニキビがかゆいを解消する方法

ニキビができるとかゆみをともなうという場合は、肌が乾燥してしまっている事が考えられます。肌が乾燥してしまうと、肌のバリア機能が低下してしまうだけでなく、外部からの刺激にも弱くなっているため肌荒れを招いてしまう原因にもなっています。

ニキビができてニキビがかゆいと感じる場合、皮脂の過剰分泌や汚れからできているニキビというよりも肌の乾燥からきているニキビと考えられるため、かゆみを抑えるために通常のニキビ同様にケアをしていく事が大切です。

保湿成分を肌に取り入れて乾燥を解消

肌が乾燥することでできたニキビはかゆみを伴うため、早めにケアをしないと無意識に肌を掻きむしってしまうなどニキビだけでなく、さらに肌荒れを招いてしまう事になります。

ニキビの上から掻きむしってしまい、さらにニキビも化膿させてしまうとどんどん肌荒れが治る事がなくなってしまうため、乾燥が原因でニキビができていると自覚した場合はかゆみを止めるためにも、しっかりと保湿を行う事が大切です。しっかりと保湿をする事で乾燥が解消されるため、ある程度かゆみをくいとめる事ができるようになるでしょう。

肌が敏感な状態なので冷やして炎症を抑える

ニキビができた事でかゆみを伴っているのは、乾燥かきているかもしくはアレルギー体質の影響でかゆみが発生しているかのどちらかが考えられます。

しかしいずれの場合もかいてしまうとニキビを悪化させてしまうため、かゆみがある場合は冷やしてそのかゆみを鎮めることが必要です。乾燥から肌のかゆみが出ている場合はかなり肌が敏感になっている可能性があります。その為、いつもと違う化粧品を使用したり、薬を使用する事でさらに悪化させてしまう可能性もあるため、十分に注意してケアをする事が大切です。

かゆみを抑えてくれるオロナインなどを塗る

かゆみを伴うニキビの場合は、かゆみをおさえてひっかき傷を予防する事も大切です。オロナインなど自宅にある薬を使用していかゆみを抑える事もできるため、ニキビができてかゆみをかんじたらオロナインを使用してケアしてみましょう。

ニキビがかゆいを日常生活の中で予防

ニキビがかゆいという状態は、乾燥肌からきている事が多く、乾燥肌になるとアレルギー反応など様々な部分で肌が敏感になってしまう事があります。その為、ニキビがかゆいと感じるようになったら、日頃から肌の乾燥対策を行うなど、肌ケアを重点的に行う事で、ニキビや肌荒れを招かない健康な肌に近づける事ができます。

肌が乾燥状態にならないようにケアをしっかり行う

ニキビがかゆいと感じるのは、乾燥肌が原因となっている事がほとんどです。オイリー肌が原因でできるニキビは雑菌が繁殖しやすく炎症を起こしやすいのに対して、乾燥肌の場合はかゆみが特徴となっています。日ごろから、しっかりとスキンケアを行う事で乾燥肌も改善する事ができ、尚且つ健康な肌への導く事もできます。オイリー肌もお手入れに関しては大変な思いをしている人も多くなっていますが、乾燥肌もしっかりと保湿が必要という点でも手のかかる肌の質といえます。

アレルギー反応する成分が入っていないか確認する

また肌が乾燥する事で、肌自身のバリア機能が低下している事もありアレルギー反応をおしやすくなっているケースもあります。これも乾燥肌が原因となっているため、日ごろから乾燥しないようにスキンケアをしっかりと行う事は当然ですが、使用するスキンケア用品にアレルギー反応を起こす成分が入っていなか、肌への刺激が強いものはないかを確認してから使用する事も大切です。

自分がアレルギー体質と知っている人は、アレルギーを起こすものを熟知しているためそれを避けて生活する人がほとんどですが、アレルギー物質が入っていなくても肌が弱っている事で刺激によって反応を起こす人もいます。それを抑えるためにも、アレルギー物質の確認もそうですが、刺激を与える成分をさけて使用する事が大切です。

肌に刺激を与える成分が入っていない確認する

肌に刺激を与える成分は、香料や添加物などです。普段はアレルギーを持っている人は肌が乾燥しやすい人も多く、自分がアレルギー反応を占める恐れのある物質を避けて生活をしている人がほとんどです。しかし、アレルギー反応はアレルゲンだけに反応するのではなく、外部からの刺激によってかゆみなどの症状が出る事があります。ニキビができてかゆみがでるのもそのひとつで、アレルゲンが原因となっているというよりも外部からの刺激に反応しているケースがほとんどとなっています。

まとめ

ニキビなどの肌荒れを起こしてしまうと、女性の場合お化粧ができないなどストレスになる事も多く出現してきます。特に、乾燥肌でニキビができてしまうといつも以上にスキンケアが必要となるため、ニキビを気にかけながらの肌ケアになり面倒な事が多くなってしまいます。そう考えても、ニキビや肌荒れなどのトラブルが起こる前に日頃からしっかりと乾燥肌対策のスキンケアを行っておくことが大切です。

万が一、ニキビができた場合もかゆみがなければそのまま薬や飲み薬で対処するのが一番ですが、かゆみがある場合は無意識にかいてしまうのを防ぐためにも、なるべく保湿を集中的に行って乾燥を改善するように働きかける事が大切です。