10キロ ダイエットは可能?効果的な方法と注意点を紹介

昔から女性とダイエットは切っても切り離せない関係にあります。ちょっと油断をしてしまうと太ってしまい、慌てて無理なダイエットをしてしまう人もいるのではないでしょうか。しかし、無理なダイエットは身体を壊す原因にもなるのでオススメできません。

そこで、オススメしたいのは元プロボクサー直伝の1ヶ月で10キロ痩せる方法です。果たして1ヶ月という短期間で10キロも痩せることができるのでしょうか。

今回は

  • 10キロ痩せるにはどのくらいの期間が必要?
  • 効果的なダイエット方法
  • 10キロのダイエットに成功するコツ
  • ダイエットを行う上で大事なこと

についてまとめました。

10キロ痩せるにはどのくらいの期間が必要?

10キロ痩せるためには、どのくらいの期間が必要でしょうか? インターネットでは、10キロダイエットについて記載されているホームページが数多くあります。

こちらでは1ヶ月で10キロ落とすことが本当にできるのか調べてみました。

理論的には1ヶ月で10キロ落とすことも可能

ダイエット

理論的には1ヶ月で10キロ痩せることは不可能ではありません。それこそボクサーは厳しい減量に耐えて試合に臨むため、短期間で10キロ以上落とすこともあります。

ただし、体重制限のある競技の減量と一般的なダイエットでは大きな違いがあるため、簡単にできる方法ではないことを覚えておきましょう。

理想的なのは1ヶ月で1キロずつ落とすこと

1ヶ月で10キロ落とすことは可能ですが、理想的なペースは1ヶ月で1キロずつ落とすことです。健康を維持しながらダイエットをする場合、2キロ以上の減量はオススメされていません。なぜなら、極端なダイエットを行えばかなりの確率でリバウンドを招くからです。

1ヶ月に1キロくらいであれば、身体への負担は最小限で済みます。減量する数字は大きくなればなるほど身体への負担が大きくなるため注意してください。特に女性の場合は、無理なダイエットによって体調を崩す場合や、妊娠しづらくなることがあるためオススメできません。

健康的に痩せるなら最低でも3ヶ月は必要

ダイエットはただ体重を落とせばいいわけではありません。しっかり健康を維持しながら少しずつ体重を落とす必要があります。

そのため、ダイエットをする期間として最低でも3ヶ月は設けるようにしましょう

効果的なダイエット方法

ここでは評判のダイエット方法について調べてみました。ダイエット方法について悩んでいる人は、方法のひとつにして考えてみてはいかがでしょうか。

置き換えダイエット

芸能人が行っているダイエット方法として、特に注目を浴び始めたのが置き換えダイエットです。その中でも一回の食事を「酵素ドリンク」に置き換える方法が人気を集めています。

酵素ドリンクを飲むことで全体的の摂取カロリーが減るため、ダイエットには最適なのです。ほかにも、ドリンクに含まれている食物酵素が代謝酵素を多く作り出すようになるので、基礎代謝がアップして痩せやすい身体を作ってくれます。

レコーディングダイエット

ダイエットはさまざまな方法がありますが、その中でもユニークなのがレコーディングダイエットです。やり方は簡単で「食べたものを記録するだけ」といったシンプルな内容です。この方法は食べたものを逐一記録するため、自分がどれくらい食べているかをすぐに確認することができます。

そのため、何かを食べたい時に「今日は食べすぎているから我慢しよう」と考えられるようになります。レコーディングダイエットは、ただ思い出すのではなく記録することで自分自身にプレッシャーを与えられることが可能です。

ダンスやウォーキングなどの有酸素運動

ダイエットの定番と言えば、やはり有酸素運動でしょう。ダンスやウォーキングといった簡単な動きだけでも、しっかりとカロリーを消費することができます。

運動と聞くと、激しいものを想像するかもしれません。しかし軽いダンスや散歩代わりのウォーキングで十分痩せることが可能です。運動は1、2回しただけで効果が出るものではありません。毎日決められた時間で継続して行いましょう。

炭水化物ダイエット

人気のダイエット方法として注目を集めている方法が、炭水化物抜きダイエットです。甘いものや炭水化物を抜くことで簡単に減量ができますが、炭水化物を摂取しないと栄養がいかないため、脳細胞に悪影響を及ぼす可能性が高いと言われています。

その影響は、効果は高いけれど実践した人が「やらない方がいい」と言われることもあるようです。しかし、無理なやり方をしなければ、炭水化物抜きダイエットは有効だと言われています。まずは極端なやり方ではなく、身体に負担のない方法で続けてみてはいかがでしょうか。

LSDトレーニング

LSDトレーニングはロングスローディスタンスの略で、長い距離をゆっくり走る練習方法です。スローペースで走り、会話を楽しみながら走ることもできます。

大切なのは最初から最後まで同じペースで走り続けることです。ゆっくりとは言っても、だらだらと走らずに設定したタイムで走るようにしましょう。

10キロのダイエットに成功するコツ

10キロダイエットに成功するコツとして、いくつかのポイントがあります。

ここではどのようなコツがあるのかを集めてみました。気になる人はダイエット時の参考にしてみてください。

毎日体重を計ってチェックする

ダイエットをしている人は、ほぼ毎日体重を計っていると思います。その際に毎日計測しておくことで日々の効果を実感することが可能です。

ダイエットを続けていくにあたって、効果が目に見えないとやる気を失くしてしまう人がいるかもしれません。毎日体重チェックをすることで、努力が実を結んでいるのだと実感して継続しやすくなります。

