子供の肥満度は自分か親で管理することが大切!脂肪燃焼サプリもあわせて紹介

丸々と太った赤ちゃんを見るととても健康そうに見えます。赤ちゃん体型、幼児体型と言われているように小さなころはどちらかというとずんぐりむっくりしているのが普通で、年齢を重ねるとともにスッキリとした体型に変わっていくものです。

しかし、最近では生活環境や食生活の変化により、子どもの肥満が深刻な問題になっています。糖尿病や動脈硬化など、以前では考えられなかった成人病に悩む子どもが増えているのも事実です。まだ、幼い頃は親の責任でしっかりと子どもの栄養管理をすること、それと同時に早い段階で自分で管理できる能力を身につけさせることも大切です。

そこで、子どもの肥満度を測定する方法や肥満を防止するための対策とともに脂肪を燃焼させる効果のあるサプリについても併せて解説します。

子供の肥満度について

子どもは昔からよく食べよく遊び、よく寝てたくましく成長するものでした。しかし、現在では外遊びが少なくなったり、食生活が欧米型に移行したりしているために、子どもの段階から肥満に悩むことも多くなっています。

子どもの肥満度とは、標準体重に対してどれほど体重がオーバーしているかをパーセンテージで算出して判断するものであり、全国で実施されている検診の平均値をもとに判定されています。ここでは、幼児や小学生の肥満度を判定する方法や子どもの肥満のリスクと原因などについて説明します。

幼児の肥満はカウプ指数で判断

生後3ヵ月~5歳くらいまでの乳幼児の肥満については、カウプ指数というものを用いて肥満度を判定します。生後3ヵ月までは、身長、体重ともに急速に変化するためこの指数を使った判定をすることはありません。

カウプ指数は、10×体重÷身長÷身長という計算式で算出します。満1歳であれば15.5~17.5、満3歳~5歳であれば14.5~16.5などの基準値があり、基準値を2ポイント上回ると「やや肥満」、それ以上になると「肥満」と判定されます。

小学生の肥満はローレル指数で判断

小学生になると全国の学校で一般的に年に2回、身体測定が実施されており、全国の平均値からはじきだした標準体重との比較から肥満を判断します。学童期の子どもの肥満判定の材料として、昔から活用されてきたローレル指数で判断することもありますが、現代ではあまり使用されていないようです。

ローレル指数は、100×体重÷身長÷身長÷身長÷身長という計算式で求めることができます。身長110~129㎝であれば180以上、130~149㎝であれば170以上が肥満と判定されます。

子供でも肥満は動脈硬化を引き起こす可能性がある

現代では子どもの肥満が深刻な問題となっており、大人の肥満とは別物の小児肥満と呼ばれています。健康に害を及ぼすレベルの肥満になると「肥満症」と呼ばれ、病気として治療する必要があります。小児肥満は肥満自体だけでなく、さまざまな合併症を引き起こすことから注意が必要であると言われています。

成人病としてよく知られている糖尿病、高血圧なども小児肥満症の合併症として含まれています。また、高カロリー、高脂質の食事に偏り、運動不足になることから「脂質異常症」を発症することもあります。脂質異常症を発症すると動脈硬化のほか、心筋梗塞や脳卒中のリスクも高まります。

便利な生活環境と豊富な食事が子供肥満の原因

飽食の時代と言われるようになって久しい現代では、リーズナブルな料金で高脂質、高カロリーのスナックや飲み物などが簡単に手に入ります。子どもは甘い物、脂っこいものなどが大好きで間食としてのおやつが主食にとって代わることも珍しくありません。

家の近くにはコンビニがあり、好きな時間に好きな物だけを食べる偏った食生活が当たり前になっている子どももいます。なかには朝食を抜いて夜中にお菓子ばかりという食生活を送っている子どももいることでしょう。便利な生活環境、好きなものが何でも揃う食生活が子どもの肥満を蔓延させているのは疑う余地のない事実ではないでしょうか。

子供の肥満を防止する

子どもの肥満は、健康に害を及ぼすさまざまな合併症のリスクが高まるものです。肥満と密接な関係がある脂肪細胞は幼児期から思春期にかけて増加し、その後は減ることがないと言われています。子どもの肥満が生涯にわたる肥満を決定づけることになるだけでなく、子どもの頃の食習慣がずっと続いて肥満から抜け出せなくなることも考えらます。

そこで、子どもの肥満を防止するための方法や親がしっかりと自覚して子どもを管理することの大切さについて説明します。

外で遊ぶことの楽しみを教える

現代の子どもの遊びのメインとなるものはゲームです。どんなに天気がよくても友達がいても、家に閉じこもって会話もせずに何時間もゲーム機を操作しています。また、都市部の公園も次々に姿を消し、思い切り外遊びする空間が減っているという遊びの環境の変化もみられます。

ある調査によると、ゲームに費やす時間が極端に多いという子どもは高度の肥満になる割合が高くなることが明らかになっています。体を動かすことなくゲームに夢中になり、スナック類や炭酸飲料などがお供となる生活ばかりしていると肥満になるのは当然のことでしょう。ゲームの時間を制限して、たまには外へ連れ出し外遊びの楽しさを教えることも大切です。

