どうして赤ちゃんの肌は乾燥するの?正しいケア方法を知りたい!

赤ちゃんの肌はとてもデリケートで、気を抜くといつの間にかかぶれていたという事もあります。
特に大人の肌と違って荒れた場合もすぐに自己流でケアすると、さらに肌荒れを起こしてしまうなど、大きな肌トラブルになってしまう事もあるため、万が一肌荒れを起こしてしまった場合は気をつけてケアしてあげる事が大切です。

間違ったケアでさらなるトラブルを起こさないためにも、赤ちゃんの肌について知っておくといざという時に役にたちます。

赤ちゃんの肌について知って、正しいケア方法を確認しておきましょう。

赤ちゃんの肌は乾燥しやすい?


赤ちゃんの肌は新生児の頃はまだ皮脂が過剰に分泌されるため、乾燥とは無縁となっていますが、生後2か月を過ぎてくると、次第にその過剰な皮脂分泌も終了して乾燥しやすい肌へと変化していきます。

その頃の赤ちゃんの肌はとてもデリケートなため、少しの摩擦ですぐに荒れてしまったり、乾燥がひどくなると、だんだん赤く腫れてきてしまうなど大きな肌トラブルにつながる事もあるため、お風呂にいれる時などにも気をつけて肌のチェックを行う事が大切です

赤ちゃんの肌は薄くてデリケート


さらに、赤ちゃんの肌が刺激を受けて荒れやすいという理由の中には、なんといっても赤ちゃんの肌の構造にあります。赤ちゃんの肌はとてもデリケートです。そういうと何だかぱっとしない人もいると思いますが、まだ産まれてまもない赤ちゃんの肌は薄いため、少しの刺激で肌荒れを起こしやすくなっているといえます。

そう考えても、服の摩擦などでも肌が敏感に反応して肌荒れやかさつきを起こしてしまう事もあるため、赤ちゃんを抱っこするときには服などの素材にも気を付ける事はもちろんですが、特に敏感な肌と感じた場合は、寝具などにも気を使ってあげるとある程度の肌荒れを防ぐ事ができます。

低刺激のボディソープや石鹸を使おう

赤ちゃんの肌を守るという部分で言うと、やはりお風呂も重要な項目になります。特に熱い温度のお風呂に入れてしまうと乾燥肌の原因になってしまう事もあるため、40度を超えない温度でお風呂にいれるようにするなどの工夫をする事も大切です。

また、体を洗う際に使うボディソープも肌の弱い赤ちゃんにとっては重要となります。低刺激のボディソープや石鹸を使ったり、赤ちゃん専用ボディソープや石鹸を利用するとより安心してお風呂にいれる事ができるようになります。特に、心配な場合は大人が使用している石鹸の使用は極力避ける事が重要です。

乾燥性乳児湿疹になってしまうことも

産まれたての赤ちゃんの肌は皮脂の分泌が激しいため、乾燥してトラブルを起こすというよりも皮脂の影響で湿疹が出てしまうケースがほとんどです。
その反面、2~3か月頃になると次第に皮脂の分泌が減る事で、乾燥肌になりがちなため新生児の頃を同じケアをしてると知らないうちに肌荒れを招いてしまう事になっているケースもあります。

そもそも赤ちゃんの肌が乾燥してしまうのは、皮脂の過剰分泌が終了した事と合わせて、元々肌の質がまだ薄く未熟な状態のため、肌を細菌などの外的な刺激から守るバリア機能も完全に出来上がっていない事が原因となっています。

そのため、新生児期の皮脂の過剰分泌が終了すると今度はバリア機能が引くい肌が直接外部からの刺激に振れるようになるため、乾燥性乳児湿疹になる可能性が高くなってしまうのです。乾燥性乳児湿疹は、肌のバリア機能が未熟なため肌に、水分を溜めておけない乳児期に起こる肌トラブルのひとつです。

肌トラブルから赤ちゃんの肌をまもるには、乾燥などの外的刺激から守ってあげる事が需要となるのです。

赤ちゃんの乾燥肌対策


赤ちゃんの肌はとても薄くてトラブルを招きやすいという事はわかったところで、今度はトラブルを招く原因から肌を守るための対策を立てる必要がでてきます。

赤ちゃんが肌トラブルになってしまうとやはり、親としてはとても気になってしまいます。まだ抵抗力もない事からどうしても跡が残ってしまったらどうしようなどの不安を抱える事にもなるため、赤ちゃんの肌トラブルが見えた場合は早めにケアをしてあげる事が大切です。

ベビーローション

知る人ぞ知る王道の赤ちゃんの肌ケア用品です。水分を上手に補ってくれるため、2~3か月の赤ちゃんの肌に水分を補うのに一役かってくれるケア用品です。

新生児には保湿ケアが欠かせない!おすすめの対処法を紹介

ベビーオイル

ベビーローションが肌に水分を補う役割をしてくれるなら、ベビーオイルは肌から水分を逃がさない役割をしてくれます。大人用の化粧品でいうと乳液の役割と同じで、正式な使い方はお風呂あがりにベビーローションで水分を補って、その補った水分を逃がさないように、ベビーオイルで蓋をすると覚えておきましょう。

ベビーオイルでできる♡簡単でコスパもよしな【ウェットヘアの作り方】

ベビーソープ


大人の3分の1しかない赤ちゃんのデリケートな肌を洗うのに適した石鹸になります。固形石鹸と泡ででてくるタイプの石鹸がありますが、いずれも低刺激で作っている点は共通していて、どちらかというとローコストで長持ちするのが固形石鹸になっています。

その反面液体や泡で出てくる石鹸は、ママが使いやすいというメリットが大きいため、どちらが人気かというとやあ使い勝手の良さから液体や泡ででてくるタイプのベビーソープが人気となっています。

赤ちゃんも大人も使える!おすすめのベビーシャンプー7選

赤ちゃんの乾燥肌におすすめなベビーローション

赤ちゃんの肌トラブルで乾燥が原因で起こっているものに関しては、やはりベビーローションの使用が一番おすすめです。

ベビーローションで水分を補ってその後オイルで保湿するのが理想的ではありますが、ベビーローションひとつあれば、乾燥が気になったときに何度も使用する事もできるため、気軽に使えるという点でも人気となっています。

アロベビー ミルクローション

アロベビー ミルクローション 150ml

色々な種類のベビーローションが各メーカーから販売されていますが、アロベビーは天然由来成分にとことんこだわった製品で無添加、無着色、無香料を徹底しています。デリケートな赤ちゃんの肌を一番に考えて作られたベビーローションという点でも、多くのママから評価も高くなっています。

ピジョン オーガニクス ファーミングローション

ピジョン オーガニクス ファーミングローション 140ml

エッセンシャルオイルなども配合しているローションのため赤ちゃんに使えるタイプなのに香りがいい点が人気となっています。

もちろん、天然由来成分を99.5%使用していて、安心して利用できるベビーローションになっています。

まとめ


赤ちゃんが肌トラブルを起こしてしまうと、見ているママにとってはとても不安でたまらないものです。

さらにそれが始めての子育ての場合はよけいに気になってしまい、間違って正反対のケアをしてしまうなどの失敗もありがちでもあります。

そうならないためにも、乾燥からきているトラブルなのか、皮脂の分泌で起こっているトラブルなのかを上手に見極めてしっかりと初めの段階からケアをして言ってあげる事が重要となります。

のちのち赤ちゃんの頃の肌トラブルが大人になってもトラブルのもととなる事を防ぐためにも、気づいた段階で早めにケアを始めるようにしましょう。