乾燥肌さんにおすすめの洗顔料まとめ!乾燥知らずの潤い肌へ

乾燥肌は正しい洗顔方法を行わないと、逆に荒れてしまうことがあります。また、洗顔料の選び方でも変わってくるでしょう。

ここでは、乾燥肌の正しい洗顔方法や、乾燥肌の洗顔料の選び方についてまとめてみました。潤い肌にしてくれるアイテムも紹介します。

乾燥肌の正しい洗顔方法とは?

乾燥肌の正しい洗顔方法を知ることで、より肌を守っていくことに繋がります。実は正しく洗顔できていないこともあるので、そこは正しい方法を理解しておくことが重要です。ここからは乾燥肌の人のために正しい洗顔方法を紹介します。

ゴシゴシ力を入れて洗わずたっぷりの泡でなでるように洗う

ゴシゴシと力を入れて洗った方が気持ち良いと思っている人もいますが、それは乾燥肌の原因を自分で作ってしまっています。泡で撫でるように洗わないと、余計な皮脂まで洗い流してしまうことになるでしょう。泡をモコモコに泡立てて、その泡の粒子によって洗っていくようにしましょう。手で直接摩擦するのではなく、泡で磨く感覚です。

頬は軽めに・Tゾーンは丁寧に洗う

頬は皮脂も落ちやすいので、軽めに洗顔することが必要です。皮脂が表面を覆っている時はすべて落としてしまう人もいますが、すべて落とすと逆に肌に悪いです。そのため、皮脂はある程度残すように洗顔することが重要でしょう。

Tゾーンは丁寧に洗うようにしてください。Tゾーンは皮脂も浮やすいので、丁寧に洗うことで乾燥肌を防ぎつつ脂性肌やオイリー肌を防ぐことにも繋がっていきます。洗顔の仕方をちょっと工夫するだけでも、乾燥肌は防げます。

シャワーを直接当てると刺激になるため避ける

洗顔する時に直接シャワーを当てている人もいるかもしれません。ただ、シャワーは肌への刺激も強いので、極力は避けておきたいです。シャワーで冷水や熱湯を出し、それを直接顔に当てると、洗顔後に過乾燥になって余計に荒れてしまいます。

冷水でも熱湯でもなく、ぬるま湯を洗面器などに溜めて、それらのぬるま湯を使うようにしてください。肌に近い温度にすると、より肌への負担も少なくなります。理想としては微熱よりもちょっと高い38℃前後のぬるま湯が良いです。

乾燥肌の洗顔料の選び方

乾燥肌の人は洗顔料の選び方も工夫することが必要です。より乾燥してしまっているという時には、洗顔料1つで改善できることもあります。そこで、ここからは洗顔料の選び方を紹介するので、自分にぴったりなものを見つけましょう。

刺激となる成分の少ないものを選ぼう

無添加のものを選ぶのは、洗顔料でも基本となります。やはりアルコールや香料、着色料が含まれていると、肌に対しての刺激も強くなります。その他にも鉱物油など、肌にあまり良くないものが入っていることもあるので、注意してください。

基本的にはそれらがフリーで、肌への優しさを考慮しているものを選んでいくと良いでしょうね。ちなみに、成分は植物由来のものなど、肌に優しいものが配合されているアイテムを使ってください。そうすれば、より自然な肌になります。

泡で出てくるタイプは泡立て不要で肌にも優しい

クリームやジェル、リキッドなどの洗顔料だと自分で泡立てることが必要となります。十分に泡立っていない状態で洗顔してしまうと、それによって肌が刺激を受けてしまうこともあるので、極力は泡で出てくるタイプの乾燥肌を使いましょう。

泡で出てくるものであれば、泡立たせるのが下手な人でも安心して使っていくことができます。肌を包み込むように洗えるので、無駄に刺激になることもありません。洗浄力はほどほどに、肌に優しいものを使っていくとより安心ですね。

保湿成分の含まれているものを選ぶ

鼻の毛穴ケアは正しい洗顔方法が大事!

乾燥肌向けの洗顔料の中には、保湿成分が含まれているものもあります。その他にも美容成分が含まれていて、肌のツヤやハリを含ませてくれるものも多いです。乾燥肌にとって保湿はとても重要なものなので、ぜひ高保湿のものから選びましょう。

なお、保湿成分とは言っても色々なものがあります。代表的なものとしてはセラミドやコラーゲン、ヒアルロン酸などがあります。その他にも色々な成分があるので、保湿ができるものの中から、自分に最適な成分の入ったものを使いましょう。

アミノ酸系のものを選ぶ

アミノ酸系の洗顔料は肌に優しく馴染んでくれるのが特徴となっています。肌にとってアミノ酸系のアイテムはストレスも感じにくいため、実は洗顔に最適です。アイテムによってはアミノ酸を含んでいることを大々的に表記しているものもあるので、それらを使いましょう。

