ダイエットのモチベーションを下げてしまう原因と上げる簡単な方法!

ダイエットのモチベーションってなかなか保てませんよね。モチベーションをあげることができないと、目標を達成することができなかったり、リバウンドを起こしてしまいます。しかし、どうしてモチベーションを保つことができないのでしょうか。

ここでは、

  • ダイエットのモチベーションが保てない理由
  • ダイエットのモチベーションをあげる心理
  • ダイエットのモチベーションをあげる行動
  • モチベーションをアップさせてくれるアプリ

について紹介します。

ダイエットのモチベーションが保てないのはなぜ?

そもそもダイエットのモチベーションが保てないのは、どういうことが原因なのでしょうか。ここではそんなモチベーションが上がらない理由について解説します。これを知っておかないとやる気スイッチを入れられないので、チェックしてみましょう。

頑張っているのに結果が出ないから

頑張っても頑張っても成果が出ないと、当然のようにモチベーションは下がります。人間は結果が出ないとやる気を保つことができない生き物なので、目に見えた効果が出ていないと、やはりやる気を失ってしまいます。

自分の努力に対して、どれくらいの成果が出るのかに関しては、甘い幻想を抱いている人も多いです。根本的な思考を変えないといけません。

食べることを我慢するのがつらいから

ダイエットにおいて避けて通れないのが食事制限です。痩せたいなら食べることを我慢しなくてはならないのが辛いポイントになっているのです。もちろん、まったく食べないと筋肉量が低下して逆に痩せにくくなるため、ある程度は食べても大丈夫でしょう。むしろ食べないとダメです。

ただ、大好きなスイーツやお菓子、その他の大好物を我慢しなくてはならないというのはとてもつらいです。

運動を続けるのが大変だから

ダイエットでは運動も重要なのですが、その運動がそもそも続かないという人が多いです。毎日のように運動をするのは面倒ですし、何より体力を使うから大変なのです

最初はモチベーションも高く「3日に1回は走ろう」と考えているかもしれませんが、次第に回数も減っていき、最終的にはまったく運動しなくなってしまいます。

せっかく痩せたのに誰からも気づかれないから

痩せてはいるものの、目に見えて痩せない限りは人から「痩せた?」と言われることは少ないです。人間には自己承認欲求があるので、人から認められない限り自信も持てません。

結果的に「やっても気づかれないなら無駄じゃん」と諦めてしまうのです。近くにいる人が定期的に「頑張って痩せているね」と言ってくれるかどうかが鍵となります。

ダイエットのモチベーションを上げるには:心理編

ダイエットのモチベーションを上げるためには、心の状態を入れ替えることが必要です。心がダイエットモードになっていないのに、無理にダイエットしようとしても上手くいきません。ここからは、心理から見るモチベーションの上げ方を紹介します。

目標を達成したらすることを決めておく

具体的な目標を達成することはとても重要です。また、その目標を達成したときに、行う行動を決めておくのも大切と言えます。

例えば「10キロ痩せたら告白する」というのも良いですし、「45キロになったら水着を買う」というのも良いでしょう。具体的な目的が見えないとモチベーションも続かないので、目に見えて自分が納得できる行動を目標にしましょう

小さなご褒美をつくる

目標を達成するごとに、自分へのご褒美を用意するのも良いです。最初はご褒美目当てに頑張るかもしれませんが、次第に痩せること自体が目的になっていきます。それによって食事管理や運動が習慣化されれば、自然と痩せられるようになります。

まずは「一週間お菓子を我慢したら週末にケーキを食べる」など、小さなご褒美を用意して自分を納得させましょう。

痩せて綺麗になった自分を想像する

痩せるということに対して付加価値を見出すことも重要です。痩せる目的は人それぞれですが、痩せることによって健康的になるのはもちろん、見た目も良くなりますし運動や食事の管理も身につきます。

