ランニングキャップの選び方!<メーカー別>おすすめ商品10選

ランニングをする人が用意したいのが、ランニングキャップです。ファッションでかぶっているだけのように思う人もいるかもしれませんが、実際には走る上で重要な役割を果たしています。今回はランニングキャップをかぶる目的などについて触れつつ、商品の選び方やメーカー別のおすすめ商品を紹介していきます。

ランニングキャップを着用する目的

ランニングキャップを着用する目的は、目を保護することや紫外線から頭部を保護することなどです。また、キャップの素材によっては体温調整の役割もあります。ここでは、ランニングキャップを着用する目的について解説していきます。

ランニング時の目を保護する


ランニングをしていると、皮膚と同様に目も紫外線の影響を受けます。目から紫外線が入ってくることで体が反応して日焼けが進んでしまうわけです。紫外線によって目がダメージを受けてしまうと、老化現象が早まって目の老化が進んでしまいます

ランニングキャップを着用することは、紫外線が目に与える影響を減らす目的もあります。また、紫外線が目に入らなくなることは、走るときの疲労軽減に繋がるのもメリットです。どの季節も紫外線は降り注ぐので、ランニングキャップの着用はオールシーズン必要といえるでしょう。

急な雨でも頭を濡らす心配がない

ランニングキャップを着用するメリットは、急に雨が降っても頭部が濡れないことです。マラソン大会だと雨の日でも開催されることがあります。雨粒が頭皮にあたる感じは、想像以上にストレスを感じます。

急に雨が降って頭が濡れる不快感を減らすために、ランニングキャップの着用が重要なのです。また、雨が降っていると目に雨粒が入って視界も悪くなります。これを軽減する働きもランニングキャップにはあります。

紫外線などから頭部を保護する


ランニングキャップを着用することには、頭部が紫外線の影響にさらされるのを防ぐ目的があります。直接日光が当たると、輻射熱によって体温が上昇しやすくなり、疲れも速く出てくるのが特徴です

また、頭部には神経が集中しているので、他の部位と比較したときに疲労の蓄積が大きくなります。黒っぽい色は太陽光の熱を吸収するので、紫外線対策を意識するときは、黒色のランニングキャップは避けたほうがよいでしょう。

冬は保温効果も期待できる

ウォームアップやランニングをしていると、体は温まってきます。しかし、体の隅々については十分に温まらず冷えていることも少なくありません。体の末端が冷えることは、運動機能のパフォーマンスを低下させることにもつながります。

ランニングキャップには保温効果もあります。保温して体温低下を抑制することで、体の隅々が冷えてしまうのを防ぐことも可能です。この場合、保温性ができるだけ高いランニングキャップを着用するのがよいでしょう。

ランニングキャップの選び方

ランニングキャップは、各スポーツメーカーやアパレルメーカーが製造販売しています。数ある商品の中から、どれを選んでいいのか悩むところです。今回は、ランニングキャップの選び方について紹介していきます。

夏場は速乾性があるポリエステルやナイロン素材


ランニングキャップを選ぶとき、夏場は汗をたくさんかくため、速乾性に優れている素材を選びましょう。速乾性がある素材としては、ポリエステルやナイロン素材などが挙げられます。

また、速乾性だけでなく、通気性がいいことも欠かせません。速乾性があっても、通気性がないと汗は思った以上に乾きません。メッシュ素材になっているものであれば、速乾性も通気性も抜群といえるでしょう。

冬場は保温性があるニット帽やビーニー

ランニングキャップは、シーズンごとに変えることをおすすめします。シーズンによってランニングキャップを着用する目的が変わってくるからです。紫外線対策がメインの夏場に対し、冬場は保温も重要です。

冬場のランニングキャップ選びにおいては、保温性があるニット帽やビーニーなどがおすすめです。ただし、長い距離を走って大量の汗をかくようであれば、保温性よりも通気性を意識したほうがよいでしょう。

夜間のランニングにはリフレクター付き


夜間のランニングを行う人は、安全のためにリフレクター付きのランニングキャップをおすすめします。リフレクターは光を反射する性質があるので、車のライトが反射して人がいることを示してくれるのです。

実際にランニングキャップとして販売されている商品は、リフレクター付きも少なくありません。視認性がアップし、安心して夜間でもランニングが行えるようになります。できれば、後部と前後左右にリフレクターがあるタイプがよいでしょう。

長距離には全体的に軽くて柔らかい素材


ランニングキャップをかぶるのは、頭部や目を保護することが目的に含まれます。しかし、ランニングキャップによっては、長距離を走るのに向いてないタイプもあるので注意しなければいけません。特に素材や重さというのは重要です。

長距離を走るときは、ランニングキャップの重さが走りに影響を及ぼすことがあります。少しでも軽くて柔らかい素材のランニングキャップを選ぶようにしましょう。素材をチェックして購入するのがポイントです。長く走って違和感を覚えるような場合、自分に適したランニングキャップではありません。