アミノ酸は自分で取り入れることは難しいです。だからこそ、成分として含まれているものを使うことで、少しでも肌にハリやツヤを生ませるように努力することが必要となります

乾燥肌向けオススメ洗顔料

乾燥肌の方は洗顔料も自分にぴったりなものを見つけなくてはなりません。ただ、商品が多くてなかなか見つかりませんよね。そこで、ここからは乾燥肌の人に最適なおすすめの洗顔料を紹介します。いくつか使ってみてベストなものを見つけていくと良いかもしれません。

カウブランド 無添加うるおい洗顔

カウブランド 無添加うるおい洗顔 2個パック 110g×2

肌に優しいブランドとして知られているメーカーが提供しているのが、こちらの洗顔料です。とても人気があり、評価も評判も良いのが特徴です。天然の潤い成分を豊富に含んでいるので、肌がモチモチとした感触となります。弾力が生まれるので、ちょっとした乾燥にも負けない柔軟な肌になるのも嬉しいところです。

肌へのダメージも極力抑えることができるので、敏感になっている肌でも使うことができます。潤い成分が豊富なので、洗顔しつつスキンケアもできる優れものだと言えるでしょう。

ロゼット 無添加石けん 洗顔フォーム

ロゼット 無添加石けん 洗顔フォーム 140g

無添加で肌への刺激を徹底的に抑えているのが、こちらの洗顔料です。泡立ちが良いので、泡で出てくるタイプではないですが使いやすいと言えます。シリコン不使用の洗顔料でもあるので、肌への刺激が気になる人にとっては魅力も大きいです。

もちろん、香料や着色料も使っていません。肌のことを第一に考えて開発された無添加スキンケアアイテムなので、魅力も大きいです。何より驚くほどリーズナブルでプチプラなので、多くの人の心強い味方になってくれています。

肌をうるおす保湿洗顔フォーム(洗顔料)

肌をうるおす保湿洗顔フォーム(洗顔料) [乾燥肌 敏感肌]

肌を潤わせることに注力して開発されているのが、こちらの洗顔料です。保湿に特化しているので、肌が乾燥している人でもそのまま使うことができます。汚れやゴミをしっかり落としながら、保湿までしてくれるアイテムでかなり便利です。

他の洗顔料よりもしっとりとした潤いが特徴となっていて、使い心地も良いと評判を集めています。評価が高いので、初めて洗顔料を使うという人でも安心して選ぶことができるでしょう。スキンケア初心者でも扱いやすくておすすめです。

ソフィーナ 乾燥肌のための美容液洗顔料

ソフィーナ 乾燥肌のための美容液洗顔料 クッション泡 120g

乾燥肌もケアしつつ美容も促進してくれるのが、こちらの洗顔料です。肌の大切な潤いを守って洗うことができておすすめです。美容液成分が配合されていて、泡が弾力のあるクッション泡なので洗顔の負担もありません。

顔に泡が密着して汚れやゴミを浮かせるので、洗浄力も優れています。モコモコした泡で洗えば、それだけで肌の保湿も完了です。洗顔によって失われる角質の水分も守ってくれるので、超乾燥肌の人にもおすすめできます。

キュレル 泡洗顔料

キュレル 泡洗顔料 150ml

洗顔料の中でも特に人気なのが、こちらの洗顔料です。アレルギーテスト済みなので、肌がとても弱い人でも安心ですし、荒れやすい人でも安心です。高密着の泡が肌を守りながら洗顔してくれるので、負担も極力抑えることができます。

肌ラボ 極潤 ふんわりヒアルロン泡洗顔

肌ラボ 極潤 ふんわりヒアルロン泡洗顔 スーパーヒアルロン酸&吸着型ヒアルロン酸W配合 160mL

ヒアルロン酸やワセリンを配合していて、肌をいつでもモチモチに保ってくれるのが、こちらの洗顔料です。化粧水を忘れてしまうくらいモチモチの肌になると定評があり、利用している人の評価も高いと言えます。

潤いはしっかりと保ちつつ、それでいて心地良い洗い上がりなのも嬉しいところです。スーパーヒアルロン酸配合なので、普段からあまりスキンケアしない人にもおすすめできます。

カウブランド 無添加泡の洗顔料

カウブランド 無添加 泡の洗顔料 ポンプ 200mL

天然由来のセラミドなど、植物由来の成分も含んでいるのがこちらの洗顔料です。刺激の少ない成分を厳選して配合しているので、肌への負担も極限まで少ないのが特徴です。

かなりリーズナブルなので、普段使いとして家に常備しておくと良いでしょう。無添加で肌にも優しいので、敏感肌やダメージ肌にもおすすめです。

まとめ

洗顔料は乾燥肌の人ほどしっかり選びたいです。乾燥させないために洗顔をしないという人もいるかもしれませんが、汚れやゴミが溜まると皮膚の状態も悪くなるので、保湿もできる洗顔料にするなど工夫が必要です。

こちらで紹介したアイテムを使って、ぜひ潤いのある肌を作っていきましょう。