短期集中ダイエットを目指すあなたへ!ポイント教えます

痩せるなら早く痩せたいと思うのは当然のことでしょう。しかし、食事の量を減らせば、一時体重は減りますが、ダイエットをやめたときにリバウンドをすることが多く、かえって体重が増えてしまうことも。ダイエットは体に負担をかけずに行うことが大切です。

今回は、

  • 短期集中ダイエットのやり方とポイント
  • 短期集中ダイエットにおすすめの飲み物
  • ダイエットを成功させるコツ

などを紹介します。

短期集中ダイエットのやり方・ポイント

短期集中ダイエットは、ダイエットの基本を踏まえたうえで正しく行うことが大切です。糖質や水分の摂り方、摂取したい栄養素、アルコールの制限についてなど、短期集中ダイエットのやり方やポイントについて紹介しましょう。

糖質を含む食材はできるだけ食べない

エネルギーのもととなる糖質は体の健康のためには必要なものですが、過剰に摂取すると脂肪が蓄積されます。太っている人は糖質を過剰に摂りすぎている傾向にあるもの。お米やパン、麺類、芋類、砂糖など、糖質を含む食材には注意が必要。

短期集中であれば、できるだけ食べなければ痩せられるでしょう。ただし、今までかなりの量の糖質を摂っていた人が極端に摂らなくなると体に負担がかかります。極端に制限すると体調不良になるため、加減をしながら進めるようにしましょう。

水分補給は水か無糖のお茶を

水分は血行をよくして老廃物をスムーズに流したり、便秘の解消になったりする重要なものです。糖分の多いジュースはもちろん、砂糖が多く含まれているスポーツドリンクや缶コーヒーなどは避け、水や無糖のお茶を飲むようにしましょう。

エレベーターを使わずに階段を使う

こまめに体を動かすことも必要です。わざわざスポーツジムに通わなくても、日常生活の中で運動はできるもの。エレベーターを使わずに階段を使う、一駅分歩く、電車の中ではつま先立ちになる、など、少しでも体を動かすことで消費カロリーが増えます

調味料の糖質にも注意

糖質はスイーツやご飯だけではなく、調味料にも含まれています。ウスターソースやケチャップには100g中約26gの糖質が含まれているのです。サラダを食べるときのドレッシングをはじめ、醤油や香辛料などはできるだけ糖質を含まないものを使いましょう

毎日体重計に乗る

体重計には毎日乗ることです。乗りたくない気持ちもあるでしょう。しかし、少しでも減っていればモチベーションアップになり、変わらなければ改善点を探すことができるツールになります。現状を把握することで、モチベーションを保つことが大切です。

筋肉を作るたんぱく質はしっかり摂取する

食事を制限していると筋肉を作るために必要なたんぱく質も減ってしまいます。たんぱく質が不足すると筋肉量が減り、代謝が下がってしまうため、痩せにくい体になってしまいます。豆腐や納豆、魚などたんぱく質はしっかり摂取しましょう。

寝起きの空腹時に白湯を飲む

寝起きの空腹時に白湯を飲むことで、血液の循環がよくなり基礎代謝が上がります。血行がよくなれば、内臓機能や消化機能が活発になり、デトックス効果も期待できでしょう

ダイエット中はアルコールを控える

アルコールは食欲を抑制するレプチンというホルモンを減少させてしまいます。食欲が出てしまうだけでなく、油っこいものが欲しくなり、高カロリーのおつまみを食べてしまうもの。ダイエット中のアルコールは控えるようにしましょう。

質のいい睡眠を心がけて睡眠中に痩せホルモンを分泌させる

質のいい睡眠を取れば、筋肉を増やして脂肪を減らす成長ホルモン、食欲を抑えるレプチンなどの痩せホルモンをしっかり分泌することができます

反対に睡眠不足になると、基礎代謝を低下させるコルチゾールや、食欲を刺激するグレリンといったホルモンが増えるので注意しましょう。

短期間でのダイエットには無酸素運動である筋トレがおすすめ

無酸素運動は効率よくカロリーを消費してくれます。筋トレは筋肉量を増やし、脂肪の燃焼率を高めます。お尻から太ももの、筋肉の多い部分を刺激するスクワットやお腹を引き締める腹筋などがおすすめです。

