産後女性や腰痛におすすめ!骨盤矯正ベルトの効果&選び方のコツ!

骨盤の位置がずれてしまう状態や歪みそして骨盤の開きが生じてしまったときには、普段の生活にも支障をきたします。骨盤のゆがみ等を骨盤矯正ベルトで使用して治す方法があります。骨盤矯正ベルトは、普段の生活における骨盤のトラブルや、出産後の骨盤のトラブルに対応できるベルトです。

この骨盤矯正ベルトは、正しく選び正しく使えば、矯正ベルトとして効果を発揮してくれるでしょう。この骨盤矯正ベルトを使用するときにこのベルトの効果や使い方について紹介していきます。

骨盤矯正ベルトの効果

骨盤のトラブルで、骨盤の位置がずれる状態や開いた状態の骨盤をベルトの力で支えるとともに正しい状態に骨盤を治すことができるベルトが骨盤ベルトです。骨盤ベルトの種類では、服を着ることでわかりにくいものやガードルが骨盤矯正ベルトの機能があるものまでいろんな種類があります。

骨盤矯正ベルトによっては、使いやすいと感じる人も多く利便性の高いベルトです。骨盤矯正ベルトは、装着するだけで骨盤の矯正に効果があるので、このベルトを装着することでいろんな効果が実感できるでしょう。この骨盤矯正ベルトの効果がどれだけあるか調べてみましょう。

腰痛の改善

腰痛の原因は、疲労や骨盤のズレなどで生じることがあります。そのため骨盤矯正ベルトを利用すれば骨盤のズレが矯正されます。骨盤を安定させることができれば、骨盤が左右に傾く影響により腰に負担を与えている状態が緩和されます。腰の負担を軽減できるので、骨盤矯正ベルトを使う事は、腰痛の原因を解消できるものになるでしょう。

また、この骨盤の影響により腰痛の症状がある人のなかには、肩こりや首のこりそして頭痛等を発症する腰痛もあります。腰痛が原因でこれらの症状が出ている人は、骨盤矯正ベルトを使用することで腰痛の原因の骨盤改善につながるだけでなくこれらの症状の改善にも効果が期待できます。

姿勢が良くなる

骨盤矯正ベルトを使用すると、骨盤ベルトの力で骨盤を支えてくれます。骨盤がしっかり正しい位置に支えられる事は、これまでおかしかった姿勢が改善されることになるでしょう。姿勢を直す方法では、コルセットなどを利用して姿勢を直す方法があります。

コルセットを使用して姿勢改善をすると、このコルセットは骨盤だけでなく筋肉の一緒に支えることになるので、腰の筋肉が衰えるデメリットがあります。しかし、骨盤矯正ベルトは、骨盤だけを支えるベルトなので、筋肉のサポートを行いません。筋肉が弱ることなく姿勢の改善ができます。

出産で骨盤が開いた女性の産後サポート

骨盤矯正ベルトは、腰痛や姿勢改善のために利用する人もいますが、出産後の女性の骨盤サポートには大変効果が期待できます。出産直後の女性の体で1番大きく変化しているのは骨盤です。出産により骨盤が開いた状態になっている女性が多いので、骨盤の状態を正しくしなければいけません。骨盤が開いている状態は、骨盤が不安定な状態なので、そのまま何も対応をせずに放置していると骨盤のゆがみやズレの原因になってしまいます。

出産直後で大変な状態ですが、骨盤も正しく矯正しないと子育てにも影響が出てしまいますね。腰痛などに悩まされる症状が出ないように骨盤矯正ベルトを利用しましょう。このベルトで産後の骨盤を支えることができれば、子育てによる腰の負担が原因で腰痛になってしまう症状を防ぐことができるでしょう。

産後の骨盤矯正ベルトの選び方

骨盤矯正ベルトは、産後の女性にとって骨盤を元の正しい状態に戻すために必要なアイテムになりますね。できるだけ早く骨盤を正しい状態に戻す理由としては、そのままの状態で子育てに突入すると、赤ちゃんを抱っこする時など、腰に負担を与えることが増えていきます。

腰痛の原因となる問題が、日常生活での腰の負担と骨盤が開いている状態の2つが原因になってしまいます。その一つを解消するためにも出産後骨盤矯正ベルトをして骨盤を元の状態に戻しましょう。産後の女性が利用するのに適している骨盤矯正ベルトについて調べてみましょう。

自分に合ったサイズを選ぶ

骨盤矯正ベルトを産後利用するときには、自分のサイズに適正なベルトを選びましょう。こちらのベルトのサイズを選ぶときには、腰骨の周りを測定して対応したサイズを使用しないといけません。この時のサイズは、妊娠中の体重増加は産後すぐに体型が戻らないので、測定する必要があります。

