ダイエット中でも朝ごはんを食べるべき本当の理由!オススメメニューは?

誰もが人生の中でダイエットに挑戦したことがあるものです。特に若い時にはプロポーションが気になって無理なダイエットをしたことがある人も多くいます。食べないことで痩せると思っている人も多いですが、食べないと体に必要な栄養が行き渡らないために痩せにくくなったりリバウンドが起きやすくなったりといったことも出てきます。

きちんと食べながらダイエットをすることが大切であり、食べる量や内容への工夫が大切です。特に忙しかったり疲れていたりすると朝ごはんを食べずにいるという人も多いですが、ダイエット中も朝ごはんは食べるべきです。

ダイエット中でも朝ごはんを食べるメリット

いろいろなダイエット方法が日々提唱されて多くの人がそれに挑戦しています。ダイエットの方法によって内容も大きく違うため、どうすればよいかわからないと感じる人も多いです。特に最近では食事を減らした方が良いという風潮が強くなっています。日常的に断食するために一日2食で十分という考えや胃腸を休ませるために食べない方がいいという考えもありますが、必ずしもそうではないです。ダイエット中でも朝ごはんを食べることにもきちんとメリットがあります。

新陳代謝が上がり痩せやすい体になる

朝ごはんを食べることで体にきちんとエネルギーが入ります。エネルギーを入れた体はそれをきちんと燃焼させようと動くため新陳代謝が活発になります。新陳代謝が活発になるのは体にとって良いことです。全身にきちんと血液が循環するようになりますし老廃物が排出されるようになります。日常生活を送っているだけでもカロリーを消費しやすくなるので自然と痩せやすい体を作ることができるのです。

新陳代謝が活発になることは体に良いことだけでなく、美容にも良いことです。肌のターンオーバー周期が正常に近づきますし、角質もきれいに取れるようになります。老廃物を排出しやすくなることでくすみが取れたり肌が明るくなったりもします。それ以外にも新陳代謝が活発になり体の中の老廃物が排出されるようになれば肩コリが解消したり頭痛が良くなったりと病院に行くほどではないもののトラブルを感じている部分を解消することができます。元気な体を手に入れることができれば活発に活動できるようになり余計にカロリー消費をしやすい体ができます。

便秘対策

朝食をとることで体が動き始めます。そのためお腹も動き始めるので便秘改善に効果があります。仕事中に便意を感じるという人は少ないですし、夜まで食べたものを蓄えておくのはあまり良いことではないです。朝のうちに自宅でゆっくりと時間のあるうちに便意を感じてトイレに行くことができれば落ち着いてトイレをすることができしっかりと排便できます。このルーティンが出来上がれば便秘になりにくいです。

便秘が解消できればお腹のぽっこりとしているのが治りますし、ダイエットだけでなく美容にも効果的です。腸内に老廃物や宿便が溜まっていると太りやすくなりますし肌荒れも起こしやすくなります。腸内の環境が整うと痩せやすくなりますし肌もきれいになりますし、なおかつ花粉症をはじめとしたアレルギーの症状も軽減できるといわれています。腸が奇麗な状態を維持することは健康を維持するために欠かせないことなのです。

基礎体温アップで脂肪を燃やす

体に朝食を入れることで基礎体温が上がります。体温が上がるとそれだけで同じ動作をしてもカロリー消費が高くなるので脂肪が燃焼しやすいです。同じ動作をしてもせっかくならば少しでも脂肪が燃焼するほうが痩せやすくありがたいことです。朝食をとることによってこのようにカロリーが消費しやすい体で一日を過ごすことができます。

ダイエットのために早起きしたり夜帰ってから家を出たりしてランニングやジムに通って運動をしようと思う人もいますが、実際はそういった時間を作るのは難しいです。そうすると毎日の生活でできるだけカロリーを消費することが大事であり、そのためには毎日の生活で少しでもカロリーを消費できるようにすることが大切です。基礎体温が上がると私たちが体を動かすことでのカロリー消費が高くなるだけでなく内臓が活動するために必要なエネルギーも多くなります。そのため生きている活動すべてのカロリー消費量が増えるので痩せやすくなるのです。

ダイエット中の朝ごはんのおすすめメニュー

ダイエット中でも朝ごはんを食べること良い、といわれているからといってなんでも食べていいわけではないです。やはりダイエット中なので少しでも痩せやすい体にするものを食べることが望ましいです。そこで、ここではダイエット中におすすめのメニューを紹介していきます。

シリアル

シリアルは忙しい朝でも簡単に用意することができるのでおすすめのメニューです。特に食物繊維が豊富に配合されているものを食べると便通にも効果があり便秘を解消するだけでなく腸内に溜まっている老廃物も排出する効果があります。牛乳と一緒に食べるので栄養価も高くとてもおすすめです。

ヨーグルト

ヨーグルトも忙しい朝でも簡単に食べることができるおすすめの食材です。乳酸菌が働くので便通をよくするのにも効果があります。ヨーグルトだけではお腹がいっぱいにならないという人はヨーグルトの中にシリアルを入れて食べたりバナナを入れて食べたりすると腹持ちが良くなって朝ごはんでしっかりと満腹感が得られます。どちらも食物繊維があるためにヨーグルトの働きと相乗効果で腸内環境を整えてくれます。冷たいヨーグルトが苦手な人や寒くて冬場のヨーグルトは食べにくいという人はホットヨーグルトにするのもおすすめです。