一番は理想の自分を想像して、綺麗になったところを妄想するのが良いです。そうやって痩せた後のことを具体的に想像すればするほど、やる気が出ます。

友達と一緒にダイエットして競い合う

誰かと一緒にダイエットをするというのは効果的です。ライバルなどがいて競い合いながら痩せると、「あの子より痩せたい」とモチベーションを常にキープできます。

また、ちょっとダイエットがマンネリしてきても、ライバルが自分より痩せていれば新たな刺激になります。ただ、あまりにも強いライバルだと逆にやる気を失うこともあるので注意です。

周囲に痩せることを宣言し監視してもらう

周囲に宣言することで、後に引けない状態を作るのも良いです。周囲に「10キロ痩せるから」と言っておけば、周囲の人も自然と監視してくれます。定期的に「あれからどれくらい痩せたの?」と聞かれるだけで、モチベーションに繋がるのです。

人の目を気にすると「やらなくてはならない」という義務感も生まれて、ダイエットを習慣化しやすいです。

お気に入りのスポーツウェアなどを用意する

ダイエットをするとき、服装に気をつけていないという方も多いでしょう。しかし、実は案外やる気というのはシンプルです。お気に入りのスポーツウェアを用意するだけで、かなりやる気が出たりします。

最近ではオシャレなスポーツウェアも多くなっているので、それを着て出かけたくなるようなものを選びましょう

まずは一番痩せていたときの体重を目標にする

一番痩せていたときの体重を目標にしてください。最初からいきなり「20キロ痩せる」「30キロ痩せたい」と思っても無理は続きません。もともとの自分の体重まで戻すと考えると「案外無理じゃないんじゃないかな」と思えるのです。

実現可能な目的を持つことはモチベーションの維持にもつながるので、現実的な目標を設定するようにしましょう

ダイエットのモチベーションを上げるには:行動編

ダイエットをする場合は、しっかりと行動に移すことが重要です。その行動によってはモチベーションを保てることも多いです。ここからは実際にモチベーションを上げられる行動について紹介するので、ぜひ実践できるものからやってみてください。

好きな音楽を聴きながら運動する

好きな音楽を聴くと、自然と運動するのも苦じゃなくなります。音楽を聴くことが目的になれば、自然と運動をしながら音楽を聴いて、気づけばダイエットも終わっています

まずは自分のやる気を上げてくれるテーマソングのようなものを見つけていきましょう。そのテーマソングがかかると運動したくなるようになれば、やる気の維持は簡単です。

毎日全身を鏡でチェックする

自分を鏡で見る習慣がない人は、人からどう見られているかも気にならなくなってしまいます。

逆に毎日自分の身体を鏡でチェックすると「これはやばい」と危機感を持つことができます。危機感が強ければ強いほど、半強制的に「ダイエットしなければ」と思うようになるのです。また、体型の変化にも気づけるよう、ダイエット中も毎日チェックしましょう

SNSやブログでダイエットの記録を公開する

人に見られていると思うことはとても重要です。そこで、SNSやブログでダイエットの記録を公開するのも良いです。同じくダイエットをしている人からイイネやコメントをもらえるのもモチベーションにつながります。

また、ブログなどで記事にしておけば、自分の体験談が人の役に立つこともあります。そういう副産物も考えて行動してみてください。

アプリなどを利用して体重の推移を数値化する

近年はダイエットに関するアプリも次々に登場しています。それらを利用して体重の推移を数値化するのはとても重要です。数字としてみれば、たとえ0.1キロだとしても痩せていることを実感できます。

また、数字でデータ化すれば「何曜日の食事がどう影響した」というようなデータも作っていけます。ぜひデータダイエットを実践してみてください。

ダイエットのモチベーションアップに役立つアプリ

ダイエットのモチベーションアップのためには、アプリを活用するのがおすすめです。ただ、アプリ自体はとても多くなっているので、ここからはその中でも特にモチベーション維持に最適なアプリを紹介します。ぜひ活用してみてくださいね。

食事管理アプリ「あすけん」

iPhone:https://itunes.apple.com/jp/app/shibete-shouserudaietto-asuken/id687287242?mt=8
android:
https://play.google.com/store/apps/details?id=jp.co.greenhouse.asken
食事の管理をしたいのなら「あすけん」がおすすめです。このアプリでは毎日の食事のカロリーなどを計算して、記録しておくことができます。食事管理が明確化できるため、より効率的にダイエットに活かすことができます