ランニングキャップのおすすめメーカーと特徴

ランニングキャップを購入する場合、スポーツメーカーの商品がおすすめです。基本的にランニングに特化した作りになっています。ここでは、ランニングキャップを販売しているおすすめメーカーと特徴について見ていきましょう。

シンプルなデザインが魅力のアシックス

アシックスのランニング用品は、全国的に高い人気です。日本人にマッチした作りになっており、リーズナブルな価格や高い機能性が支持を集めている理由になっています。シンプルなデザインは飽きが来ず、長期的に使うことも可能です。

スポーツブランドとして人気があるアディダス

アディダスは、スポーツブランドとして高い人気があるメーカーです。アディダスからもオシャレで機能性が高いランニングキャップが多く発売されています。初心者から上級者まで、幅広い人たちから愛されているメーカーです。

バリエーションが豊富なミズノ

世界的な有名スポーツメーカーのミズノも、機能性が高いランニングキャップを販売しています。キャップのバリエーションが多く、自分の好みに合ったキャップが見つかるはずです。シンプルなものから、個性的なものまで幅広くあります。

ランニングキャップのおすすめ商品[アシックス]

アシックスのキャップは、シンプルで高い機能性の商品がたくさん販売されています。その中でも厳選して3つの商品を紹介していきます。ぜひ、ランニングキャップ選びの参考にしてください。

asics ランニングウエア ランニングサンキャップ


日よけの機能がついているランニングキャップとして人気です。日よけの機能はもちろんのこと、通気性にも優れています。重たくなく、使いやすいのも特徴です。日よけを外して使うとオールシーズン使うことも可能です。

ランニングウエア メッシュキャップ


メッシュ素材で、通気性に優れているランニングキャップです。シンプルなデザインでありながら、色味がキレイなので飽きが来ません。夏場のランニングキャップとしておすすめで、軽いので頭も疲れにくいでしょう。

Asics Quick Lyteキャップ


ブラックで落ち着いた印象のランニングキャップです。軽量透湿性生地を使用し、ストレッチが改良されています。通気性の高いメッシュ生地になっており、リフレクターも付いているので夜間のランニングにもおすすめです。

ランニングキャップのおすすめ商品[アディダス]

アディダスのランニングキャップは定番のものから、スタイリッシュなデザインを取り入れたものまでさまざまです。ラインナップが充実しているので、予算や機能性、デザインなどから選んでいきましょう。

(adidas) 機能素材 帽子


通気性に優れているランニングキャップです。ポリエステルが使用されており、吸水性にも優れています。また、速乾性にも優れているので、汗をかきやすい夏場のランニングキャップとしてもおすすめです。デザインもスタイリッシュで飽きが来にくいデザインになっています。

アディダス(adidas) クライマクール キャップ

アディダスの定番のランニングキャップです。紫外線カット機能が付帯されており、内側には吸水速乾性に優れた汗止めバンドが付いています。後頭部のバックル付きのアジャスターを使って、長さを調節することも可能です。

adidas トレーニングウェア メッシュキャップ


オールシーズン使うことができる、通気性のいいクールマックス素材が使用されています。抗菌、防臭で菌の繁殖を抑えて、サラッとした快適なかぶり心地です。生地の中に水分を溜めこまず、ドライに保つ働きもあります。

トレーニングウェア コットンキャップ


高い吸汗性や吸湿性、速乾性を持つクライマライトとUPF+50を搭載し、紫外線対策にもなるランニングキャップです。肌と生地の接地面が大きく、この作りによって素早く汗を生地面に吸い込ませて、発散する働きが期待できます。

ランニングキャップのおすすめ商品[ミズノ]

世界的に有名なスポーツメーカーのミズノからは、機能性に優れたランニングキャップが発売されています。また、デザイン性にも優れており、長く使い続けられるランニングキャップとしても人気です。どんな商品があるのか、さっそくチェックしていきましょう。

MIZUNO トレーニングウェア ニットキャップ


保温性能に優れたニット素材が使用されているランニングキャップです。冬の寒い時期に着用するキャップとして適しているでしょう。また、フィット感や耐久性にも優れており、安心して着用できるランニングキャップです。

MIZUNO ランニングウェア ランニングキャップ


ゴムアジャスター仕様で、快適なフィット感をサポートしています。ひさし部分が柔らかくなっているために、持ち運びにも便利です。ほかの機能性としては通気性も高く、夏の暑い時期にかぶるランニングキャップとして活躍してくれるでしょう。

レーニングウェア キャップ


太陽光線を遮断して、頭部を快適に保つ素材が採用されたランニングキャップです。紫外線の強い時期にかぶるキャップとしてピッタリでしょう。デザインもかっこよく、約2,000円で購入できるリーズナブルさも魅力の一つといえます。

まとめ

ランニングキャップは、紫外線や雨から頭部や目を守り、冬は保温する役割もあります。ランニングキャップを選ぶときは、デザインや価格だけでなく、吸水速乾性などの機能性にもしっかりと目を向けましょう。そして、着用する目的に合わせて商品を選び、購入してください。