また、妊娠中体重増加が一定以上ある場合にはワンサイズ上のベルトを購入すれば産後すぐに利用できるでしょう。それ以下の場合には妊娠前のサイズで使用できます。確実にベルトのサイズを選びたいときにはやはり産後測定することが1番良い方法ですね。

帝王切開の傷に触れない物

出産方法で帝王切開を行った女性は、帝王切開の傷が残っているので、この傷に触れる事は傷や刺激を伴うことがあります。しかし、骨盤矯正ベルトを早くから使用したい人は、帝王切開の傷に触れないように細めのベルトを使用してみましょう。

ベルトの幅に注意しないといけませんが、骨盤矯正ベルトは、メーカーの種類によって測定する位置が異なります。帝王切開の場合で、細めのベルトを使用するときにはサイズが異なる時があるので注意して選ばないといけません。間違ったサイズを購入しないように慎重に選びましょう。

付け心地の良さ

骨盤矯正ベルトは、メーカー等により種類が豊富にあるので、素材や伸縮性に注目して付け心地の良さで選びましょう。骨盤矯正ベルトには、硬い素材と柔らかい素材のものがあるので、使用する時のシチュエーションに適したベルトを利用しましょう。骨盤矯正ベルトで伸縮性のあるベルトやマジックテープのアルベルトは、産後の体型の変化があっても長く使用することができるものです。

硬い素材の骨盤矯正ベルトは、締め付ける力がしっかりしており骨盤を確実に支えてくれますが動きづらいデメリットがあります。柔らかい素材は、体にフィットすることで動きやすいメリットがありますが締め付ける力が弱いものもあるので注意しましょう。

骨盤矯正ベルトを使うコツ

骨盤矯正ベルトは、単純に装着するだけで効果が期待できますが正しい使い方をしないと骨盤の矯正にはなりません。骨盤矯正ベルトを装着することで悪い影響が出ないように注意しないといけません。そのためには正しい使い方を理解しましょう。

毎日装着していても骨盤の矯正にならなければ意味のないベルトになってしまいます。骨盤矯正ベルトを正しく利用することで開いている骨盤や歪んだ骨盤を正しい位置に治してくれます。このベルトの使い方について考えてみましょう。

締め付けすぎない

骨盤矯正ベルトは骨盤の位置を直す目的で装着しますが、間違った理解をしているとベルトを強く締めすぎてしまいます。骨盤を締め付ければ正しい位置に治ると勘違いするとこのような使い方をしてしまいます。女性の骨盤は、生理周期に合わせてわずかですが動いているものです。

そのため強く締め過ぎずに少しはゆとりを残した状態でベルトを装着しなければいけません。骨盤矯正ベルトで必要以上に締め付けを行うと骨盤の動きが悪くなり、思わぬトラブルを引き起こしてしまいます。骨盤矯正ベルトを強く締め付けると、周辺の筋肉が正しく動かなくなってしまいます。

この状態で生活を続けていると血流が悪くなっていき老廃物が下半身に溜まってしまいます。この影響で下半身がむくむことや周囲の関節の可動域が狭くなるデメリットがあります。ベルトの締め付けの判断に迷ったら、正座をした状態で締め付けが強いと感じない程度が丁度良い状態です。

正しい場所に巻く

骨盤矯正ベルトは、骨盤を正しい位置に治す為のベルトです。そのためこのベルトを巻く位置は非常に重要なポイントになるでしょう。このベルトを締め付ける場所は恥骨と大転子のラインに骨盤矯正ベルトを巻くことが正しい場所になります。

大転子は、恥骨の場所から左右に出っ張っている太ももの付け根の場所にある骨です。このラインで骨盤矯正ベルトを巻かないと、骨盤の矯正のための効果がありません。最悪の場合には症状を悪化させてしまうこともあるので注意して巻きましょう。

仰向けの状態で巻く

産後の骨盤矯正ベルトを装着するときには、骨盤高位と呼ばれる状態になってから装着をしましょう。この骨盤高位の状態は、仰向けになってお尻の下にクッションなどを利用してかさ上げをして骨盤が胸よりも高い位置にして装着をしましょう。出産後の骨盤が緩んでいる状態で骨盤が開いています。

この状態で座った姿勢や立ち上がった姿勢は、子宮や内臓が下垂した状態になります。このまま装着すると内臓などを圧迫してしまうので、骨盤高位の体勢になりましょう。この体制であれば子宮や内臓などを正しい位置に戻すことができその状態で骨盤矯正ベルトのが、骨盤の矯正になります。