逆に食べすぎた時には体重が増加するので、何が悪かったのかすぐに把握することができます。成功だけでなく失敗も目に見えることから、自己管理がしやすくなるメリットもあるでしょう。

寝起きや空腹時に白湯を飲むと効果的

寝起きはお腹が空く時や、喉が乾くことが多いため、飲みすぎたり食べすぎたりすることがあります。

しかし、寝起きや空腹時に白湯を飲むことで、体内を温めて内臓の機能が活発化します。そのため、代謝機能が高まり、便秘解消にもいいと言われているのです。

塩分を控えた食事や料理を心がける

ダイエット中は食事や調味料にも気を遣う必要があります。特に塩分はむくみの原因となるため注意してください。

もしダイエットをしているのであれば、醤油や塩などだけでなく、糖質を含まないものも利用するといいでしょう。 

アルコールは控える

ダイエット中は食事内容だけでなく、高カロリーなアルコールも控えましょう。アルコールには糖質が多く含まれており、食欲を抑制する「レプチン」を減少させる働きもあるのです。

一度お酒を飲めば自分では軽く飲んだつもりでも、目を反らしたくなるようなカロリーが出てきます。ほんの少しのアルコールが、ダイエット期間を延長させることになるかもしれないため気を付けてください

鶏胸肉をしっかり摂る

ダイエットの時にオススメしたい食品は鶏胸肉です。鶏の胸肉はヘルシーで材料費もやすいため、ダイエットに最適な食材と言えます。

ダイエット成功をさせたい人は、主食を鶏胸肉にすることで、不足しがちな栄養がカバーしやすくなります。同じ調理方法が続いてしまうと飽きてしまうので、さまざまなアレンジをして食べてみてください。

寝る直前の食事は絶対にNG

ダイエット中に避けておきたいのが寝る直前の食事です。夜食を食べると太ると聞いたことがあるかもしれません。

太るのはもちろんですが、睡眠の質が下がり消化不良を起こしやすくなるデメリットも多く潜んでいます。

続けられる運動を取り入れて毎日必ず行う

ダイエットは食事制限だけだと難しいケースがあります。より効果的に減量するには、毎日続けられる運動を取り入れることが必要です。

運動をせずに食事だけで痩せた場合、筋肉が引き締まらずに皮がたるむ原因にもなります。

運動にはカロリーの消化に効果がありますが、ほかにも身体を引き締めてたるみのない身体作りに役立ちます。

ダイエットを行う上で大事なこと

ダイエットを行う上で、覚えておきたいことがあります。

ここでは、ダイエットの際に覚えておきたいテクニックについて紹介します。

体調を崩すようであればダイエットは直ちに中止すること

大前提として、ダイエットは健康な状態で行ってください。ダイエット中に体調を崩すことがあれば、すぐに中止してください。

もし続けたいのであれば、体調を万全の状態に戻してから再チャレンジしましょう。体調不良のまま続けてしまうと、身体に深刻な悪影響を及ぼすことがあるため気を付けてください。

ダイエットをする際には期限を決める

意外と忘れがちなのが、ダイエット期間を設けることです。行う前にはしっかりと期間決め、成功の有無に関わらず期間になったらダイエットを終了しましょう。

無理な状態で続行をしてしまうと、将来的な健康や身体に影響を及ぼす可能性が高いため避けてください。

何キロ痩せたいのかという目標を設定する

自分がどのくらい痩せたいのか、目標を明確に設定することでやる気に繋がります。しかし最初から無理な体重を設定すると長続きしません。

最初は3キロから5キロくらいを目標に始めることがオススメです。

体重が減らない停滞期に注意する

ダイエットの初期は驚くほどに体重が落ちますが、停滞期に入ると食事を抜いても体重が落ちにくくなります。

この状態では無理をせずに、停滞期が抜けるのを待ちましょう。長引くようであれば、一度そこでダイエットを中止してもいいかもしれません。

毎日鏡をチェックする

ダイエットをしている間、毎日鏡で自分の身体をチェックしましょう。できれば写真に残すことで、日々の変化を実感することができます。

ストレスの発散方法を見つける

ダイエットはストレスが溜まります。そのため、ストレスを発散させないまま続けてしまうと、精神的に病んでしまう可能性があるため注意が必要です。

もしストレスが溜まって辛くなったら、1週間のうち1日はダイエットの解禁日を作り、好きなものをひとつだけ食べるといった発散方法も効果的です。

まとめ

ダイエットはさまざまな方法がありますが、どれも簡単に痩せられるものではありません。一見簡単そうに見えるダイエット方法でも、苦労やストレスはつきものです。

まずは自分に適したバランスの良いダイエットを方法行って、健康的に痩せましょう。