マッサージのやり方とは?用途別に知っておきたい方法

肩凝りや腰痛など、血流の悪化や筋肉の凝り固まりによって発生する体の痛みは、マッサージをしてほぐすことが大切です。適度にマッサージを行ってコリをほぐすようにしないと、気がついた時には取り返しが付かない事態に陥っている事もあるでしょう。そのまま放置しておくと、年々体がきしんでいき、病気を引き起こすきっかけになる事も多いのです。

マッサージはプロに依頼してやって貰うという方法もありますが、どうしてもお金がかかってしまうのです。人に頼んでマッサージをしてもらわずとも、自分で出来るマッサージの方法もありますので、活用して見ると良いでしょう。セルフマッサージでコリをほぐすためには、このようなポイントを抑えることが大切です。

肩こり

肩こりをほぐすマッサージのやり方

蒸しタオルで首の根本を温める

コリの原因の1つとなるのが、体の冷えです。冷え性な方は肩凝りを発生させやすく、どんなにマッサージをしても、すぐに肩凝りが復活してしまう方が多いでしょう。こうした冷えを改善するためにも、マッサージをする代わりに、温めた蒸しタオルを首に巻いて、首の根本から温めてみて下さい。首回りを温めずにマッサージを始めると、反対に痛みを起こしてしまう可能性が有りますので気をつけましょう。

首の根本を温めることで、マッサージをせずとも血流が改善し、肩凝りが改善するケースが多くあります。肩凝りを発症した場合、初期であれば、こちらの蒸しタオル療法で改善できる事も少なくありません。蒸しタオルは少し熱いくらいの温度にしておくと、長時間巻いていてもすぐには冷えずに、肩の根本を温め続ける事が出来るでしょう。

蒸しタオル以外にも、湯船に浸かって入浴をするなども、血流を改善するためにはおすすめの方法です。じっくりと体を芯から温めることで、肩凝りだけでは無く、全身のコリや疲れをほぐしやすくなり、マッサージレベルの効果を得られます。普段はそこまで肩凝りが酷くないという方の場合は特に、体を温めるだけで、症状が大幅に改善するでしょう。

首の付け根から筋肉をほぐす

肩

マッサージをする際には、首の付け根から肩に向かって、徐々に筋肉をほぐしていくことが大切です。血流の流れにそって、隅から隅にマッサージをしていくことで、首全体、肩全体がほぐれ、肩凝りが解消することが多いでしょう。

そもそも首のコリが原因で、肩凝りが起きているように勘違いするというケースが少なくありません。首のコリが治った瞬間、肩凝りも感じなくなったという方は多く、肩と首のコリの部分を間違えて感じていたという方が多いのです。首のコリをまずはほぐしていくために、首の付け根から肩に向けて、もみもみとマッサージしていきましょう。

マッサージをする際には、さするようにして流れを促す方法もおすすめです。さするだけではあまり効果がありませんが、マッサージをする準備運動として、ウォーミングアップとして使う事が出来るでしょう。

肩甲骨のまわりをほぐす

肩甲骨

肩ばかり着目されがちですが、肩の少し下、肩甲骨の部分も、しっかりとほぐすことが大切です。せっかく首や肩周りがマッサージ出来ても、肩甲骨の部分が凝り固まっていると、体全身に血流が巡らなくなり、またすぐに肩凝りを再発してしまうのです。

肩甲骨の周りを自力でほぐすためには、手を使うのでは無く、肩甲骨をぐるぐる回した方がてっとり早くマッサージ出来ます。両手の指をそれぞれ肩に乗せて、前、後ろとゆっくりと回すと、じんわり肩甲骨周りをほぐすことが出来るでしょう。

腕にある肩こり改善のツボを押す

体の至る所に、肩凝り改善のツボというものは存在しますので、そうしたツボを押すことで、肩凝りを軽減する事が出来ます。特に腕にある肩凝りのツボは、無理な体制などせずとも、自力でも簡単に押せますので、ジックリとツボ押しをして、肩凝り改善を狙いましょう。

腕にあるツボの中でもおすすめが、合谷と呼ばれるツボです。手の甲にあるツボで、人差し指と親指の付け根を真っ直ぐ辿って、それぞれの重なる部分、少しくぼんでいる部分が、この合谷になります。合谷には血流改善効果、血圧安定、副交感神経安定など、様々な効果があり、押すことで、体中至る所の不調を改善出来るのが特徴です。

全身をほぐすマッサージのやり方

マッサージ オイル

マッサージオイルを活用

マッサージをする際にマッサージオイルを活用することで、マッサージがしやすくなり、より高い効果を得られるでしょう。更に、美容成分をお肌に浸透させ、美肌効果が期待出来ます。利用するマッサージオイルは何でも構いませんが、デトックス効果のあるマッサージオイルを活用すると、肩凝り改善以外にも、むくみなどの各種体の不調を軽減します。

マッサージオイルには様々な種類がありますので、お肌が弱いという方は、敏感肌の人でも使えるオイルを利用してみて下さい。オイルは基本的にそのままつけておいて大丈夫ですが、オイルによっては、マッサージ後に洗いながすように記載されているタイプもありますので、使う前によく確認してみて下さい。

マッサージオイルを使ってマッサージをすることで、マッサージの効率をアップさせるだけでは無く、マッサージの効果を倍増させることが出来ます。美容成分も浸透し、美しい素肌へと導くことに繋がるので、美容メンテナンスを行いたい方にもおすすめです。

あわせて読みたい

アロママッサージオイルの種類とは?選び方の注意点、オススメは?