姿勢をよくして生活するだけでも基礎代謝がアップする

背筋を伸ばし、かかとや膝をくっつけて立つだけでも、お腹や太ももなどに刺激を与えることができます。姿勢をよくして生活をするだけでも、体の筋肉を鍛えることになり、基礎代謝もアップします。

短期集中ダイエットのお供におすすめの飲み物

短期集中ダイエットには水分補給も鍵になります。冷たいものばかり飲んでいると体を冷やし代謝が悪くなることも。体を温めたり、消費カロリーを高めてくれたりするおすすめの飲み物を紹介しましょう。

生姜紅茶

風邪にもおすすめの生姜紅茶は、短期集中ダイエットにもおすすめ。体を温め発汗を促し血流の流れを良くする生姜はダイエットには欠かせない食材です。

さらに、紅茶には、利尿作用のあるカフェイン、身体を温めてくれるテアフラビンという成分が含まれダイエットに効果的と言われています。

ブラックコーヒー

砂糖入りのコーヒーは避けたいものですが、ブラックならおすめ。コーヒーに含まれるカフェインには脂肪燃焼効果が期待できるほか、血行をよくして基礎代謝をアップさせることができます。運動前にブラックコーヒーを飲むと、運動中や運動後の消費カロリーを高めるとも言われています。

グリーンスムージー

食物繊維とビタミンを豊富に摂れるグリーンスムージーは便通の改善に効果的と言われています。低カロリーで糖質や脂質も少なく体脂肪に変わりにくいのもメリット。満腹感を得やすいグリーンスムージーを朝食に置き換えるのもおすすめです。

ダイエットを成功させるコツ

ダイエットで痩せても、体調不良や肌荒れを起こしては何のためのダイエットなのか分かりません。大切なのは無理をしないことです。運動をしたり、必要なカロリーを計算したり、体に負担をかけずに行いましょう。

ダイエットの基本を把握することが、短期集中のダイエットの成功につながります。ダイエットの基本についてお伝えします。

無理せず健康的に痩せること

ダイエットで大事なことは体に負担をかけないことです。無理な食事制限は栄養不足になり、病気や肌荒れの原因になります。免疫力も低下し、風邪をひきやすくなったり、疲れやすくなったりするもの。

集中力もなくなり、さまざまなことに対するやる気も失せてしまうでしょう。ダイエットは体も心も健康をキープしながら行うことが大切です。

摂るべき栄養をきちんと摂り制限すべき食品を明確にする

健康的に痩せるには、むやみに食事を制限するのではなく、必要な栄養素を摂取し、制限した方が良い食品は避けるようにすることです。基本的には、炭水化物、タンパク質、脂質の三大栄養素を過不足なく摂ること。さらにビタミンやミネラル、食物繊維を積極的に摂取することが必要です。

運動をして消費カロリーを増やす

摂取カロリーを減らせば痩せますが、運動をせずに痩せると太りやすくなります。運動をしないと筋肉量が減り、基礎代謝が低下するためです。運動は筋肉量を増やし、基礎代謝を高め、痩せやすい体にするには大切なこと。消費カロリーも増えます。食事に注意するだけでなく、運動をすることもダイエットの基本です。

食事や運動で余分な水分をため込まない体質にする

トイレ 便秘

体内に余分な水分が溜まっていると、痩せにくくなります。余分な水分はスムーズに排出することが重要です。食事や運動で余分な水分をため込まない体質を目指しましょう。

糖質を制限すれば浮腫みのないスッキリとした身体になれる

水分をため込んでしまう要因の一つが糖質の摂りすぎです。糖質はエネルギーに変換されなかった分が脂肪に変わるだけでなく、1グラム当たり3グラムもの水分をためこんでしまう性質があります。

糖質を過剰に摂りすぎないことで、体に余分な水分をためることなく、浮腫みのないスッキリした身体になれるでしょう。

まとめ

早く痩せたいという思いから、極端に食事量を減らすとリバウンドしやすくなります。短期集中ダイエットをするなら、ダイエットの基本を踏まえたうえで、無理のない効率的な方法で行うことが大切。

糖質を徹底して減らし、こまめに体を動かす、筋肉量を減らさないようたんぱく質を摂って筋トレをする、といったポイントを抑え、体にも心にも負担をかけずに行いましょう。