小さい頃から肥満になる事の危険を教える

幼い子どもは食欲のおもむくままに好きな物だけを食べ続けようとします。そのまま放置すれば、小児肥満症になるのも時間の問題でしょう。自分で判断、管理できない年齢のときは、親がしっかりと管理してあげることが大切です。

それと同時に小さい頃から肥満症になることのリスクや肥満によって引き起こされる病気の症状や恐ろしさについて教えるのも親の務めではないでしょうか。

カロリーを計算するなど小さい頃から自分で管理できるように教える

大人になると自分の標準体重を理解し、太り気味になると摂取する食品のカロリーを気にするようになります。しかし、子どもの頃から好きなものを好きなだけ食べさせていれば、カロリーに関心をもつことはないでしょう。

計算ができるようになったら早い段階で食品にはカロリーや脂質、糖質の違いがあること、1日当たりの標準摂取カロリーを守るべきあることなどを教えるようにしましょう。食品のカロリーは表示されているため、計算するだけで1食、1日当たりどれだけ摂取したかは子どもでもわかります。人に言われなくても自分で管理することができるように習慣づけしてあげましょう。

子供の食事は親が管理する

親の肥満が子どもに遺伝するという説があります。確かに遺伝子レベルで肥満しやすい体質が決まっている場合もありますが、それは肥満全体の割合の3割程度で、ほとんどは後天的理由、つまり環境によって太りやすくなると言われています。

肥満と関りの深い脂肪細胞の数は、子どもの頃に決定されその後減少することはないとされており、いかに子どもの頃の食生活が大切であるかがわかります。食事は食習慣というように、幼い頃の食事が基本となり生涯につながっていくものです。カロリーや脂質量、糖質量などがわからない子どもの食事は、親が管理してバランスのよいものにすることが大切です。

子供にも最適な脂肪燃焼サプリを紹介

子どもの肥満を防ぐためには、バランスのとれた栄養、1日当たり必要となる摂取カロリー、適度な運動、などが必要となります。小さな頃から習慣づけていれば、小児肥満で悩むこともないでしょう。

食事や運動だけではなかなか肥満が改善できないという状態であれば、子どもも安心して摂取できる脂肪燃焼をサポートしてくれるサプリメントを試してみてはいかがでしょうか。

グリコ パワープロダクション


昔から子どもにもなじみのお菓子メーカー、グリコが製造、販売しているサプリメントです。グリコーゲンのほか、アルギニン、オルニチン、リジンといったアミノ酸、ビタミンB6、マグネシウムなどが配合されています。健やかな体を維持するためには、栄養と適度な運動、十分な睡眠が必要となります。

パワープロダクションは、運動だけでなく休息や栄養などにもこだわっており、スポーツと併用して飲むのにぴったりのサプリメントです。

Ignite(イグナイト)


イグナイトは、6種類の天然ハーブによってダイエットをサポートするサプリメントです。ダイエット向け健康食品にも使用されているコレウスフォルスコリエキスやストレスを伴うハードなトレーニングでもパフォーマンスを維持することができるロディオラロゼアが配合されています。

また、脂肪をエネルギーに変換するサポートに効果的なカフェインや緑茶エキスなども含まれており、健康志向でダイエットしたいという方にはぴったりです。

L-カルニチン+アルファリポ酸プラス


体内で合成されるアミノ酸であるL-カルニチンで脂肪燃焼をサポートするサプリメントです。余分な脂を効率的にエネルギーに変換するための栄養素であり、適度な運動をしながらダイエットしたい方におすすめです。

また、エゴマ油が配合されているため、血液をサラサラにする効果も期待できます。血液の流れを下院膳することができるため、小児肥満症の合併症である動脈硬化や心筋梗塞などのリスクを軽減することもできます。

DHC カルニチン


アミノ酸の一種であるL-カルニチンに総トコトリフェノール、ビタミンB1などを配合したサプリメントです。L-カルニチンは、脂肪を燃焼するミトコンドリアへ脂肪を運ぶ役割を担っており、この働きを活性化することで、脂肪が効果的にエネルギーへと変換されるようになります。

飲むだけで体がポカポカして体の中で燃焼されていることを意識できるという購入者の声もあり、ダイエットをしっかりとサポートしてくれるサプリメントとしておすすめです。

まとめ

好きな食べ物を好きなだけ食べられる環境が整っている現代では、食事の栄養やバランスを考えずに偏った食事をすることが多く、子どもの肥満という深刻な状況もみられるようになっています。欧米型の食習慣が浸透したことで高脂質、高カロリーの食事が当たり前のようになり、子どもにも動脈硬化や心筋梗塞など大人と変わらない病気になるリスクが高まっています。

子どもが幼い頃には親がきちんと栄養管理を行い、早い段階で子ども自らカロリー計算などにより自己管理できるようにすることも大切です。肥満の程度によっては、脂肪燃焼をサポートするサプリメントを活用するのもひとつの方法と言えるでしょう。