データを集計しておくと毎日の食生活の改善にも役立つでしょう。事細かく食事管理するなら、このアプリがおすすめです。

体重管理アプリ「RecStyle」

iPhone:https://itunes.apple.com/jp/app/simple-weight-loss-tracker/id709213946?l=ja&ls=1&mt=8
android:https://play.google.com/store/apps/details?id=jp.co.recruit.mtl.beslim
毎日体重計に乗ってメモをするのは手間なので、アプリで管理するのも良いでしょう。体重管理アプリとして人気があるのが「RecStyle」です。こちらは体重変化を記録するだけではなく、ダイエットの効果によってどれくらいの影響があるのかなども計算するのに役立ちます。

体重の推移をデータ化することでモチベーションの維持にもなります。記録するのはとても簡単なので、ぜひ毎日活用して自分の体重を記録していきましょう。

スクワットの回数を自動でカウント「365日スクワット」

iPhone:https://itunes.apple.com/jp/app/365%E6%97%A5-%E3%82%B9%E3%82%AF%E3%83%AF%E3%83%83%E3%83%88-%E7%B6%9A%E3%81%8F%E7%AD%8B%E3%83%88%E3%83%AC/id451036970?mt=8
android:なし
ダイエットに効果的な運動と言えば、スクワット。そんなスクワットの回数を自動でカウントしてくれるのが「365日スクワット」です。シンプルなシステムで明確にスクワットの回数が記録されていきます。

運動しても運動しても記録が残っていないと「本当にやっているのかな」と自分自身が疑問に思ってしまうため、どのような運動をしたのか記録することはとても重要です。スクワットに特化して記録したいと思っているのなら、こちらのアプリを活用してみてください。

腹筋の回数をカウントしてくれる「Gohobee」

iPhone:https://itunes.apple.com/app/apple-store/id926654129
android:https://play.google.com/store/apps/details?id=com.teeapp.gohobee
腹筋の回数もどれくらいやったのか毎日記録しておくと、それ自体がモチベーションになります。毎日100回ずつやれば、数日後には数百回、数十日後には数千回というように積みあがっていきます。その努力を視覚化するというのはとても重要です。

「Gohobee」は腹筋の回数を正確に記録してくれるので、実績を積みたいという人には最適です。

キャラクターと一緒にゲーム感覚でダイエット「面倒だがトリあえず体重記録」

iPhone:https://itunes.apple.com/jp/app/%E3%82%81%E3%82%93%E3%83%88%E3%83%AA%E3%83%80%E3%82%A4%E3%82%A8%E3%83%83%E3%83%88-%E9%9D%A2%E5%80%92%E3%81%A0%E3%81%8C%E3%83%88%E3%83%AA%E3%81%82%E3%81%88%E3%81%9A%E4%BD%93%E9%87%8D%E8%A8%98%E9%8C%B2/id1151771602?mt=8
android:なし
ダイエットは楽しむことも重要です。そこでおすすめなのが「面倒だがトリあえず体重記録」です。キャラクターと一緒にゲーム感覚でできるので「ダイエット=楽しいこと」だと実感できます。飽きずにダイエットするには、この手のアプリもおすすめです。初心者にもおすすめです。

ダイエットする人とつながりたい「みんチャレ」

iPhone:https://itunes.apple.com/jp/app/minchare/id1047462806?l=ja&ls=1&mt=8
android:https://play.google.com/store/apps/details?id=jp.co.sony.minchalle
ダイエットする人の中には、他の人の状況が気になる人も多いでしょう。そんな時は「みんチャレ」がおすすめです。

これはダイエットする人の情報が共有できるので、一緒の悩みを持つ人たちで協力して痩せていくことができます。「他にも頑張っている人がいる」「自分がサボっている間に努力している人がいる」と思うだけでも、全然気持ちが違いますよ。

まとめ

ダイエットのモチベーションというのはなかなかキープするのが難しいです。しかし、方法によって自分のやる気スイッチを見つければ、ダイエットも効率的に進められます。ここで紹介したモチベーションを上げる方法を参考に、楽しく痩せましょう。