野菜ジュース

朝は忙しくてなかなか朝ごはんが食べられない人、長い期間の習慣で朝ごはんを食べないことが定着している人は野菜ジュースを飲むことから始めるのでも十分です。野菜ジュースも最近ではいろいろな種類があるので飲み比べて楽しむこともできますし、味を変えることで飽きずに飲むことができます。野菜ジュースであればコンビニで買って職場に行き仕事が始まるまでに飲むこともできます。野菜ジュースを飲む生活に慣れてきて朝ごはんが食べられそうになれば、ヨーグルトやシリアルを食べるようにするのもおすすめです。

ダイエット中でもおすすめなコンビニ朝ごはん

コンビニにあるメニューでも最近ではダイエットにおすすめの食材が増えています。コンビニで購入することができれば一人暮らしの人や男性でも気軽に朝ごはんの準備ができて便利です。そこでここでは朝ごはんにおすすめなコンビニメニューを紹介していきます。

サラダチキン

サラダチキンは糖質制限ダイエットの流行から最近多くのコンビニで販売されています。味もいろいろとあるので毎日食べても飽きることなく続けられます。サラダチキンは低脂肪高たんぱくなのでダイエットにはとても適している食品です。朝ごはんだけでなくランチや夕食にも取り入れてもダイエット効果が期待できます。朝は小食でコンビニのサラダチキンは大きすぎるという人はミニサイズのサラダチキンを販売しているところもありますし、おつまみのスモークチキンであれば小さめのサイズで販売されています。

春雨カップスープ

春雨のカップスープは手軽に作ることができて、カロリーも少なくおすすめの食材です。自宅でもストックを置いておくと小腹が空いたときや食事の支度が面倒なときに使えて役立ちます。カップスープの味付けもいろいろなものがあるので好みのものを食べることができます。お湯を入れるだけですぐにできてカップラーメンよりもヘルシーなのでぜひ取り入れたい食材です。自宅でアレンジして野菜を入れて食べるのもおすすめです。

サンドイッチ

サンドイッチはパンに野菜が挟まっているためにダイエットに不向きと思っている人も多いです。パンが悪いのではなく、パンを食べる量やパンにつけるジャムやバターが太る原因となります。サンドイッチはパンが薄めなのであまりカロリーは高くなく、糖質を気にしている人でも食べることはできます。ただし具材は選ぶことが必要です。ヘルシーな野菜が多めのものを選んだり甘くないものを選んだりする方がダイエットには効果があります。また、パンも普段食べている真っ白いものよりも大麦や全粒粉を使っている茶色いものを食べた方が栄養価も高くダイエット効果も高いです。

おすすめ商品

毎日の朝食づくりをする中で、レシピで悩んでしまったり作ることが面倒に感じたりすることもあります。そこで、ここではダイエットをしながら朝食を食べるにあたって参考になる本を紹介していきます。

成功する子は食べ物が9割 Kindle版

成功する子は食べ物が9割
この本は子供のいる家庭向けの本ですがとても参考になる内容が書かれています。現代の食事は砂糖と油脂、塩分を過剰に摂取しているといわれており、日々の食事を改善することが必要とされています。この本では食べたものが体を作るということで、どのような食事をすれば健康を維持することができるのかを紹介しています。

ただ美味しいご飯を作るだけでなく健康な体を作るために栄養のあるものを作ることが大切と書かれており、そういった健康な体を作るためのアイデアが紹介されています。マンガやレシピのページもあるので読みやすく、勉強になる内容が豊富です。夕食のために作ったものを取り分ければ朝食にもうまくアレンジをすることができます。

おべんとうのおかず帖 (別冊すてきな奥さん)

おべんとうのおかず帖 (別冊すてきな奥さん)
これはおべんとうの本ですが、日々のご飯の参考になるメニューも豊富です。おべんとうのために料理をするのは朝から時間がなく大変ですが、夕食を作る際に取り分けておいたり時間のある時に作り置きをしたりすれば、うまくおべんとうも朝ごはんも作ることができるようになります。おべんとうを意識しているレシピであるため、肉のおかず、魚のおかず、彩の良いカラフルなおかず、などといったテーマに沿ってレシピが紹介されているので食卓に並ぶ料理も栄養バランスが良く彩のきれいな食事を楽しみやすくなります。

少ない量でも彩がきれいな食卓であれば視覚的にも満腹感も得やすいです。朝ごはんの参考にしつつおべんとうまで作れると節約にもなりダイエット効果もより期待できます。初心者でも簡単に作れるメニューが豊富なのでおべんとうだけでなく普段の食事作りにも参考になります。

フライパンでつくる 美腸 グラノーラ

フライパンでつくる 美腸 グラノーラ (角川SSCムック)
ダイエット中の朝食としてグラノーラはとてもバランスの良い食材です。最近ではいろいろな種類が販売されていますが、やはり自分で作った方が添加物や原材料の不安もなく安心して食べることができます。そして自分の好みの具材を入れて食べることができるので楽しんで食べることができます。

この本ではグラノーラを手軽に作るためのレシピが紹介されています。必要な材料もフライパンのみで簡単に作ることができるので料理が苦手な人でも簡単です。具材の足し方、フレーバーの付け方など基本の内容だけでなくアレンジ内容も豊富ですし、食べ方のバリエーションもいろいろと書かれています。ヨーグルトにいれたり豆乳をかけたりスープにいれたりといったアレンジレシピはとても参考になり毎日グラノーラを食べても飽きることなく続けられます。

まとめ

最近では朝ごはんを食べない方が良いという風潮がありますが、きちんとメニューを選んで食べるようにすれば朝ごはんを食べても問題ないです。むしろ朝ごはんを食べることはダイエットにもいろいろなメリットをもたらしてくれます。ダイエットをしているからといって無理に食事を我慢するとストレスもたまりますし、太りやすくなる原因にもなります。そこで少しでもストレスを感じることなくダイエットをするためには量や食材を考えて朝食を食べることが大切です。