マッサージの資格にはどんな種類があるの?取得方法や取得後のメリットは?

体と心の健康のためにマッサージを利用する人がいます。最近ではいろんな種類のマッサージが誕生していますが、マッサージ 資格はどれだけあるか気になりますね。マッサージの資格に関しては、民間資格から国家資格まで様々な種類があります。数カ月で取得できるマッサージの資格から4年間学校に通って取得するものまであるので、マッサージの勉強をするときには種類選びが大切ですね。マッサージ 資格の中でも人気のマッサージについて取得できる資格に関する知識をまとめてみました。こちらを参考にしてマッサージを身近なものにしましょう。

マッサージ関連資格の種類

マッサージに関係する資格は、民間資格と国家資格に分類されてさらに国家資格は、数年専門学校なので必要な知識と実技を身につけなければいけません。マッサージに関係する資格について、どのような取得方法や勉強をしなければいけないか異なります。そこでマッサージに関係する資格を詳しく見ていきましょう。

あん摩マッサージ指圧師(国家資格)

マッサージの国家資格では代表的な資格があん摩マッサージ指圧師の資格になるでしょう。国家資格となっており、この資格を取得してマッサージ店をオープンさせると健康保険を適用した治療ができるので、他の種類の異なるマッサージの店に比べても有利な事業展開ができますね。しかし、こちらの資格を取得するには非常に厳しい試験に合格しなければいけません。

専門学校や資格取得の養成機関に通常は3年から4年通いながらしっかり勉強して最終的に資格試験に合格しなければいけないマッサージの職種です。勉強して身につけなければいけない知識や技術が多く大変ですが、治療院や福祉施設そして病院などで就職することができ、自分自身でお店を開くことができる魅力があります。そして介護サービスを行うときのケアマネジャーの資格を秘匿するには有利になります。

はり・きゅう師(国家資格)

こちらの資格は鍼灸師と呼ばれる資格で、施術をするためにはツボに針やお灸を使って刺激を与え人間が本来持っている自然治癒力を向上させる施術を行います。体の外側ではなく内側から問題となる負傷取り除いて回復させるのが目的です。こちらの資格も国家資格となっており、鍼灸師に関係する専門の学校に通って国家試験に合格しなければいけません。

こちらの資格を食するとエステサロンやフィットネススポーツ施設でのスポーツトレーナーとして働くことや鍼灸接骨院や治療院などの医療施設で活躍することが可能です。按摩マッサージ指圧師と同じように自分でお店を開くことも可能です。また、最近では鍼灸師の施術の中でも美容鍼灸を行う女性が増えており、こちらの分野の施術も注目されています。

整体ボディケアセラピスト(民間資格)

民間資格となる整体ボディケアセラピストは、いろんな場所で仕事ができる資格になります。整体サロンや整体治療院だけでなくセラピストとして業務しているサロンでも活躍できる資格ですね。国家資格に該当しないので、勉強する時間も短く取得しやすい資格になります。実際にこちらの資格を取得してお店をオープンさせている人もいるので、経験を積んでいけばだれでもお店をオープンさせることができる資格になるでしょう。通信講座でも勉強できるカリキュラムがあるので、学校に通学しないで取得できる資格です。

リンパドレナージュセラピスト(民間資格)

このリンパドレナージュセラピストは、医療現場で行うリンパケアの専門知識や専門的な実技の証明となる資格です。民間資格に該当しますが受験資格が、医師、看護師や理学療法士そして作業療法士の国家資格を持っていないと受験できない資格です。そのため医療知識の持っている人が受験する資格になるでしょう。この資格は、医師や看護師などの医療現場で必要な知識に該当しています。こちらの資格は、2つの講座を受講しなければいけません。そして認定試験が実施されているので、知識や実技を習得するだけでなくその能力を証明する試験を受けて合格しなければいけない資格です。

マッサージ関連の資格取得方法

マッサージ関連の資格の取得方法では、取得を目指す資格により内容が異なりますね。数年勉強しなければいけない資格から数ヶ月勉強すれば取得できる資格まで様々あります。そして国家資格は、数年勉強しなければいけない資格ばかりです。現在国内でマッサージの仕事をするために必要な資格で、どのような取得方法があるか調べてみましょう。

専門のスクールに通う・国家資格を受験する

国家資格を受験して取得する資格の多くが、専門学校があります。按摩マッサージ指圧師や鍼灸師の資格を習得するには、専門の学校に通って実技と知識を身につける必要があります。数年時間が必要になるので、こちらの職業で働くことを考えている人は、高校を卒業した後専門学校に進学する方法やこれらの資格を取得するために必要な知識や国家試験が受験できる大学に進学するのが一般的です。同じように専門学校に通う人のなかには、脱サラをしてこれらの資格を取得する社会人もいます。独立開業が出来るメリットがあるので、人気の国家資格になりますね。

通信講座を受講する

国家資格の鍼灸師やあん摩マッサージ指圧師は、専門学校などに通って勉強しなければいけません。そのため国家資格の中でもこれらの資格に関しては通信講座の受講では受験資格を得ることができない資格になるでしょう。そのため、昼間の講座だけでなく専門学校では夜間の講座を設けている学校があります。

働きながらこれらの資格を取得ときには夜間の講座を利用する人がいます。通信講座では民間資格の取得をすることができるマッサージの資格のなかには、こちらの方法で取得できる資格があります。時間の制約がないので、働きながらでも他の資格勉強しながらでもできる資格もあります。

外国で資格を取得する

外国で資格を取得するマッサージの資格では、カイロプラクティックが代表的な資格になるでしょう。国内では民間資格に該当しますが、外国によっては国家資格に該当しているので、その外国で勉強をして資格を取得することを目指す人もいますね。しかし、カイロプラクティックなどの外国の資格を食するときには、必要な勉強をしなければいけません。

