血圧を下げるツボはどこにある?手や足ごとに違うツボのポイントは?

最近血圧が高めで、食事制限や運動をするようにしているという方にこそおすすめしたい方法が、ツボ押しをして血圧を下げる方法です。人間の体には居たる所にツボが有り、正しいツボを押すことで、体の不調を改善させる事が出来ます。特に血圧の場合は、出来るだけ早く血圧を下げないと、血管が切れる等の危険性がありますので、即効性が比較的高いツボ押しをマスターしておくことが大切です。例えば、血圧を下げるためには、このようなツボを押してみると良いでしょう。

血圧を下げる手や手首のツボ

十宣

手の指10本、10カ所に有るツボとして知られているのが、こちらのツボです。手の爪の反対側、指のぷっくらと膨らみがある部分がこちらの十宣で、それぞれの指をマッサージするようにぐっぐっと押して行くことで、血圧を下げる効果が期待出来ます。

一つ一つの指のツボを押すのが面倒という場合は、それぞれの指を左右重ね合わせるように、手のひらと手のひらを合わせるようにして、ツボに触れるように拍手をするだけでも、血圧を下げる効果があるでしょう。定期的に行う事で血圧上昇を予防して、簡単にツボ押しすることが出来ます。指10本分となると面倒に感じるかもしれませんが、テレビを見ながらなども気軽に出来ますので、時間があいたときにこそやってみると良いでしょう。

ですが出来れば、一本一本の指をそれぞれ、ぐぐっと押すように指圧することが大切です。全てのツボを合わせて5分前後ツボ押しすることで、ツボがしっかりと刺激され、血圧を下げるだけでは無く、リラックス出来るでしょう。

合谷

手の甲にあるツボで、人差し指と親指からそれぞれ、手首に向けてラインを一直線に引いた時に、2つのラインが交わる位置にあります。手をパーにすると指の骨が出やすくなりますので、ラインがわかりやすいでしょう。この合谷のツボは、精神を安定させ、副交感神経を安定させる働きがあり、血圧を落ち着かせる効果が期待できます。

また、こちらの合谷は、脳に刺激を与えて、血流改善、眠気解消効果がある点も特徴です。各種有るツボの中でも1、2を争うほど神経が通い詰めているスポットですので、ツボ押しをする際には、力加減に気をつけて、いた気持ちいいくらいの力加減で臨みましょう。

内関

手首の内側、手のひらの付け根から指三本分空けたところの、真ん中の位置にあるのがこちらのツボです。内関は、平衡感覚を正常に整えて、心身を安定させる効果のあるツボですので、血圧が上昇してかーっとなったタイミングなどで押すことで、一度冷静に戻る事が出来るでしょう。くらくらとめまいがするほど血圧が上がったときには特に、こちらのツボを押すことがおすすめです。

ツボを押す際には、もう片方の手の親指を使って、ぐっぐっと押してください。有る程度刺激があるくらいの力で押すようにしないと意味がありませんが、様子を見ながら押して行きましょう。三秒抑えたら三秒離す、というように、有る程度インターバルを開けつつツボ押しすることが大切です。

神門

精神的な緊張をほぐして、リラックスさせる効果があるのが、神門とよばれるツボです。イライラとしたタイミングなどで神門を押すことで、ふっと楽になり、精神を安定させることが出来るでしょう。手首の内側、小指側の少しくぼんだ所に位置するツボで、痛気持ちいいくらいの力で30回押すことで、効果を発揮します。

押す際には左手首の神門から始め、次に右手首の神門も、同じようにツボ押ししましょう。刺激を与える事で精神が安定しやすくなりますので、軽く押すのでは無く、刺激を感じる痛気持ちいい強さをキープすることが大切です。もちろん、痛すぎると反対に問題ですので、様子を見ながらツボ押しをしてみて下さい。

血圧を下げる足のツボ

八風

代謝アップをして血流を改善し、血圧を安定させる効果が期待出来るのがこちらのツボになります。足の親指と人差し指の間、足の甲にあるツボで、こちらを手の親指でぐぐっと刺激することで、血流改善、デトックス効果を得られるでしょう。

ツボ押しをする際には、手の親指でしっかりと足を抱え込むようにツボを持ち、マッサージをする感覚でツボ押しすることが大切です。いた気持ちいいくらいの強さでしっかりと、老廃物を流すような気持ちでツボ押しすることで、代謝をアップさせ、血圧改善効果も期待出来ます。

冷え性改善効果、冷えによる痛みやしびれを改善する効果もありますので、血圧が安定していても、冷え性に悩んでいる方におすすめのツボです。ツボを押した後は、両方の足首をぐるぐると回すようにすることで、より一層、ツボ押し効果をアップさせます。

足三里

膝のお皿の外側から、指四本分のスペースを空けた所に位置するのが、足三里です。こちらのツボはむくみを解消し、デトックス効果が期待されるツボとして、美容サイトでも紹介される事が多いですが、血流を改善して、血圧を落ち着かせる効果もあるでしょう。また、足の疲れや膝の痛み、胃腸不良改善など、各種体調不良を改善させる効果もあり、病気を予防する為にピッタリのツボです。