続きを読む

揉み返しのないように時間をかけて優しく

せっかくマッサージをしても、もみ返しがおきてしまって、余計に肩凝りが酷くなってしまっては意味がありません。力強くぐいぐいと押してしまいがちですが、マッサージをする際には、もみ返しがおきないように、時間をかけて優しく揉んでみて下さい。

もみ返しがおきないためには、力一杯短時間で揉むのではなく、時間をかけて少しずつ、体の巡りを良くしていくことが大切です。また、マッサージの前には出来るだけ体を温めて、血流が良くなる環境を作りましょう。

身体の体重を活用

マッサージをする際には、体重を利用してマッサージをすることも大切です。例えば、テニスボールを肩凝りや腰痛の酷い部分、患部に当てて、仰向けの寝転がり、体重を乗せてコロコロとボールを転がすマッサージもこちらに当たります。出来るだけ体の重さを活用してマッサージをすることで、適度な力加減でマッサージが可能です。

また、足つぼマッサージをする際にも、足つぼマットなどを使えば、上手く体重を活用して、しっかりと足つぼマッサージが出来ます。慣れていないうちは強い痛みを感じる事も多いため、片足だけを乗せて、少しずつ体重をかけていくというような方法を取るのもおすすめです。足つぼマッサージのマットにも色々な種類があり、肩凝りなどの各種コリに効果があるツボも多くありますので、合わせて活用すると良いでしょう。

マッサージグッズを使う

マッサージチェア

ハンディマッサージやマッサージチェアなど、マッサージを1人でも簡単に出来るマッサージグッズは、数多く存在します。いずれも使い方が簡単で、手軽にマッサージをすることが出来るので、1人で自分の体をマッサージするのが大変という方は、こうしたアイテムを使う事がおすすめです。

マッサージに活用できるグッズはこうしたマッサージアイテムだけでは無く、足つぼマットや健康サンダル、かっさなど、様々なアイテムがあります。いずれも合うか合わないかは実際に使ってみないとわからないので、まずはお試しで、色々と試して見ると良いでしょう。

マッサージのやり方が分かる本

不調を治す! リンパストレッチ&マッサージ Book

不調を治す! リンパストレッチ&マッサージ Book
体のむくみや肩のこりなど、各種体の不調に合わせたリンパストレッチとマッサージの方法を教えてくれる一冊です。1人でもケアできる簡単マッサージ方法とストレッチを掲載していますので、ちょっとした空き時間にケアする事が出来ます。初めてマッサージなどを勉強する方でもわかりやすく解説されているので安心です。

マッサージ入門ガイド コンパクト版 (GAIA BOOKS)

マッサージ入門ガイド コンパクト版 (GAIA BOOKS)
マッサージの基本中の基本から学べる、マッサージ入門ガイドです。丁寧な説明でわかりやすく、マッサージが初めてという方でも、1からマッサージを勉強する事が出来ます。コンパクト版などで持ち運びにも最適で、ちょっとしたお出掛け先でも、本を見ながらマッサージが可能です。

DVDつき 心と体を癒す手のひらマッサージ ― (社)日本フィトセラピー協会認定 ハンドケアセラピスト認定講座教科書

DVDつき 心と体を癒す手のひらマッサージ ― (社)日本フィトセラピー協会認定 ハンドケアセラピスト認定講座教科書
ハンドケアセラピスト認定講座の教科書です。DVDが付いていてわかりやすくマッサージを学べますので、自分の体に極上のケアをすることが出来ます。初めてマッサージの勉強をする方でも安心で、1からしっかりと、マッサージ付いて勉強していけるでしょう。

まとめ

年齢を重ねるごとに肩凝りは悪化しやすくなりますので、こまめにマッサージでケアをすることが大切です。疲労やコリを蓄積させていくと、様々な病気の原因となる事も多い為、出来れば日々、自力でも良いのでマッサージケアを行いましょう。マッサージをする際には、ちょっとしたポイントを抑えるだけでOKですので、自分でも決してケアが難しくありません。患部を温める、ストレッチを合わせて行うというちょっとした小技も投入することで、より肩凝り改善する事が出来るでしょう。

肩凝りケアは首のコリや肩甲骨周りなど、周囲の部分もきちんとケアする事が重要になります。丁寧にマッサージすることで、もみ返しも無く、スッキリとした気分で日々を過ごせるでしょう。自力でのケアが難しいという場合は、マッサージ機等を活用して、しっかりとマッサージすることがおすすめです。

セルフのマッサージ方法がイマイチよく分からない場合は、マッサージの基本を学べる本を読んで、根本からマッサージを勉強しましょう。マッサージは非常に奥が深く、ちょっとした方法の違いで、天国にも地獄にもなります。せっかく労力と時間をかけてマッサージするのに、地獄のような状態を迎えないように、きちんと考えた上でマッサージをしていきましょう。

マッサージは時間をかけてジックリと行う事が大切ですが、どうしても時間をかけるのがイヤという場合は、ストレッチなどと合わせて、毎日行う事が大切です。最初のうちは凝り固まっている状態も、毎日続ける事で、徐々にほぐれていくでしょう。