口コミ評価が高い人気の骨盤矯正ベルト

出産後の女性に利用してもらいたい骨盤矯正ベルトですが、どのようなベルトを選べば良いか悩む人も多いでしょう。実際にベルトを装着した人の感想など口コミ評価が高いものは、利用したくなりますね。そこで骨盤矯正ベルトの中でも口コミ評価の高いベルトについて紹介していきます。

【TOKUMARU】 腰痛ベルト 腰 サポーター コルセット 腰椎緩固定 通気性 抜群 ダイエットベルト 骨盤矯正 保護 けが 防止 スポーツ トレーニング シェイプアップ 男女兼用

【TOKUMARU】 腰痛ベルト 腰 サポーター コルセット 腰椎緩固定 通気性 抜群 ダイエットベルト 骨盤矯正 保護 けが 防止 スポーツ トレーニング シェイプアップ 男女兼用 (M)

こちらの腰痛ベルトは、骨盤矯正やダイエットなどいろんな目的で使用できる商品です。腰痛がひどい人に優れた効果を発揮してくれます。椎間板ヘルニアやぎっくり腰の痛みの緩和をサポートしてくれるものです。そして出産後の女性にも利用できるベルトです。男女兼用となっているアイテムですね。

しかし、帝王切開を行った女性は使用できないので注意しましょう。骨盤矯正ベルトを装着すると汗をかくなど漏れてしまうことを心配する人にとって嬉しいメッシュ素材です。快適に利用できるように設計されています。シェイプアップにも効果があるので、骨盤矯正と産後のダイエットに利用できますね。

腰痛保護ベルト さら~っとコルセット(20cm巾) (M) 急性腰痛 慢性腰痛 骨盤補正

腰痛保護ベルト さら~っとコルセット(20cm巾) (M) 急性腰痛 慢性腰痛 骨盤補正

急性や慢性の腰痛そして骨盤矯正に効果のある保護ベルトです。サイズが4種類あり測定したサイズで利用していきましょう。洗濯が使用可能なので、複数購入すれば毎日装着することができますね。リピーターも多く腰回りに問題のある人が利用できるベルトです。確実に締め付けができるので、運動しながらでも利用できるベルトです。そしてこの締め付けの効果によりベルトのズレが防げるので、安定して利用できます。

bonbone 骨盤帯 バリアスツイスト フリー

bonbone 骨盤帯 バリアスツイスト フリー

他のベルトと比較すると幅が狭く骨盤矯正ベルトとして大丈夫か心配になる人もいますが、こちらのベルトは軽い力で確実に締め付けてくれる完全固定の骨盤ベルトです。これまでのベルトと比べて軽量化に成功しておりオリジナルの締め付け構造で小さな力でも締め付けることが可能です。

肌に密着する滑り止めの機能も向上しているので、確実に装着が可能です。確実な締め付け効果が期待できますが、それでも普段と変わらない動作が可能になっています。そしてこのベルトは骨盤周りを確実に閉めつけたい人や腰を回旋するスポーツを行う人に向いているベルトになるでしょう。

Z-Tactical お医者さんが作った腰痛ベルト

Z-Tactical お医者さんが作った腰痛ベルト コルセット 腰サポーター 腰椎固定や保護にも ヘルニア 姿勢矯正 お腹の引き締めに効果抜群 (XL (~120cm))

腰痛の時にサポートしてくれるベルトです。同じ姿勢を継続する仕事や重い荷物の積み下ろしの時に腰の負担をサポートしてくれます。仕事以外にも妊婦やぎっくり腰になった方のサポートに最適です。お腹周りの引き締め効果があるのでお腹のダイエットベルトとしても利用できるでしょう。

熱がこもりにくいようにメッシュ素材になっており通気性に優れております。2段ベルトになっているので1日中装着していてもズレにくいように設計されています。腰と背骨をしっかりサポートしてくれる構造なので腰全体を包みこんでサポートしてくれます。こちらのベルトは、サイズが3種類ありますがそれぞれのベルトで伸縮性があるので締め付けの調整が可能です。

まとめ

骨盤矯正ベルトは、産後の女性にとって必要なベルトになります。骨盤の開きを矯正することで、正しい元の状態に治してくれます。しかし、ベルトの選び方や装着の仕方を間違えると正しく矯正できないので注意しましょう。

ベルトが数種類あり自分に適したものを利用しないといけません。ベルトの種類が豊富なのでどれを選べば良いか迷ってしまいますが、リピーター客などの口コミ情報を参考に選んでみましょう。リーズナブルな価格のベルトが多いので、毎日装着する人は、洗濯用に複数購入することをオススメします。