日頃から冷え性という方にもおすすめのツボで、ぐぐっと押して指圧をすることで、病気をケアする事が出来ます。ツボ押しをする際には、人差し指などを使って、両足それぞれの足三里を刺激すると良いでしょう。

懸鐘

高血圧や偏頭痛、メンタルの不安定さなどを改善し、体調不良を改善する働きが期待出来るのがこちらのツボです。外側のくるぶしから上に四本指を置いたところに位置するツボで、こちらをこまめに押すことで、血流を改善、大量不良を改善する効果があるでしょう。

ツボ押しをする際には、手の親指を使ってそれぞれ両足のツボを刺激すると、負担無くツボ押ししやすくなります。いた気持ちいいくらいの力加減でやることが大切ですが、少し鈍感な部分ですので、思って居るよりもきつめの力で押した方が、効果を発揮するでしょう。

母子裏降圧点

足の裏側、親指の付け根に位置するこちらのツボは、風邪の予防や呼吸器官を整える等、様々な健康効果を発揮する事がわかっています。その中でも、血圧を下げる効果はピカイチで、ぐぐっと押すことで、徐々に血圧を改善する働きが期待出来るでしょう。

場所が場所ですので、体が固い方はなかなかツボ押しをしにくいかもしれませんが、心配はいりません。シートに乗るタイプのツボ押しマットを使ったり、床にちょっとした突起物を押して、それを踏むようにするだけでも、ツボ押し効果を得られます。また、足つぼマッサージなどでも頻繁にマッサージされる場所ですので、ツボ押しをプロにお願いしてみたいという方は、このツボを押してみてもらう事がおすすめです。

血圧を下げるツボを知りたいならこの書物

運動・からだ図解 経絡・ツボの基本

運動・からだ図解 経絡・ツボの基本
体に関する図解をわかりやすく掲載した、プロも活用するタイプの一冊です。ツボ押しの基本を抑えている事は勿論、体中の有りとあらゆるツボがわかりやすく掲載されていますので、ツボ押しを勉強する際には、もってこいの一冊として知られています。体の事もよく分かる一冊ですので、整体師さんなどが利用する事も多く、最初から最後までしっかりと勉強をしたら、ツボ押しに限らず、自分の体の不調がおきている部分を、把握しやすくなるでしょう。

ひと目でわかるホントによく効くリンパとツボ (日文実用PLUS)

ひと目でわかるホントによく効くリンパとツボ (日文実用PLUS)
リンパの流れとツボのポイントがわかりやすく解説されている一冊です。初めてツボ押しやリンパマッサージにトライするという方のバイブルといっても過言では無い一冊で、基本からみっちりと勉強をしたいという方にピッタリと言えます。文章にすると複雑でわかりにくいツボの場所も、図説でわかりやすく掲載してありますので、本を見ながら気軽にトライできるのが特徴です。

東西医学の専門医がやさしく教える即効100ツボ

東西医学の専門医がやさしく教える即効100ツボ
東西医学の専門医によって作られた、わかりやすいツボ押しの教科書です。各種体の不調がおきたときには、このようなツボを押すべきと言うことが一目瞭然ですので、ツボ押しで体の至る所の不調を改善したいという方にもおすすめと言えます。ツボ押しのことが全く分からないという方でもわかりやすいように、丁寧に解説されていますので、読めば読むほど色々なツボの知識を身につけることが出来るでしょう。

まとめ

血圧上昇は食生活の改善や運動、睡眠や精神安定なども重要なポイントですが、あまり厳しい制限をしてしまうと反対にストレスとなり、血圧が上昇してしまう事に繋がるでしょう。血圧上昇や各種生活習慣病を始め、体に負担が掛る事しかありませんので、常に安定した状態であるためにも、定期的にツボを押して、ケアする事が大切です。

血圧を下げる効果のあるツボは色々とありますが、手のツボ、足のつぼ、居たる所を指圧することで、より高い効果を得られます。勿論効果には個人差がありますが、ついついカッっとなった時など、ツボ押しをして精神を安定させることで、血圧上昇に伴う様々な危険性を防止できるのです。

血圧の上昇は中高年には特に危険な代物。日頃から血圧が上がりやすいという方は、毎日血圧計などで血圧をチェックして、日頃より高い場合は、ツボ押しケアをしましょう。勿論ツボ押しケアの他にも色々とケア方法はありますが、他の方法に比べると比較的即効性が高いため、いざという時にも覚えておくと安心です。

ツボ押しの場所は事前に覚えておくためにも、プロが教える真のツボ押し本などをゲットして、勉強しておくことをおすすめします。初心者に向けて解説されているわかりやすいタイプの本も多い為、そうした本を読むことで、血圧のツボだけでは無く、各種体調不良の際に対処できる、ツボをマスタ出来るのです。

1人でツボ押しが上手く出来ないと言う方は、ツボ押し棒などのアイテムを使う方法もおすすめ。特に足の裏や足の付近のツボ押しは、体が固い方の場合は、自力でやるのがどうしても難しいものですので、無理せずにアイテムを活用しましょう。セルフツボ押しでは無く、プロの手に押して貰ったり、家族の誰かに押して貰うというのも1つの手です。