国内で一定の勉強を修了した人が、外国で専門的な勉強就職することになります。そのため基礎的な勉強を国内で一定時間行わないといけないのが、デメリットになっています。しかし、外国の資格になりますが国家資格になっているので、専門的な施術が認められている資格もあります。

資格を取得するメリット

資格を取得するメリットと言えば、国内で取得できる資格の多くが独占業務を行うことができる資格が多いですね。専門的な知識の裏付けでその資格を取得することで働ける仕事もあるので、マッサージなどの資格を取得すれば、マッサージの業界で働くことができるメリットがあります。また、就職をする人たちが、履歴書に記載できる資格としてマッサージに関連する資格を勉強する人もいます。独占業務や有利な就職などメリットがあるため資格を取得することになるでしょう。

必要な技術を学べる

民間資格でマッサージのできる業務の場合には、だれでもお店をオープンさせることができますが、信用の面では何らかの裏付けがなければ難しいですね。その裏付けとなるのが資格になるでしょう。その資格を取得している人は、マッサージ関連するその資格で必要な知識を取得していることがわかります。必要最低限の知識になるかもしれませんが、試験に合格することで信用をしてくれることができますね。資格を取得するメリットが、必要な技術を習得する手段と言えるでしょう。

施術所・治療院を開業できる

資格を取得するメリットでは、施術所や治療院をオープンさせるのに必要な条件として資格を取得しなければいけないマッサージ関連の資格はあります。その中でも国家資格となる鍼灸師などの資格は、必ず国家試験に合格しなければ、自分の治療院等をオープンさせることができません。独占業務となるお店オープンできるのが、資格を取得するメリットになりますね。民間資格では、マッサージに関連する資格を取得していなくてもお店をオープンすることができますが、やはり民間資格でも修了証や合格証書を室内に掲げていることでどの資格を持っているかわかります。そしてそのお店に信用がついていくことになるでしょう。

サロンや病院など働く場所が増える

マッサージ関連の資格では、その資格を取得していないとサロンや病院で働くことができない資格があります。民間資格でもその業務を行うときに必要なものもあるので、資格の取得ができるマッサージ関連の資格であれば必ず取得しておきましょう。履歴書に記載できる資格もあるので、就職にも有利になるでしょう。

マッサージの開業のためのノウハウ

マッサージの開業するためには、1人で対応できる施術能力以外にも経営能力や人を指導する能力がなければ難しいでしょう。1人経営するお店であれば人を雇うことなく本人の能力と経営能力が必要になりますね。施術能力であれば、資格を勉強して経験を積めば大丈夫ですが経営能力となると簡単に身に付かない人もいるでしょう。そこで、自分のお店を持つために必要なノウハウが掲載されている書籍を紹介します。この書籍を参考にして、そのマッサージのお店を成功に導いてみましょう。

好きを仕事にして、長く愛される! おうちサロンのはじめ方

好きを仕事にして、長く愛される! おうちサロンのはじめ方

自宅の一部を改造してサロンを始めようとする人にオススメの1冊です。おうちサロンの開業のために必要なノウハウが詳しく解説されています。こちらの書籍では実際にサロンをオープンさせた著者が、10年以上のお家サロンにより経験したノウハウを紹介しています。このノウハウではリピーター客を増やす集客術、失敗しない施術メニューの価格設定や誰もが利用したくなる空間づくりなどの基本的な考え方について紹介しています。サロンをオープンさせるときに不安や疑問に思う悩みについての解消となる情報も掲載しているので、おうちサロンを考えている人は、非常に参考になる1冊でしょう。

開業鍼灸師のためのガイドBOOK 日本人が書いた中医鍼灸実践マニュアル 上巻

開業鍼灸師のためのガイドBOOK 日本人が書いた中医鍼灸実践マニュアル 上巻

鍼灸師として働くために必要な知識や情報が集約されている実践マニュアルです。こちらの鍼灸師の情報は中国の伝統的な医学の鍼灸に関する情報が満載の書籍です。初心者でも一定の成果を上げることが可能なように情報が集約されています。実際の現場で見られるいろんな症状を紹介しておりこの症状に適した適切な治療を開設するのがこちらの手引書になります。いろんな状況によって必要な知識が集約されているので、専門家でも参考になる1冊になりますね。確認しやすい体系ページなので、現場で急な確認も的確にできる1冊です。

はじめての人でも成功する! 治療院リラクゼーション経営塾

はじめての人でも成功する! 治療院リラクゼーション経営塾

こちらの書籍は、整体、クイックマッサージ、接骨整骨、鍼灸師そしてカイロプラクティックなどの治療院やリラクゼーションを経営したい人や繁盛させたい人に読んでもらいたい1冊です。施術する方法を紹介しているのではなく実際に治療院等を経営するために必要な知識を紹介しています。患者だけでなくスタッフに対する指導や対応の仕方などわかりやすく解説しているので、実際に経営している人たちのなかには自分の治療院の問題や課題が見えてくるでしょう。イラストや写真が多く掲載されているので、経営する時にも参考になるように工夫がされています。

まとめ

国内でお店をオープンできるマッサージ関連の資格は数多くあります。なかには数年間勉強しないといけない資格から数ヶ月で取得できる資格まであります。資格を取得することはその技術の裏付けなどになるでしょう。最近では、自分の治療院等を上手に経営するためのノウハウが集約された書籍も販売されています。最近ではいろんな方法のマッサージが増えているので、今後もこのような資格は増えていくことになるでしょう。施術や治療をしてもらう患者にとっては、民間資格でも資格を取得している方が信用ができるものですね。