アロママッサージオイルの種類とは?選び方の注意点、オススメは?

心身共にケアをすることが出来るアロママッサージ。アロママッサージは、自分に合っているオイルを選ぶ事で、より美容と健康をケアする事が出来ます。

アロマオイルと一口に言っても、実に様々な種類がありますので、アロマオイル選びをする際には、このようなポイントを抑えて選ぶ事が大切です。

今回は

  • アロママッサージオイルの種類
  • アロママッサージオイルの選び方

についてまとめました。

アロママッサージオイルの種類

ここからは、アロママッサージオイルの種類を紹介していきます。

それぞれ効能が違いますので、自分にぴったり合うものを選ぶための参考にしてみてくださいね。

アルガン油

画像引用元:latte

抗酸化作用に優れており、活性酸素の除去を行う効果が期待出来るのが、アルガン油です。アルガンオイルに含まれて居る天然のビタミン群と、オレイン酸によって美肌効果、美容効果をゲットすることが出来るでしょう。アルガンオイルを利用する事で、自然と肌を再生させ、シワやたるみなど、各種お肌トラブルにも対応します。

アルガンオイルは継続して使えば使う程、高い肌の再生能力を実感するオイルです。透明度も強くべたつかないため、初心者でもおすすめのアロマオイルと言えるでしょう。刺激が少ないため、日焼けをしたときは勿論、敏感肌の方でも安心。食用としても使われるオイルですので、ボディは勿論、お顔や髪の毛にも利用できる、オールマイティタイプのアロマオイルになります。

ウォールナッツ油

クルミの種子から搾り取られたオイルで、クルミ油と呼ばれる事もあるのが、ウォールナッツ油になります。ウォールナッツ油は、アンチエイジング効果が高く、各種ナッツの豊富な成分を、肌から直接摂取できるのが魅力です。ビタミンEをはじめ、パルチミン酸、リノール酸、ミネラル類など、各種美容に成分が含まれています。

ウォールナッツも食用として使えるタイプですので、ボディは勿論、フェイスやヘアにも使える、さらさらタイプのオイルです。サラッと伸びてべたつかないため、肌に浸透しやすく、オイルの効果をすぐに体感できるでしょう。ただし、酸化をしやすい性質がありますので、保管の際には注意が必要です。

ククイナッツ油

肌の自己治癒力を高める効果があるとして、地元ハワイでは古くから利用されてきたオイルが、ククイナッツ油です。ククイの木の実から採取できる植物性の油で、非常にデリケートな赤ちゃんのお肌にも使えるオイルとして知られています。低刺激で非常に優しく利用できるので、敏感肌の方や乾燥肌の方にもおすすめです。

リノール酸やリノレイン酸、オレイン酸などの、各種必須脂肪酸や不飽和脂肪酸が豊富にふくまれており、お肌の活性化を始め、抗酸化作用もバツグン。お肌の潤いをキープさせ、ツルツルうるうるなお肌へと導いていきます。

オリーブ油

画像引用元:latte

抗酸化成分を豊富にふくみ、美容オイルとしても食用オイルとしても積極的に活用されて居るのが、オリーブ油です。アロママッサージ用のオリーブオイルは、非常に純度が高く、べたつかないでさらさらと使えますので、全身を始め、顔や髪にもサラッと使えるでしょう。

ただし、食用のオリーブオイルと美容用のオリーブオイルは、似て非なるものですので注意が必要です。アロママッサージの際にオリーブオイルを使うときには、必ず美容用のオリーブオイルを使いましょう。

アロママッサージオイルの選び方

ラベルから品質をチェック

アロママッサージオイルを選ぶ時にはまず、ラベルから品質をチェックして、自分に合っているかどうかどうかを確認することが大切です。アロママッサージオイルは、同じ種類のオイルでも、添加物が含まれて居る事も有れば、各種不純物が紛れているような粗悪品もあります。お肌に直接つけるものですので、値段だけで比較をするのではなく、安心して使えるタイプを選びましょう

乾燥・油脂等、肌にあったオイルを選ぶ

画像引用元:latte

オイルにはいくつも種類がありますので、肌の乾燥具合や油脂の状態をチェックして、お肌に合っているオイルを選ぶ事が大切です。同じアロマオイルでも、浸透力や刺激、使い心地が全く異なりますので、肌質に合わせたタイプを選ばないと、肌トラブルを引き起こす原因に繋がります。

敏感肌、乾燥肌の方の場合は特に、刺激が少ないタイプのオイルを選ぶ事が大切です。刺激が強めのアロママッサージオイルを選んでしまうと、肌がかぶれる、ニキビやかゆみなどの肌トラブルを引き起こす可能性があります。

肌質に合わせたアロマオイルを選ぶ事は、自分の肌を守ると同時に、継続して使い続ける事で、肌質改善効果が期待出来るでしょう。

どんなオイルが良いか分からないという方は、オイル選びの際に、無添加のもの、肌に優しいオイルと銘打って居る物を買うことをおすすめします。少し使ってみて異常が現われなければ、使い続けても問題ありませんので、心置きなく利用しましょう。

自分が好きな匂いかどうか

アロマオイルはそれぞれオイルによって香りも異なりますので、自分の好きな匂いを活用することも大切です。ボディマッサージをする時には特に、自分の好きな香りに包まれながら行う事で、心身共にリラックスさせる効果も期待出来ます。

すれ違ったときに良い匂いがするような人になりたいという方は特に、オイルの匂いにも着目して選びましょう。

とはいえ、香料で香りをつけたようなタイプは、肌が弱い方には不向きです。肌荒れを引き起こす原因となりますので、オイル本来の良い香りのアイテムを身につけると良いでしょう。

アロマオイルにも様々な種類がありますので、一つ一つ香りや肌に合うかどうかを比較して、自分に合っているものを使う事が大切です。

まとめ

マッサージオイルには様々な種類があります。自分に合っているオイルを選べるかどうかで、ボディマッサージが上手くいくかどうか決まると言っても過言ではありません。それぞれの商品をよく比較した上で、アロマオイルを購入しましょう。